ことだまこまち さん プロフィール

  •  
ことだまこまちさん: 薬剤師ブログ?実践!薬剤師の転職活動
ハンドル名ことだまこまち さん
ブログタイトル薬剤師ブログ?実践!薬剤師の転職活動
ブログURLhttps://www.89314career.net/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/
サイト紹介文薬以外のことをネタにブログ書いてます。会社の裏側、薬局の裏側など。少しシュールかも…
自由文薬のことはもうわかりませんw。人事の採用教育担当で働いてましたので、人事スペシャリストになってしまいたした。薬剤師の未来のためにブログ書きます!→http://www.89314career.net/薬剤師の転職支援サイトを運営してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/06/23 16:19

ことだまこまち さんのブログ記事

  • コデインを12歳未満使用禁止へ
  • 厚生労働省がついに平成31年をめどに「コデイン」の12歳未満への使用を禁止しました。 諸外国ではすでに12歳未満へのコデインの投与を禁止する動きとなっており、日本も世界標準にならった形となります。 効果としては非常に良好なコデインですが、「呼吸困難」などの副作用もまれに生じるということから「中枢性麻薬性鎮咳薬」の12歳未満への使用は好ましくないという判断となったわけですね。 [続きを読む]
  • 新潟薬科大「長野薬学部」の設置断念の理由は?
  • 新潟薬科大学の長野薬学部の新設については予てより賛否の論議がされていましたが、同大は「地元の理解、支援が得られなければ大学単独での設備投資は困難」と見通しを説明し、計画撤回を最終決定する見通しとなりました。 設置断念における大きな要因は「長野県薬剤師会」の反対です。 賛成派の「上田薬剤師会」や「信州大学医学部」と反対派の「長野県薬剤師会」との間で協議がされてきましたが [続きを読む]
  • テロ未然防止のために薬局でできること
  • 日本薬剤師会が江戸川区の警察署と「薬品などを利用したテロを未然に防止するための協定書」を結びました。 テロで使用される爆弾の製造に用いる薬品や劇物を大量に購入しようとする不審者がいた場合に、速やかに警視庁に情報提供をおこなう、といった内容です。 参考:テレ朝news 今回の協定書は日本薬剤師会と一部の警察署との協定書の締結となったわけですが、すべての薬局において実 [続きを読む]
  • 偽造医薬品を流通させない!【対策案】
  • ハーボニ―配合錠の偽造品が流通してしまった問題を受けて厚生労働省では「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」が開催されています。 第1回 2017年3月29日 第2回 2017年4月21日 に開催され、第3回目の2017年5月18日に「偽造品流通防止に向けた論点の整理」について論議されました。 次回2017年6月8日の検討会で中間報告案が出される見込みですが、現在まで [続きを読む]
  • 薬局は医療機関なのになぜ利益主義なの?
  • 薬剤師の皆さんは薬局の運営、経営を「利益主義」だと感じている人が多いのではないでしょうか。 現に利益を優先して薬局運営、経営をしている会社も存在するかと思います。 薬剤師として医療に向き合っている皆さんにとっては、薬局が利益を上げることに理解が出来ない方も多いと思いますが、医療機関と会社の存在意義から利益主義の薬局について考察していきたいと思います。 <ス [続きを読む]
  • 薬局見学会の謎を解く!
  • 薬学生の新卒の就職活動や薬剤師の転職活動でよく見かける、「薬局見学会」や「店舗見学会」って何やら不安や胡散臭さを感じる人が多いのではないでしょうか。 何のために薬局見学会や店舗見学会を開催しているのか?と言えば、いろいろと目的がありそうなことは感じているとは思いますが、会社側の本音を聞き出すことは難しいですよね。 ということで、過去に数千人もの薬局見学会、店舗見 [続きを読む]
  • 世界初!嗜好用の大麻を薬局で販売開始!
  • 近年、ドラッグ論争を巻き起こしている「大麻(マリファナ)」ですが、2017年7月、ウルグアイで完全合法にて嗜好用の大麻が薬局で販売されることになりそうです。 世界を見ると国や地域ごとに大麻(マリファナ)の扱いに関する合法ラインは異なりますが、国として嗜好品の販売を許されるのはウルグアイが世界初となります。 現在、嗜好品大麻の販売が合法な地域は、アメリカのコロラド州と [続きを読む]
  • 薬局の薬剤師が薬局に転職して何が改善されるのか?
  • 「新しい薬剤師が入ってきたら、転職しよう・・・」 こんな想いを抱いて日々、薬局業務に取り組んでいる薬剤師はたくさんいるかと思います。 筆者は人事で薬剤師の採用の仕事をしていましたので、このような生の声をたくさん聞いてきました。 現在は、多くの薬局でハードワークを強いられていますが、安易に転職をして失敗してしまう話も良く聞きますよね。 ということで、薬剤師 [続きを読む]
