新木アラレ さん プロフィール

  •  
新木アラレさん: 小説ブログ・アタシの頭の中の千ものがたり其の1
ハンドル名新木アラレ さん
ブログタイトル小説ブログ・アタシの頭の中の千ものがたり其の1
ブログURLhttp://miraku514.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミステリー小説を書いています。完全インディーズ無料小説、毎日1話は更新予定です。BLも書いています。
自由文「美しい悪魔の赤」
連載中です。
あるトップアイドルの不倫騒動から始まる、連続自殺・・・その裏にひそむ美しい女の狂気。連鎖するように狂気に満ちてゆく主人公たち。その芸能事務所は、呪われたかのように次から次へと・・・
どうぞ、気軽にお越しください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 95日(平均1.2回/週) - 参加 2016/06/19 17:23

新木アラレ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 雑談
  •    今日は「美しい悪魔の赤」 エピソード6,7同時更新しました。 最初はこんなに長くなるはずではなかったのですけど(笑) ようやく中盤に差し掛かってきたところです。 これから、どんどん狂気じみていく登場人物たちの、‘‘恐怖’’を描いていけたらと思ってますが・・・ 暴走しすぎたらすみません・・・ 私はもともと、狂気じみてる人間を描いた作品が好きなんです。 小説でいけば、「貴士裕介」の、「グリムゾン [続きを読む]
  • 美しい悪魔の赤ep7殺害
  •   尾崎ネルネの訃報を聞き、小塚雅彦は空港へ走った。  (ネルネ、本当にごめんね・・・。おれが側に居てやれれば、寂しく1人で死んでいくこともなかっただろうに・・・。話ならいくらでも聞いてやったのに。痛くて辛くて寂しかったでしょうね。ごねんね、ネルネ・・・)  日本へ向かう飛行機の中、ずっと心の中で懺悔していた。  不倫なんて止めなさい、そんなことする男にろくな奴はいないんだから。そう何度も説教して [続きを読む]
  • 美しい悪魔の赤ep6疑惑
  •   「いやぁ、ちょうどお忙しい時にわざわざ来てもらってすみません」  僕が姿を現すと、そのいかつい男は急いで煙草を灰皿に押し付けながら、へたくそな愛想笑いを浮かべた。  40前半だろう、独身なのか忙しくて帰ってないのか、ネクタイの結び方が少し歪んでいてシャツもよれている。  刑事の仕事が長いのだろうな、その顔は、整ってはいるが普段から緊迫感を感じているような、獣のような面持ちだった。  隣には、ま [続きを読む]
  • 蜜のキンカを見つけたい〜SとMの愛し方〜2話
  •   樋歪高校3年、星井琴華(ほしいきんか)18歳。  頭脳明晰、学年トップの成績ゆえに生徒会長にいやいやなり3年、そろそろ引退のため時期生徒会長総選挙が行われようとしていた。  すらっとした体つきにインテリ眼鏡が似合うが、この眼鏡がないと本当になにも見えなくなるらしい。  過去に一度だけ、眼鏡を落としてから拾うまで15分ほどあちこちの机に頭をぶつけているのを目撃されている。結局は足元に落ちていたとか。 [続きを読む]
  • 美しい悪魔の赤ep5始動
  •     「え〜この会場ではですね、これから謎の美少女と話題の志茂沙羅さんのインタビューが行われます。同時に9月から始まる月曜9時からのドラマの主演女優としても、活躍する予定で、その報告も兼ねて、この記者会見を開いたそうですよ。会場たくさんの記者の方がいて、大変にぎわっています。え〜まもなく、話題の志茂沙羅さん、登場です!」  「あ!来ました、シルバーの綺麗なドレスを着ていますね、え〜ゆっくりとお辞儀 [続きを読む]
  • ラブコメBLについて
  •   いまさらBLという文字を見て、  BLってなんだお?って人もいないと思うので、苦手な人は見ないで下さいとか注意書きはせずにアップしました。  ドロドロのミステリーを書いていると、明るい世界に行きたくなる時があるんです。  嵐大野智さんの、「世界一難しい恋」、良かったですね。大野さんの表情だけで楽しめました(笑)  愛を描くならラブコメが一番好きです。「ブリジットジョーンズの日記」みたいに笑ってちょ [続きを読む]
  • 蜜のキンカを見つけたい〜SとMの愛し方〜1話
