紫陽花 さん プロフィール

  •  
紫陽花さん: La fin du jour...心を病む母の介護日記
ハンドル名紫陽花 さん
ブログタイトルLa fin du jour...心を病む母の介護日記
ブログURLhttp://hydrangea820.blog.fc2.com/
サイト紹介文不安神経症の母、わがままな父に手を焼く日々。2017年4月サ高住に転居しました。
自由文大好きな写真と共に独り言を綴っています。^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2016/06/13 21:30

紫陽花 さんのブログ記事

  • 母、米寿を迎える
  • 母は88才の誕生日を迎えました。子供の頃に両親を亡くし、8人兄姉の末っ子で、誰よりも長生きしました。先日 施設で少し早めのお誕生日会をしてくれたそうです。思いがけないことで、母はとても喜んでいました。↓ スタッフさんたちの寄せ書きです。家にいた時は "諸事情により" 誕生日はスルーしていたのですが、(→☆☆☆)施設に移ってからは そんな訳にもいきません。娘二人もいてお花すら持ってこないなんて! と言いかねな [続きを読む]
  • 筆談ボード
  • 主人の母は、目も耳も正常です。テレビも囁くような小さな音で聞いているのに、内容は理解している。一方、私の母は50センチの距離でも聞こえません。耳元で怒鳴りながらゆっ〜くり話さないといけない。これが本当に、疲れるんですよね。眼医者さんへ行った時も、静かな待合で私の怒鳴り声だけがとどろいていました。そこで買ってみたのが筆談ボード。絵心が無さすぎて悲しい。磁石になっているので、紙も消しゴムも要りません。な [続きを読む]
  • 暗闇
  • お盆休みの中日、主人が山の方へ小さなボールを打ちに行ったので、私はひとりで義母の様子を見に行きました。まだ午後3時だと言うのに、カーテンを閉め切った真っ暗な部屋で義母は寝ていました。一日中 うとうとしているそうです。「早くお迎えが来てほしい、死にたい」これは、鬱状態ですね。ちょうど一年前の、私の母と同じ状況です。(☆☆☆)私の母の事を主人が話したらしく、義妹がぬり絵の本を用意していました。が、当然の [続きを読む]
  • 母、ぬり絵にハマる(2)
  • 母は相変わらずぬり絵に没頭しております。(☆☆☆)朝8:30から始めて、一日に1枚半描き上げるらしい。ある日、アイシャドウを塗ってみたら?と提案したら、母は、目の周りを茶色に塗ってしまいました。どう見ても 寝不足で目の下にクマが出来てしまった少女!あわててサングラスでごまかしました。会いに行くたびに、真っ先に「ぬり絵見てちょうだい」と作品を出してきます。私に見せることがひとつのモチベーションになっている [続きを読む]
  • 複雑な人間関係
  • 母はこのサ高住に移る前、老健で腰椎の圧迫骨折を治療していました。(→☆☆☆)今ごろになって、その頃の事を話し始めました。老健にはボスのような入居者がいた、と。食事も、その人が箸を付けないと食べられない雰囲気、先に部屋へ戻るときも、「お先に失礼します」と頭を下げていたそうです。一度、何気ない会話の中でその人を激怒させてしまった、とも話していました。当時は何にも言わなかったのに・・・そう言えば、私が訪 [続きを読む]
  • 同じフロアの女性(70代)は、頻繁に両親の部屋に入ってこられます。エアコンが壊れた、水が止まらない、バンドエイドが欲しい…様々な理由で。一度、父がやめてもらうようにお願いしたのに、やっぱりまだ、真夜中にでも "訪問" されるそうです。先日、私がいる時もノックなしに入ってこられました。そして母の顔をのぞき込んで、"あ、違うわ"と言って出ていかれました。その女性は、一見お元気そうで背筋もシャンと伸びていて普通 [続きを読む]
  • 管理される
  • 主人の母がいる老人ホームは "超" が付くほど高級です。おかげで、サービスは至れり尽くせり。毎朝のバイタルチェック、食事と水分の摂取量もすべて把握されています。初めて訪問した時、私はペットボトルのお茶とカットフルーツを買って行きました。でも、入居者への差し入れは基本NGなのだそうです。差し入れの食べ物をのどに詰めたり、食中毒を心配してのことでしょう。「朝から850ccの水分を摂っておられ、食事も7割は召し上が [続きを読む]
  • 真夏の夜の出来事
