ルビー さん プロフィール

  •  
ルビーさん: All Time 80's with Music & Audio
ハンドル名ルビー さん
ブログタイトルAll Time 80's with Music & Audio
ブログURLhttp://rubi2947.blog.jp/
サイト紹介文1980年代の洋楽とオーディオが大好きです! 80's洋楽最高!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 315日(平均4.9回/週) - 参加 2016/06/18 22:16

ルビー さんのブログ記事

  • 3度目の正直となるか?
  • ESOTERC D-02 → Accuphase C-2810 間の XLR バランス・ケーブルの選定において、 Gotham (ゴッサム)GAC-2111(PRO) を投入するも、ちょっと古めの空気感が支配する音色が好みに合わず、次に、 GAC-2 PUR(PRO) を投入しましたが、こちらは GAC-2111(PRO) と対極にあると表現してもいいくらい鋭利な音を出し、エージングを進めても、サチってるように聞こえる高音域に納得出来ず、最終的には某オクに出品していた Wireworld [続きを読む]
  • 奇跡の産物! GOLD(24K)CD COLLECTION
  • 1980年代後期に何度かシリーズ化されたワーナー盤 GOLD(24K)CD COLLECTION 。ここ数年、某オク中心に探し続けているのですが、状態が良くなかったり、高額な価格が設定されていたりして中々入手出来ずにいるシリーズ。この手の企画物は設定価格が高いため、売れ残りがあれば格安で捌かれ、捌ききった後は高値が付いて入手しずらくなるというパターンになってしまいます。画像の他にも、Madonna / You Can Dance 、 George Harris [続きを読む]
  • ダイソー的ルーム・チューン
  • 少し前のことになりますが、数年前の某オーディオ・ショップが発行した冊子を何気に見ていると、目を引く記事がありましたので、本日試してみました。Daiso 製、床キズ防止フェルト・シール。オーディオ用に販売されている似たような形状の製品もありますが、冊子には上記のような(同等)品でも効果があると書かれてまります。壁側には元々 SONEX を張り付けてありますので、冊子を参考に天井部分だけ4か所貼り付けました。ここま [続きを読む]
  • Foreigner / Inside Information (紙ジャケット仕様)
  • ミック・ジョーンズがプロデュースした1987年発表の6作目。大ヒットなった名曲「 Say You Will 」を収録し、解散説を吹き飛ばす形で発表されたアルバムでしたが、バラード路線を進むミックとそれを嫌ったルーとの溝が深まり、バンドは事実上の解散状態に陥っていたようです。収録曲は以下になります。1. Heart Turns to Stone2. Can't Wait3. Say You Will4. I Don't Want to Live Without You5. Counting Every Minute6. Inside I [続きを読む]
  • Exodus / Force Of Habit (紙ジャケ SHM-CD 盤)
  • ディスク・メディアの購入を自粛している昨今、今月購入の1枚目は Exodus / Force Of Habit (紙ジャケ SHM-CD 盤) になります。2016年に Inpact Is Imminent (1990年作)と共に、完全生産限定として発売されたもので、2016年最新デジタル・リマスター音源を使用し、独初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット+インナースリーヴ、日本初回盤CD帯を再現という好企画盤になります。Force Of Habit は1992年に発表された5作目にな [続きを読む]
  • ゴッサム Gotham / GAC-2 PUR (PRO) を放出!
  • Gotham / GAC-2111 (PRO) と比較試聴した結果として残したはずの Gotham / GAC-2 PUR (PRO) だったのですが、エージングを進めても高音域が強調され耳障りな音は治まらず、一旦システムから外し、某オクへ放出しました。元々高音域が出にくい、出ていないシステムに投入することにより真価を発揮するケーブルだと思うのですが、私のシステムでは時々サチっているのではないかと思ってしまうほどでした。全体的な傾向としては高解像 [続きを読む]
  • 続・ワード・クロック・ケーブルとしての Belden 1855A
  • ワードクロック・ケーブルとしての Belden 1855A ですが、それまで体験した 1506A と1695A と大きく違うのは、エージング効果をほとんど感じない(エージングによる音の変化がほとんどない)ケーブルでした。今まで何度か書かせていただいた音色傾向もそのままで、不満と期待はそのままの状態にあります。画像内上から、1695A 、1506A 、1855A になり、良くも悪くもルビジウム・クロックの癖が 1855A を通すことにより、結果的には [続きを読む]
  • The Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band Aniversary Edition
