雨好き さん プロフィール

  •  
雨好きさん: 月曜の行進曲
ハンドル名雨好き さん
ブログタイトル月曜の行進曲
ブログURLhttp://amezukmk.blog.fc2.com/
サイト紹介文中国広東省にいたことがある男のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 335日(平均2.1回/週) - 参加 2016/06/21 22:32

雨好き さんのブログ記事

  • この1週間20170521
  • 仕事の疲れから全然外国語の勉強ができていない・・・。昨日は土曜出勤。帰宅後とても疲れを覚え、パソコンに向かえばいつの間にかベッドの上。本日日曜日も疲れを癒すほうに力を入れ・・・。ちなみに最近よく韓国語の夢を見る。 [続きを読む]
  • 怠け者だから英語学習も・・・
  • 8連休の7日目という土曜日であった。週末に二連休となった場合、たいてい日曜日は若干英語脳にしている。本日は土曜日であるのだが、なぜか自然に英語脳になることが多かった。もちろん1人でいる時に一番多い外国語の独り言は中国語普通話である。本日も信号待ちに無意識に中国語で独り言を言っていることに気づいる。それでも英語でのものも多かったのはどうしてであろうか。英語は本当にお恥ずかしいレベルなのだが・・・。だ [続きを読む]
  • 現状の問題点・・・
  • 昨日の土曜&祝日出勤の帰りはしなかったのだが、帰りの電車の中で中国語の勉強をしている。と言っても、昨年とは違い電車に乗っている時間はそれほど長くもない。というわけでそのうちの10〜15分程度に過ぎない。それでも試験を考える以上はアカデミックに考えるということも大切。その車の中や自宅で外国語に触れている。今年は韓国語のTOPIK初級の受験を諦めた。すると不思議なことに他のアジア言語が気になりだした。TOPIKの受 [続きを読む]
  • ケチだから買えば勉強するかと・・・
  • 狙いはHSK6級であることは記している。だがHSk5級は思ったより簡単であったのに、中検2級が通らなかったということはやはり私の中国語は感覚で覚えているだけである証拠かと思う。ここで基本に帰るためにも、6月はHSK6級を受験して雰囲気を掴み、時間配分の感覚を知るよりも、中検2級を受験することにした。本日買ったこの問題集。だが明日からの1週間は2011年のものを持ち歩こうと思っている。また前回の聴解試験もスクリ [続きを読む]
  • やはり再度中検2級を申し込んでみた
  • 3月に受けた第91回中国語検定2級。自己採点通り、(中国で生活していた私が)リスニングでまさかの失敗をやらかし不合格。約3週間前は「このまま振り返らずにHSK6級に慣れるためにそちらを受験しよう」と思った。だが、本日得点が届いて気が変わった。今回リスニングも筆記も基準点が5点下げられている。つまり難しく感じたのは私だけではないようである。というわけで、今さっき[6月11日(日)のHSK6級ではなく]6月25日 [続きを読む]
  • リラックスタイムとしての外国語対峙
  • 再就職して2週間目。それなりの疲れはあったが、いたって普通のこと。それでも今週は(も)外国語の勉強とまではいかなかった。とはいえ中国語普通話というか国語には毎日触れていた。さらには福原愛さんと江宏傑がゲストであった台湾のテレビ番組を見た。福原さんを知れば知るほど凄い方だと思う。間違いなく彼女は日本の卓球界を大きくしたと思う。ただそれ以前にも活躍していた方がいたからこそ、福原さんも活躍できたのである [続きを読む]
  • 外国語を話す時に邪魔な部分入れ歯・・・
  • 中国にいる頃、親不知をカウントせずに後ろから3つ目がかなりひどい虫歯になった。帰国して2年をどっぷり過ぎてから、やっとそれを治した。(発症から5年・・・。)というより、(ここまでほかっていても、中国で歯医者に駆け込んでも、どちらにしても)抜くしかなかったというオチ。でインプラントにするお金もなく、とりあえず保険の範囲で部分入れ歯とした。まあ、日本語を話す時は問題ない。そう問題なのは日本語よりも口や [続きを読む]
