たーれっく さん プロフィール

  •  
たーれっくさん: どうでもタイランド
ハンドル名たーれっく さん
ブログタイトルどうでもタイランド
ブログURLhttp://douthai.sblo.jp/
サイト紹介文タイ在住の漫画家が、ニッチな、しかしいつか役に立つかもしれないタイ・バンコクの情報をお送りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 282日(平均4.2回/週) - 参加 2016/06/18 11:52

たーれっく さんのブログ記事

  • 不思議な5体大仏 ワット・プラタート・パーソーンケーオ
  • 行っておきたいタイのお寺シリーズ。今回紹介するのは、タイ北部・ペチャブーン県にある5体の仏陀像で有名なワット・プラタート・パーソーンケーオ(???????????????????? Wat Pha Sorn Keaw)であります。地元の人は、パーソーンケーオ(??????????)と呼んでるみたいですね。大仏のマトリョーシカ、もしくはEXILE仏陀と評判(うそw)。近頃タイ人の間でもめちゃくちゃ人気で、観光客でごった返 [続きを読む]
  • 願いが直ちに叶う神様 テープタンジャイ
  • タイのお寺で祀られている神様を紹介するこのコーナー!知っていると出会ったときに「あ!あの神様だ!」と親しみが湧くこと間違いなし!とっても役に立つタイ情報ブログ「どうでもタイランド」であります!(でも人気無し〜)今回紹介いたしますのは、テープタンジャイ(????????)さんであります!ちょっと異質な神様ですよね。このお方はミャンマーの神様で、ボーボージー(??????)とも呼ばれています。ウカラパ [続きを読む]
  • コラートの100年市場 タラート100ピー・ムアン・ヤー
  • タイ東北部、イサーン地方の玄関口の都市・ナコーンラーチャシーマー(通称コラート)。そこに行ったときに、グーグルマップで何か面白いものがないか探していましたら、100Year's Meang Ya Marketというのを見つけました。100年市場??タイでは100年以上歴史のある古い市場のことを100年市場と呼んで、懐古趣味も相まって、今、若い人を中心に人気なのです。でも、コラートにあるなんて初めて知った!しかも駅のすぐそば!これは [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第35回 ターミナル21 コラート
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ、第35回!今回は、前回に引き続きましてタイ、イサーン地方の玄関口でもあるナコーンラチャシマー(通称コラート)のショッピングモール。こちらで2016年12月にオープンしたターミナル21 コラート(Terminal21 Korat)であります!バンコクから列車で4時間半かけてコラートまで、わざわざこれを観に行ってまいりました!場所はコラートの新バスターミナルの近く [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第34回 ザ モール ナコーンラチャシマー
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ、第34回!今回は、バンコクを東北へ約260キロ離れた、タイ・イサーン地方の入り口にある大都市、ナコーンラチャシマーにあるショッピングモールに行ってまいりました。ザ モール ナコーンラチャシマー(The Mall Nakhon Ratchasima)もしくは、ザ モール コラート(The Mall Korat)であります!ナコーンラチャシマーは通称コラートと呼ばれていまして、イサ [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第33回 フューチャーパーク・ランシット
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ、第33回!今回は、フューチャーパーク・ランシット(Future Park Ragsit)であります!バンコクの郊外、パトゥンタニー県ランシットにある超巨大ショッピングモールですね。ドンムアン空港を北上したところにあります。1995年3月オープン。セントラルやロビンソン、ビッグC、Topsマーケット、パワーバイなどを含んだ複合モールで、改装を繰り返してどんどん巨大化 [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第32回 メガ・バンナー
