紫陽花 さん プロフィール

  •  
紫陽花さん: La fin du jour...心を病む母の介護日記
ハンドル名紫陽花 さん
ブログタイトルLa fin du jour...心を病む母の介護日記
ブログURLhttp://hydrangea820.blog.fc2.com/
サイト紹介文不安神経症の母、わがままな父に手を焼く日々。2017年4月サ高住に転居しました。
自由文大好きな写真と共に独り言を綴っています。^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2016/06/13 21:30

紫陽花 さんのブログ記事

  • 不調
  • 母の気分はその日によってコロコロ変わります。先日は、このサ高住に移ってから最悪の状態でした。ここのところ、不調になる間隔が短くなってきている様子。"いままで6人のお医者さんに診てもらったけど、全然よくならない""薬も効かない"と、嘆いていました。施設では至れり尽くせり。なんの不安もないはずなのに、一向に良くなりません。脳機能・内臓は丈夫なのに、もったいないわ。その日、デイサービスの契約をすることになっ [続きを読む]
  • 旅立ち
  • その存在が華やかであればあるほど、失った時の悲しみは大きい。小林麻央さんが亡くなりました。伝統文化の継承を担う、大切な人だったのに。二人のお子さんを残して逝かれるのは、どれほど心残りだっただろう。どれほど生きたいと願ったことだろう。過酷な闘病は終わりました。麻央さん、どうぞ安らかにお眠りください。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 住民票を移す(2)
  • 両親の住民票を異動すべく市役所巡りをしてきました。 A市: 「住基カードを発行されているようですけど」私: 「さあ、もう無いと思います」A市: 「マイナンバー通知は?」私: 「さあ、もう無いと思います」おまけに母の介護保険証も紛失。ナイナイ尽くし!「新しく介護保険証が発行されるまでの仮の保険証を作りますのでB市に提出してください」その通りに持って行ったら、「今、A市に確認しました。これは不要ですので、こち [続きを読む]
  • 訪問診療
  • 訪問診療の看護師さんがバイタルチェックをしてくれました。母は「相変わらず苦しくて仕方がない」と訴えていました。看護師さんは、一日一回頓服を飲んだら気持ちが楽になりますよ〜、と言いますが、楽にならないんですよ、それが。(笑)母: 「毎回コールボタンを押すのは悪いから、頓服を一度にたくさん欲しい」看護師さん: 「それはだめなんです〜」実は、私も母と同じ過呼吸・パニック発作の経験がありますから母の苦しさが [続きを読む]
  • されどヨーグルト
  • 週に一度、45分の買い物代行をお願いしていますが、たまに"人手が無い"との理由で断られます。(汗)予定が狂うとパニくる父。即、私にメール。"(かくかくしかじか・・・)ヨーグルト12個お願いします"動揺が伝わる文面でした。両親は毎朝ヨーグルトを食べないと気が済みません。もはや、食べないと死んじゃう!レベル。。家にいた時、「ストックがお正月まで持たない」と言われ忙しい年末に、往復90分かけてヨーグルトだけ届け [続きを読む]
  • 父という人
  • 私は父が35歳の時の子供です。そう言えば、物心ついた頃から父はちょっと"不思議ちゃん"でした。父には驚くべき逸話があります。姉がまだ赤ちゃんだった頃、父は姉を枕にして昼寝をしていたのです。そして、それを発見した叔母(母の姉)が悲鳴をあげた、という話。(笑)私は父と手をつないで歩いたことも、抱っこされた記憶もありません。愛情が無いわけではないけれど、無関心という感じでした。かと言って、父を憎んでいたわけ [続きを読む]
  • 住民票を移す
  • 介護保険の事はややこしくて、しかも頻繁に改正とかあって、ド素人の、しかも頭の悪い私にはさっぱり分かりません。両親は、A市に住民票を残したままB市のサ高住に引っ越しました。というのも、もし気に入らずに また引越しという事も有り得たからです。先日ケアマネのSさんから電話があり、来年から制度が変わるので、B市に住民票を移した方がサービスが有利になります、的な事を言われました。なんだかよく分からないけれど、と [続きを読む]
  • 楽しいデイサービス
  • 父は、手元足元はおぼつかないものの、頭だけは冴えています。デイサービスで出される問題が簡単すぎるので、スタッフさんが父にだけ特別メニューを組んでくれたとか。数学は得意中の得意、私が高校生の時 教えてもらっていたくらい。すぐに正解すると、「すごいですね〜」とか褒められるんでしょうね。気を良くしたのか、週一回のデイを二回に増やしたいと言い出しました。さっそくケアマネさんにその旨を話したら、母の分が実費 [続きを読む]
