紫陽花 さん プロフィール

  •  
紫陽花さん: La fin du jour...心を病む母の介護日記
ハンドル名紫陽花 さん
ブログタイトルLa fin du jour...心を病む母の介護日記
ブログURLhttp://hydrangea820.blog.fc2.com/
サイト紹介文不安神経症で寝たきりになった母を通いながら介護する日々。現在圧迫骨折で入院中。
自由文大好きな写真と共に独り言を綴っています。^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 288日(平均5.0回/週) - 参加 2016/06/13 21:30

紫陽花 さんのブログ記事

  • 父の憂鬱
  • 父の目下の心配は、食事です。施設に入ったら、今のようなわがまま放題の訳にはいきません。いつも、今日のお昼は何が食べたいか父に聞きます。すると、ラーメン炒飯だったり、天ぷら蕎麦だったり時にはステーキ、焼肉、しゃぶしゃぶなど。夜用には、中トロ・鰻・ウニ・貝柱・マグロの山かけ…など父が好きな物ばかりローテーションして、準備しておきます。野菜は嫌いです。「あと5年の命だから、好きなものだけ食べたい」だって [続きを読む]
  • 檸檬の思い出
  • 少し前の事ですが、一泊で広島へ行ってきました。施設探しの件で まだ姉ともめていた頃。つかの間でも親の事を忘れるチャ〜ンス!と思いきや、山陽道を走行中にに姉から電話があり、また意見が対立。私のテンションはダダ下がり。それ以来、美しい景色も美味しい食べ物も上の空。せっかくの旅の思い出が台無しになってしまいました。いつどこにいても付きまとう親の影。それでも、瀬戸内は穏やかで、日差しは明るく、人も温かい。 [続きを読む]
  • 介護もタラレバ
  • 「東京タラレバ娘」、終っちゃいました〜私なら早坂さんを選ぶけどな〜♪(*^^*)ドラマは30代独身女性の話でしたが、介護も同じだと思う。友人のY子さんのお舅さんは、90才を過ぎてからもお元気で自転車で外出しては転倒し、病院に運ばれたり警察沙汰になったり…そのたびに、Y子さんは言っていました。"いっそのこと寝たきりだったらいいのに"一方、私の両親は世界中を旅して、老後資金を遣ってしまいました。「そんなに旅行ばかり [続きを読む]
  • 母娘、逆転?
  • 昨夜、母は熱が出たようで、今日行った時もまだ氷枕をしていました。何度も看護師さんが熱を測ってくれたそうで、心気症の母としては、施設は有難い存在です。時々思うんです。私は母にとって母親のような存在なのではないか?早くに親を亡くした母は、人に甘えることが出来ませんでした。(→☆☆☆)私が行くと、まるで子供が今日学校であった事を親に報告するように朝ごはんは何を食べたとか、お風呂の時 介護士さんとどんな会 [続きを読む]
  • 娘、ふたり。
  • 母のいる老健でよく顔を合わせる女性がいます。その方は、92才認知症のお母様の食事介助のために一日に2〜3回来ていると言うのです。いくら家が近いとはいえ、そこまでされるとは。「お優しいですね、お母様もお幸せですよ」と申し上げたら、「いえいえ、もういい加減にしてほしいですわ」と、しかめっ面をされました。そして、私が遠くから来ている事、父の面倒も見ていることに逆に、同情してくれました。(母が話したに違いな [続きを読む]
  • 施設選び(2)
  • 姉に任せていた施設選び。トントン拍子で「サービス付き高齢者住宅」が決まりそうです。探し始めて分かったけれど、意外と施設は空きがあります。先日、NHKクローズアップ現代 "老人ホームが空いている" を見ました。部屋は空いているのに、スタッフ不足で受け入れられない、施設の建設ラッシュで入居者の奪い合いになる→施設が破たんする・・・等の問題が起きているそうです。父も番組を見ていたようで、「破たんすることもある [続きを読む]
  • べっぴん
  • 義父が亡くなり、法要などの機会が多くなりました。喪服を着ていくほどではない家族の集まりなどでは、フォーマルバッグはフォーマルすぎる。なので、普段でも使える黒いバッグを買うことにしました。神戸の街をプラプラ歩いていたら昭和21年創業の老舗鞄店で、適当なバッグを見つけました。日本製なのに、ブランドじゃないからリーズナブルなお値段♪バッグや靴、財布などを買う時は神戸で買います。エレガントであたたかく、しか [続きを読む]
  • ヨシエさんの人生(2)
