miky さん プロフィール

  •  
mikyさん: エスプレッソをダブルで
ハンドル名miky さん
ブログタイトルエスプレッソをダブルで
ブログURLhttp://zmikyz.blog.fc2.com/
サイト紹介文イタリアの日常 あけっぴろげ婦女talk
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2016/06/17 00:40

miky さんのブログ記事

  • イタリアで...胃カメラ 3
  • 受付を済ませ、待合室で30分。ついに私の番号が呼ばれ、「 Segua la linea gialla. (黄色い線に従って進んでください)」。床に貼られた黄色のシール矢印をたどって行ったけれど...両開きの大きなドアを入ったところで矢印は途絶え。「 ??? 困ったな...。」と思い見回すと、廊下奥のドアから半身を突き出し私の方へ両手を振っている看護婦さんが目に入った。「 Siamo qui !! (こっちー!)」とニッコニコしている。 [続きを読む]
  • イタリアで...胃カメラ 2
  • 処方された粘膜保護シロップを飲み始める。GAVISCON Gel はとにかく飲みにくい。「デンプンのり」を若干の水で溶いて飲み込む...をイメージしてください。主成分はアルギン酸ナトリウム。ほら、子どもの理科の自由研究で「人工イクラ」を作るのが流行ったことがありましたでしょ?あれに使われるやつですよ。つまりのところ、海藻のヌルヌル成分(食物繊維)。なので、口の中に入れた途端にどろどろぬらぬらと口内あちらこちら [続きを読む]
  • イタリアで...胃カメラ 1
  • しばらく前に胃カメラを飲んだ話。事の発端は「咳」。ここ5年ほど、11月ごろになると咳が始まっていた。喉に痛みはなく、「コン、コン...」と乾いた咳が日中だけ。しかも、頻繁に疼くわけではなく、1時間に1回くらい、思い出したように。飴を口の中に入れているだけで抑えられる程度の軽い咳。しかし、いくら「軽い咳」と言えど長く続くのはよろしくない。で、咳止めシロップを飲んでみたり、吸引式の鎮静薬、はたまた「ア [続きを読む]
  • イタリアで...インスタント袋麺
  • 涼しくなり、お昼を会食・外食で食べ(過ぎる)日曜日が戻って来て。日本なら TV から「サザエさん」や「笑点」が流れてくる時刻、サッカーシーズンが始まったイタリアでは、多くの家からサッカーダイジェスト番組「 90° minuto 」が聴こえてくる。そして「たいしてお腹空いてないけど、夕飯どうする〜?」で、昨日は家族3人でインスタント袋ラーメンの食べくらべ。公平に、全銘柄「チキン( pollo ) 味」。NISSIN Top Ramen 85 [続きを読む]
  • イタリアで...ブガッティ型バッグ 
  • 今日は日本人の女友達とアペ & 夕食の予定。すっかり秋だし、そろそろ夏に買った新しいバッグを。私、柄物が大好きなのです。アウトレットで60% OFF になってたし。(笑) 2014年のコレクションモデルらしいから。春夏コレクションだったらしいけど、私にはどちらかというと秋冬っぽい印象だし、黒いコートに合うんじゃないかなと思ってさ。底の大きさが37cm ×16cm のブガッティ型。私が普段持ち歩くバッグよりは少し [続きを読む]
  • イタリアで...バイク免許 3
  • 学科試験はコンピューター画面を使って行われる。40問を30分で終わらせなくてはならないけれど、選択肢の中から正しい答えを選ぶだけなので、30分あれば見直しをしても余裕。自分が試験にパスしたかどうかはすぐにわかるよう。息子の教習スクールは受験者全員(30人くらいだったかな?)をスクールのバスで試験会場まで送り迎えするシステムだったんだけれど、帰りのバスに乗るころにはもう結果が分かっていたようで、仕事 [続きを読む]
  • イタリアで...バイク免許 2
  • 運転免許取得のための学科試験は、県都にある Motorizzazione civile (運輸局みたいなものかな)で行われる。試験枠は各スクールにだいたい1ヶ月に1度回ってくるようで、息子に振り当てられた試験日は8月末日。試験日の1週間ほど前にスクールから SMS で通達され。え?ちょっとちょっと、急じゃない?大丈夫なの?あなた、たいして勉強してるようには見えなかったけど...。でも、受験者からの試験日変更はできないそう(欠 [続きを読む]
  • イタリアで...バイク免許 1
  • 息子、現在バイク免許を取得中。市外・郊外に住んでいる子たちの中には、もうすでに14歳から取得できる「 AM 免許」を持っている子も多い。「 AM 」では最高速度が45km/h ・排気量50? 以下のミニバイク・オート三輪・四輪が運転できる。このミニバイク、以前は成人しなければ同乗者を載せることはできなかったけれど、2015年8月の法改正により16歳からそれが可能になった。( ※ バイクが同乗者を載せられる仕様にな [続きを読む]