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ。第32回は、メガバンナー(Mega Bangna)であります!バンコク郊外、サムットプラカーン県にあります。若干遠いですが、行き方は簡単。BTSウドムスック駅の高架下にあるバス停で、30分に一台来る無料シャトルバスに乗ればすいすいーっと快適に連れて行ってもらえます。冷房車で楽ちんであります。帰りも降りたとこと同じバス停で待てばBTSウドムスック駅まで帰れ [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第31回 シーコン・スクエア
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ、第31回!今回は、シーコン・スクエア(Seacon Square)を紹介いたします!バンコク郊外、シーナカリン通りにあります。タラート・ナット・ロッファイ・シーナカリン(シーナカリン鉄道市場)がすぐ横に(シーコン・スクエア南側に入口)。オンヌット通りを走るソンテウ(乗り合い軽トラ)の4番に乗ればそのまま到着です。1994年4月にオープン。シーコングループ [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第30回 ザ モール バンカピ
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ、第30回!今回は、ザ モールバンカピ(The Mall Bangkapi)であります。ザ モール バンカピは1994年8月創業。エンポリアムやエムクオーティエ、サイアムパラゴンなどを擁するモール・グループ(The Mall Group Co., Ltd)が経営。モール・グループはほかにも、「ザ モール」と冠が付くショッピングモールをバンコクに6つ、コラートに1つ持っていて、現在建設 [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第29回 ショー DC
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ、第29回。今回は、まだオープンしたばかりの真新しいショッピングモール、ショー DC(SHOW DC)であります!2016年6月オープン予定が伸びに伸び、12月末にオープンいたしました。しかしまだできていない箇所も多く、プレオープンであります。(2017年2月5日現在)SHOW DC Corp.LtdとMBIインターナショナルが提携して手掛けたメガモールだそうですけどよくわかりませ [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第28回 セントラル・ラップラオ
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ、第28回!今回は、セントラル・ラップラオ(Central Lardprao)であります!前回紹介したユニオンモールのすぐ近く。MRTパホンヨーティン駅から徒歩5分ほどのところにあります。こちらもユニオンモール同様地元の方たちで賑わっております。創業は1982年12月。1980年に発足したセントラルグループの関連会社、セントラルプラザを手掛けるセントラル・パタナーの第 [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第27回 ユニオンモール
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ、第27回です。今回はユニオンモール バンコク(Union Mall Bangkok)であります。MRTパホンヨーティン駅からすぐ。かなり年季を感じさせる黄色い外観。2006年2月オープンの若者向け大衆ショッピングモールですね。地下鉄5番出口を出ればすぐのようですが、僕は迷って歩道橋登ったところから入場。中に入ってみると、小さなお店がぎっしり詰まっていて若者で賑わ [続きを読む]
  • ウドンタニーでB級グルメ その2
  • ウドンタニーB級グルメ紹介の第2回。ウドンタニーはうどんが美味しいんです。正確に言うとうどんじゃないんですが、うどんに似たカオピヤック(カオピアック)という名物料理があります。カオピヤックは厳密にはラオス料理で、ラオスに近いタイ・イサーン地方でも同じ料理が食べられています。別名、クワイジャップ・ユワン(クワイジャップ・ユアン)とも呼ばれています。ウドンに来たらカオピヤックが食べたい! ということで、 [続きを読む]
  • ウドンタニーでB級グルメ その1
  • タイの東北地方はイサーン(?????)と呼ばれていまして、イサーン料理が美味しいのです!死ぬほど辛い料理が多いんですけど、タイを代表する料理も少なくなく、タイ飯好きとしては押さえておかないといけないジャンルであります。もちろん辛くない料理もたくさん!イサーンの都市、ウドンタニーで、本場のイサーン料理を食べたい!そんなわけで、先日ウドンを訪れたときに寄ったお店を2回に分けて紹介しておきます。もし気に [続きを読む]
  • 赤い蓮の海(湖だけど)、タレーブアデーンを目指せ!