  • 母の施設には、ヨシエさんという100才の女性がいます。とても穏やかで可愛い人。50年前に買ったというバッグを今でも使っているのです。昔の人はモノを大切にするんですね〜。以下、母から聞いた話です。そのヨシエさんには息子さんが5人おられます。それでも施設を転々としているらしい。そしてまた、この老健を出て、別の施設に移らないといけません。「もう生きてるのがつらい」と言い、最近食欲も無いそうです。ヨシエさんがテ [続きを読む]
  • 父の決断
  • 施設選びの件。父はやはり母親が気にしている"費用"が第一条件のようです。かと言って、遠すぎる所は無理。娘たちの家から一時間以内で行けるような場所で、比較的安い所ならそれでいい、と言う。私は とりあえずほっとしました。これで片道4時間かけて会いに行く必要はなくなった。姉はまだ地方の施設に"未練"があるようですが。姉と意見がぶつかるから、私はもう施設選びから撤退しました。今、姉が再度探してくれています。とこ [続きを読む]
  • 親というものは
  • 遠くても、費用の安い施設に親を入れようとする姉。そんなにケチりたいのか?今日、母に聞いてみました。私: 「地方だったら費用が安いけど、遠くてもいい?」母: 「そんなの絶対に嫌だ!」やっぱり姉は、母の意見を聞かず独断で選んでいたようです。他にも多々、親のお金を当てにしている節が私には垣間見えます。母の預金を勝手に運用したり…生前贈与を要求したり…母のネックレスをこっそり鑑定に出したこともあった。150円 [続きを読む]
  • 姉とは決裂
  • 姉とケンカしてから、まだギクシャクしています。今日、見学に行った施設も姉の反対で予約できませんでした。費用が高いと言うのです。相変わらず姉は、費用の安い遠方の施設を考えています。ただそれは、母親の意向でもあるのですが。。わずかな資産を少しでも、娘に残したいという親心らしい。姉の言い分: 「費用を気にするとお母さんの病気が悪化する」私の言い分: 「預金を切り崩していけばいい、娘に残す必要なし」あれほ [続きを読む]
  • 施設選び
  • 老健の入居期限は、原則3か月。ケアマネさんからやんやりと他へ移るように言われていまして、施設選びも本気度を増しています。うちの場合、両親が一緒でないとダメ。母は不安心から、夜にパニック発作を起こすことが多いので夜間でもすぐにお医者さんが来てくれるところ、と母は言う。一件、姉が見つけた所があるので、明日下見に行ってきます。父とも施設の相談をしました。本心を言うと、二人部屋じゃない方がいいらしい。(^^; [続きを読む]
  • トイレの憂鬱
  • 汚い話なのでダメな方はスルーしてくださいね。実家では、淡々と家事を済ませます。が、トイレを掃除する時だけは気が滅入りますねぇ。便座の裏はともかく、便座の上(座るところ)、はたまた便器の蓋の裏に汚れが飛び散るってどゆこと?どんな体勢でしてるの?父は排便日記をつけるほど、うん〇の状態を気にします。毎日出ないと気分&体調が悪くなるらしい。出ない時は、下剤と浣腸を使います。下剤はお医者さんでもらったものと [続きを読む]
  • 免疫力強化
  • 毎年、冬になるとまず主人が風邪を引き、その風邪を私がもらって寝込む、というパターンでした。おまけに主人はここ10年で2回インフルエンザに罹っています。親のお世話をする以上、何が何でも寝込めません。ここ一年、免疫力強化に取り組みましたところ、主人も私も風邪を引いてないんです!実践しているのは・・・ニンニク抽出液(キョーレオ〇ン)を一日1カプセル。そして、乳酸菌をたくさん摂っています。ヨーグルト・ヤク〇ト [続きを読む]
  • 毒親いろいろ
  • 最近、「毒親」という言葉をよく聞きます。定義を見てみると、暴力だけでなく、過干渉や極度な依存など。暴力は別として、過干渉や依存は多いのでは?私の母は、依存型だと思います。明けても暮れても私がいつ来るか、考えているらしい。時間はだいたい決まっているので、それまでにトイレを済ませて、首を長くして待っています。そして、感極まって泣きます。↓ 本日の号泣シーン。帰るときは、「今度いつ来てくれる?」(嗚咽) [続きを読む]
  • お金の遣い方
  • よくよく考えてみると、最近全然お金を遣っていません。おしゃれして出かけるところもないし、特に欲しいものもナシ。主人も私も外食より家で食べたいタイプ。これでは日本経済に良くない!という事で少々散財してきました。100均で。(笑)話題沸騰?かどうか分かりませんが、ダイソ〇の日本製ハンドクリームです。サラサラしていて意外に使えるかも。。親の介護を始めて、老後にどれだけお金がかかるか実感する今日この頃。浪費 [続きを読む]
  • おしゃれ心、再燃
