Personal さん プロフィール

  •  
Personalさん: 個人戦略 Personal Strategy
ハンドル名Personal さん
ブログタイトル個人戦略 Personal Strategy
ブログURLhttp://pbrandingso.com
サイト紹介文仕事で成長したい人が、今よりさらに高いステージへステップアップした自分になるブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 279日(平均2.1回/週) - 参加 2016/06/23 22:42

Personal さんのブログ記事

  • 忙しすぎて「もう無理、限界!」と思ったときの究極の対応
  • 3月も下旬。会社で働いている人は異動の時期。新しいことを始める時期。忙しさのあまり余裕の無い人もいるんじゃないだろうか。一日があっという間に過ぎて、気を張る毎日。 先日。育児休暇で休んでいた妻が、職場に復帰したのだけど、業務内容が変わったらしく、新しい業務にまだ慣れない日が続いている。思うように上手くいかなかったり、怒られたり、大変そうだ。溜まった仕事を処理したくても、今は時短勤務。退社後は保 [続きを読む]
  • 認められたいと思ったときに、忘れてはいけない本質とは?
  • 企画書や報告書を書いて「ここの表現はこうした方がいい」って上司に言われても、「いや、それおかしいでしょ?」って逆に突っ込みたくなる時。 他の人よりも仕事をこなしていたり、スキルを磨いていたり、専門的な知識を持っていたり、僕たちには相手よりも知っているし、できる、と思うことがある。 すると、「こうした方がいい」とか指摘を受けても、自分の意見や判断の方が的確だと主張したくなる。 個人で仕事 [続きを読む]
  • 目標を見い出せない時に行う、ちょっとズラしたアプローチ
  • 社会人1年目の頃。定期的に受ける試験の勉強、会社で導入している通信教育、仕事の課題、休日も、やらなきゃいけないことがあるけれど、何だか気が進まない。 ふらふらとまだ1年も住んでいない街中を歩き回る。地方都市とはいえ、人ごみは少ない。特に何を買うわけでもなく、そのまま帰る。そんな1日を過ごしていた時があった。 何だか情熱が沸かない。充実感が少ない。やることがあるのに暇だと感じることがある。当時 [続きを読む]
  • 今日から変われる。ごく普通のサラリーマンから抜け出すマインド
  • 家で家族と過ごす時の自分。仕事をしている時の自分。仲間と一緒に飲んでいる時の自分。 「あなたは何者か?」 こう聞かれた、あなたは何と答えるだろう? 1.「あなたは何者か?」子供に聞かれたら「お父さん」と答える?友人に聞かれたら「君の友達」と答える? 仕事で聞かれたら? 昔、ぐるぐると考えていたことがあって、それは、「言われたことだけやっている状況を変えたい」「もっと仕事で成果を [続きを読む]
  • 「うちの仕事じゃないから」仕事を拒絶された時に考えるべきこととは?
  • 自分の部署の仕事じゃないことを本来やるべき部署の上司にお願いしたら、「いや、うちでやらなきゃいけないの?困るんだけど?」とつっぱねられた時のこと。 1.「うちの仕事じゃないから」”自分の言っていることが正しいはずなのに、相手が理解してくれない。” 仕事でもプライベートでも、まぁよくある話。 けれど、これがまた面倒で。問題を解決したり、その仕事を完了させることに集中したいのに、そもそもや [続きを読む]
  • 自分と対話して現実に変化を起こす5つの質問
  • 年度末。毎日慌ただしく仕事をこなし、気がついたらあっという間に一週間が過ぎてる。週末は体も頭もお疲れモード。仕事に一生懸命な人ほど、よくある状態ではないだろうか。 1.自分と向き合う時間、ある?忙しい時ほど、僕は一人でゆっくりする時間が欲しくなる。集中できる環境でゆっくり自分と向き合う時間をとる。 ただぼーっとするのではなく、自分の本音や本当の望みを確認する。これをやることで、目標に向かっ [続きを読む]
  • なぜそれをやるの?理由を知らずに仕事をすると発生する3つの問題
  • ここ数日の盛岡は、晴れの日が続いた思ったら雪が降ったり雨が降ったり、不思議な天気が続いている。春に近づいているということかな。 1.その仕事、なんでやってるの?「これって、前はこうやってたよね? なんでだっけ?」「よく分からないですけど、前からそうやっています」こんな会話を僕は仕事でしたことがある。同じような経験をしたことがある人も多いのではないだろうか。 僕もそうだけど、「何故それをやっ [続きを読む]
  • 質の低い欲を持つと成長しない3つの理由
  • 前回、質の低い欲を持つと成長しないという話について書いた。⇒ 前回の記事はこちら”リスクを取ろうとせず、自分の目先の利益だけを追うような欲”じゃあ何故、このような質の低い欲を持っていると何故成長しないのだろう?質の高い欲を持っている人と、どのような違いが出るのだろう? 1.質の低い欲を持つと成長しない理由うーん、こう言うとちょっと語弊があるかもしれない。時間をかけて経験を積んでいけば、全く成長 [続きを読む]
  • いつまで経っても仕事で成長しない人が持っている欲とは?
  • この間、残業をしている時、あまり電話がこない時間に電話が鳴った。「もしもし?金沢の◎◎工業ですが」よく取引のある遠方の業者の社長からだった。普段は無愛想な口調で淡々と話す人だったのだが… 1.めちゃくちゃ喋りだした社長そういえば、午前中にこちらから問い合わせの電話を入れていたことを思い出す。内容はその件の回答だった。 普段、たまに電話のやりとりをすることはあるのだが、仕事の最低限の話しかし [続きを読む]
  • 自分の能力を他の人と比較してしまう時の対処法
