SAKITAMA さん プロフィール

  •  
SAKITAMAさん: 旅立った夫へ送る残された家族の日々
ハンドル名SAKITAMA さん
ブログタイトル旅立った夫へ送る残された家族の日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/saki-tama5252/
サイト紹介文夫のガン宣告から約半年。定命により終戦記念日に旅立ちました。その後の家族のブログです
自由文ポジティブとネガティブは表裏一体。スピリチュアルな世界に浸りながら、心の均衡を図っています。いつも明るいことばかりじゃないけど、その時に感じたことを綴ってます。拙い文章でお恥ずかしい限りですがよろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/06/22 17:18

SAKITAMA さんのブログ記事

  • 【情報共有】がんが血液1滴でわかる時代になる!
  • 地元の新聞の一面にこんな記事が掲載された。承認されるまで長いのがもどかしい。血液1滴で、即座にその場でガン宣告っていうのもまったく宣告される側の心を無視してると思うけど。例えがんになったとしても誰も抗がん剤とかで苦しむ人がいなくて痛くも痒くも苦しくもないどんなにステージが進んでも普通の生活ができる最後は、落葉樹のように風が吹きはらりと落ちて土に還るように散っていくそれが世の理のように…そういう時代 [続きを読む]
  • NHK連ドラ『ひよっ子』より
  • 自由ってなんだろう・・・ 自分勝手に気ままに生きること? じゃない。そうではない。 自分で選ぶこと自分で決めること なんか心の中でもやもやとか、ざわざわとかいや〜な感情が残ってるとしたらそれは本当の答えじゃない。 さ〜私は自由だ 誰のご機嫌もうかがう必要がない NHKの連ドラから教えてもらった出来事でした。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【情報共有】標準治療か代替治療か
  • いずれにしろ選ぶのは自分。家族は、支える。 がんの「代替医療」、標準治療より死亡率高い 米研究8/19(土) 12:19配信中国東部・安徽省の省都・合肥で行われたはり治療(2006年5月20日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】代替医療を選択したがん患者の死亡率は、標準治療を選択した患者より最大で5倍程度高くなるとする研究結果を、米エール大学医学大学院(Yale University School of Medicine)のスカイラー・ジョ [続きを読む]
  • 一周忌法要での施主挨拶
  • 【覚書】 参考まで本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで亡夫 〇 の一周忌の法要を無事終えることができ、〇も喜んでいると思います。亡くなってからのこの一年間、あっという間でした。ついこの間、夢に出てきまして、今まで夢にでてきた回数は数える程度しかないのですが、夢の中でも夫は会社のジャンパーを着て配達の途中でした。あちらでも、もしかしたら野菜を配達する仕事に就いてい [続きを読む]
  • 【情報共有】命日の過ごし方
  • とてもわかりやすいサイトを見つけたので、ご参考まで。 命日の過ごし方命日は、故人のことを思い出して語り合いながら、故人を弔うための日とされています。ひとえに命日と言っても、実は、祥月(しょうつき)命日や月命日が存在し、それぞれ意味や過ごし方が異なります。各命日になった時、遺族はどのように過ごせばよいのでしょうか。また、各命日では何をしなければならないのでしょうか。ここでは、祥月命日や月命日の意味と、 [続きを読む]
  • 【情報共有】がん部位別生存率
  • 肺、低いな・・・39.1%の側になるはずだったんだけどね 5年生存率、病院別データ(その4) 肺がん毎日新聞2017年8月9日 東京朝刊  <肺がん> 施設        生存率(%) 症例数  1期  4期北海道がんC      35.3  252  86  69釧路労災病院         −   43   −  20母恋 日鋼記念病院      −   29  15   −北見赤十字病院        [続きを読む]
