wildsum さん プロフィール

  •  
wildsumさん: 日々是好日
ハンドル名wildsum さん
ブログタイトル日々是好日
ブログURLhttp://xfcs16.muragon.com/
サイト紹介文取るに足りないたわごとです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供459回 / 313日(平均10.3回/週) - 参加 2016/06/22 21:45

wildsum さんのブログ記事

  • ハナミズキ
  • 母を連れてあちこち行ったが、数年の間に何回も連れて行った場所へ行っても、初めて来たという。途中、何度も来たことのある駅で降りても、ここはどこという。 まもなく、あんた誰と言われるような予感がして恐ろしい。 青い空、散歩日和に、ハナミズキ ハナミズキ、近づく夏の、においあり [続きを読む]
  • GW!
  •  今日から九日間のゴールデンウィーク、言い換えれば、9日間仕事がない。どこかに遊びに行きたい気分だが、何となく家でゆっくりしたいと思っている。  以前のことだが、九州に住んでいた時、ゴールデンウィークに義母と一緒に温泉に行った。行きは良かったが、帰りは、1時間に数百メートルしか進まなくなった。ひどい渋滞だった。今も忘れられないほどの渋滞だった。  仕方なしに途中にあったレストランで休憩した。それか [続きを読む]
  • 違和感!
  •  最近テレビを見ていて腹立つことが多い。散歩番組もそうだが、いろいろな料理を紹介する番組で、2000円くらいの料理を食べて、「おいしい!」と叫ぶタレントたちに腹が立ってならない。  ぼくは、数千円の料理を一度か二度、付き合いで食べてことがある。大分県の関サバ、熊本県の馬肉。どちらも、おいしいとは思わなかった。なぜなら、値段に見合うおいしさというものが感じられなかったからだ。数千円に見合うどころか、 [続きを読む]
  • 生命を全うする桜!
  • 暮れゆく春、夏の到来を感じるこのごろ、雑草が生い茂る地面に落ちたピンクの花びらを踏みしめながら歩いていて、ふと見上げると、桜の木には、落ちそうで落ちない花びらたち。そうかと思えば、まだまだ元気に咲いている花びらが青空に映えて明るいピンク色の凛々しい姿を見せている。時が過ぎ、どんなに時代が流れていっても、自分の生命を全うさせることの美しさ。花は満開のころだけではない。粘り強く明るく精一杯生きて、行く [続きを読む]
  • 歪む真実!
  •  今日の紙面の一面にフェイクに関する記事が載っていた。  フェイク 虚偽拡散 気づけば 「真実」    思えば、戦時中の日本は大本営発表と言って嘘ばかりを国民に報じて、多くの国民を死に至らしめ、多くのアジア人を苦しめた。  イラク戦争の時、イラクはイラクに都合のいい報道を、アメリカはアメリカに都合のいい報道をした。戦争の原因となった「イラクが大量破壊兵器を持っている」というのもフェイクだった。   [続きを読む]
  • 84年前の日本!
  •  今から84年前の4月27日、横浜港に国際連盟全権大使松岡洋右が帰国し、大勢の人が出迎えたという。  松岡洋右は前年、国際連盟で長時間の演説を英語で行い、満州事変の正当性を英語で主張したが、連盟は日本の侵略行為を確認した。その結果、日本は連盟を脱退をし、孤立化を進めた。  当時の日本の世界における状況は今の北朝鮮の状況と似ている。情報を制御し、国民を無知にし、思想統制して、天皇を批判する者は罰せら [続きを読む]
  • 自分のモノサシ!
  • 文京区のお寺で見つけた掲示板! 自分の モノサシで 問うのではなく 自分の モノサシを 問う 奥が深いと思った。人はいつも自分の物差しで見ている。だが、その物差しが正しいかどうか、偏見がないかどうかを考えたことがあるだろうか?あると言えばあるが、忘れている時もある。忘れていたら、失言しかねない。誰もみな、改めて、自分のモノサシを問うてみる必要がある。 [続きを読む]
  • ブログ整理!
  •  最近。なぜか忙しい。もちろん仕事の忙しさもあるが、ブログを読むのに、かなりの時間を使っている。  仕事を持ち帰ることが多い。料理をしたりして、食事して、ネットで、スポーツや世界情勢、それに、事件事故などのニュースをチェックしている。そこまでで、かなり時間を使っている。  その上に、登録したブログのチェックをしていたら、自分のブログを書く時間もなくなる。寝る時間も少なくなる。   どうすべきか考え [続きを読む]
  • ディフェンスが甘い!