  • イタリアで...予防接種の意義
  • イタリアでは9月の11日から、0歳から16歳の通園・通学する子どもに対して予防接種9種(+1種)が義務となった。イタリア政府 予防接種に関する情報ページ1 anti-poliomielitica 抗ポリオ2 anti-difterica 抗ジフテリア3 anti-tetanica 抗破傷風4 anti-epatite B 抗B型肝炎5 anti-pertosse 抗百日咳6 anti Haemophilus influenzae tipo B 抗インフルエンザB型(抗ヒブ)7 anti-morbillo 抗麻疹 [続きを読む]
  • イタリアで...麦わら帽子
  • 今年の夏の日差しはあまりにも強く、旅行先で麦わら帽子に心惹かれ。買うなら、頭先をつまんだ形の「パナマ帽」が良いかなぁ、と。この「パナマ帽」、「パナマ」と呼ばれているけれど、実はエクアドルがルーツなんだそう。エクアドルで作られたこの帽子の主要輸出経由地がパナマであったことから「パナマ」と呼ばれるようになったらしい。(福岡銘菓「ひよこ」が東京土産代表になったかんじ? いや、違う?)で、この「パナマ帽」 [続きを読む]
  • イタリアで...フムス(ひよこ豆のディップ)
  • ナンチャッテ健康オタクのナディアが「教えてもらったフムス(中東ルーツのひよこ豆のディップ)、作って食べたわよ。美味しかったけど、調味料、何を入れるんだったっけ?」と。調味料なんだったっけ?って...作ったんじゃないの? 笑私「まずタヒニ(ごまペースト)。テーブルスプーン大盛り1ぐらいだけど、豆の量はどのくらいだったの?」ナ「乾燥豆を1袋(500g)。ごまペーストはスプーン1くらい。」私「あ、それじ [続きを読む]
  • イタリアで...生理用ナプキン LINES è
  • 生理用品も日々進化している。以前からTV広告で見て気になっていた生理用ナプキン「 LINES è 」を試してみる。まず、「 Lactifless 」という低アレルゲン吸収材が使われている。この素材、触った感じでは弾力があり、布っぽい。そして、それを包む素材(肌に触れる部分)も柔らかめ。布っぽいので、確かに身体や身体の動きにフィットする。肝心の吸収力だけれど、確かにとてもよく吸収し、月経血が表面部分に残らないので、あの [続きを読む]
  • イタリアで...懐かしのトラサルディ
  • アウトレットモールで、しばらくぶりに TRUSSARDI(日本だと「トラサルディ」表記だけれど、イタリアだと " トゥルッサルディ " って感じの発音)に入店してみた。このメーカー、私が学生だった頃の日本では人気ブランドのひとつだったけれど、最近はメーカーの本国イタリアに住んでいてもあまりその名を聞かない印象...そんなことないかな?そうそう、何年か前、イタリアショービズ界で活躍するスイス出身の女性タレントがこの [続きを読む]
  • イタリアで...新年度
  • 今年度の仕事始め。また「1年」という長い長いトンネルが始まってしまった...。( 夏の旅行で出会った回廊。オ〜イ、誰かいますか〜?)そういえば、息子の学校はいつから始まるのだろう?11日(月曜)か?18日(月曜か)?しかし、高校5年制って...長いな〜。そうそう、「石の上にも三年」っていうけど、私はこれは「人間の集中継続力って、せいぜい3年が限度。」って言っているんじゃないかと思う。3年も経ったら [続きを読む]
  • イタリアで...生姜甘酢漬け
  • 夏始めに仕込んでおいた生姜の甘酢漬け。新生姜が手に入ればいいのだけれどイタリアではなかなかそうはいかないので、できるだけ新鮮で若そうな生姜を選んだ。生姜の皮をむき、繊維の方向に従って薄く切り、塩をふってしばらく置いておく。生姜を軽く絞り、酢を少々加えた沸騰した湯で2〜3分ほど火を通し、その後茹でこぼす。別鍋に白ワイン酢(あまり香りの高いものは避けたほうがいい)200cc、水100cc(入れなくてもいい [続きを読む]
  • イタリアで...久しぶりのカルチャーショック
  • 友人との遠足で行った湖は、イタリアの外からの観光客でいっぱいだった。とくにドイツ語と英語がよく聞こえてきていたけれど、オランダナンバーの車も多く。私たち、お昼は予約していた水辺の野外レストランへ。前菜2皿、パスタ1皿、メイン2皿を注文し、全部3人で分け合って食べたいことを伝えると、カメリエーレの青年が「 Tutto insieme ?(全部一緒に?)」と訊いてきたので、「 Sì, tutto.(はい、全部) 」と答えると「 [続きを読む]
  • イタリアで...プロセッコのカクテルをもう一つ