  • The Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band Aniversary Edition が2017年5月26日に世界同時発売が決定したそうです!主な内容としまして、新たにステレオ及び5.1サラウンド・オーディオでミックスした「 Sgt. Pepper's 」に加えて、未発表のセッション・レコーディング、映像素材、および特別パッケージになり、スーパー・デラックス・ボックス・セットには、1992年に制作された未発売のドキュメンタリー映画『ザ・メイ [続きを読む]
  • ワード・クロック・ケーブルとしての Belden 1855A
  • 最近は遅い帰宅が続き、十分な音量と万全な体調で臨むことが困難な環境ですが、ワード・クロック・ケーブルとしての Belden 1855A についての途中経過を簡単に書き留めておこうと思います。エージングが進むにつれ徐々に自然さを増し、耳障りな音をほとんど出さない無難な音を出すケーブルで、ある意味では Belden らしくないような感じもします。1506A や 1695A に慣れた私の耳には、音数不足や今一歩のレンジ感、全体的な物足り [続きを読む]
  • Roy Orbison / The All-Time Greatest Hits of Roy Orbison
  • 「備忘録的 SACD / CD 購入記 2017年3月分」で書き洩らしてしまった1枚があります。Roy Orbison / The All-Time Greatest Hits of Roy Orbisonこの度入手したのは、 高音質マスタリングで有名な Mobile Fidelity の 24kt Gold Disc 限定盤(品番 UDCD 774)になります。収録曲は以下になります。1. Only The Lonely(1960年/全米2位・全英1位)2. Leah3. In Dreams(1963年/全米7位・全英6位)4. Uptown5. It's Over(1964年/全米9 [続きを読む]
  • 第3のクロック・ケーブル! Belden 1855A
  • Belden 1506A 、 1695A に続き、 1855A を入手してみました。1855A の仕様は以下になります。●サブミニチュア同軸ケーブル●規格:2.5C-FB相当●外径: 4.03mm●導体芯線: 単線, 23AWG, 0.25SQ●シールド: デュオボンド+TCブレイド●ジャケット: 黒PVC参考までに、1506A の仕様●低損失プレナム同軸ケーブル 1506A●規格: RG-59/U, 3C-FB相当●外径: 4.98mm●導体芯線: 単線, 20AWG, 0.52SQ●シールド: デュオボンド+TCブレイド●ジ [続きを読む]
  • 備忘録的 SACD / CD 購入記 2017年3月分 その②
  • 備忘録的 SACD / CD 購入記 2017年3月分 その① の続きになります。その②の1枚目は Rush 。1987年発表の Hold Your Fire 紙ジャケット SHM-CD 仕様になります。シリーズ発売当時、買い漏らした数作品を後追いでの購入。古き良き80年代のありがちなサウンドと一線を画するのも Rush 、素晴らしい楽曲揃いの名盤ですね!Force TenTime Stand StillLock and KeyPrime MoverMission次は、 Van Halen 、通算3作目、1980年作品の Women [続きを読む]
  • 第3のクロック・ケーブル、到着間近!
  • 過去に、 AIRBOW 、TIGLON 、WIREWORLD 、 チーターコンサルテイング製を経て、現在所持している 75Ω BNC ケーブルは、Belden 1506A と 1695A の2本。Belden 1506A と 1695A については、暫定的(試験的)に入手した2本ですが、どちらも価格を考慮外としても魅力的な部分があり、全体的な音色調整に一翼を担うという面白さも持ち合わせたケーブルだということを実感しています。そんな中、第3のクロックケーブルを注文しました。 [続きを読む]
  • 備忘録的 SACD / CD 購入記 2017年3月分 その①
  • 3月も残り僅かとなり、断捨離精神及び自粛モードで控えめな SACD / CD 購入記 2017年3月分 その① を書かせていただこうと思います。2017年3月はこの1枚から始まりました。ステファニー・ミルズ Stephanie Mills / I've Got The Cure オリジナルは1984年発表ですが、この度(ヤフオク経由で中古)入手したのは SoulMusic Records から2013年に Expanded + Bounus Track Edition として発売されたものなります。収録曲は以下になり [続きを読む]
  • ラジオ技術 83年7月号 臨時増刊 ベスト・ステレオ・コンポ '84
  • 断捨離中ではございますが、某オクにて「ラジオ技術 83年7月号 臨時増刊 ベスト・ステレオ・コンポ '84」をポチってしまいました。雑誌そのものは295円で落札できたのですが、発送が ポスト(送料164円)だと思っていたのですがそれは私の勘違いで、ゆうメール(送料350円)での発送となり合計645円での入手となりました。1985年以前と1990年代のオーディオ関連誌はほとんど某オク経由で断捨離したのですが、「これからはCD [続きを読む]
  • 私的 キング・オブ・カセット・テープ SONY PRO シリーズ!