  • 母から聞いた話です。時間通りに食堂へ行っても なかなか食事が出てこなくて退屈していたところ、20代の男性スタッフAさんが時間つぶしに、ウサギとカメのグーパー体操を教えてくれました。それが母のツボにはまったらしく、"楽しかったわ、また教えてね"と言ったそうです。それから何日も経ったある夜、そのAさんが部屋に来てくれました。「○○さん、グーパー体操やりましょう!」母の言葉を覚えていてくれたんですね。たくさん [続きを読む]
  • 義父のお墓まいり
  • 昨年4月に亡くなった義父のお墓参りのあと、義母のホームへ行きました。入居して一週間経った頃です。相変わらず義母の精神状態は最悪。「早く死にたい早く死にたい早く死にたい!」「○○(次男)はちっとも顔を出さない!」「なんで孫が一度も来ないの!歩いてすぐなのに!」いつでも帰れるように、荷物もまとめてありました。スタッフさんに聞いたら、バイタルチェックは異常なし。なのにイベントにも参加せず、ずっと寝たまま [続きを読む]
  • 母、眼科へ行く
  • 先日、母の目が赤くなっているのに気付きました。が、見て見ぬふりをしていました。よくある事だし、面倒なことになりそうだったので。(笑)すると夜になって看護師さんから電話がありました。「お母さんの目が充血していますが、病院に行かれたほうが・・・」困ったなぁ。提携の病院に眼科は無し。このサ高住は出来たばかりなので、スタッフに聞いても周辺の眼科は分からないという。仕方がないのでネットで調べて、最寄りの眼科 [続きを読む]
  • 義母、ホームに入る(2)
  • 主人の母が入居した「介護付き有料老人ホーム」に行ってきました。やはり施設入居は寝耳に水だったようです。ボストンバッグひとつで、いきなり拉致されてきた?ような印象でした。「〇子が勝手に決めた!」「一時的にいるだけで、今晩退院するから」と、荷物をまとめているwえ?正式入居じゃないの??びっくりした私はすぐにスタッフに聞きに行きました。「昨日も、帰るからタクシー呼んでと言われまして・・・、帰宅願望がおあ [続きを読む]
  • 義母、ホームに入る
  • 主人の母(88才)は、シルバーカーを使えば買い物に行けるし身の回りのことは何とか出来るので、介護認定を受けていません。フルタイムで働く長女一家と同居しています。つい先日電話した時、 かなり弱っているように思えたので (☆☆☆)心配はしていたのですが、日曜の夜 義妹から電話がありました。「お母さんが有料ホームに入居した」えーーー!?何の相談もなく、結果報告だったので主人は激怒していました。相談があったと [続きを読む]
  • 歩けルンです
  • 去年、自宅で圧迫骨折をしてから母は全く歩けなくなりました。そのまま市民病院に入院しても、歩行訓練を断固拒否。歩くことに恐怖心がある、と先生は言っておられました。それがですね、このデイサービスで5月から歩く練習(歩行器)をするようになってからみるみる歩けるようになったのです。"車いすに乗ってる人とは思えない"と、スタッフさんは言う。せっかく歩けるのに歩かないのはもったいない。ケアマネさんに部屋でも歩行 [続きを読む]
  • 誰だってボッチ
  • 主人の母は家庭より仕事中心で、70代半ばまで働いていました。外向的&おしゃべり好き、元気な時はよく友達と旅行や食事に出かけていました。そんな義母に久しぶりに電話してみたら、声が死んでいた。気分が沈み体がだるく、一日中寝ているとの事。食事に誘っても、食べたくない 出かけたくない、と言う。デイサービスを薦めてみましたが、"人に気を遣うのが嫌"。性格が180度変わってしまいました。これは鬱ですね。。15年 [続きを読む]
  • とあるヘルパーさん
  • 以前から親に、"紫陽花と同じ名前のヘルパーさんがいる"と聞いていました。そして先日 一階で、"もしかして○○○さんですか?"と呼び止められました。胸元には私と同じ名前が書かれてありました。私の名前は珍しくはないのですが、旧漢字を使うため、同名の人は滅多にいません。しばらく立ち話をしていたら、なんと中学の同窓生という事も判明!ご実家も以前私たち一家が住んでいた場所のすぐ近くでした。そんなこんなで、母はそ [続きを読む]
  • 洋服を買いに
  • 母の心の健康のバロメーターは、オシャレしたいかどうか。最近は、洋服の事を気にしているので 大丈夫なんだろうな。質より量・・・安物でいいからたくさん欲しいらしい。街に出かけた時、母に合いそうなものを無意識に探してしまいます。と言っても、好みが難しいんですよね。おばあちゃんっぽい服は嫌いですから。最終バーゲンで見つけた2枚。(合計で2200円くらい)紺色で合わせてみました。「今度のデイサービスの時に着てい [続きを読む]
  • 終の棲家探し
