税理士 野田翔一 さん プロフィール

  •  
税理士 野田翔一さん: 税理士 野田翔一 シゴトブログ
ハンドル名税理士 野田翔一 さん
ブログタイトル税理士 野田翔一 シゴトブログ
ブログURLhttp://zeirishi-noda-blog.com/
サイト紹介文税理士としての仕事、税金会計の知識、ライフワークのこと・情報を平日毎日更新
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 274日(平均5.0回/週) - 参加 2016/06/22 18:30

税理士 野田翔一 さんのブログ記事

  • 「今度メシ行こう」「飲みいきましょう」という、「今度メシ・飲み」は、一体どこまで有効なのか?
  • 仕事の場、集いの場、いろんな場面で交わされる、ある言葉があります。「今度メシ行こうよ」「飲み行きましょうよ」この言葉、実際は実現しないことも多いです。ただ、言ったからには実現したいし、言われたからには実現したい、そう思っています。とはいえ、これはどこまで有効なんでしょうか。 誘いなのか?挨拶なのか?「今度メシ・飲み」別れ際に交わされることの多い、「今度メシ行きましょう」「今度飲みに行きましょう [続きを読む]
  • 確定申告をしたほうが良い人は、期限後でも諦めずに申告しよう。
  • 確定申告は3月15日まで。これは、確定申告をしなければならない人が守る期限です。申告で税金が出て、納めないといけない場合や、申告をすることで税金がかからなくなるという場合が、これに該当します。これに対し、確定申告をしたほうが良い人がいます。この、したほうが良い人は、必ずしも3月15日までに申告をしなければいけないとは限らないのです。期限後でもOKの場合があります。申告をしたほうが良い人の、期限後申告確定申 [続きを読む]
  • 積ん読覚悟でも本を買う、読めなくても置いておく理由。
  • 税理士の繁忙期である確定申告の時期。いまがまさに、その時期といえます。私も、そうならないようにするつもりが、どこかでテンポがずれて、仕事だけになりつつある日々です。こういう時期、本が思うように読めません。でも、買っています。読めないのに買う。買って置いておく。実は、これはあえてやっていることです。 読書は自分の視野を広げる普段、本は週に2冊程度読んでいます。本を読むのは、仕事や人生に効くという [続きを読む]
  • やっていないことはブログに書けない。書くためにやる。やるために書く。
  • ブログに書いていることは、基本、日々やっていること、ライフワークになっていることです。そこから派生して、あったこと、思ったこと、考えたことを記事として上げています。言い換えれば、やっていないことは書かないし、書けないのです。 やっていることを書くブログに書いていることは、実際に自分で経験したこと、体験したことをベースに話を広げて書いていくことがほとんどです。日々やっていること、ライフワークにな [続きを読む]
  • 確定申告の医療費控除は、医療費を戻すためのものではない。
  • いま、個人の確定申告のシーズンです。この時期になると、確定申告の話になることも多いです。そのなかでも、結構よく聞くことがあります。「医療費控除で医療費を戻したいという相談」です。医療費控除は税金を減らす・税金を戻す制度確定申告でできる、医療費控除。医療費控除は、その年中にかかった医療費(診療・処方・入院・治療など・・・)の合計額から、10万円を差し引いた金額を、所得から差し引くことで、所得が減り、そして [続きを読む]
  • 上下する感情をコントロールするためのアポ入れ術。調子が良いときにアポを入れ、会い・話す。
  • 仕事をしていると、調子が良いときもあれば、落ち込むこともあります。感情のコントロールは、自分である程度気を付けていたとしても、必ずしもうまくできるものではありません。とはいえ、なるべく良い状態の波をキープしておきたいものです。この感情のコントロールは、アポを入れ、人と会うことでうまくコントロールできると思っています。 人と会う・人と話す人と会い、人と話すと、単純に元気が出ます。これは感情にも影 [続きを読む]
  • ひとつ惰性をやめるだけで、毎日はエキサイティングで楽しいものになる。
  • 毎日が同じ。変わらない毎日が退屈。たまに聞くことがある言葉です。そこから抜け出すために、大きなことをする必要なんてありません。ひとつ惰性をやめるだけで十分だと思っています。 退屈な日々。しかし変化はしんどい。それなら?朝起きて、会社に行って、仕事して、帰りに夕飯食べて帰って寝る。基本的に、働いて、暮らして、食べて、寝て、といった毎日は、そんなに変わったことが起きるものではありません。仕事 [続きを読む]