みのるん さん プロフィール

  •  
みのるんさん: 果実な日々
ハンドル名みのるん さん
ブログタイトル果実な日々
ブログURLhttp://minorun.exblog.jp/
サイト紹介文minoltacord、minoltaXD、NikonFM3Aのフィルムとデジタルで撮っています
自由文日々の生活に花が咲き、実がなりますように。
写真大好き!フィルム万歳!!
10年以上まえに、はじめたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 276日(平均1.6回/週) - 参加 2016/06/20 13:44

みのるん さんのブログ記事

  • ふさふさ テロン すっ ふんっ
  • そういえば多重写真を先にアップしてしまっていたけどそうそうこの写真わたしすきなの去年春から夏にかけてminoltacordでちいさい人を撮っていましたそれをいったん写真展で発表しそのあとは秋から冬にかけてのシーンに挑戦していましたこびとのように写りこむちいさい人がいるのはわたしたちの畑ですすでに春をむかえている今とは真逆の季節だけど収穫を待つサトイ... [続きを読む]
  • ブラックボックスものがたり 2
  • 「ちいさい人が ミニぼくに みずをあげる」すっくと立ち遠くを見つめるミニぼくに大事そうに水をあたえるちいさい人前回の記事「ブラックボックスものがたり」(http://minorun.exblog.jp/25604102/)の続編ですこの写真も撮ったときやったー!っておもったんだけどその前に撮った写真をあれ?巻きあげたんだっけあれ?この写真は巻きあげて... [続きを読む]
  • ブラックボックスものがたり
  • ブログをあけられずにいたそのあいだに現像に出していたminoltacordの写真が手元にとどいた今回は撮っているときにすきなシーンを撮っている手ごたえはあっても気もちが集中していなかったのか興奮しすぎていたのか巻きわすれてコマかぶりしたり巻いたかわすれて空っぽのコマがあったり解説を加えるとわたしのもっている二眼レフカメラminoltacordは超アナログ... [続きを読む]
  • 根底にある美意識
  • ホゥホケキョ春の声がしてきたなとおもいながらあるくわたしの名「みのる」にちなんで「実」を撮りためている朽ちゆく実その美しさはどこにあるのかどうして心惹かれるのか日本人の美意識死に際の潔さ美しさそういう武士の心が知らず知らずわたしにも宿っているのだろうかにほんブログ村 [続きを読む]
  • ホットケーキの進化をもとめて
  • 休日の朝はホットケーキをやくいつもよりすこしおそく起きてボサノバとかハワイアンとかを流す生地を用意して食卓で焼くいつもよりたっぷりめの淹れてもらったコーヒーとともにもしゃもしゃ以前にもこういう話を書いたかもしれないなにせ何年も何年もくり返していることだからただ同じことのくり返しなんだけど探求心旺盛なわたしは生地に変化を求め研究をつづけてしまう... [続きを読む]
  • きっと
  • ねぇねぇ 東のほうでは 春一番が 吹いたらしいよそっかー 日も長くなったよね春になったらさ わたしたち また花が咲くかなー何色がいい?え? わたしたちって きいろじゃなかった?だって ピンクとかに なれたらよくない? 花束にしてもらいたいそっか じゃ わたしたちの きいろとピンク それから あの子は 白が似合いそうみーんなで いっしょに 花束にしてもらおう... [続きを読む]
  • ひと山
  • ひとつ仕事の山を越えてひと息毎度仕事に挑むときそのときの最高をめざす準備は徹底的にやろうといそしむけれど当日はまっさらな気もちで立ちむかうようにしてる「弟子入りするつもりか?」って言われたこともあるそれほど血走ってるんだろかわたし? 笑ぜんぶ得たものを全力ではき出すそんで仕上げるうっわー!最高傑作!!毎回乗りこえるとわたしは... [続きを読む]
  • 薪/"THE"/っぽい
  • 週末はまた雪化粧究極の寒がりなわたしにとってじわりじわりと家全体をあたためてくれる薪ストーブはなくてはならない存在もともと都会で育ったわたしは薪ストーブなんて縁がなかったしまさか自宅に薪ストーブを置く日がくるとはおもっていなかった最近伐った薪をはこんだり自宅脇に積み上げたりしてるときにわたしたちは言う なんか田舎暮らしっぽいねーそうきっとこ... [続きを読む]
