田舎暮らしはるか さん プロフィール

  •  
田舎暮らしはるかさん: 田舎暮らしの仕事・スローライフのブログ
ハンドル名田舎暮らしはるか さん
ブログタイトル田舎暮らしの仕事・スローライフのブログ
ブログURLhttp://posy39.com/
サイト紹介文都会から移住して12年経過。田舎暮らししたくて収入や仕事,移住後の生活の不安がある方に読まれています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 363日(平均3.7回/週) - 参加 2016/06/23 17:11

田舎暮らしはるか さんのブログ記事

  • 地域活性イベント集客をネット活用できてますか?
  • 現在自分自身が田舎の地域活性のための情報配信や、地域イベントのSNS集客をしていますが、自分で思う以上に成果につながってきました。それを見ている周りの関係者や同じことをしたいと思っている人からも依頼が増えてきて正直なところ、地域貢献とビジネスの視点で考えて、教えるべきか悩む部分もあります。その理由は無償提供というダラダラしたことにならないか?ということ。そして最終的に自分に丸投げで依存、っということ [続きを読む]
  • AKB48総選挙ビーチ開催中止と漁師イベントのリスク
  • アイドルグループ・AKB48の総選挙が6月17日に行われる予定だったのが16日に悪天候の予報『雷注意報』が発令される可能性が高いことにより中止になったとガイダンスされましたね。それによりイベントのチケット代金は全額返金、JTBオフィシャルツアーの代金は100%返金されると…。さらに屋台の出店者も予定をしていた売上も立たず食材や商品も無駄になり、相当な損害額が見込まれることが話題となりましたが同じタイミングで [続きを読む]
  • 田舎で看板なしに自分で築いた人脈で仕事をする
  • 田舎移住をして仕事をする際に数年前までは田舎移住をする人は受け入れに悩んだりしたけど、地域おこし協力隊の発足や地域創生事業で移住者に対する偏見や先入観の壁が外れつつあり昔と比べて地域に溶け込みやすくなったと思います。私の場合、少し前の記事にも書きましたが、人脈もなく飛び込んでいるので看板がない。◯◯会社の◯◯さんとか◯◯役場の◯◯さんなど◯◯という信頼のおける看板がない状態。田舎で看板なしに自分で [続きを読む]
  • 【裏方】田舎の農作物や工芸品や功績を世に知らせる仕事
  • 私は田舎のイベント集客や認知度アップに関する情報配信を裏方で代行しているブログがあり、そのブログを本気出したのが3月ですが、3ヶ月経って…テレビ取材雑誌取材新規仕事依頼新スタッフが7人増員ということまで広がりました。ブログ久々に更新⇒ 【裏方】田舎の素晴らしいものを世に知らせる仕事全国的に認知度がなく、眠ってしまっていることってたくさんあります。その認知度を上げるためにネットを使ってその方の功績や逸 [続きを読む]
  • 金無し人脈無し信用無しで田舎で独立する
  • 私は無計画な田舎暮らしをし、喜怒哀楽を繰り返し、いろんなものも失ったけども今になってその間にもがいたことが全部自分の財産になっていることに気が付きました。金無し人脈無し信用無しで田舎で独立する自分の田舎暮らしは無計画、そしてその後仕事がなくなり独立をせざるを得なくなったことから、田舎に居座り続けることを考えて食べていくのに不安な日々も、財布に51円しか無く収入のめどがつかない精神的な追い込まれ感も耐 [続きを読む]
  • 田舎の独身者が肩身が狭い理由がやっとこさ
  • 独身で田舎移住をすると最初は人でなし的な洗礼を受けたことが理解できず、自分は自分と貫いて自分の仕事をしてきて近所付き合いも深くまではしていなかったからさほど肩身が狭い思いはしなかったけど…ようやく?10年以上経過して理由がわかったかもしれません。田舎の独身者が肩身が狭い理由がやっとこさ田舎移住の制度に子育て支援や新婚補助が多いのは田舎移住計画をしている人は知っていると思う。結婚して当たり前、子供産ん [続きを読む]
  • 田舎で婚活イベントは都会と違って筒抜け…