  •   「光野先輩好きです・・・こ、これ、受け取ってください!」  「真美ちゃん、気持ちは凄く嬉しいよ。でも受け取れないや。俺、いまそれどころじゃなくて。ごめんね」  「う・・・わかりました・・・これからも部活、頑張ってください。先輩の踊る姿が、大好きなんでっ」  プレゼントを持つ手を引っ込めて、そう言うとダッシュで帰っていった。  (今月は二人だったなぁ。プレゼントもらっちゃうと後々めんどうだしな、 [続きを読む]
  • 美しい悪魔の赤ep4魅惑
  •   「うわっ!!やべっ!!おっと、おっとっとっっつあ〜!!!」  ドスン!!!  「く、久留米さん、大丈夫ですか・・・」  大きいゴミ箱の上にあがっていた久留米敏夫がバランスを崩して落下、ゴミまみれになっているその男を、部下の塩田駆はハンカチで口元を覆ったまま恐る恐る覗き込んだ。  「うるせぇ塩田!なんでお前がここにいるんだよ!」  頭の上に魚の骨が乗っている。  塩田は笑いたかったが、そこはこら [続きを読む]
  • 美しい悪魔の赤ep3秘密
  •   「小塚、おまえ何してたんだよ、心配してたんだぞみんな・・・」  「ごめんね、山田くん、いま・・周りに誰もいないでしょ?」  「ああ、いないけど」  「ごめんね、誰にも聞かれたくないの。お願いだから、この会話、秘密にしてちょうだい。誰にも絶対話さないで。誰にもよ」  小塚はあきらかに切羽詰ったような様子だった。  わかった、と言うと少しの沈黙の後、  「おれね、聞いちゃったのよ。偶然、そ、偶然。 [続きを読む]
  • 脳の休憩とリフレッシュ
  •     最近、珍しく脳みそが働いているために、小説を書いている時意外は働きが悪く、ボーっとしていることが増えています。    使わない脳を使うとこうなっちゃうんですね。    メモリの使いすぎにすぐなってしまいます。とほほ・・・。    それで、同じ話ばかり書いていると飽きてしまうので、同時進行のお話も書いてみました。    なんだか気分転換、脳みそ転換になって良い感じです。    リフレッシュの [続きを読む]
  • 17歳(セヴンティーン)せかいのおわり:序章
  •         たとえば今夜          愛する人の手の温もりとか     好きだった音楽や 言葉や     お酒や 笑い声や 読みかけの小説や 髪をなでた時の平穏とか     今夜     失うことになったとしたら     それでも 生きろと 誰かは言う ?        それでも生きたいと 誰かは言うだろうか?          「・・・せんせい・・・、東先生、東先生、聞いてます?どうし [続きを読む]
  • 美しい悪魔の赤ep2黙秘
  • 「こりゃあこの仏さん、見つかるまで3日はたってんな。この暑い中窓も閉め切って〜からに。いたみもひでぇもんだ。おい塩屋、おめぇいつまで吐いてんだ〜情けねぇな〜そんなんじゃつとまんねぇぞ」 そう言うと、しゃがんでいる塩屋駆の背中を蹴った。 「いたっ!く、く、久留米さん、やめてくださいよ、僕現場初めてなんですからっ、うっ!うえっ」 刑事の久留米敏夫は、ハンカチで口を押さえながら床に転がった塩屋の顔を見て [続きを読む]
  • 美しい悪魔の赤ep1不穏
  •   7月28日、ジリジリ照りつける太陽の下で、冷たい川辺に素足を浸して全身真っ白なワンピースを着ている志茂沙羅は、そんな灼熱の太陽の下でも涼しげに見えた。清涼飲料水のCMには本当にピッタリだ。  「彼女、よく見つけてきたね」  プロデューサーの眞鍋ひろみが、首にかけたタオルで広いおでこに滲む汗を拭きながら、擦り寄ってくる。  「志茂沙羅、いいでしょう」  「いいね、あんなに存在感のある女も、何年に一度 [続きを読む]
  • 美しい悪魔の赤 プロローグ
  •   この小さな芸能事務所は、押しているアイドルの不倫騒動で朝から慌ただしく、電話の嵐とお偉いさんの罵声で耳鳴りと偏頭痛がしてくるほどだった。 「山田く〜ん、この中から、穴埋めアイドル探しといてよ。顔多少悪くても空気読めそうな娘ね、頼むよ。もうやんなっちゃうよね、相手も今をときめきすぎてた俳優でしょ〜、もう刑事事件みたいになっちゃってるんだから。リ〜ク、したの誰だと思う?こっちにはなんの情報も流れて [続きを読む]
  • はじめまして まずは自己紹介です
  •  はじめまして、 新木あられと申します 小さなころから物語を空想(妄想)するのが大好きで、ついに書く場所を作ってしまいました。 素人の文章なので、誤字脱字も多いかと思いますが、 万が一見てくださった方がいたとすれば、感謝感謝です。 ミステリーやファンタジー、BLなども書く可能性があるので、駄目な方はご遠慮くださいませ。 ・・・そして とても個人的な話なんですけど・・・ 明日、ジャンプで、 ヒソカvs [続きを読む]
  • 過去の記事 …