  •  仕事終え、腰痛に耐えて、満員電車に  電車が駅に着いて、人が乗り降りする間に、座っているサラリーマン風の人の前に立った。両隣のサラリーマンは寝ているが、この人は携帯も見ることなく、駅に着くたびに窓の外を見ている。この人はもうすぐ降りると直感し、しっかり前に立っていたら、本当に次の駅で立ち上がった。  体を右側に少しずらして下りるのを助けたら、右側にいたアラフォーの女性が、僕の体と空席の間にさっと [続きを読む]
  • 「東北でよかった!」
  •  復興大臣の「あっち(東北)でよかった」は「地震、津波の起きた場所が東京でなくてよかった」の意味だった。これは東北人を傷つけた。今日、ニュースで言っていたが、ついに辞任することになったそうだ。「不注意な人じゃなくなって、よかった!よかった!」と思った。  さらにニュースを見ていると、「東北でよかった」がすごくいい言葉になっているという。「東北でよかた」が、なんと、「東北に生まれてよかった」「東北に [続きを読む]
  • 「あっちでよかった!」
  •  土砂崩れがあって、家がつぶされたというニュースを聞いたある人が、「自分の家の裏には山がなくてよかった!」とつぶやく。それを責める気持ちはないが、こう発言した人は自分でなくてよかったと考えていることに何か問題を感じる。  海外で発生した飛行機事故を、ニュースで報じる時、「日本人乗客はいない模様です」という言葉をよく聞く。やはり、国民の関心はその点にあるから、そう言うのだろうが、これを聞いた日本人の [続きを読む]
  • 火種
  •  火種はどこに?火種はすぐそばにある。火がつけば、我々も無事では済まされない。  今日はある国の軍設立80周年記念日と聞いた。それはおめでとうと言いたい。  何かの記念日には祝砲があつてしかるべきだが、この国の場合、これまで祝砲ならぬ弾道ミサイルを打ち上げ、他国の領海に落とすという挑発行為を行ってきたものだから、不気味で恐ろしい。  大国であるR国もC国もA国も馬鹿なことをしないように諌めるものの [続きを読む]
  • 青空の下の行列!
  •  横浜の赤レンガ倉庫前で宇都宮ギョーザまつりとかいうのをやっていた。そんなに安い訳ではないが、みんなチケットを買うために並び、品物を受け取るために並んでいた。列の前に書いてあった、待ち時間60分と。  日本人はこんなに並ぶのが好きなのかと驚く。いや、よくよく見たら、日本人ばかりではない。中国語、英語、韓国語、ベトナム語が聞こえてきた。  この四つの言語に後ドイツ語も聞けば、ああ何語だとわかるが、ド [続きを読む]
  • 黒猫!
  • 雀が飛び交う中、足音を忍ばせ、草むらに潜む黒猫。 何をしているのかとじっと見ていたら、目が合う。 何を考えているのか、ずっとこちらを見続け、カメラを向けても、目をそむけない。 何が言いたいのか、「俺は雀を狙っているんだ。じゃまするな!」と言わんばかりに、 瞬きもせず、大きな目でこっちを見続ける。 ふと思う、猫の世界。 仕事に追われて、どたばたすることもない。 あせることもない。 周囲との関係に疲れ [続きを読む]
  • ポリシー
  • 仕事を頑張ってはいけない! 頑張るのは準備段階だけだ。 仕事は気楽に楽しみたい。 いつだって大事なのは準備だ。 [続きを読む]
  • 行列!
  •  横浜中華街に行ってきた。小籠包の前に長蛇の列。こんなに並んでも食べたいものなのかと感心!  ぼくは、小さい頃からおいしいものを食べたいという欲求が、あまりなかった。最近はおいしいものを食べたいと思うようになった。だが、並んでまでべたいとは思わない。  それに、高いものを食べるのにすごく抵抗を感じている。おいしいものであっても、まず安いことが前提なのだ。まず高いと目も向けない。安いものの中から、お [続きを読む]
  • 春雨と緑!