  • ファッショニスタ、母
  • オシャレな母は、毎回必ず私のファッションチェックをします。そして、「全部ユニク〇?」と聞きます。し、しつれいな!(`o´)全部じゃないです。(笑)私はあまり着るものにだわりが無いので、いつもテキトーですが、施設に行く時だけは、慎重に組合せを考えます。滅多にしないペンダントとかも付けて…母に評価されると思うと、気が引き締まるのですよ。オシャレが出来ない母としては、私の洋服を見るだけでも楽しい様子。母: [続きを読む]
  • ぬり絵
  • 週末、主人が車を使うので電車で行きました。電車で行くと、車の倍の時間がかかるんです。(>家も施設も駅から離れているから、この炎天下に歩くのは堪えますしね〜母が前回のデイサービスで習ったぬり絵がありました。上が見本で下が母の作品です。重ね塗りとかして、結構うまく描けているのでは?と思うのですが、母は"色鉛筆ではリンゴの赤が出せない!"と、悔しくて仕方がない様子でした。連絡帳にも、"たくさん発言をされます" [続きを読む]
  • 言い訳
  • いつだったか、サ高住に関するYahoo!記事を読みました。"軽度"の高齢者が入居するはずのサ高住に要介護3以上の人が居住し、事故が多発しているという内容。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、定義上 普通の賃貸住宅です。そこに食事が付いて、介護事業所とは各自が契約します。費用は比較的安いし、空きもある。問題はあるだろうけど、本人や家族にとって有り難い存在ではあります。ただ、その記事のコメント欄を読んでいた [続きを読む]
  • お金の管理
  • 施設に移って、2か月が過ぎました。生活にも慣れてきて余裕ができたのか、両親はお金の事を気にするようになりました。毎月この施設にいくら支払っているのか。誰が銀行通帳や印鑑を持っているのか。土地の権利証、生命保険証書は?クレジットカードも解約したい。一度気になりだしたら、もう歯止めがききません。頭の中はお金・お金・お金。二人とも興奮状態。 (-_-;)親の貴重品は、姉と分担して預かっています。私が保管してい [続きを読む]
  • 寂しい病?
  • 3日ぶりに施設へ行ったら、母の目が死んでいました。母の顔を見れば、一瞬で調子がいいか悪いかがわかります。「胸が苦しくて、息が出来ない」「昨日の晩、頓服を持ってきてもらった」←いつもの効かないヤツw「だんだん症状が悪化してきている、もう死にたい」蚊の鳴くような声で訴えていました。そして、「いくらお父さんが横にいても、やっぱり紫陽花ちゃんに会いたい」と号泣。そう言われても困るの!(>久しぶりにマッサージ [続きを読む]
  • 食事作りからの開放
  • 何だかんだ親の文句ばかり言っているけど、施設に入ってからは父親の食事作りが不要になり、私のストレスは80%くらい減ったかな。。父は偏食があり、食感と色合いには敏感です。硬いもの、一口大より大きいものは不可。ミニトマトも、湯剥きにして半分にカットして出していました。スーパーで買った小エビのかき揚げは1/8以下にします。(笑)また、色合いが悪いと、たちまち食欲が無くなってしまうようです。いつもカラフルに [続きを読む]
  • 初回半額の罠
  • 母は、整形外科のみならず整体にすら一度も通ったことがないくらい頑丈な身体でした。(心は病みましたが)なのに私は中学の頃から神経痛で、体育の授業を休むこともしばしば。両肩の五十肩は計6年間も苦しみました。orzここ数年は、坐骨神経痛と膝痛です。ふと目にした、「初回限定半額3980円」の広告に誘われ、駅前の整体サロンに行ってきました。ま、考えてみれば1回きりで済むわけありませんよね。施術が済んだら即、次の予 [続きを読む]
  • デイサービス、その後
  • 施設併設のデイサービスは、「おとなの学校」というメソッドを採用しています。授業方式で参加者の意欲を引き出すようになっているらしい。最初はあれほど喜んでいたのに、今日はちょっと浮かない顔でした。(☆☆☆)内容が簡単すぎると言うのです。(←可愛げがない)母: 「ぬり絵がすぐに完成してしまう、他の人が出来るまで待つのが苦痛」父: 「僕は2〜3分で計算が終わるのに、他の婆さんたちは時間かかりすぎ」やっぱり、二 [続きを読む]
  • 複雑な心