  • おしりさん
  • 週末をひかえた金よう日気がむくとパンを焼くできた〜 !!ねーねーよくふくらんだでしょー おしり・・・!? みたい・・・一句おしりさん 風邪ひくまえに あったまろホットサンドか? シチューのおとも?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 行き場のない写真たち (写真部門)
  • いつ撮ったお花なのかわからないんだけどこの一年のうちに撮ったいつぞやのフィルム写真であります名も知りません撮ったばかりのとき はぁぁぁーいいわぁ・・・その瞬間の光とお花の感じは好きでありましたところがどっこい仕上がりを見るとうーっむなにかが余計でアングルが曖昧でよく見るとお花にアリがいるしうしろの分断されたラインも気になるしこの真横加減はどうなの?とかと... [続きを読む]
  • さわがし道 (写真部門)
  • 通学路に咲く梅の花去年は保育所まで車で往復していたので気づかなかったけれど今年はこの道をあるくたびに花がふえていくのをながめることができる「いつも はやいのぉ」「もう 2年生になるんやね」「戦国武将に くわしいのね」「ときには しりとりをしたりね」「よぉけ あるいて 足腰つよなるのぉ」ときどき道でであう人や会合でいっしょになった人に声をかけ... [続きを読む]
  • 『蜜柑』 (写真部門)
  • 芥川龍之介の『蜜柑』という小作品みじかくてさらっとページをめくったら終わってしまう文章なんだけどひとつひとつの情景が思い浮かぶ暮れ色を帯びた町はずれの踏切と、小鳥のように声を挙げた3人の子供たちと、そうしてその上に乱落する鮮な蜜柑の色とーーーすべては汽車の窓の外に、瞬く暇もなく通り過ぎた。が、わたしの心の上には、切ない程はっきりと、この光景が焼きつけられた。... [続きを読む]
  • 雪と心と中原中也 (写真部門)
  • 雪がふりました南国のこの地で雪が積もるのはとてもめずらしくて雪国の方には笑われてしまうかもしれないけど雪が舞うことも滅多にない中での貴重な貴重な雪景色のワンシーンです朝起きて「わぁ!ゆきだーーーー!!!」と白い世界に歓声をあげたちいさい人「朝ごはんはあとでいいよ」とやさしい言葉をもらいさっそくいっしょに外へ飛び出したのでした前述したように雪が舞うこともあまりな... [続きを読む]
  • らしくを噛みしめて (写真部門)
  • あけましておめでとうございます気づけば年明けからけっこう経ってしまいましたが今年初の更新まだまだめでたい気分をひきずっているわたしです年末は暮れらしくどばっと飛びこんできた仕事をしあげてなだれ込むように大晦日にむかって走りこみましたゴールの瞬間はきちんと心を整えてぶんと両手を挙げて堂々とテープをきりましたいい2016年だったわたし個人の反省... [続きを読む]
  • らしくを噛みしめて (写真部門)
  • あけましておめでとうございます気づけば年明けからけっこう経ってしまいましたが今年初の更新まだまだめでたい気分をひきずっているわたしです年末は暮れらしくどばっと飛びこんできた仕事をしあげてなだれ込むように大晦日にむかって走りこみましたゴールの瞬間はきちんと心を整えてぶんと両手を挙げて堂々とテープをきりましたいい2016年だったわたし個人の... [続きを読む]
  • ルゥと七五三とラザニア
  • こないだビーフシチューをつくったビーフはなくてポークだったんだけどつくろうとおもったらルゥの買い置きがなかったどうしよとおもってそういえばと思いだした小学生のころ台所の手伝いをしていたわたしはいつもルゥづくりの担当だったカレーもクリームシチューもビーフシチューもハヤシライスもルゥ当番そういやつくれるんだったとルゥから手づくりしたシチューはいつ... [続きを読む]
  • きょうも窓 series 16 どんな日もあって つづく
  • きょうも窓シリーズでは、わが家から見える風景をアップしています。10月から11月にかけてはとくにたのしみにしていた時期かもしれない。陽の出の位置が移動してきて海から昇るようになった。朝の奇跡のような色、雲海のような光景、あおいあおい世界、そのどれもがあって毎日。10月5日 水よう日5:25朝こうして景色に迎えてもらえたらがんばれる10月7日 金よう日6... [続きを読む]