  • 両親のサ高住はこの辺りの相場からすると、ずいぶん安い。入居する前は大丈夫か?と不安でしたが、実際には十分だと思う。少ない予算の中でも、娯楽・イベントが豊富だし飽きさせないような食事を提供してくれる。贅沢ではないけれど、まぁまぁ満足です。てか逆に、入居一時金が1億もするような施設はそのお金を何に使ってるんだろう?うちの近所にも、超豪華な有料ホームがあります。スポーツジム、映画館があり、駅までの送迎バ [続きを読む]
  • 住めば都
  • 両親の隣の部屋の女性(70代)は、以前から口撃が激しくたまに暴力をふるってスタッフを困らせていました。その女性を最近見掛けないんですよ。先日、居室の工事をしていたので母に聞いたら「出ていったみたい」と。もしや退去させられたのかなぁ?自宅に戻ったとは思いにくく、どこへ行かれたのか他人事ながら気になります。入居して3か月が過ぎ、両親はすっかり施設に慣れたようです。食事の心配もないし、台風が来ても怖くな [続きを読む]
  • 家計簿
  • 毎月、親のための買い物の額は数万円になります。もちろん私が出しているわけではなく、父の口座から20万円引き出して使った分をメモしています。20万使い切ったら、また引き出す…という感じ。今までスマホの家計簿アプリを使っていましたが、月末に父に報告しないといけないので、家計簿を買うことにしました。ロフトで偶然見つけたものです。通帳サイズで邪魔にならない大きさ。ただ、ページ数が少ない。。頻繁に買い物を頼まれ [続きを読む]
  • 本日の要求(2)
  • 「明日の朝 来るときに、腕巻き血圧計を一式買って来て下さい」と父のメール。ちょっ、それって今日中に買えっていうこと?父は血圧を下げるお薬を飲んでいます。定期的に訪問診療の先生がバイタルチェックをしてくれますが、お薬が効いているかどうか、毎朝自分でチェックしたいとのこと。ここまでくると健康オタクと言うより、"死にたくない症候群"ですね。いつもなら、父からのどんなメールにも「分かりました」と素直に返事す [続きを読む]
  • 母、ぬり絵にハマる
  • 母はどっぷりとぬり絵にハマっています。(☆☆☆)"楽しいわ〜、もう虜になっている""食事中も早く部屋に戻って塗りたい!と思う"毎日描いているのであっという間に一冊が無くなってしまいました。無くなった次の日は禁断症状が出でしまい、いてもたってもいられなくなり仕上がった絵をもう一度重ね塗りしていたとか。↑ 海は沖の方を濃くして、遠近感を出したそうです。イヤリング、マニキュア、ブレスレッドは母のアレンジ。↑ [続きを読む]
  • デイサービス
  • 両親は5月から始めた週一回(木曜日)のデイサービスがとても気に入り、今月から週2回(月・木)に増やしてもらうことにしました。(☆☆☆)専門的な事はよく分かりませんが、2回に増やすなら住民票をこちらに移した方がいいとケアマネさん提案され、先月 市役所巡りをしてきたわけです。結構、大ごとだったのです。ところがですね、両親は月曜日のデイを一度参加しただけで、やめてしまったと言う。「雰囲気が悪い、参加者が多 [続きを読む]
  • 本日の要求
  • 父はウイスキーを飲むとき、きっちりと量を計っています。今まで使っていたガラス製のメジャーが割れてしまったため、ステンレス製のものを買っておくように言われました。さぁ、困った。そんなのどこに売ってるのよ?主人もウイスキーは飲みますが、きっちり計るほど几帳面でもないしwこんな時、本当にネットは助かりますね。Amazonで探して、スクショを父のスマホに送って「これでいいですか?」と確認しました。この作業を怠る [続きを読む]
  • Mさんへのブラウス
  • 母は食堂で同じテーブルのMさんにベレー帽を頂きました。↓ 父から送られてきた写メ。いつも母が何かとプレゼントをするから、そのお返しでしょう。お子さんがいらっしゃらないので、義理の妹さんに頼んだとか。。もう、きりがないのです。それでもまた、「Mさんにあげる5,000円くらいのブラウス買って来て!」と、母。母は耳が遠いうえに、思い込んだら人の話は聞きません。会話が成り立たないだろうから、メモに書いて母に渡しま [続きを読む]
  • 久しぶりに施設へ
  • 車上荒らしにあった事を、事件の夜、父にはメールで知らせておきました。「お母さんを刺激したくないので 注意して下さい」と、前置きして。なのに父は即、その場で母にメールを読ませたようです。そういうところがKYなのよ。(←この表現、もう古いね)母はちょっとした事がきっかけで、過呼吸発作を起こしてしまうから私は細心の注意を払っているというのに。車の修理は、思ったより早く終わりました。保険を使うと損なので、実 [続きを読む]