  • 今週は外国語学習というより娯楽モード
  • 今週外国語の勉強といえば、本日の午後にHSK6級の聴解問題と対峙したぐらいのもの。月曜から再就職しているのだが、その気疲れと血圧治療中で今まで高かった血圧が若干安定していることからかなり眠い。それでも香港映画“古惑仔”のパート2を数日に渡って広東語で見た。そして先ほどパート3を国語、つまり中国語普通話で見た。本日他のブログにも記したのだが、CCTV19時からの“新??播”だと6割ぐらいしかわからない。だがド [続きを読む]
  • 急に“古惑仔”を見たくなり・・・
  • 他のブログにも記したのだが、この1週間の夜はネットで外国語に触れていた。そのとき、ある広東語の歌から、1996〜2001年(?)の香港映画“古惑仔”が見たくなり、1本目を広東語で見た。とても懐かしかった。とはいえ、その頃は仕事三昧のような感じであったため、数作しか見ていなかった。ただイーキン・チェン(鄭伊健)とチャン・シウチョン(陳小春)は私と同じ年であり、おじさんになった今もめちゃめちゃカッコイイ!であるの [続きを読む]
  • 日本語、韓国・朝鮮語、モンゴル語のニュアンス
  • 昨年の6月頃であったと思う。私は中国の民族音楽も好きであったりする。YouTubeであれこれビデオを見ていると、2つのモンゴル族の歌が心に響いた。ひとつはモンゴル国でも歌われているもの、もうひとつは内蒙古のミュージシャン(グループ)が発表したもの歌。どちらも中国国内の(民族を問わず)様々な歌手(単体またはグループ)によって歌われている。もちろん中国語だけでなく、モンゴル語でも歌われている。あえてタイトル [続きを読む]
  • やはり中国南方方言かな
  • 最近は多言語学習のことを記していない。本来今年は1月にTOEICを受け、初夏にTOPIK初級、9月か12月にHSK6級を受けるつもりでいた。だがHSK6級があまりに難しく感じたので、TOPIK受験を諦めた。そういうわけで、12月、1月と初級の半分の復習+αを行った韓国語への興味が薄れている・・・。ただ中国語普通話だけというのも味気ない。12月半ばからの有給休暇の消化、1月からこの3月までの再就職活動の合間の殆どを、歯医者 [続きを読む]
  • うそでしょ!? 中検2級自己採点・・・
  • 昨日受けた第91回の中国語検定試験2級の解答がアップされていたので、自己採点してみた。なんと聴解が合格基準点の70点に届かない・・・。私は中国語に関しては聴解が一番得意であり、読解よりは勉強していない。だが過去問はそれなりに聴き取れていたのである。が、今回受けてみた中検2級はHSK5級ほどははっきり聴こえなかった。聴きづらかった。まさに“听不清楚”であった。[アップから45分後の補足:スクリプトを確 [続きを読む]
  • 中国語検定2級を受験して
  • 某ランキングサイトで多言語学習のカテゴリーに参加しているのに、最近は多言語ではないのが申し訳ないと思う・・・。さて標題の通り、中検2級を受けてきた。今まで過去問題を解いていても、合格点に届く回とそうではない回があった。ただ私はこの試験の基本情報を詳しく調べていなかった。昨日土曜日の時点で受験票を確認したら、2級の試験時間は2時間も存在していた。つまりそれだけ時間があれば、受かる可能性は高くなるという [続きを読む]
  • 明日から中国語検定の最終調整
  • 1週間後の日曜日(2017年3月26日)は中国語検定2級の試験。この1週間は再就職先が決まるなどで、そちらに気が取られて勉強どころではなかった。(それでも少しは勉強しているが・・・。)この2級であるが、過去問をやって合格点のときもあれば、そうでないときもあった。最近新規で問題を解いていないので、どこまで伸びたのかわからない。ただ私からみたら昨年12月に受けてそれなりの点数を取ることができたHSK5級のほうが楽 [続きを読む]
  • 語学学習計画の爆破?
