備前長船助光 さん プロフィール

  •  
備前長船助光さん: 備前長船助光 作刀受難日記
ハンドル名備前長船助光 さん
ブログタイトル備前長船助光 作刀受難日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bizenosafunesukemitu-1982/
サイト紹介文若手刀鍛冶の日本刀造り奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供308回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/06/21 22:25

備前長船助光 さんのブログ記事

  • 刃文
  • 刃文は大きく分けて、直刃と乱れ刃があります。乱れ刃は細分化すると、ノタレや丁子といった多種多様な刃文になり、刀全体を見た時の印象を左右します。刀が単なる戦の道具であるなら、直刃だけでも良さそうですが、刀匠の自己主張なのか、強度上そのような焼きにな... [続きを読む]
  • 芯金完成!
  • 芯金が完成しました。芯金といっても、生鉄ではありません。しっかりした鋼で、これ単体でも刀になります。今回は1キロ使用して、600グラム取れました。次は皮鉄作りです。1.7キロ鍛えて、850グラム取る事を目標にします。合計で約1.4キロですが、沸かし延... [続きを読む]
  • 芯金作り
  • 芯金の鍛錬をしました。ビフォーです。5回折り返し鍛錬して終わりました。明日はさらに3回折り返し鍛錬して芯金完成です! [続きを読む]
  • 祝1年??
  • おかげさまで、ブログを始めて一年経ちました!!三日坊主の私ですが、長々続けられたのも、訪問して下さる方が居られたおかげです^_^また、日記の様に書いている内に、その日にあった事を思い返す機会になり、自己分析の役割にもなり、色々と思う所のある一年となり... [続きを読む]
  • 窓開け
  • 窓開けとは、地刃不明の刀身の一部を研磨して、地金と刃文の様子を見る事です。前回、鍛割れが目立つ為、武術練習刀にした脇差ですが、鍛冶研ぎをした時に、研ぎ心地が良かった為、研ぎ師の先生に窓開けを依頼しました。その脇差の窓開けが完了したと連絡がありま... [続きを読む]
  • 鍛われ
  • 古刀は、名刀でも何でも大概鍛割れがあります。という事は、昨日のブログではありませんが、硬軟複合鍛えである可能性が高いです。そして、高炭素の地金を沸かし過ぎないように気をつけてながら鍛錬をしていると推測できます。無傷の地金を作る事は意外と容易く... [続きを読む]
  • 玉鋼1A
  • 今回は皮鉄、芯金を組み合わせる方法で制作します。鋼の節約になりますが、実は無垢より難しいです。鉄は炭素量が違えば沸く温度が違います。炭素が低いと高温で沸き、炭素が高いと低温で沸きます。つまり、高温にすれば、両方の鋼が沸き傷は出にくくなります。し... [続きを読む]
  • 作刀開始!
  • まずはテコ直しからです。前回使用して傷んだテコに、刀の破片を乗せて肉盛りをします。これを炭で焼いて、叩いてくっつけます。玉鋼も潰しました。来週からはテコに玉鋼をくっ付けて、鍛錬に入ります!!今回は芯金と皮鉄の二重構造です。現代で... [続きを読む]
  • 携帯直りました!!
  • 水没2日目に突然、使えなくなったので問い合せるとiPhoneは岡山県では2箇所しか修理交換出来ないとの事。さらに、保証に加入してましたが、アップルには全額自己負担で支払い、後に月々の携帯使用料から割引と言う形で返金されるとの事。iPhoneはややこしいですね... [続きを読む]
  • 携帯完全故障!!
  • 水没から3日目ついに無反応になってしまいました。交換しに岡山駅のビックカメラに行かなくてはならない為、しばらくNO携帯ライフです。文明から離れるのもいいかも知れません('A`)肝心の脇差は成功に終わりました。肩の荷がおりました。次も、4年近く滞納している刀の製... [続きを読む]
  • 携帯水没
  • 昨日、会社へ着きバイクのボックスを開けたら、なんとコーヒーの海!水筒が閉まっておらず、弁当袋の中はコーヒーでタプタプになっていました。弁当は無事でしたが、携帯が>_にほんブログ村 [続きを読む]
  • 脇差リベンジ