  • 久々に夢に登場
  • 命日が近づいてきた。 亡くなってからというもの毎日、夫を思い出さない日はない。四六時中、考えているわけではないけれど・・・ 気のせいかもしれないが最近、夫が近くにいるような気がする。 今朝、懐かしい感情を抱えたまま目が覚めた。 夢で逢えた。そろそろ逢いたいなと思っていたところだったのですごく嬉しかった。 シチュエーションは道路を隔てた向こう側に夫がいてどうも配達中らしかった・・・会社のジャンパーを [続きを読む]
  • 今日の気になった記事
  • 「癌は細胞の先祖返り」新説は癌治療の常識を変えるか8/1(火) 17:08配信現在の治療は基本的に、癌細胞の分裂を抑制することを目指す <ニューズウィーク日本版2017年8月8日号は「癌治療レボリューション」特集。癌研究・ケアの現場で新たな道を切り開く「革命家」たちに迫った。本記事は、特集の1記事「宇宙研究者が挑む癌のミステリー」を一部抜粋・転載したもの>既存の癌研究の問題は明らかだと、宇宙の起源や地球外生命体につ [続きを読む]
  • じわっときた話
  • 「お連れ様はどちらですか?」妻に先立たれた男性、客室乗務員の対応に…7/21(金) 11:16配信【記者コラム】 半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。 遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗 [続きを読む]
  • ”浮かれぽんちパーティ”
  • このみつろうさんのブログを見つけた時思わず笑ってしまった。 うちのパパも飲めや 食えや 歌えやのお祭り騒ぎで楽しくアチラの世界でやってるんだね。 何を信じる?何を見る? それを選ぶのは自分(わたし) どれを選ぶか、どう思うかは自由なんだからじゃあ、私はうちのパパは楽しく向こうで元気にやっていると思うことにしただけ。 ただ、うちのパパは飲みすぎるとからみ上戸になり、かなりめんどくさい性格になるので周囲の [続きを読む]
  • ”なぜネガティブなことばかり考えてしまうのか?”
  • パパちゃんの命日が一か月を切った。 一周忌の法要の案内を出した。 昨日、19歳の次女が「ママー、私、ここにしこりみたいなのがあるんだよね・・・。」と鼠径部あたりを指差した。 そっと触ると確かにモコモコとしている。 「んで、ここに黒いイボみたいなのが出来てるんだよね。」 黒いイボ。 昨日の夜・・・ 悪いことばかり脳裏によぎる。最悪なことばかり。何ででしょうね・・・ まだ起きていないことを心配する。 もしガ [続きを読む]
  • あぱぱちょカード
  • 縁あってさやかっそさんと出逢いました。 そこであぱぱちょかーどなるものを引きました。 そのカードがこれ 無理してるのかどうかも自分でわからなくなっていた。 麻痺しちゃったかな・・・ これからは、自分の人生を生きると思って決めた。泣く暇もなく、時間は流れる。 最近は泣いてないな。 そっかー泣いてもいいんだ私 箱ティッシュ用意して、泣きたい時は泣くことにする さやかっそさんのブログはこちらです興味のあ [続きを読む]
  • こんな日もある。
  • 毎日購読しているメルマガより抜粋 今まで何気ない生活の中に何もしていない瞬間にバカな話で笑ったり、ただ散歩をして歩いて、何を話したのか覚えていないのにそれが楽しかったり 何もないのに笑って、お互いがいるだけで楽しい あたりまえのことがあたりまえじゃない 普通のことが普通じゃない 息をしていることでさえ実は奇跡 体を動かすことができることも奇跡 ただ失なわないと気づけないんだな・・・ 何気ない日常のあり [続きを読む]
  • 愛する人との別れ