  • 田舎で人口を増やすことを目的に、婚活イベントが開催されることもあり、テレビでも田舎の婚活の特集があるけど独身移住者の私にとって、田舎で婚活するということに対し、都会との差を感じている。田舎で婚活イベントは都会と違って筒抜け…都会から参加するのは女性側。なので逆の発想なので都会の人は気にしなくてもいいけども、もし地元の人を対象にした場合、あらぬ噂が建てられることは想定できるので婚活などと行ったイベン [続きを読む]
  • 地域おこし協力隊で心のゆとりを持つと良い人を呼ぶ
  • 移住者からみた移住者の心構えの一つに、人間関係があります。地域創生による地域おこし協力隊を例に出すと、その町に数名期待された若者が定住を前提に地域おこし協力隊として入ってきます。その数名というのが心強い反面、厄介なことも…仕事で心のゆとりを持つと良い人を呼ぶ同じ時期に同じ移住者という立場で移住を前提に地域おこし協力隊になると任務や所属場所が違うけども同じくくりにされます。・一緒に頑張ろうね!・分か [続きを読む]
  • 独身だからこそ田舎移住で仕事探ししやすい理由
  • 子供を増やしたい田舎は家族連れ歓迎モードが有り、その中で独身の田舎移住は肩身が狭い反面、実は仕事探しには有利な面もあります。独身だからこそ田舎で仕事がしやすい理由についてお話します。独身が田舎移住で仕事探ししやすい理由家族がいると養うという義務が大きくのしかかるので収入や保険が決まっていないと不安がありますし、定職についていないと体裁的にもあまり良くない。そうなると田舎で仕事探しにも限りがあり、低 [続きを読む]
  • 田舎で暮らして農家になりたい!脱サラ新規就農とは
  • 田舎暮らしをしたいという人の中で仕事を農業と選択する人や、農業をしたいから田舎暮らしをしたいという人がいます。農業と自給自足とは違うのでしっかりと仕事として利益を出すことが必要なのでなかなか踏み込めない人もいます。田舎で暮らして農家になりたい!脱サラ新規就農とは脱サラ新規就農者向けのサイトで新たに7記事追加しました。脱サラ新規就農者向けのブログタイトルは下記のとおりです。新規就農で青年就農給付金制 [続きを読む]
  • 竹内まりやが実家の竹野屋旅館の再建でオーナーに
  • 神々の国への玄関宿 出雲大社正門前にある、明治十年創業の由緒正しき宿の竹野屋旅館は知る人ぞ知る老舗旅館です。竹野屋旅館は明治10年(1877年)出雲大社にほど近い眞名井地区の農家の四男の初代竹内繁蔵氏が、大社を訪れる参拝客のために開いた小さな宿が始まりで、シンガーソングライターの竹内まりやさんは四代目繁蔵氏の三女として産まれ、現在旅館は竹内まりやさんのお兄さんが5代目として継いでおられました。料理や結婚 [続きを読む]
  • 田舎移住者から見た新規移住者の注意点・見下し編
  • 田舎移住をして10年以上経過し、地域おこし協力隊とか移住支援制度などで自治体と絡むこともなく地道に地域と溶け込むようになった今だからこそ、移住当時の自分への戒めも含め、新規移住者の注意点的なことや、田舎移住をして良かったこと、田舎移住して嫌なところなども項目に分けて書いていきます。なぜかというと、、、これから移住する人があまりにも田舎の人を無意識に見下している発言をチラホラ見てしまいまして、ああ、、 [続きを読む]
  • 地域おこし協力隊が定住できない不安を抱える相談
  • 地域創生が発足してから地域おこし協力隊が3年間を迎えて3月で任期を終えてその後定住を決意したけど不安を抱える元地域おこし協力隊員からメール相談を受けました。地域おこし協力隊が定住できない不安を抱える相談地域おこし協力隊では、第1次産業と第6次産業を活性化させるために道の駅や漁協などで情報配信や窓口などをしていたのですが、任期を終えてから新しい隊員が来るために自分は自分で職探しをしないといけませんでし [続きを読む]
  • 岐阜にイジュー!白川村にアラサー女子2人の田舎移住
  • メーテレ55周年を記念したドラマ【メ〜テレ】岐阜にイジュー!を観ました。岐阜にイジュー!白川村にアラサー女子2人の田舎移住都会でさえない暮らしをしていたアラサー女子2人が世界遺産の白川郷と勘違いをしたことからきっかけに白川町に移住をし、家具つきの古い空き家で田舎暮らしの大変さに気づきながらも暮らしを始めていく、リアルに近い、白川町の様子を伝えたドラマです。毎週月曜 深夜0:20 名古屋テレビ真野美晴…柳英 [続きを読む]
  • 仕事辞めたいから田舎で農業でも…新規就農ってどう?
