VIA BELLA ITALIA さん プロフィール

  •  
VIA BELLA ITALIAさん: Via Bella Italia ベッライタリア通りから
ハンドル名VIA BELLA ITALIA さん
ブログタイトルVia Bella Italia ベッライタリア通りから
ブログURLhttp://viaitalia.exblog.jp/
サイト紹介文Made in Italyのオンラインショップviabellaitalia.comのスタッフ日記
自由文チャオです! イタリアで産地直送なMade in Italyのセレクトオンラインショップを経営しています。産地直送といっても食材だけではありません! イタリアンファッションの一流ブランドを格安で、またまたイタリアンカー、フェラーリだってフィアット500だってアルファロメオだってお任せあれ! さらにお買い物代行もいたします。ショップの裏話、イタリアあるあるな日常のことどんどんお知らせしていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/06/17 09:40

VIA BELLA ITALIA さんのブログ記事

  • 世界一暑い国の栄光に輝きました。
  • 扇風機の向こうにわんこ。この月曜日から連日40度を超える暑い夏続行中のイタリアです。今までにも暑い夏はあったけど、今年の暑さかなり尋常ではありません。湿気があるので不快極まりないのと、5月の半ばからずっと30度を超えた暑さが続き、雨が全く降らないというのは先日もブログで書きましたが、40度を超えるのが連日続くのは私が知っているこの17回の夏で初めてです。5月には13年ぶりの暑さと歌... [続きを読む]
  • がびーん
  • 春先に紫色の花を一杯つける種をちょっと大きめの鉢に植えました。種まきにはちょっと遅めのぎりぎりの時期だったけど、すぐに元気な新芽が出て来たので、毎日、朝晩水やりをして花が咲くのを楽しみにしていた。新芽たちはどんどん大きくなり青々とした葉っぱを広げ、大きめだったはずの鉢の上はこんもりグリーン。まさかね、芽引きしなくていいよね?種まきをしたときに土の中にどこから入り込んだのかわからない球根... [続きを読む]
  • 道産子の性でしょうか?
  • 今年の暑さは結構応えてます。気温はせいぜい35から37度ほどですが、5月の半ばからずっと雨が降らない。この2ヶ月半で雨が降ったのはトータルしても30分もないんです。しかも、雨といっても、本当に数滴、あああああ、雨降って来る?と期待させて、降らずに終わる。降水量として計れないんじゃないだろうか?と思うくらいです。ローマ一帯、現在水不足が深刻化してきています。ローマ市内とは水源地が違う鉄の丘... [続きを読む]
  • ちょい悪店長からのご提案
  • 数年前に日本のテレビ番組に出演したとき、最初はせっかくですからイタリアの方もご一緒に出演くださいとお誘いいただいたので、店長、実はかなり楽しみにしていたんですが、残念ながら時間の都合で彼の出演なしになってしょぼーん。日本で活躍するジローラモさんにちょっと対を張りたかったらしい。確かに、正真正銘のちょい悪おやじ道まっしぐらだもんね。と言うと「シッケイ(失敬)な!」とは言いますが。ジロー... [続きを読む]
  • 風林火山
  • Essere veloci come il ventoEssere silenziosi come la forestaEssere passionali come il fuocoEssere fermi come la montagna と訳していただきました by 店長。友人が事務所を大きくしたので、お祝いに描いてみました。武田信玄の旗に書いてあったとかなかったとか言われるもと... [続きを読む]
  • ブラ考察 in イタリア
  • Photo by intimissimi先日、ブラを新調しようといつものYammayに行こうとしたら、鉄の丘yamamay店がいつのまにか閉店していて、仕方がないので、intemissimiへ向かった。intemissimi(インティミッシミ)とYamamay(ヤママイ)はお手軽価格のイタリア人気下着メーカー。日本でいうところのトリンプとワコールという感じでほぼ互角の2大ブランドであ... [続きを読む]
  • Cosa vuoi di più della vita? 
