蓮華金剛 さん プロフィール

  •  
蓮華金剛さん: 至心頂礼大聖歓喜双身天王〜〜〜今泉聖天堂
ハンドル名蓮華金剛 さん
ブログタイトル至心頂礼大聖歓喜双身天王〜〜〜今泉聖天堂
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/youkenn1966
サイト紹介文密教関係の記事がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2016/06/22 09:41

蓮華金剛 さんのブログ記事

  • 6月29日は「ビートルズ記念日」
  • The Beatles - Let It Be - Let It Be (STEREO REMASTERED)【ビートルズ記念日】 1966年のこの日、人気絶頂のイギリスのロックグループ・ビートルズが初来日したことから設けられた記念日。他にも名曲がありますが、この曲は厳格な神父様が唯一、ビートルズの楽曲の中で「良い」と認められていたので、その評価を聞いた後、私が最初に聴いたビートルズの曲です。 [続きを読む]
  • 愛敬。盡於事親。而徳教加於百姓。刑於四海。
  • 愛敬、親に事つかふるに尽きて、而して徳教、百姓に加はり、四海に刑のりす。(『孝経』)【現代語訳】愛敬を親に事つかえるに尽すの心を以て、全てに推し広げる、さすれば徳教は天下万民へと自然にして満ち溢れ、世々これを則として背くこと無し。 今日、移動中に『孝経』を繙いていて、上記の部分が心に響きました。備忘録的に記事にします。再拝 [続きを読む]
  • 和合神
  •  昨晩、知己の方から頂戴した御像です。シヴァ神と妃神の和合した御姿。シャクティ(サンスクリット語で力、能力の意味。性力とも訳されます。)を表しています。仏教でいえば、摩醯首羅天と烏摩妃天ということになるでしょうか。取り敢えず七面大明神の横に安置しています。合掌 [続きを読む]
  • 布施行
  •  人々が人間形成に努めて幸せや安らぎの境地に至る道として六波羅蜜の行。その第一番目が布施です。布施の「布」は分け隔てなく、あまねく、「施」は文字通りほどこすという意味。万人に等しく、施しをする人はもとより、受ける人の心も清く、布施の内容も清らかであることが大切であると説かれています。布施というと財物がまず思い浮かびますが、『雑宝蔵経』には無財でもできる「無財の七施」が示され、実践することで「大いな [続きを読む]
  • 信じて手放す
  •  周りで願いが叶っている人たちを観察すると、願ったら後は神仏に任せて、叶うと信じて時を待つケースが多いです。叶わないのでは、という心配をせず、願いに執着していません。心の奥底で、願いはどうせ叶わないという気持ちがあるから、願いへ執着する。逆に願いは神仏がベストなタイミングと方法で叶えてくれると信じていれば、執着を手放して、自身のすべきことに集中し努力をする方へ向きます。願いが叶うプロセスを楽しむ心 [続きを読む]
  • 贈り物
  •  インド・ナルマダ川から採取される石で作られたシヴァリンガムをお隣様から頂戴致しました。インドでは、シヴァ神の化身として礼拝対象となる聖なる物ですから、塩水で浄めたうえで祭壇に安置しております。礼拝のマントラもご教示頂きました。写真公開は致しませんが、祭壇上にありますのでお参りに来た方は拝んで頂けます。お隣様がヒンドゥ式の開眼をして下さっているようですが、改めて密教方式で開眼供養を行うかは検討中で [続きを読む]
  • 小満
  •  今日は、二十四節気の小満です。「暦便覧」では、「万物盈満すれば草木枝葉繁る」とされています。これから暑さが増していきます。小まめな水分補給を心がけましょう。再拝 [続きを読む]
  • 大森 笠島弁財天
  •  延喜式内社の磐井神社(京急・大森海岸駅近く)に笠島弁財天が鎮座されています。旧東海道沿い(その近辺を含む)にある寺社で構成する東海七福神の札所でもあります。万葉集の「草陰の荒藺(あらい)の崎の笠島を見つつ君が山路越ゆらむ」の「笠島」とは、この弁天社のある島のことを指しているとも言われ、古い弁天霊場です。再拝 [続きを読む]
  • 聖賢のことば
  • 夜空には、たくさん星が見えるが、太陽が昇ると見えない。あなたは、日中の空には星はない、と言うことができるか。だから、無知である日々の中に、神を見ないからと言って、あなたは、そこには神はいない、などと言ってはいけない。(聖ラーマクリシュナ) [続きを読む]
  • 不思議なお隣さん