  • セミナーなどに参加するようになって経営者の方々と話をする機会が増えている。そこで感じるのは、彼らはやっぱり行動力や人の動かし方が物凄く優れているな、ということ。 もちろん、もともとの経営能力は会社員をやってきている自分とは比べ物にならないけど、あまり理解はしてないけど、とりあえずやってみる。あるいは人に指示をして、取り組ませる。この行動への姿勢が圧倒的だ。最初だけモチベーションが高い、とかでは [続きを読む]
  • 問題や障害を成長のチャンスに変える3つの向き合い方
  • 問題。トラブル。順調に、何事もなく、自分の思った通りに進むことを願いながら取り組んででも、やはり問題にぶつかるなんてことは、よくある話。足踏みしているような気持ちになる。 1.問題は痛みか?問題の原因は様々。例えば、他者の反対であったり、ミスであったり、人間関係であったり、自分の能力不足であったり、予想と違う結果で方向修正を求められることであったり。 僕はこの問題を、痛みととらえてしまうこ [続きを読む]
  • 仕事したくない…意欲を高めて毎日積極的に仕事に取り組む4つの方法
  • 明けましておめでとうございます。今年もゆっくりになるかもですが、更新していきますので、よろしくお願い致します。 仕事に対する意欲について。仕事のやる気が出ない?時計が17時になることばかり気にしていたり、次の休日のことばかり考えていたり、何事も無く過ごせるように祈っていたり、このような意欲が低い思考で過ごしていては、仕事に対して受身の姿勢になってしまい、意識も低い状態になってしまう。仕事の意欲を [続きを読む]
  • 願望を叶え、人生を変えるために、望みに手を伸ばし続けられるか?
  • 突然だけど、あなたは5年後どんな人生を送っていたいだろう?夢や希望、情熱を持って就職した新卒当時と、それから数年を経た今、思考はかなり違うものになっているのではないだろうか。自分のやりたいこと。好きなこと。どうなりたかった?誰の役に立ちたかった? 1.あなたの望みは何か?銀行員として毎日カブに乗ってせっせと走り回っていた時代。具体的な日は思い出せないが、ある日、転職することを決意した。ざっくり [続きを読む]
  • 充実した仕事とは?快楽と充足感。仕事が楽しければ人生も充実する
  • 仕事は生きるための手段?仕事は人生をよりよく過ごすための手段?同じ仕事でも、人によって感情や目的、意味すら違うだろう。まるで衣食住と同じように、大人になるにつれて仕事は日常の一部になる。この時間をプライベートと同じくらい充実したものにできたら…素晴らしいと思わないだろうか? 1.対照的な二人「給料は我慢代だ」準公務員としてイベントの企画や広報を行う部署で働く友人がそう言った。職場の雰囲気は殺伐 [続きを読む]
  • 社員旅行の幹事で板挟み。あなたが喜ばせたい少数の人を選ぶ
  • 「今年の幹事は君だからね」僕がいた銀行では年に1回社員旅行に行っていた。そのために毎月積立までしていた。入社して1年目の時に、僕がいきなりその幹事に任命され、どうしたものかとテンパったことがある。 1.社員旅行の幹事になった時の話まずは日程調整から…支店は10人位しかいない小さな支店なので、若干モメたものの何とかクリア。 次にどこに行きたいか…これはモメた。 「1泊2日ですけど、どこに行きた [続きを読む]
  • 転機に気付く。生活のためにお金を稼ぐ自分、そこから抜け出すには?
  • 今日はお盆、そして僕の誕生日でもあったりする。31歳になった。30歳は内面や思考的な面で変化があった1年間だと思う。31歳はそれを行動という形で現実に落とし込んでいく。 1.銀行を退社する決意をしたあの日2年という月日を過ごした銀行員時代。今思えば短い期間だが、当時は永遠と言っていいほど長く感じた。毎朝、沈む気分を何とか奮い立たせて出社していた。 ある日、銀行員として将来どうなりたいかを支店長に聞 [続きを読む]
  • 何か試す!工夫する!儲けに繋がる簡単なアイデアはたくさんある!
  • 営業でも販売でも、苦労しているのに結果が出ない。ちょっとした工夫を試してみたい。改善したいけど何をしていいか思いつかない。多くの人が持っているであろう、このような悩み。何か、すぐに使えるアイデアやテクニックは無いだろうか? 1.たくさんの知恵のサンプル人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳 (青春文庫 い- 19)「人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳」  著者:岩波貴士 世の中には、 [続きを読む]
  • 決断を迷った時、覚悟を決めた者から成功する。その成功を恐れるな。
  • やばい。いいのか?悔いは無いのか?成果を出せるのか?時間はとれるのか?続けられるのか?その選択は間違っていないのか? 何かの本で読んだフレーズが頭をよぎる。人は本当に未来を変えるチャンスを目の前にした時、成功を恐れる。心の底では失敗よりも成功を恐れる。今という現実が変わることを恐れる。自分の価値観の外にある世界を恐れる。 昔は、自分で数千円のビジネス本を買うのすら躊躇った。今は、本当に良い [続きを読む]
  • イトーヨーカドー創業者から学ぶ。ネットで物が売れる時代に大切なこと
  • 「儲けたい」そんな思いから、事業を立ち上げようとする人もいるだろう。欲望は人の原動力になる。でも、売り手の都合で自己中心的に考えて、商売が成功するだろうか?自分の想いは行動の原動力にはなっても、成功を与えてくれるのは顧客だ。 1.顔の知らない人へ物が売れる時代今はインターネットを使って、顧客の顔を見なくても物を売ることができる時代だ。パソコンのキーボードをカタカタと叩き、 をすれば商品が [続きを読む]