澤田直哉 さん プロフィール

  •  
澤田直哉さん: さわだ行政書士事務所のブログ
ハンドル名澤田直哉 さん
ブログタイトルさわだ行政書士事務所のブログ
ブログURLhttp://synce-office.hatenablog.com/
サイト紹介文京都府亀岡市にある「さわだ書店」と「さわだ行政書士事務所」。書店をしながら行政書士も頑張っています。
自由文さわだ書店・さわだ行政書士事務所をしています。書店をしながら行政書士をするという、おそらく他にはいない経歴をもって、それぞれの仕事にうまく生かしていくため、模索しながらの日々です。
大きなことはできせんが、困り事や悩みの解消のため、その窓口になれたらと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/06/12 11:59

澤田直哉 さんのブログ記事

  • 人生の交差点
  • 先日、公証役場に行っていました。公正証書遺言書を作成するためだったのですが、そこでどえらいモメている親子らしき方がいらっしゃいました。話の内容はもちろん分からないのですが、法律の知識のないお母さんに遺言書を書いてもらうために、子どもさんが公証役場に連れてきた、というような場面だったようです。遺言内容の打ち合わせだったのでしょうが、そのお母さんの顔は、納得してらっしゃるようには見えませんでした。も [続きを読む]
  • 旧姓に戻るには期限があるの?ないの?
  • 暑いですね。でも、東日本は記録的な冷夏となっていて、農作物にも深刻な影響が出てるとか。今年は当初の予報では、希に見る猛暑になるということでしたが、ふたを開けてみると、西日本にしても比較的過ごしやすい夏となっていますね。気象衛星の進化とスーパーコンピューターの活躍で、気象の予報は正確になってきていますが、それでも大きく予想が外れることもあるのですから、やっぱり地球ってスケールがデカイ、と思ってしまい [続きを読む]
  • 死亡届がどこにあるのか分からない!?
  • 暑いですね。真夏(まなったん)なので仕方ないですが、早く家のクーラーがなおって欲しいものです。賃貸物件なので、勝手に修理や交換をするわけにもいかず、切実な悩みです。さて、以前にこのブログでは、「死亡届が受理されない? 」のタイトルで、死亡届を提出することが出来る人について書きました。また、「出生届などの届書は、市区町村で保管されないの? 」のタイトルでは、身分に関する各種届書(出生届・婚姻届・死亡 [続きを読む]
  • 出生届などの届書は、市区町村で保管されないの?
  • 今日は「届書」についてお話します。届書とは、みなさんが生まれたときには「出生届」、結婚したときには「婚姻届」、離婚したときには「離婚届」、死亡したときには「死亡届」など、市区町村役場に提出する自身の身分に関する書類です。自分で出すのは、「結婚届」と、場合によっては「離婚届」くらいなものですから、あまり目にすることもありませんよね。では、質問です。提出された「届書」は、どこで保管されるでしょうか? [続きを読む]
  • 行政書士は相談の総合内科!?
  • 「行政書士って、何する人?」って、よく聞かれます。「相続・遺言、許認可の手続きをします」と答えても、もうひとつピンときませんよね。うまくお伝えするのって、難しいなあと、いつも思います。そんなときは、「何でも相談してください。困った時のなんでも屋です。」と言うようにしています。もちろん、実際は何でもできるのではないですよ。できないことは、弁護士さんや司法書士さん、税理士さんなどにお願いしたり協力し [続きを読む]
  • 果実酒づくりは、どんな果物でもOK?
  • 最近のホームセンターでは、果実酒を自分で作るコーナーが充実しているのですね。知らなかった。今年は自分で梅酒を作ろうかなと、ちょっと興味があったので立ち寄ってみたら、なるほど簡単にできそうですね。ネットの作り方レシピを見ていても、梅酒はもちろん、かりんやレモン、オレンジ、パイナップル、ブルーベリー、グレープフルーツ、いちご、びわなど、多種多様です。でも、「果実酒」を自宅で作って問題ないの?という [続きを読む]
  • ほこりを大切に!
  • 1年くらい前から、うまく充電ができない状況でして、毎日、コードと本体を繋いでも、充電していることを表すマークが付かない状態でした。そんなときは、コードをぎゅっと押し込んだり、ちょっと斜めに刺したり、コチョコチョしていると、充電マークが付くので、そんな工夫をしながらダマシダマシ使っていました。刺し方を工夫すれば充電できるので、きっとコード側に断線があったり何か問題があるのだと思っていたのですが、こ [続きを読む]
  • 選択された道は明るいですか?