  • 友達との遠足で行った湖でまたカクテル。Hugo(ヒューゴ)または Ugo(ウーゴ)という名のボルツァーノ発祥のカクテル。2005年に『有名になりすぎた「 Spritz 」に変わるものを...。』ということで考案されたとか。今ではオーストリアやドイツでもよく飲まれているということだけれど、それが本当かどうかは私にはわからない。このカクテルはとっても軽くて甘め。発泡白ワインのプロセッコにサンブーコ(ニワトコ)の花のシ [続きを読む]
  • イタリアで...犬連れ旅行
  • 最近のイタリア、犬連れ旅行客に寛容になってきた様に感じ。ホテルもレストランも「ワンコOK」のところが増えてきたし(もちろん、きちんと躾けられていることが暗黙の了解だけれど)、街中では店先に出されたワンコたち用水ボウルによく遭遇する。そもそも飼い主の心得もだいぶ変わってきたんじゃないかと思うけど...どうなんだろう?道に放置されている犬ウンチも随分少なくなった印象。この夏に行った小さなピカソ展では、夫 [続きを読む]
  • イタリアで...千切りピーラー
  • 夏休みももう少しで終わり。職場復帰と共にいよいよ秋の到来か?と思っていたら、予報によると今週末は暑さがぶり返すらしい。そうそう、先日行ったアウトレットモールで、こんなものを発見。千切りできるピーラー。取っ手のところに「 Zyliss 」とあるけど、これは商品名か?メーカー名か?6? いくばくかだった。使ってみよう。切れ味はなかなかいい。出来た千切り人参が多少ピーラーに纏わりつくけれど、人参を少しづつ回転さ [続きを読む]
  • イタリアで... N.Y. チーズケーキ
  • 友人の誕生日のため、チーズケーキを焼く。N.Y. スタイルの焼きチーズケーキ。混ぜて焼くだけだし、材料やその量が多少変わってもそれほど失敗することのないケーキ。今回のレシピ :砕いた全麦粉のビスケット100g に柔らかくした無塩バター40g を混ぜ、ケーキ型(オーヴンペーパーを敷くか、バターを塗っておく)の底によく押し付けるようにして土台を作る。その後冷蔵庫へ。ケーキ生地は、PHILADELPHIAクリームチーズ 200 [続きを読む]
  • イタリアで...カクテル2種
  • だらだらと半分ヴァカンス半分仕事的な7月を終え、夫が夏休みに入ったところで小旅行。ワンコも一緒なので夏の街歩きはできるだけ避け、湖やら滝やら...またまた湖やら...へ。ヴァカンスの毎日に欠かせないのがアペリティーヴォ...ということで、パチパチ白ワインの Prosecco を使った軽〜い夏向きカクテル2種を。まずは、おなじみ「 Spritz (スプリッツ)」。トレンティーノ...、フリウリ...、ヴェネト州(プロセッコの地元 [続きを読む]
  • イタリアで...銀行破産
  • 今月初め、銀行破産の際の財務整理に関するEU新法がイタリアにおいても可決され。(2016年の1月1日以降の案件について適用される。)経済ニュースで随分前から " Bail in... Bail in... " と繰り返されていた、あれですよ。Bail in ( Garanzia interna 内部保証 ) は Bail out ( Salvataggio esterno 外部からの救済 ) に対するもの。外部からの救済とは国やEUからの公的資金投入による救済を意味する。ここ10年近く、サブ [続きを読む]
  • イタリアで...桃とアマレッティのケーキ
  • イタリアには桃の種類もたくさんあって、毛なし黄桃、毛あり黄桃、毛なし白桃、毛あり白桃...形が丸いもの、平たいもの...コンポートに向くような身の硬い品種もある。毛なし黄桃のネクタリンをたくさんもらったので、アマレッティビスケットを使った桃ケーキレシピを見つけて作ってみる。アマレッティビスケットにもいくつか種類があって、今回使うのは Amaretti di Saronno と呼ばれる、見た目が小さな干し椎茸のようなハ [続きを読む]
  • イタリアで...ツナのクスクスサラダ
  • 暑くて外に出たくないので、家の不用品まとめ。大きなものはすでに去年末に処分してしまっているから、今回は色々と細かいものを。捨てるには惜しい状態のものは大きな箱にまとめておき、今年末の慈善バザーに出すことにしよう。未使用絵葉書、ミニクリップ、コルク掲示板用ピン、未使用バインダー類、未使用笊(ざる Scolapasta )、綺麗な木の箱、綺麗な蓋つき缶、ポスター...などなど。「捨てる人いれば拾う人もあり」で、バ [続きを読む]
  • イタリアで...タトゥー
  • 一般論として、YOUNG なイタリア人(つまり還暦前まで)のタトゥーに対するハードルは、日本人のそれに比べるととても低い。そして、そこに信念や民族文化的な意味はあまりなく、まぁ、アクセサリーのひとつですな。(あくまで私の微数リサーチと独断を基にした個人的偏見です)芸能界のTVタレントだけではなく、サッカー界にも「余白残ってるヤツが負け」とでも言わんばかりに身体中をタトゥーで埋め尽くしている有名選手が少なか [続きを読む]