  • 1級Aの無垢で制作しているリベンジ刀ですが、積み沸かしで、非常に良い手応えを感じました。今日は一気に素延べまで行きましたが、手応えが良く、無傷で上がりそうです。1Aは硬いのかと思いきや、粘りも良く、流石は最上級の鋼だと納得しました。ただ、高価なので... [続きを読む]
  • 試作短刀
  • 先月、応力相殺刀の研究で制作した短刀が研ぎ上がりました。応力相殺刀第2号ですが、結果は…。第1号より、美観は低い出来でしたが、焼き入れによる反りは来ませんでしから、熱処理としては成功です。第1号は刃渡17センチ、今回は20センチでした。第3号は24セン... [続きを読む]
  • 合わせ鞘
  • 居合刀用の鞘を切断して、脇差の鞘にしようかと思いましたが、ふとヤフオクを見てみると、合いそうな鞘を見つけました!さっそく落札して、今日届きました。鐔は時代の高価では有りませんが、鍛えた鉄鐔です。柄は刀用の物を切断し、紐を巻き直してみようと思いま... [続きを読む]
  • 今日は休みました。
  • 工場の仕事中に、妻から子供に熱があると連絡があったので、鍛冶屋はお休み致しました。結局帰ってみたら元気だったので安心しました。σ(^_^;)工場の仕事の後、非常に集中力のいる作刀作業をするには、心に迷いがあると良い事になりません。作刀中、特に鍛錬... [続きを読む]
  • 白研ぎ終わり
  • 改正砥石と言う1000番程の研ぎで終わります。実用にはこれで十分です。逆に砥石目が改正より荒いと、納刀の際に棟で手を切ります。ヤスリをイメージして見て下さい。勿論、これより更に研ぎ込むとカミソリの様な刃先になり、非常に鋭くなります。しかし、何度か切... [続きを読む]
  • 博物館展示
  • 明日から2ヶ月程、長船刀剣博物館で、自作の短刀を展示できる事になりました。瀬戸内市内の刀匠の方と並んで展示しています。コンクールで入賞されてる刀匠の横ですから、引き立て役のようになってますが 笑しかし、普段人目に触れませんから良い機会になりました... [続きを読む]
  • 試し斬り
  • 傷の出た脇差ですが、有難い事に、消耗刀として検討して下さる武術家の方が居られたお陰で、切断を免れました。さっそく、備水砥石まで研ぎ刃を付けました。と、試し斬り用の畳表が無い為、山へ行き適当に切って見ました。武術用の脇差では無かったので、焼刃が高い... [続きを読む]
  • 変な日記を書いている時は…
  • 変な日記を書いている時は、自衛隊の訓練に泊まりで行っている時です。明日から、刀鍛冶を再開します。変な記事ついでに、古代から刀鍛冶は存在していますが、戦前と戦後で決定的に違う事があります。それは、戦後刀鍛冶が国からなんの関与もなく全くのフリーにな... [続きを読む]
  • 歴史の移り変わり
  • 実は日本人の民族性は新しい物好きで、歴史や文化を大事にしないのが本当かもしれません。明治時代もそうです。大量の美術工芸品が海外にタダ同然で輸出され、日本文化も失われていく様を、当時の文化人が嘆いています。戦後もそんな感じでしょうか。私は中国... [続きを読む]
  • 意識
  • 生き物と言えども、自我が有るか無いかで結構話題になってますね。魚や虫等は無表情ですから、顔から思考を読取る事は出来ませんが、動きを見ると人間と良く似た行動をとったりしているので、バカに出来ません。虫達にも、意識は充分に有ると思うので、むやみやたらに... [続きを読む]
  • 熊対策
  • 近所の山に熊が出たと言う事で、仕事場には、刀と脇差と、6尺棒を置いています。が、、、、熊には全く歯が立たないでしょう。熊と言う脅威に対して刀槍で挑んでは、まさに蟷螂車轍!!そこで、刀と脇差を見て改めて思いました。何とか弱い刀身かと。たかだ... [続きを読む]
  • 脇差、終り
  • 結局失敗に終わったので、また1から作り直す事にしました。その分、あらゆる納期が遅れます。心が痛みます。さて、次の作戦は虎の子である1級A品を、惜しげもなく使い、無垢で鍛える事にしましたが、大問題が発生しました!何と、潰しの段階でボロボロと崩れて目も... [続きを読む]
  • 脇差作り
  • 鍛治研ぎをしました。合わせの鞘には入るものの、やはり鍛えキズが気になります。作り直そうと思います…。実験はリスクばかりで生活を苦しめるだけですから、どうしようか悩み始めました。刀の先生宅へ行き、相談しましたが、無難な作刀は面白味が無い!との... [続きを読む]