p2psocial さん プロフィール

  •  
p2psocialさん: ソーシャルレンディング投資ガイド
ハンドル名p2psocial さん
ブログタイトルソーシャルレンディング投資ガイド
ブログURLhttp://p2psocial.wpblog.jp/
サイト紹介文P2P金融による高利回りは本当に期待できるのか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 289日(平均1.0回/週) - 参加 2016/06/15 20:12

p2psocial さんのブログ記事

  • 最近のmaneoはAN社案件ばっかり
  • 分散投資にはリスクある同一会社ばかりの募集ソーシャルレンディングの中でもmaneoは基本的に2案件をセットにしているケースが多いのですが、案件1側じゃなくて2の場合もあるけど、ほとんどの案件にAN社が抱き合わさってるのはどうなのかな〜。maneoは出資元も多く 証券などの絡みもあるから変なことはしないと思いますが、それ以外の選択肢がほとんどないという時期があるのは、投資者側のリスク回避の面で改善を求めた [続きを読む]
  • 証券取引委員会がみんなのクレジットに行政処分勧告
  • 想像する通りのスキーム(多くが自社グループ内貸付、親会社に指示を出して白石氏自身預金口座への送金など)だったわけですが、もし(ファンド扱いになっていない)分配金などの余剰の残高がある場合は引き出せることになっていますから、今後を考えるといったん引き上げられるものは引きあげたほうがいいかもしれませんね。どこまで誠意ある営業をして、応じてもらえるかがわかりませんがネットで情報収集に努めてください。こち [続きを読む]
  • クラウドクレジット、2017年2月4日に累計ユーザー登録数3,000名突破
  • クラウドクレジットからのメールによれば、2014年6月のサービスイン以来の累計ユーザー数が2017年2月4日に3,000名を突破したとのこと。2016年9月以降、月次のユーザー登録数が過去最高を更新し続けているとのことで、2017年1月には単月400名を超えるなど加速度的に2016年下半期から登録数を伸ばしているということのようだ。基本的にリスクはあるがクラウドクレジットは比較的良心的なところなので、支持されるのも多少はわかる。 [続きを読む]
  • みんクレが東京メトロに中吊りまで
  • みんなのクレジットが、東京メトロに中吊り広告を出しているようです。たなかたかゆきさんのツイート。否定的ですが。みんなのクレジット、銀座線の中吊り広告が。こうやって被害者が増えていくんだなあ。 pic.twitter.com/yukNKhnoP0— たなかたかゆき(パピコ) (@papico_chupa) 2016年12月1日みんなのクレジット、ソーシャルレンディング後発としてはかなりのキャッシュバック・キャンペーン施策を行っていて、それで資金が [続きを読む]
  • スマートエクイティ、商品が活発化するのは来年か
  • 匿名組合や社債などを扱うスマートエクイティ、株式投資型クラウドファンディングを2016年8月に予定していたが、開始時期が延期されており、また募集社債もしばらくないことから、気になるところだが、アフィリエイト等の出稿を来年あけるまで止めるようだ。募集商品のない時期だから、ということも考慮してと思われる。特に商品が少ないこと以外には不満のないサービスであるのだが、なにしろ案件数が少ない。サービスの改善 [続きを読む]
  • クラウドクレジットが累計ユーザー2,000人突破
  • 個人的にも近く口座を作ろうと思っているクラウドクレジットが、本日累計ユーザー登録数が2,000名をこえたというリリースを出した。6月からは平均前月比25%増する急増ぶりとのことだが、このへんは広告施策の影響も大きいと思われる。同社は伊藤忠ほか数社が株主ということもあり、またハイリスクな海外投資ながら、商品に様々なパターンをもたせたり、また細かくデータを提供していることから、信頼が堅いのだろう。月別の増加グ [続きを読む]
  • 某社が「投資までつながる率が低い」と…
  • 一部広告を貼っているブロガー等ならわかると思いますが、SL某社が成果報酬系広告条件の値下げを一斉に行いました。これについては本来企業側の自由と考えますが、その理由が問題です。タイトルのような理由(「投資までつながる率が低い」)を値下げ原因にかかれています。(しかし投資する側だからわかりますが)会員を獲得したところで、その場で投資するべき商品を潤沢に持っていないことが原因としか思えないです。自社のシス [続きを読む]
  • ありがちな早期償還、どうやって再度回す?
  • ソーシャルレンディングでありがちなのが(借りている側の早い返済などによって起こる)早期償還。その場合、別の案件に乗り換えることになるのだが、乗り換え予定案件においても最低投資額が案件に設定されている場合、それよりも残高が不足すると投資できない。となるとそこの投資口座(預託金口座)がある場合、そこへ現金を滞留させることになる。しかし投資口座に滞留しても1円も利息がつかないわけで、そうなると1、(少な [続きを読む]
  • ありがちな早期償還、どうやって再度回す?
  • ソーシャルレンディングでありがちなのが(借りている側の早い返済などによって起こる)早期償還。その場合、別の案件に乗り換えることになるのだが、乗り換え予定案件においても最低投資額が案件に設定されている場合、それよりも残高が不足すると投資できない。となるとそこの投資口座(預託金口座)がある場合、そこへ現金を滞留させることになる。しかし投資口座に滞留しても1円も利息がつかないわけで、そうなると1、(少な [続きを読む]