  • 母の部屋に着くと、母はベッドで横になっていました。私に気付くや否や飛び起きて、「ずっと待ってたの!」「あのね、派手なセーター2〜3枚買ってきて!」「悪いけど、お姉ちゃんが買ってくるのはババくさいの」←十分ババだと思うが。元々、ラメやスパンコールを好んでいた母。(^^;おしゃれを気にする余裕が出てきたことは、大きな進歩です。いつものようにワンコの写真をスマホで見せ、父がお昼ご飯を食べている様子を動画で見せ [続きを読む]
  • 父と話す
  • 父とは施設のことに関して、膝を突き合わせて話したことがありませんでした。姉に任せてばかりもいられないので、(☆☆☆)父の要望と、一体家にいくらあるのか(無いのか)、月々いくらまで費用を出せるのか、ハッキリと聞いてみました。結論から言うと、父の希望は現状維持。やっぱり施設に入るのは嫌らしい。そうだろうなぁ、自由気ままに暮らしているんだから。それに、二人そろって介護付き有料老人ホームとなると、年金だけ [続きを読む]
  • ヨシエさんの人生
  • 老健スタッフの計らいで、母は3階から2階の居室へ引っ越しました。3階は徘徊する方がいるため、エレベーターホールには鍵がかかっています。母に会いに行くには、チャイムを押してスタッフを呼び出さないといけません。2階は、比較的 要介護度の低い方が多いので鍵もなく、自由に母の部屋へ行けるので楽になりました。母は、さっそく同じテーブルのヨシエさんと友達になりました。ヨシエさんは100才。腰は曲っているけれど、杖 [続きを読む]
  • 姉とケンカ
  • 姉とはひとつ違いですが、これまで私たちはケンカをしたことが無いのです。姉が温厚な性格だから、だと思う。なのにこの前、母の前で言い合いになってしまいました。いや、私が取り乱したと言った方がいいかも。あとで、姉から長〜いメールが届きました。「私なりに一生懸命やってるつもりだけど、何か紫陽花ちゃんに迷惑かけてる?あるなら言って。直すところは直すから。親の介護は協力関係が無いとやっていけない。お互い不満を [続きを読む]
  • 会うと必ず別れがある
  • 父の髪は私がカットしています。(→☆☆☆)髪の毛が耳にかかったらもうダメ。そろそろかな?と 気にはなっていたのですが、今日 家に着いたら、やや苛立った文字でメモが置いてありました。44日目…wこのメモ一枚で、父の性格が分かってもらえるのではないでしょうか。昨日の午後、姉からメールがあり、「お母さんが春物のベストを欲しがっている、明日持って行ってくれる?」今欲しいと思えば今!なので、すぐに買いに行き、今 [続きを読む]
  • ブルーな父、ブルーな母
  • 最近、父は元気がありません。熱はないが、風邪のような症状らしい。「やっぱりひとりじゃ寂しいな・・・」とポツリ。。用心深い父は、家の外=悪い菌がウヨウヨ、と思い込んでいて、気持ちとは裏腹に 母がいる施設に行きたがりません。(^^;人と関わることが苦手で、もう一年も部屋にこもっています。元気が無いのは 精神的なものでしょう。デイサービスにでも行って、気晴らししてくれればいいのですが。午後からは、春物セーター [続きを読む]
  • お墓の引越し
  • 昨年、主人の父が亡くなったのを機に、遠方にあるお墓を 実家の近くに移転することになりました。その「改葬(墓じまい)」の供養が、昨日ありました。親の介護を理由に、私は主人の実家の行事をことごとく欠席しているので (→☆☆☆)、今回も来ないものと思われていたらしい。急きょ、食事を一人分増やしてもらいました。(笑)お墓のことは、男の子が3人いる弟にすべてお・ま・か・せ♪子供がいない私たちは 先祖のお墓には [続きを読む]
  • ミチコさんの人生
  • 母のテーブルで横に座っているミチコさんは、昭和23年生まれの69才。脳性麻痺をお持ちです。ご家族もなく、もう26年も施設で過ごしています。言葉は交わせないけれど、私が行くと満面の笑みで迎えてくれます。母が洗面所で顔を洗っていると、ミチコさんは不自由な手で備え付けのペーパータオルを差し出してくれたそう。とても優しい女性だそうです。施設での生活が26年という事は、親御さんが亡くなられてから…という事なのでしょ [続きを読む]
  • ついてないわ〜
  • 最近全くついていません。食器を連続で何枚も割りました。ワンコのお皿を含め、最低5個は割っています。大切なウェッジウッドのコーヒーカップをやっちまったことは、主人に秘密。実家へ行くのに出遅れて慌てて家を出たら、スマホを忘れたことに気付き 途中で引き返す。探しても見当たらないから固定電話でかけてみたら、来ているコートのポケットでチロリ〜ン♪ネットで7000円ほどの家庭用品を買ったら、近所のホームセンターで同 [続きを読む]