  • 本当に最後となってしまう、カセット・テープ・コレクションの放出。この度の放出カセット・テープはこちら!SONY HF-PRO と UX-PRO 。歴代の PRO シリーズの中では、このデザインが最高に大好きでした。当時、「音が甘い」という評価でしたが、私の中ではキング・オブ・カセット・テープになり、メタル・テープよりも私的価値が高く、最後まで放出出来ずにいました。しかし、唯一手元に残してあるカセット・デッキ SONY TC-K777ES [続きを読む]
  • 先日の Gotham / GAC-2111 (PRO) 記事内、クロックの記載について
  • 先日書かせていただいた、Gotham / GAC-2 PUR (PRO) 導入に伴う全体の音作りにおいて、ルビジウムクロック及びワードクロックの設定についてですが、出てくる音で決めた設定でありながら本来の使用方法とは違うという思いが強く、本日、 ESOTERIC 様へ以下の問い合わせをしました。「お世話になります。現在、御社様の P-02 / D-02 を使用させていただいております。この度、10MHz出力が1系統しかないルビジウムクロックを入手した [続きを読む]
  • 続・Gotham / GAC-2111 (PRO)
  • Gotham の GAC-2111 (PRO) と GAC-2 PUR (PRO) のエージングを大体終え、改めて比較試聴してみましたが、私の環境では(とりあえず) GAC-2 PUR (PRO) でいくことにしました。(上記画像は、 GAC-2111 (PRO) になります。)GAC-2111 (PRO) は、ショップ様の商品説明にある様に「時代背景が古い為、真空管アンプやチューナー、カセットデッキ等の機材にも非常に相性がよく、また古い音源にも合います。」という部分がうな [続きを読む]
  • またしても! Wireworld / Platinum Eclipse XLR を放出
  • 3度目となる Platinum Eclipse グレードの放出。本日、某オクへ出品したのは、 Wireworld / Platinum Eclipse XLR (0.5m)。私が新品で購入したワン・オーナー品で、ナスペック正規品の正真正銘の本物。出品にあたり、何度か Gotham / GAC-2 PUR (PRO) と入れ替え試聴したのですが、両ケーブル共良いところがあるのですが、このケーブルはやはり別格でした。しかし、軍資金調達事情があるため、泣く泣くの出品作業を終えました。 [続きを読む]
  • Gotham / GAC-2 PUR (PRO) を体験
  • スピーカーケーブルに続き、 ESOTERC D-02 → Accuphase C-2810 間の XLR バランスケーブルも迷走中。本日の1本は、Gotham / GAC-2 PUR (PRO) 。販売店様の商品説明を抜粋しますと、レコーディングスタジオのスタンダードケーブル。GothamGAC-2 のスペシャルバージョンで、内部の信号線および外皮にそれぞれ PUR (ポリウレタン)のジャケット・セパレーションを追加。2重ジャケット構造で非常に衝撃にも強く、配線のし易いケーブ [続きを読む]
  • Gotham / GAC-2111 (PRO) を体験
  • 引き続き、ゴッサム製 XLR バランスケーブル GAC-2111 (PRO) を入手、エージングをしてみました。今時という表現が適切かどうかは疑問が残りますが、現行品とは思えないチープな外観が妙に期待を抱かせます。某ケーブル店の商品説明を抜粋しますと、 EMT スタジオユースの2芯シールドのケーブルで、 EMT (ドイツ)の伝説的ケーブル EMT-2111 の復刻版だということです。プラグはこの某ケーブル店お決まりのようにノイトリックにな [続きを読む]
  • 1980年代 オーディオ・ケーブル回顧録
  • ここ数か月間、ケーブル変更により落ち着かない音を奏でている私のシステム。本日も2種類のケーブルが到着、エージング中です。(そのことについては後日)振り返ること1980年代、 「 純度 99.99% OFC 」ケーブルなどと飾り文句に踊らされ、「 LC-OFC 」や「LC-OFC Class 1 」と次々にケーブルを買い替え、「 結晶うんぬんの PC-OCC 」が世に出たときは究極のケーブルと思い込み、出てくる音よりオーディオ・システムに「 PC-OCC [続きを読む]
  • カセット・テープ・ファン必見の2冊!
  • カセット・テープとカセット・デッキ(関連)コレクションを放出中の私ですが、先日、カセット・テープ・ファン必見の2冊を某オクに出品しました。stereo (ステレオ) 1990年5月号この号は1990年という時代性を考えると当然の如く、「コンパクトディスク・プレーヤー総集編」が大見出しになっておりますが、今となってはそれよりも、「カセット・テープ62種のレビュー」と「 SONY TC-K555ESG 、A&D GX-Z9100EX の特集」記事 [続きを読む]
  • 初体験! ゴッサム Gotham GAC-4/1 (PRO) ケーブル
  • ネットを通じて某ケーブル店様から購入した ゴッサム Gotham GAC-4/1 (PRO) ケーブル!初めてのお店で初めて使うブランドのケーブル。ポリ塩化ビニールジャケット、ポリエチレン絶縁体、導線は4本のStar-Quad仕様のEMT復刻ケーブルということで、プラグはノイトリックになります。ネット上で沢山の情報を得ることができるケーブルですが、入手しやすい価格(1m物、新品で送料含む4,900円)ということもあり、実際自分の耳で確かめ [続きを読む]
  • 断腸の思い! Wireworld / Platinum Eclipse XLR を出品しました!
  • ワイヤーワールドの最上位機種、Platinum Eclipse バランス BPI 1m の中古になります。ワイヤーワールドに拘りを持っているのですが、どうしても軍資金調達の必要があり、泣く泣くの出品となります。当方も中古にて購入したため、XLRプラグに使用感、保護メッシュチューブにほつれ等がございますが、当方では正常に使用できておりました。純正アタッシュケースと証明書も付属します。まさにハイエンド!素晴らしいケーブルです!定 [続きを読む]