  • ひとつ気になっていることがあります。母は元々とてもネガティブな性格で、人の悪いところばかりが目に付く人です。昔よく聞かれました。「ねぇ、芸能人で誰が嫌い?」普通、好きなタレントさんの話をした方が楽しくないっすか?母は違います。嫌いな人を思い出して、自分にストレスを課す。そんな母の思考回路が理解できませんでした。なのにこのサ高住に入ってからというもの、「みんなよくやってくれる」「安い割にはちゃんとし [続きを読む]
  • 紛失した洗濯物
  • 両親に認知症も無く、在宅介護をしている訳でもない。これで「介護は大変」なんて、おこがましい。ただ、最近 メールの着信音が鳴ると、心臓がぐ〜っと締め付けられるような感覚がするんです。また父か・・・。今度は何を言ってくるのか・・・。決してNoとは言えず、ただ言いなりになるだけ。先日、電車の中で父からメールがありました。「ヘルパーさんに頼んだ洗濯物一式が無くなった」「お母さんが興奮している」父も途方にくれ [続きを読む]
  • 姉との距離
  • 両親が施設に移って、姉の家が遠くなりました。遠距離の運転には自信がないからと、電車を乗り継いで来ています。時間も交通費もかかる。母はそのことを気にしているのです。以前から親は姉に何かを頼むとき、"寸志"を渡します。姉夫婦にだけですよ?「悪いからお姉ちゃんには用事を頼まないようにする」これから施設に来てもらうたびに、交通費を出さねば、と思うのでしょうか。おかげで私ひとりが父に振り回されるという地獄。。 [続きを読む]
  • 食堂の見学
  • 午前中に行くと、あっという間に食事の時間。11時にスタッフさんが、「そろそろ昼食ですよ〜」と呼びに来てくれます。せっかくなので、ちょっと見学させてもらうことに。すぐに担当の人が椅子を持ってきてくれました。同じテーブルのご夫妻は、90代。親からはとてもいい人たち、と聞いていたので挨拶をしておきました。その日のメニューは鯖の煮物。他に野菜とお吸い物でした。食べ物にうるさい両親ですから、我慢の限界にきている [続きを読む]
  • もしかして、父
  • 先日、NHKで発達障害について特集していました。(→☆☆☆)今まで、父はどこかおかしい…と思ってはいたけれど、この番組を見て、納得がいきました。「自閉症スペクトラム・感覚過敏」 父は、それっぽい。人とのコミュニケーションが苦手。整理整頓が好き。(すべて平行・直角に置く)物の重さ、大きさにこだわる。下着・パジャマ以外の服が嫌い、触感に過敏。偏食、食感にこだわる。数字が好き。これは父が録画した洋画のごく [続きを読む]
  • 元気で長生き、か…
  • 広島から大阪に帰省されていたブロ友Kさんは、お母さんと一緒に京都へ行かれたようです。その時の様子がブログにアップされていました。お母さんは、10代で?結婚されたのでまだ60代後半。おしゃれで美しい方です。Kさんは、「いつまでも元気で長生きして欲しい」という文章で記事を締めくくっていました。この記事を読んで、私は落ち込みました。私の心の中には「親に長生きされたらどうしよう」という危惧がある。なんてひどい娘 [続きを読む]
  • 距離
  • ワタクシ、ボケ防止のために細々と英会話を勉強しております。(全く上達しないけど、気にしていない)介護が始まってから遠ざかっていたクラスに、久しぶりに参加してきました。私を含めて参加者は4人。皆さんスポーツをしたり、旅行の報告をしたり・・・話題が尽きません。先生は、「最近ご両親はどう?」みたいに私に聞いてくれますが、「ここにいる間だけでも現実を忘れたい」と、親の話はやめておきました。介護に縁のない人ばか [続きを読む]
  • 初めてのデイサービス
  • 両親は二人そろって特異な性格です。人嫌い、集団行動は無理。。家にいた頃、ケアマネさんがデイサービスを勧めてくれてもかたくなに「結構です」と断っていました。でも 今は施設で暇を持て余している。これではいけないと思い、私が勝手に申し込みをしました。親の性格を説明して、「まずはお試しで週一回、もしダメなら中止」という条件で。そのデイサービスがようやく始まったので、どんな感じだったか聞きに行きました。私の [続きを読む]
  • アクリル食器
  • 父も母も手元がずいぶん危うくなってきました。グラスを持つときなど、ハラハラして見ていられません。手が滑る→床に落とす→ガラス割れる→緊急コールになるのは目に見えている。と言うワケで、アクリル製の食器を買いました。ご想像通り、ダイソ〇製です。(^.^)何でも納得しないと気が済まない父なのに、コレに関しては満足している様子。さっそくビールを入れて飲んでました。この手の食器に関しては、危険だと言う人もいます [続きを読む]