  • 新生活も一ヶ月経過すると、緊張感にも慣れてきて周りが見えるようになってきます。そしてゴールデンウイークを基準に五月病という表現が良く使われますが、その五月病になった時に仕事辞めたいこんな仕事がしたいんじゃなかったあくせく働きたくないなどといった会社やめたい病が出る事も。仕事辞めたいから田舎で農業でも…新規就農ってどう?都会の満員電車、常に戦闘モード、気心知れた友達がいない、時間が無い、仕事について [続きを読む]
  • 田舎の仕事成功談聞いてモチベーションあげるだけでは無駄
  • 今日は地域の実店舗ビジネスとネットショップの融合アドバイスに行ってました。その商品は高額のものでどちらかというと地元の人よりもその作品のファンや良い物が欲しい人向けで地元で店を開いているだけでは収益を上げることが難しいものです。(商品の価値を地元に伝えても無駄な逸品)なので、・観光の人が立ち寄る集客の導入・ネットで販売する事についての流れなどの基本的なことを伝えました。実はこの方に説明するのは2回目 [続きを読む]
  • 送料値上げで農家のネットショップは売れない?その対策は?
  • 今日は学生の課外学習で現地の歴史の解説に行ってました。子供たちにその地の偉人の歴史を知ってもらいこれからの生き方に深みを増してもらうという授業の一環です。意外な仕事かもしれませんが私の田舎のライフスタイルの一つです。温故知新、子供たちにつなげていくこと。直接的にお金につながりませんが未来を築くことは大事です。送料値上げで農家のネットショップは売れない?その対策は?帰ってきてオンオフを切り替えし、ネ [続きを読む]
  • ジヌよさらば〜かむろば村へ〜お金を使わない田舎移住
  • 田舎でお金を使わず自給自足で暮らす。そんな生活は田舎に住んでいる人からすると非現実で無謀、しかしこれから田舎暮らしをしたい人は現実に出来ると憧れる。ジヌよさらば〜かむろば村へ〜お金を使わない田舎移住ジヌよさらば〜かむろば村へ〜という松田龍平さんが主人公の映画。松田龍平さんは都会で銀行マン時代に融資課にいたことから様々な経験をし…お金アレルギーという病になり、お金を使わない自給自足の暮らしをしようと [続きを読む]
  • 田舎で仕事の手柄を取られたら誰でも悔しいもの…
  • 4月になると人事異動があり、先日も公務員の方と話をしたときにさりげなく本音を聞いてみたくてこう聞いてみた。地域観光に携わってこれからっていうときに異動になるって辛いですね〜っと。すると、それは宿命で自分の意思はないですからね。と答えていました。田舎で仕事の手柄を取られたら誰でも悔しいもの…例えばその仕事で頑張って功績を残しても自分に返ってくるものがなく、(年功序列なので給料とか地位とかが変わらないと [続きを読む]
  • 農家さんはネットで儲ける気がない?直売したいのは嘘
  • 先日、『友達が農家で儲からないからネット販売したいと言ってるけど、結局やらないんだから儲ける気がないんだと思う、何とか食ってけるからいいんだろう』っと知人が話してきました。あ、、、身近にリアリティーな話が…。そうです。意外と、ネット直売したいと言いながら必要がない(自分で勉強を拒否している)人っているのです。私自身沢山の方に教えてきましたが自分でフェイドアウトして、下請けのままでいる農家さんはいます [続きを読む]
  • 民間で田舎の地域活性のためのお仕事資料作成
  • 私は地域おこし協力隊という制度を利用したこともないし自治体絡みの人間ではないいわゆる一般人。田舎の地域活性とか地域創生というと国とか自治体が仕切っていて、税金投入でやっているイメージがあるけど個人的には、地域おこし協力隊のように任期が1-3年と限られている中で地域活性を成し遂げることは難しいと思う。民間で田舎の地域活性のためのお仕事資料作成どんな仕事でもそうだけど、最後まで責任をもってやり遂げないと [続きを読む]