  •  今日は雨が降り続き、散り残っている桜もしっとりと濡れている。見渡せばあちこちにつつじが咲いて、見上げれば、ハナミズキが白や薄い紅色の花を咲かせている。温かい空気と雨による湿度で穏やかな雰囲気を醸し出している。いよいよ夏が近づいてきたと感じられる。  新古今和歌集にこんな歌(式子内親王)がある。  花は散りその色となくながむればむなしき空に春雨ぞ降る  花は散り、何を見るともなく眺めていると、虚空 [続きを読む]
  • 名残りの桜!
  •  ほとんどの桜が散ってしまったが、まだ散らずに残っている桜の花びらもある!こうして頑張っている花を見ると、ある世代がどんどん散っていく中で、一人、あるいはまだ残っている人と重なる。大正生まれの義父が10年前に亡くなった。今大正世代の人はすでに93歳以上になる。まだまだ頑張ってほしいと願う。  時代が移り変わり、昭和世代が政界や業界などをリードしている。スポーツ界の主役も、平成生まれが昭和生まれにと [続きを読む]
  • しべふる!
  •  やっと週末になった。今週はひどく疲れた。一ヶ月ぶりに平日の仕事が増えて、しかも、これまでと違って朝早くからの仕事もあったので、本当に疲れた。  今週は大変だったが、幸せだと思うこともある。ちょうど一か月前の3月21日に東京の桜が開花して、それから、今日まで一か月間、あちこちでいろいろな桜を見ることができたことだ。東北地方ではこれから桜のシーズンだというが、関東では今、まさに桜のシーズンを終えよう [続きを読む]
  • 乗れない!
  •  今日は昼から仕事だったが、何だか運がない一日だった。  バスの時刻表をスマホで調べて、家を出たのだが、バス停留所まで後10メートル、時間はあと1分あると思ったら、目の前でバスが出て行った。何事かとバス停に行ってみると、いつもの時刻表の下に、張り紙があって、「東急線が今日から時刻表を改訂したため、バスの時刻表も変更してあります」と書いてある。それはないだろうと思っていたら、次のバスが来る時刻より、 [続きを読む]
  • 乗り越し!
  •  いつも午後から半日仕事をしているが、今日だけ特別に、いつもと同じように寝て、いつもより4時間早く起きて、夕方まで8時間余り働いた。寝不足の状態で朝の超満員バスに電車で1時間半の通勤。着いた時はすでに疲れていた。それから、何度かコーヒーで元気づけながら、夕方まで頑張った。  5時半、帰途についたが、駅へ向かう間に膝と腰が痛み出した。長時間働くと、いつもこうだ。足を引きずりながら、電車に乗る。満員電 [続きを読む]
  • 早起き
  •  いつも10時頃起きて、昼から仕事をしているが、今日は数年ぶりに早起き、6時に起きて、7時45分に家を出る。  朝の空気は何かしら違う。光の色が違う。サッパリしている。バスに乗ってくる人たちも違う。ほとんどが学生やサラリーマンやOLだ。バスのやってくる間隔も2分おきだ。込みようも普通じゃない。  一番不安なのはこの時間帯の電車が時刻表通りに運行しているかどうかだが、自然に任せる他ない。それにしても [続きを読む]
  • 二極化!
  •  テレビのニュースを見ていたら、銀座6というところが紹介されていた。聞けば、高級感、贅沢感を売り物にしているという。高級ブランドが目白押しだが、最も驚いたのは1080円の「のり弁」だ。「のり弁」は安いからいいのだ。ぼくは昔から、のり弁が好きだった。200円から300円の時代によく食べた。だが、最近では300円以上が当たり前になってきた。まあ、350円までなら、買って食べるのもいいかと思っている。 [続きを読む]
  • 桜色の道
  • ピンク色の蕾を眺めては花咲く日を待ち望み、咲けば、笑顔になり、散り始めれば、無常を感じ、散ってしまえば、若葉に夏の近づいたことを感じ、桜色の川面を眺め、桜色の道を歩き、季節の移ろいを感じる。 世間を賑わす悲惨な事件の被害者遺族や、地震や台風や火災の死傷者たちのことを思うといたたまれない。海の向こうでは戦禍の火種がくすぶっている。さらに遠くでは戦禍によって多くの子供たちが貴い命を落としている。 金や [続きを読む]