  • 調剤薬局のM&Aがどんどん進行しています!
  • 「あの薬局が〇〇に買収された!」という話、よく聞きますよね。実はこれって日本全国で起きている事なんです。 自分の身の回りで起きているM&A(合併吸収)は、日本全体の縮図であり、全国的にも調剤薬局のグループ化がどんどん進行しています。 こういった情報はなかなか調べても出てきませんので、矢野経済研究所のプレスリリースより、どれくらいのペースでM&Aが進行しているのか計算を [続きを読む]
  • 薬剤師不足が表面化 対策はあるのか
  • 薬局で薬剤師が不足している現状は多くの薬剤師の方がご存知だと思います。 しかし、本当に不足しているのかについては実数で記載されることがなく現状が認識し辛い状況でした。 そんな中、デーリー東北デジタルの記事で青森県内の薬局薬剤師の不足状況が明らかになりました。 これは青森県だけの問題ではないはずで、法改正を含めた薬剤師の人員配置改革を進めて欲しいものです。 [続きを読む]
  • 残業がない薬局への転職は可能か?
  • 薬剤師の転職で人気の希望条件である「残業なし」。 家庭の都合などで残業できない事情がある薬剤師は多く、転職において残業なしが条件の薬局はいつも人気の的です。 しかし現状は薬剤師が不足している薬局が多く、非常に忙しい調剤を行っており、残業がない仕事はなかなか見つかりません。 そこで残業なしとはどういう薬局なのか、薬剤師は残業なしの薬局へ転職できるのか、につ [続きを読む]
  • 薬局の取扱処方箋数の計算をしてみよう!
  • 薬局は毎年3月31日までに前年1月1日から12月31日までに取り扱った処方箋数を届出ます。 薬剤師の皆さんは「薬剤師一人当たり処方箋枚数」など、取り扱い処方箋数には興味があると思いますので、この記事では薬局の「1日平均取扱処方箋数の計算方法」について書いていこうと思います。 「今日は一人で100枚調剤をした!!」などという話も良く聞きますが、そういった事例が法違 [続きを読む]
  • OTC医薬品の注意すべき重篤な副作用と初期症状
  • 薬局や病院に勤務している薬剤師にとって、OTC医薬品(一般用医薬品、市販薬)は携わる回数が少ないのが現状です。 OTC医薬品にどのような成分があるのか、0から勉強するということも日々の業務の中では難しいことだと思います。 そこで、確認のためにリスク管理という目線で「過去に死亡例、後遺症が残った症例」についてOTC医薬品の注意点をまとめます。 薬剤師のみならず、医 [続きを読む]
  • 薬学部の新設は本当に悪なのか?
  • 新潟薬科大学が2018年4月長野県上田市に薬学部を新設する開設目標を2019年4月に1年延期することとなりました。 市や県からの財政支援が決定しないと着工ができないということです。 さてさて、色々な所から「薬学部はもういらない」「薬学部は新設しても無駄」との声が聞かれています。 普通に考えればそうなんですが、全国各地の薬学部を訪問し、採用してきた経験を踏まえてちょ [続きを読む]
  • 医薬分業は薬剤師がお金を搾取するための制度らしい
  • ”医薬分業 医師と薬剤師が利益最大化で患者には二重搾取” こんな題名のページがあったので閲覧したのですが…。 いやいやたまげました。 医薬分業に関する論争はさまざまあり、当然ながらメリットだけではないという所も理解していますが、まさかの「搾取」呼ばわり。 医師と薬剤師に対する冒涜です。 記事を書くのは勝手ですが、まずは現場(薬局)の取材をすべきですね。東京 [続きを読む]
  • 薬剤師が地道に年収アップするには?
  • こちら薬剤師の転職支援サイトですが、今回は”転職しないで年収をアップする方法”について記事を書いていきます 笑。 ぶっちゃけですが、筆者は”できれば転職はしない方がいい”という考えを持っていますので、年収に不満を持っている薬剤師さんがこの記事を見て「転職をとどまる」ことができれば嬉しいなと思います。 繰り返しになりますが、筆者は人事畑で10年以上のキャリアをも [続きを読む]
  • 医療情報サイトが崩壊した件
  • IT企業のDeNAが運営する医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」が公開中止になった問題は、医療人である薬剤師の皆さんには興味深いものだったと思います。 ぶっちゃけて言えば「今さら遅いよ。」という感じなんですが、この問題を受けてネット記事の規制が強化される流れ。 筆者は医療情報のみならず色んな分野の記事に不満がいっぱいあるので、どんどんネット記事の規制が強化 [続きを読む]
  • 薬剤師が土日休みの薬局に転職する方法
  • 薬剤師は女性が多い職なので土日休みの希望が非常に多いです。特に子供が小さいと土曜日の休み希望を出したくなりますよね。 でも、世の中の薬局は土曜日に開局している所がほとんどで、今では年中無休の薬局も増えてきました。 そこで薬局の内情を知り尽くした筆者が、土日休みの求人と転職方法について書いていきます。 なかなかの難関なので戦略的に転職活動をしましょうね [続きを読む]