  • コロッセオからエスクイリーノの丘の方へ登ってゆく近道。コッレオッピオ公園と言う名前だそうで、多分、何百回と通った公園内の道はドムスアウレア通りだったとつい先週末気がつきました。汗17年前の3月の末、空港に迎えに来てくれた元相棒の車が壊れたとかで、電車でオスティエンセ駅まで入り、そこから地下鉄B線に乗り換え、コロッセオ駅で下りて、この公園のドムスアウレア通りを20kgのスーツケースと一... [続きを読む]
  • ローマバイナイ
  • ローマバイナイ。一見かっちょいい感じですが、スマートとか、エレガンスとかいう形容詞からはほど遠いです。水面下の戦いをくぐり抜ける知力と頑固さと、図々しさとデカい声が必要です。「今夜、サンタンジェロ城の下のルンゴテレベの川岸で、ジャズを聞こうよ。」と友人アンジェロくんからの電話が鳴ったのは夕方6時半。土曜日に、素敵なジャズコンサートないかどうかを聞いたのは、水曜日。「Ok! じゃあ、ち... [続きを読む]
  • 真夏の夜はルンゴテベレ
  • 日中の灼熱時間がやっと終わる夕暮れ時、イタリアの人たちは夕涼みもかねて外に繰り出します。毎年、各都市で夜な夜ないろんなイベントが組まれますが、もしこの時期にローマにお越しの方には、ルンゴテベレの下、川岸をぶらぶらお散歩、お勧めです。写真の聖大天使城 カステロ サンタンジェロの下の川縁に白いテントが見えると思いますが、ここでーす。川縁を2kmほど、夏の間の限定ですが、いろいろなお店のテントも... [続きを読む]
  • 真夏のかくれんぼ
  • うちはそんな広くないし、部屋数もないんですが、最近、カルロがこつ然と消えます。あれ? いつもは私の足元にまとわりついてるか、絶対視界の中に鎮座しているのに、どこだ?おうちのドアは閉まっているので、いきなり外におでかけはしていない。我が家はイタリアで言う1階、日本的には2階なので、ベランダから下に落ちているとは・・・・・思いたくないぞ。彼の定位置の居間のソファー、ベランダ、バス... [続きを読む]
  • マテーラの幸せを呼ぶ笛ククーを探せ
  • 南イタリアのバジリカータ州のマテーラは、洞窟住居がユネスコの世界遺産に登録された有名な町です。先日のお買い物代行はマテーラから。今回の指令は「マテーラの幸せを呼ぶ笛ククーを探せ」お買い物代行のご要望って、本当に多岐に渡っていて、毎回、気分は探偵です。しかも、あたくし、イタリアに16年も住んでいますが、バジリカータ州は高速で通過しただけで、マテーラにも行ったことがない。「幸せを呼ぶ笛、... [続きを読む]
  • イタリアで大人気 O bag新作いろいろ
  • 着せ替えができるバック、カスタマイズができる面白さがイタリア人に大ヒットのO bag(オーバック)ハンドルもボディーも好きにカスタマイズできるし、カラーバリエーションも豊富で季節に会わせて手持ちのO bagにプラスアルファーで着せ替えって、乙女心をくすぐります。最初はうーんと思ったけど、最近は表面をいろいろ加工した一見かご風とかレザー風まであり、さらにハンドルに飾るチャームや、内側に... [続きを読む]
  • 帰ってきたボンドさん!
  • シチリアに新しい生産車さんたちとの出逢いを求めて出かけたときは、確か、社用車のBMWで出かけた。ピスタッキオの町、ブロンテの旧市街の超急勾配で細い道を走らせたときは、どこかこすっちゃうんじゃないかと店長、びくびくもので運転をしていたのを覚えている。社用車のBMWを私たちは「ボンドさん」と呼んでいる。店長の愛車ルーポくんのお姉さんのポジションだし、ハイテク車でなんでもボタンひとつ。まるで0... [続きを読む]
  • イタリア夏セール始まりました!
  • なんだかんだとバタバタしているうちにバーゲン始まってます。汗実は私個人はバーゲンでお買い物するのが苦手です。店員さんたちが殺気立っているし、商品も雑多な感じで、欲しいサイズを探すのに苦労をするので、バーゲン初日に乗り込む!なんてことは随分していません。あっちこっちのオンラインショップの欲しいものリストに追加していた商品も、いざバーゲンだ!と再チェックしたら、もうサイズ在庫なしで、す... [続きを読む]
  • ティベリウス帝の別荘拝見!