  • 隣人のインド人のご家族は高位カーストのご出身で霊能者でもあるらしい。あることがきっかけで気軽に話しかけてくれるようになり、シヴァ神ファミリーの神画をくれたり等々、良くしてくれます。時々、霊言めいたアドヴァイスをくれたりもする不思議な隣人さん。向こうからすれば、私も不思議な隣人でしょうが(;^_^A その家のご主人とは主に英語で話をしますが、先日、貴方の家にARDHANARISHVARAがいませんか?と聞かれ、当初意味 [続きを読む]
  • 三天
  •  うちの周りにはインドの方が比較的多く住んでおられます。皆様、社会的な地位が高く教養もある方々で信仰心も篤い。そんなこともあり、英語と日本語のチャンポンで色々と話していたところ、先日、お一人の方から神画=写真=を頂戴しました。いずれの御尊格も仏教的に変化された形で日頃拝んでいるので、有り難く頂戴致しました。合掌 [続きを読む]
  • 大好物
  •  一番好きなスイーツと聞かれると、まず思い浮かぶのがザッハトルテ。やはり本場ウィーンで食べたのがこれまでで一番美味しかったですが、日本でも美味しい店が幾つかあります。今日、お土産として頂戴したのは初めてのお店の物。まだお供え中ですが、御下がりを戴くのが楽しみです。 [続きを読む]
  • 長栄大威徳天
  •  池上本門寺の法華経行者・信者の守護神、長栄大威徳天は、多くの現世利益を与えて下さる御神霊として信仰を集めています。徒歩で直ぐのところなのでよくお参りしますが、厳とした雰囲気を漂わせておられます。佐渡島に配流中だった日蓮聖人の前に白髪の翁の御姿で現れ、生涯にわたって聖人を守護すると誓われたと伝えられます。御実体は稲荷神で、荼吉尼天ともされます。御本地の仏尊は不明ですが、個人的には、衆生を現世利益を [続きを読む]
  • 心持ちを変える
  •  自身を悩ます病気や様々な状況から自由になりたいと思うことはよくあることでしょう。病気等が自身を束縛しているから身動きが取れない、という訴えは多いのですが、インドの古い言葉の中に「人は心なり。束縛あるいは解脱は汝の心中にあり」というのがあるように、状況等はそこに「ある」だけ。それに縛られるか縛られずにそこから脱け出すかはひとえに心持ちにかかっています。 心持ちを変えるといのは、NLP(神経言語プロ [続きを読む]
  • お悔み
  •  今から約30年前の法曹界駆け出しのころから、業界を離れた後も近年まで大変お世話になっていた板倉宏先生(日本大学名誉教授、刑法)が先日お亡くなりになられました。心よりお悔みを申し上げます。先生は、高い学識・識見と、高潔な人格を兼ね備えた立派で尊敬できる数少ない法学者のお一人でした。ご冥福をお祈り申し上げるべく本日、特別の法要を営みました。合掌 [続きを読む]
  • 悪しきを喰らう
  •  荼吉尼天尊は自身の悪しきを喰らってくださり、悟りへと導いてくださいます。巷間、現世利益の迅速さと強力さの面が強調されがちですが、本来は身近にいてくださって、悟りへの道を同行二人の如く共に歩んでくださる心強い存在。22日の御縁日に当たって、改めてそのことに思いを致し、悟りへの誓いを新たにし、感謝しつつ一日を過ごしたいと思います。合掌 [続きを読む]
  • 穀雨
  •  今日は二十四節気の穀雨です。春雨が百穀を潤すことから名づけられたもの。雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。  [続きを読む]
  • 慎之、莫怠也
  • 「慎之、莫怠也」(『日本書紀』 巻第七 大足彦忍代別天皇) 倭姫命が日本武尊に草薙剣を与える際に添えたお言葉。「慎みて、な怠りそ」で、意味は、過ちの無いよう気持ちを引き締めて、決して怠らないように、ということです。草薙剣という力を手にして慢心しないよう、甥王にあたる日本武尊へ注意を促されたのです。私も何事も控え目に油断しないように心掛けるようにしたいと思います。再拝 [続きを読む]
  • 出雲大社東京分祠
  •  東京・六本木の大社東京分祠へ参拝致しました。分祠は、都心部に在って清々しく、出雲の大神様の御霊威を感じることができます。私が根源神として御祭りする大物主大神様とも深く関係する大神様の御社。それ故、しばしばお参りしております。 [続きを読む]
  • 七面大明神
  •  祭壇のある部屋の入口に七面大明神を御祀りしております。来る方が口々に凄いパワーを感じると仰います。今居る土地は有名な日蓮宗系大寺の近くで全国的にも有名な日蓮大聖人の霊跡ですから大いに御発動されているのかもしれません。合掌 [続きを読む]