  • 愛する人が亡くなるといいうことは誰であれ、何であれ哀しい。 哀しいという一言では表しきれないほどだ。 私があの時感じたのは哀しい辛い寂しい不安ちょっとの憤り 伴侶を亡くした心情は痛いほどわかる。 あっという間に時間は過ぎて一周忌が近づいてくる。 今も大好きだよ、パパちゃん ポチッとしてくれたあなたに感謝ですにほんブログ村 [続きを読む]
  • 明日へ向かう人
  • 昨日、夕飯を食べてからぼーっとして、テレビを見ていた。 後片付けもしないで・・・ 腰が鉛のように重く立ち上がることができなかった。 パパちゃんが生きていた頃はテレビを見ることがない生活だった。 元々、のんびりだらりな性格は日に日に増幅している。 深イイ話を見ていたらこの人の声、いいと私のアンテナがピピッとキャッチした。 今さらかもしれないけどPVも泣ける。 半崎美子さん“明日に向かう人”是非ご鑑賞ください [続きを読む]
  • 大切な人、ペットを亡くしたあなたへ
  • 久々のブログの更新です(笑) 私の場合、共感したいと思うことがあればブログを書くという風が吹くまま、気の向くままの気まぐれブログです・・・ たまに、覗くホウホウ先生のブログで素敵な歌が紹介されていたので私も、この曲を届けたいと思いました。ホウホウ先生のブログはこちらです↓http://tukioyobu.air-nifty.com/tukioyobu/2017/06/post-2a9e.html あちらに逝った方々からのメッセージです。 共感された方はポチッとお願 [続きを読む]
  • 死後の世界(個人論)
  • やっぱり最近、亡くなってからのことが気になりだして、本を読んでいるのですが・・・ 目に見えない世界を信じられるかどうか。 これは、あくまでも個人的見解ですからね。 目に見えない世界はあるし亡くなってからも、おしまいではない。 地球上生きている人間は遅かれ早かれ、全員、死にます。(仙人は別として・・・) 死んだらどうなる? 確実に肉体は無くなるわけだから魂が残り、その魂には感 [続きを読む]
  • 眠れない夜に、読書のすすめ
  • 眠れない!なんて素敵なことその眠れない時間は思いきって、何かしてみようか。明日、仕事?用事ある?大丈夫!何とかなる!何とかならないようでいて何とかならなくても何とかなってる。なんともならないと思っているとなんともならない状況に陥り何とかなると思っていると何とかなる眠れない夜に読書のおすすめおかげさまで死後の世界に、やたら興味がありまくり(笑)なるほどc⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...ちょっとご紹介させてい [続きを読む]
  • いつもいっしょ。
  • 今年のGWは末っ子を喜ばせたくて遊園地とサーカスに連れて行った。 末っ子が生まれた頃長女のスポ少中心の生活で物心ついた頃は、お姉ちゃんの部活中心でGWは毎年、遠征が入り親もついて回っていたので、どこにも連れていけなかった。 今回、連れて行った遊園地も上の姉たちが小さい頃、連れて行ったところ。かれこれ15年ぶり・・・ 15年前、旦那がジェットコースターに乗った時、口を大きく開けて絶叫して [続きを読む]
  • 【情報共有】精子は「女性の腫瘍」と戦う最強の“特殊工作員”
  • 精子は「女性の腫瘍」と戦う最強の“特殊工作員”WIRED.jp 5/3(水) 12:20配信ツイートシェアするIMAGE:aleksander1/123RF 小さく、素早く、標的まで命がけでモノを運ぶ──。精子は、体内で働く最強の“特殊工作員”である。そんな精子の特徴に目をつけたドイツの研究者チームは、牛の精子を加工することで、女性の腫瘍と戦う薬を標的に届ける「運び屋」として利用した。【精子は「女性の腫瘍」と戦う】小さく、素早く、動力 [続きを読む]
  • 残り香
  • うちの場合、枕はカバーをかけその上にタオルを敷いて使ってるんだけど パパの枕専用タオルというものがあってちゃんと洗濯もして柔軟剤も使ってるのに昨日、何気にくんくんと嗅いだら・・・ パパの匂いがしたんだよね・・・(笑) 洗濯しても、取れきれない加齢臭? 匂いフェチではないんだけど犬のように嗅いでしまった。 懐かしくて、「あぁ〜パパちゃんの匂いだぁ。」と思ったら、ウルウルしてしまっ [続きを読む]