  • 最近、生活について考えることがあります。生活って、「収支のバランスの範囲でするしかない」ですよね。収入は、給与など仕事による報酬だけではなく、例えば親からの援助や、不動産による収入であっても、お金として入ってくるのですから、収入に違いありません。仮に支出が収入を上回る生活は、赤字を出し続けるのですから、当然にどこかで破綻します。でも、生活は「破綻しなければいい」というものではない気がします。大事 [続きを読む]
  • 養育費を請求する権利は誰のもの?
  • 初夏ですね。まだ花粉症が治まりませんけど。はやく、窓全開で車に乗りたいものです。最近、ちょっとセンチメンタルなのか、車内のBGMはZARDの、「負けないで」です。この曲がリリースされたのは、今から24年前ですから、随分懐かしいです。当時は中古のスポーツカーで、ノリノリで、大音量で、しかも大声で歌いながら、亀岡の法貴峠を無駄に走って聴いていたものです。今聴いても色褪せない、いい曲ですね。さて、離婚 [続きを読む]
  • NPOの運営は、結構たいへん!
  • 昨晩は、所属している他士業(弁護士さん、公認会計士さん、税理士さん不動産鑑定士さん、司法書士さん、土地家屋調査士さん、社会保険労務士さん、中小企業診断士さん、建築士さん等)のグループの方々との月例会のあと、懇親会に参加しました。「炉端焼き」のお店だったので、海鮮をはじめ、お肉や野菜を絶妙の火加減で焼いてくださるのですが、中でも、カツオの藁焼きは絶品でした。本場の高知では、鰹のたたきは「塩で食べる [続きを読む]
  • エンディングノートを書けば、遺言書は不要なの??
  • ゴールデンウィークが終わりました。あっという間ですね。これで明日から、いよいよ新年度も本格始動!って、のんきなものです。さて、今回も相続に関することで、「エンディングノート」について、お話します。一昔前に、テレビなどで取り上げられて、「エンディングノート」が話題になりました。これは書籍の形式でも市販されていますので、当店(さわだ書店)でも販売しています。エンディングノートの一般的なイメージとして [続きを読む]
  • その相続の「放棄」は、本当に「相続放棄」ですか?
  • 親族が亡くなって相続が発生した場合、「遺産(財産)を受け継ぐ」というイメージですよね。「オレ、親父の遺産を相続したので、住宅購入の資金に充てたよ」なんてことも、よく聞きます。このような財産は、プラスの財産ですから、有難いですよね。しかし、亡くなられた方のマイナスの財産、つまり、借金なども相続すれば受け継ぐことになります。このような場合であれば、「親父には財産のなかに借金があったらしく、兄貴が引き継 [続きを読む]
  • 年度報告は、必ず毎年の実施を!
  • 5月5日は「立夏」ですから、暦の上では、もう夏ですか。早いですね。平成29年度も、もうすでに、ひと月が経過したことになります。事業をされている皆さんは、職種によっては、行政への「年度報告」が必要な場合があります。例えば、法律に基づく社会福祉事業を行っている事業所のほか、建設業許可を受けている業者さんにも、「決算変更届」を所管する行政庁に提出する義務が課せられています。社会福祉事業者にとっては、義 [続きを読む]
  • 富士は広いな、大きいな。
  • ゴールデンウィークも終盤ですね。休みを利用して、富士山を見に行ってきました。といっても、日帰りですけど。朝の4時に京都を出発して、高速をひたすら東へ。午前8時30分には、静岡県富士市に到着しました。まずは目的の一つである「生しらす丼」を食すために「SUNZOKU」さんへ。このお店は、朝の8時から開店されています。到着すると、びっくり。大行列です。しかし、せっかくグルメを食べずに帰るわけにはいきま [続きを読む]
  • 相続の発生時期
  • 「行政書士って、何する仕事?」とよく聞かれます。知名度が低いんですよね、行政書士って。櫻井君と堀北さん、頑張ったのにね。そんなときは、「例えば相続手続きですよ」と伝えます。もちろん、許認可申請や法人の設立など、行政書士の業務はいろいろとありますが、一般の人には、あまり関係ないかもしれず、ピンときませんよね。しかし、「相続」は、ほとんどの方が生涯において、数回は関わることです。でも、やっぱりピ [続きを読む]
  • 農地や森林の相続は、漏れにご注意を。
  • 今日は、相続の手続きで見落としてしまいそうな事柄を、ご紹介します。不動産の相続といえば、その手続きとして「登記」をすることは、皆さんご存じだと思います。そのうち、農地と森林の相続については、その所在地を管轄する市区町村への手続き(届出)が必要です。農地の場合は平成21年12月、森林の場合は平成24年4月から届出が義務化されました。国土交通省のデータによれば、相続人のうち必要な手続きを全て完了している [続きを読む]
  • さわやかな朝
  • 今日は朝から滋賀県の大津市で仕事があったので、少し早めに着いてモーニング。マクドナルドのホットケーキセットです。これまで食べる機会が、あまりなかったんですよね。理由1:車で移動することが多いので、ナイフ&フォークを使うようなドライブスルーは利用しづらい。理由2:車を停めて食べる食事は時間がもったいない。理由3:そもそも早起きしないので、店に入ってまで朝食をとる習慣がない。そこで、今日はせっかく [続きを読む]
  • 財産を遺す意思表示は確実に!