  • 生け簀の真ん中は皇帝のテーブルがあったと思われるところ。古代ローマの貴族が別荘を建てた場所って風光明媚で気候もよい。ということはよく現代イタリア人から聞きますが、ティベリウス帝の別荘はまさに、現代だったら素敵なリゾートホテルでも建てれそうな場所にあります。目の前がオデュッセウスの海と呼ばれる真っ青な海に白い砂浜、遠くに伝説の魔女キルケの名を持つチルチェッオ山を望む。そんな場所の自然... [続きを読む]
  • 突然海開き
  • 「予想外、結構好き?」と言われてみて、イタリア暮らし、あまりに日々「どっきり」がありすぎて、最近は「予想外」とか「どっきり」が嫌いなMIKAです。年かしらん?とも思いますが。先日、海辺のティベリウス帝の別荘の遺跡を歩いて、小腹が空いたので近場の町、スペルロンガでお昼をした後、ピサーノくん、町の下の真っ青な海と白い砂浜を見つつ、いきなり「ねえ、せっかくだから、どこかで水着調達して砂浜に下... [続きを読む]
  • 母の愛マスク
  • お暑うございます。イタリアってどうしてこうも、「間」がないんだか。5月の半ばまで寒くて冬物のセーターを着ていたのに、そこから春を飛び越えいきなり夏到来。最後に雨降ったのは、いつだったっけ????という状態のまま、連日お天気予報ではローマ近辺30から33度とか言っていますが、それを信じた私が悪かった。どうも最近午後出勤時のカルロ部長が通勤途中で動けなくなっちゃう。携帯のお天気アプリでは3... [続きを読む]
  • 乙女心をくすぐるグッチ コスメライン
  • 日本ではまだ未発売のグッチのコスメライン、とっても乙女心がくすぐられるアイテムたちです。アイシャドーやマスカラ、リップラッカーなどのカラーセレクションが使いやすい色が多く、それでいてどこにでもありそうなというものではない。グッチが提案するスタイルを完成させる最後の一手間の部分を担うラインなだけに、かなり考え抜かれたセレクトだと思います。カラーセレクションもそうだけど、パッケージもま... [続きを読む]
  • 来たああああああ、ショーペロ!
  • photo by Il messaggero私がローマに行く予定をしているときに、ショーペロ、ストにあたる確率高いです。年に1回の定期検診のときも、週1で学校に通っていたときもドンピシャでスト。2週間ほど前にローマに出向いたときも、ローマの中央駅前のバスセンターで30分以上バスを待ったけど、いや、バスはバス停の前に停まっているんですが、どれも発車しない。バスの前でおしゃべりに花を... [続きを読む]
  • 夏ご飯の始まり始まり
  • 5月の半ばまで寒かったのに、いきなり暑くなった今年のイタリア。いきなり過ぎて体がまだ夏対応になっていません。こうも暑くなって来ると食欲も萎えるこの季節に最適な夏ご飯といえば! PIZZA GELATO ピッツア ジェラート。PIZZA SURGELATO 冷凍ピザではございません。バニラ味のアイスクリームの上にてんこ盛りにフツーツが乗ったものでございます。一見ヘルシーですが、てんこ... [続きを読む]
  • お祝いにはコンフェッティ
  • 先週の話になりますが、ミケくんのプリマ コムニオーネでいただいたお菓子、コンフェッテイ。旧ローマ教皇領のローマ県鉄の丘よりは旧ナポリ王国の方がお菓子は格段に美味しいので、ナポリ近郊の出身のミケくんのご両親、わざわざコンフェッティも故郷の美味しいお菓子屋さんで調達してきました。なにせコンフェッティはイタリアではお祝い事には欠かせないお菓子。ミケくんのためにいろんなフレーバーのコンフェッ... [続きを読む]
  • 強制的にメールアド変更しま。。。してます。
  • イタリアってまったくもって想像し得ないことが起こります。もう14年ほどメインで使っていた個人用のメールアドレスのサイトが・・・・いきなり消えまして、もう3日ほどメールが受信できません。無料メールアドレスだけど、大手のネットサービス会社の傘下の会社だったので、割と安定していたし、メーリングソフトでメールを取り込めないときも、また日本に里帰りしているときもサイト自体に行き着けば、そこから... [続きを読む]
  • プリマ コムニオーネ
  • 昨日会社に出勤してきたら、青い風船が階段を飾っています。あれ? どこかのお宅で男の子が生まれたのかな? 普段は、青い風船は男の子の誕生のお知らせですが、昨日は会社の上の階のお宅のミケくんのプリモ コムニオーネのお知らせ。しかも、昨日は同じマンションのご近所さんたちが招待されたお披露目会が夕方からありまして、うちも店長と私と参加してきました。イタリアのようにカトリックの国の子供た... [続きを読む]
  • 昭和なイタリア
  • うちのわんこはこの顔で毎朝、ご近所さんに愛想ふりまきます。今日は1946年に国民投票によりイタリアが王制から共和制になった記念日ですので、普段はいろいろぶーぶー文句も言っている国ですが、好きなところもあります。最後の最後には憎めないこいつというのがイタリアの魅力。いつも、もうだめだ、やっぱり帰るしかないか?と思う度に、でも・・・・となにかあるのよね。先日のお昼ご飯にカルボナーラを... [続きを読む]
  • 気がつけば、イタリアの方が長くなりました。
  • つい先日。履歴書を久々に更新しようとして、イタリアでの職歴の方が長くなっていることに気がつきました。大学を卒業して、故郷北海道に帰ると決めたはいいものの、就職先が卒業前には決まらず、今、思うとあのときは若かったな。電話帳の広告業のところのア行から順に電話をかけて売り込み、なんとかデザイン事務所に転がり込んだ4月。といってもデザイナーの仕事なんか、まったくさせてもらえなかったもんね。当... [続きを読む]