  • ウドンタニー近くの池で、赤い蓮の花が一斉に花開く幻想的景色が評判の「タレーブアデーン(?????????? Red Lotus Sea)」。そちらに行ってまいりましたので、レポートさせてもらいます。タレーが海(湖ですがw)、ブアデーンが赤い蓮という意味です。このところネットやガイドブックなどでもたくさん紹介されているのでご存知の方も多いと思います。ネットで検索すればいろいろ情報は出てきますが、私見も交えて行き方 [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第26回 ザ・ストリート
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するシリーズ、第26回は、ザ・ストリート(THE STREET RATCHADA)であります。知らない方も多いかも?2016年頭にできたばかりの新しいショッピングモールで、元はロビンソンでした。MRTタイカルチャーセンターが最寄り駅。エスプラネードをさらに北に行ったところにあります。タイの大きな建物には必ずサン・プラプームという小さな祠があって、神様が祀ってあります。日本で言えば [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第25回 エスプラネード
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを紹介するこのシリーズ。第25回はエスプラネード(The Esplanade)であります!また呼び方が難しいですね〜。「地球の歩き方」には「エスプラナーデ」と書いてあります。タイ語だとさらに難しい呼び方でして、普通に英語っぽく言ったとしてもタイ人には全く通じません。????????? èet phlaa nâat 「エーッパナート」みたいな感じの発音です。 んー、ムズイ。2006年12月オー [続きを読む]
  • 大ブランコとその周辺
  • ワット・スタットについて2回詳しくレポートさせていただきました。次は、一番目立つあれですね!ジャイアント・スウィング(The Giant Swing)ことサオ・チンチャー(?????????)です!サオが柱で、チンチャーはブランコであります。高さ21メートルで、鳥居に似た形状が印象的。(現在のものは2007年に改築)これは、1784年にラーマ1世の命によって建てられたバラモン教の儀式のための施設です。毎年タイ太陰暦の2月、プ [続きを読む]
  • 壁画がすごい ワット・スタット その2
  • ずっと長い間本堂の改修工事をしていたワット・スタット。ようやく中に入れるようになったみたいです。やった! 待ちくたびれた!こちらの本堂、長さはタイで一番だそうです。「長さは」ということは、総面積ではほかに大きいところがあるんでしょうな。さて、どんな感じでしょう。屋根の下のレリーフ。ラーマキエンのシーンでしょうか?本堂周りにある門。門扉に描かれている絵が色鮮やかで美しい。クルッ(ガルーダ)VSナーク( [続きを読む]
  • 壁画がすごい ワット・スタット その1
  • タイのお寺を紹介するシリーズです。今回は超有名寺院、ワット・スタットであります!もうどんなガイドブックにも詳しく載ってますし、検索すると山ほどヒットしますな。今更感もありますが、押さえておくということでよろしくお願いいたします。ワット・スタット(??????????)は正式名称は、ワット・スタットテープウォララーム・ラーチャウォーラマハーウィハーン(???????????????????????? [続きを読む]
  • モテモテ猿神・ハヌマーン
  • タイの神様シリーズ。今回はみんな大好き、ハヌマーン(??????)であります!アルビノの猿の神であります!プラ・パーイという風神の息子。ハヌマーンはかつて「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」という映画でウルトラマンと共演したことで有名ですね。タイのチャイヨー・プロダクションと円谷プロとの合作で、著作権的になかなかもめている作品ですけど、ハヌマーンが主役として描かれています。(「ハヌマーンと5人の仮面ライダー [続きを読む]
  • 吹き抜けシリーズ第24回 セントラルプラザ・ラマ9
  • タイのショッピングモールの大胆な吹き抜けを観察するこのシリーズ。第24回はセントラルプラザ・ラマ9(Central Plaza Grand Rama 9)であります!ご存知、セントラルデパート系列を始め、ビッグCやロビンソンなどの大手デパート、ショッピングモールを有するセントラル・グループの経営。2011年12月にオープンいたしました。MRTラマ9世駅から直結の超巨大ショッピングモールであります。吹き抜けも、無駄に大胆!これでもかと言わ [続きを読む]
  • タイでレバ刺し@プラカノン
  • 日本では食べられなくなって久しいレバ刺しですが、タイではまだ食べることができます。韓国焼き肉系のお店とかですけど、やっぱり高いんですよね〜。そんな折、安価で美味しいレバ刺しが食べられる店がある、という情報をキャッチ。しかも、屋台であります!えーっ!?どんなとこ??早速行ってまいりました!場所は、スクンビット・ソイ71(ソイ・プリディ)の43であります。その入り口にある屋台街の一番奥になります。怪しい日 [続きを読む]
  • オンヌットのちょっとしたモール 続報
  • 以前このブログでも紹介した、BTSオンヌット駅、テスコロータス横のスクンビット・ソイ50のBEACON Plazaというミニモール。店舗も長い間建設中のところが多かったんですが、大体完成し出そろったようです。以前の記事はこちら。「オンヌット新スポット BEACON」あらためてざっくりとご紹介。SERIO SUKHMVIT50という、このあたりのコンドミニアムを手掛けるデベロッパーによる商業施設ですね。客も周りに建つコンドーの住民がメイ [続きを読む]