  • 今年受けるつもりであった韓国語のTOPIK初級を断念したのはHSK漢語水平考試6級がかなり難しいので。だが先日とある業界のある職種への復帰をしばらく諦めたことであれこれ考えるところがあった。もちろん私から中国語を取ったら何も残らないので、その勉強は続けるし、試験も受けていくつもりでいる。ただなんとなく新しいものが勉強したくなった。今までの何かに凝り固まった自分を変えたいと思い始めた。この際一度自分の語学学 [続きを読む]
  • 大切なことを捨てるときの心の痛みは失恋に似ている
  • 本日私はあることを捨てた。そう、「もの」ではなく「こと」を。まあ捨てたと言っても、いつかどこかでまたチャンスが現れれば、手にするかもしれない。人間何があるかわからないので。ただ大切なものごとを捨てたときの心の痛みは愛を失ったときに似ている。いつかその痛みが小さくなってゆくのであろうが。そう、小さくなってゆくだけでシンディ・ワン(王心凌)の”第一次愛的人”(M2Mの“ The Day You Went Away”のカバー)の [続きを読む]
  • 異文化に囲まれながらの日本生活
  • 朝一番で歯医者に。きれいな日本語で話す南米系の方だと思われる親子。ポルトガル語で話す親子もいた。1月であったか。中国語を話すふたりもいた。そのうちひとりは日本語の通訳としてついてきたようである。中国語の場合、自然に耳に入ることも多い。つまり意味がわかるということ。ポルトガル語やスペイン語もところどころわかる言葉がないわけでもないのだが、やはりこちらは脳が完全に外国語として処理しているようである。自 [続きを読む]
  • HSK6級・・苦労しそうだなぁ
  • 中国語検定2級の勉強のついでに、HSK6級の読解問題も見てみた。「あのぉー、難しすぎるんですけどぉ・・・」いくら今年TOPIKを受けることを諦めても、おそらく受けるのはHSKだけではないはずなので、よほど隙間時間を使って勉強してゆかねば・・・。とはいえ、ここで負けていては中検準1級など夢の向こう。焦らず少しずつ積み上げてゆくしかないのさ。 [続きを読む]
  • 沈でもいいんだよ・・・
  • 中国語の簡体字の“沈”(shen3)と“沉”(chen2)。以前繁体字の場合、“shen3”と“chen2”のどちらも“沈”で表していた。今でも“沈”で構わないと思うのだが、パソコンやスマホを用いて繁体字で打つと“沉”となる。昨晩レスリー・チャンの広東語曲“追”を聴き、懐かしさからついWeChatに歌のラストの歌詞を載せた。“有了你 即使沈睡了 也在笑”と繁体字で記した。そうわざわざ“沉”を“沈”に置き換えて。ところが私が日本 [続きを読む]
  • 十数年ぶりのTOEICは・・・
  • 初めて受けたのは2003年春。2回目が2004年春。で3回目の2017年1月。なんと1回目と同じぐらいの得点であった・・・。2回目はそれなりに自分が満足できる得点であったのに・・・。中国生活でも多少の英語は必要であったのに・・・。リーディングの点数に目眩・・・。確かに「これはまずい・・・こんなに難しかったっけ?」と思いながら試験を受けていたが・・・。 [続きを読む]
  • 中国で作る余裕と晩ごはん
  • 中国での生活。夜は自炊が多かった最後の4年は晩ごはんと翌日の昼ごはんを一緒に作ることが多かった。夜の当番がある時は昼に弁当を作っておくこともあった。(もちろん疲れ果てて外食や持ち帰りもあったし、飲みに行くこともあった。)日本語教師。暇な時期もあったが、当然忙しい時期もあった。ある学校では月から金までフルで授業をし、なおかつ金曜日は企業出張(往復2時間、授業1時間半)をしていたこともある。その金曜日 [続きを読む]
  • 3月26日の中検2級申し込み完了
  • この3年、自分が立てた外国語学習や試験の計画が狂ってばかりいる。2013年12月は仕事の量が少なく、やり残してあるヨーロッパ言語の勉強準備段階として、エスペラント語の基礎の復習プラスアルファをした。2014年2月の今頃は日本に一時帰国をしていた。その時に、日本帰国後の就職先の選択肢を広げることを考えてポルトガル語の勉強を決意。1年から1年半あれば多少は覚えられると思ったので。しかし中国に戻ってしばらくしてから、 [続きを読む]
  • 雨の日のAFN
  • 大藪春彦氏の小説で、主人公が雌伏時代に360ccの軽自動車でFENを聴いているだとかいう件が好きである。本日の私は車の中にいるときはずっとAFNを聴いていた。(無職の就活中・・・。)私は愛知県東三河に住んでいるのだが、曇りや雨の日は高台にいなくても入感することがある。雨の日に公園の駐車場に停めた車の中でその英語を聴いていて思い出したことがある。あれは28年前の22歳の夏の雨降りの日であった。ある夢に向かって奮闘 [続きを読む]
  • 中国語の違い
  • ほとんど毎日ネットで中国本土以外の中国語母語話者の中国語に触れている。(もちろん非母語話者の中国語にも。)YouTuberの配信の場合、聴いていてもあまりなんとも思わない。しかしこれがニュースやドラマ、歌番組などでの会話となると、「やはり中国本土の普通話とは違う」と感じることがある。以前仕事で台湾出身のお客様と話している時に「よく中国の方から『中国語がおかしい』と言われることがある」というお話を聞いたこと [続きを読む]