  • 気持ちを伝えるって、難しいですよね。うまく伝わらないこともあるし、そもそも表現しなければ、相手に伝わりません。これが恋愛なら、愛する二人であれば、「言わなくても伝わっている!」こともあるかもしれません。実際は、そんなに都合の良いものはないと思いますが。通常は意思表示をしなければ、自分の思いは伝わりませんよね。家族の間でも、そうですよね。例えば、財産の相続です。子どもは勝手に、「僕は長男だから家を [続きを読む]
  • 専門家は頼れるビジネスパートナーですから
  • 思い込みって、ありますよね。「きっと」、「おそらく」、「たぶん」を放っておくと、気が付いた時には、もうどうにもならない、なんてこともありますよ。例えば、保険。大丈夫ですか?老後までサポートしてくれますか?5年ごとの見直しになってませんか?例えば、所有する不動産の名義。「親がちゃんとしてくれている」と思っていると、おじいちゃんの名義のままで、顔も知らない従弟まで相続人になってた、なんてことはない [続きを読む]
  • 亀岡で生活したいと思える都市に!
  • 今年は雪が半端ないですよね。どこが暖冬なのか、教えて欲しいですよ。寒いのが苦手な私にとっては、春が待ち遠しいです。さて、高齢者福祉に関する地域の集いに参加してきました。このときも雪が舞う寒い日だったのですが、約50名ほどのご高齢の方が参加されていました。しかも、その約9割ぐらいの方が現在、一人暮らしのご高齢の方でした。事態は深刻だと思いました。このような集いに参加できる方は、自分で行動し、日常の [続きを読む]
  • 友人という存在に、感謝です
  • 今日は、高校時代からの友人の新築祝いに行ってきました。それは立派な家で、友人が細部にこだわって建てた思いがとても伝わってきました。すごいな、と思いました。着々と、また力強く精一杯人生を過ごしていることに、とても感銘を受けました。かっこいいと思いました。人生って、一度きりなんですよね。それをついつい忘れがちで、なんとなくその日を過ごしてはいないか、自問自答しました。自分の人生は、自分だけのものじゃ [続きを読む]
  • 免許なしに、「どぶろく」は作れないの?
  • 暖冬とか温暖化とか言われていますが、ここ数日、これほど寒いと体を温めるのに工夫が必要ですよね。私はもっぱら、ユニクロの「極暖」インナーに、使い捨てカイロを多用して凌いでいます。それでも、寒い!聞くところによれば、今年は「超極暖」が発売されたそうで、これに手を出そうか思案中です。でも、この一線を超えれば、普通のヒートテックには戻れそうにない気がします。さて、冬に体を温めるものといえば、「お酒」では [続きを読む]
  • この人、だーれだ?
  • この後ろ姿、誰だか分かりますか?中年男性の悲哀に溢れていますよね。正解は、「カーネルサンダース」です。近々、同業の行政書士に向けた、他の専門職の業務内容を知るための研修会があって、「弁理士」さんの業務を知る研修の担当講師を、私が努めます。弁理士さんは、特許庁への特許・実用新案・意匠・商標の出願についての手続きの専門家で、全国に約1万人がいらっしゃいます。その資格を得るためには、とても難しい [続きを読む]
  • くるみちゃん保険
  • 今年も、「くるみちゃん保険」の更新時期がやってきました。さわだ書店の看板猫の「くるみちゃん」は、おてんば娘です。しかも、その暴れっぷりは、なかなかのものです。もう、しっぽパンパン!にして、ドドドとブルドーザーのように突進して駆け回りますから。動物病院に行くと獣医さんら三人がかりで押さえつけないと予防注射ができないほど。元気なのは結構ですが、もう少し、しおらしい乙女のような落ち着きも欲しいところ [続きを読む]
  • 特定行政書士になりました(昨年ですが)
  • そういえば、昨年は「特定行政書士」になりました。ブログをしていながら、書くのを忘れていました。昨年の11月に考査合格の連絡があったままだったので、せっかくなので、額に入れて事務所に飾ってみました。いい感じ。「特定行政書士」って??、よく分かりませんよね。簡単に言えば、「行政庁などに申請した許認可について、不服があれば行政書士が代理人として本人に代わり申し立てますよ。」ということをします。具体的に [続きを読む]