mushitomo さん プロフィール

  •  
mushitomoさん: 虫はともだち
ハンドル名mushitomo さん
ブログタイトル虫はともだち
ブログURLhttp://mushitomo.hatenablog.com/
サイト紹介文虫が好きな子に贈る、虫の絵本や図鑑です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 336日(平均3.6回/週) - 参加 2016/06/24 01:13

mushitomo さんのブログ記事

  • 初夏の野草のお花畑 やっぱり侵略的外来種が目立つ
  • 5月なのに暑い日が続きますね。暑くなる前のゴールデンウィーク前後に近所の空き地や田んぼ、川原で見かけた野草の群生の写真を集めてみました。オオイヌノフグリやホトケノザなどの春一番の花の次に咲く花々です。見てきたものを全部載せますのでどうぞおつき合いください。普段は花に来ている虫ばかり撮っていて花全体を見逃しているので、今回はお花畑に注目して撮ってみました。どんな花かもわかるように撮ったので、よくあ [続きを読む]
  • 庭にはびこるイモカタバミを根絶させたい
  • その庭の土や環境に合って、こちらの想像を超えるほどはびこってしまう繁殖力が強い植物って、どこにでもあると思います。最近の私の悩みの種はイモカタバミ。せっかく草抜き用の道具を揃えたので、以前から気になっていた庭のイモカタバミを根絶させるべく、片っ端から掘り出してみました。イモカタバミの正体を調べていたら、庭のほかのカタバミの仲間のことについても新しい発見がありました。▲カナヘビも一緒にポーズとって [続きを読む]
  • 庭に勝手に生えた木の正体は? こぼれダネで出た幼木は早く抜くべし
  • 自分の庭にいつの間にか知らない木が育っていることありませんか?庭に生えた雑草は抜けば済みますが、こぼれダネで発芽した木の赤ちゃんは、大きくなってしまってからでは抜くのは大変です。↑ こんなのも勝手に生えた木。ツツジの植栽の上に顔を出したナワシログミ。今回書きたいと思っているのは…私自身と雑木との戦いご近所の雑木に対する無関心最近は、庭師に任せずに自分たちで庭の剪定や草取りをする人がほとんどだし、 [続きを読む]
  • 母の日・父の日のプレゼント 高齢の父母に贈ったもの
  • 買い物に出かけると、GW前から母の日のプレゼント商戦がにぎやかです。私のふたりの母たちもずいぶん年をとってきたので、この頃は毎年なにを贈ろうか悩みます。皆さんはどんなプレゼントを贈っていますか? 私が準備した母の日・父の日のプレゼント ルーペ付きの爪切り ピーラーやスライサー キャベツの千切りができるピーラー ニンジンを千切りにできるスライサー [続きを読む]
  • ガーデニングで手抜きするために私がやってきたこと
  • 私が庭仕事をするようになって20年近く。子どものころのお手伝いの時期も含めたら何十年でしょうか。花を育てる以外にも、土地を借りて家庭菜園をしていたこともありました。以前はガーデニングがブームで、興味のない人もつられて花を育てている感じでしたが、最近は好きな人や年寄り(私も含め)だけがやっている感じですね。▲今日のシロモッコウ。今が満開です。ほかの人によく聞かれるのが、「一番楽な花は?」「水やり [続きを読む]
  • 庭の草むしりをできるだけ楽にしたい 便利な草取り道具やグッズ
  • 庭の雑草は気をつけていても増えてしまうものですね。私はなるべく春先から見つけたらすぐに取るようにはしていますが、なかなか面倒です。いつも使っていた雑草を取る道具が冬の間にどこかにいってしまったので、ホームセンターや園芸店で良さそうなものを探してみました。高いお金を出さなくても、いろんな道具があるんですね。もっと早く気がつけばよかったです。小さい庭の雑草対策を楽にする方法を考えてみました。▲ 近所 [続きを読む]
  • チョウを庭に呼びよせる 小さい庭でもバタフライガーデン
  • リビングから見えるところにチョウが舞っていたり、歩くと小さいチョウたちがふわふわと飛び交う庭は楽しいです。野辺にチョウを探しに出かけるのもいいですが、わざわざ出かけなくても先方から来てくれるなんて贅沢な楽しみだと思います。わが家の狭小ガーデンで育てたり、チョウの採集や撮影ポイントにしていた植物を中心に、チョウが吸蜜のためによく集まる花を集めてみました。※写真の説明に撮影月を書きました。花期やチョ [続きを読む]
  • こぼれダネや地下茎で勝手に増えてくれるお気に入りの庭の花
  • 暑くもなく寒くもない今が、一番庭仕事がはかどる季節ですね。わが家の狭小ガーデンは、入居当時は毎年あちこちを掘り返して植物の植え替えをしていましたが、最近は基本的には自然に季節の花が立ち上がってくるのを待ち、目立つ部分だけ一年草や球根花を植え替えています。そんなわが家で、放置してもこぼれダネや地下茎などでどんどん広がって庭をにぎやかにしてくれるおすすめの花をまとめてみました。ちょうど今が植え時なので [続きを読む]
  • 受験生はスマホを解約した方がいいのか
  • わが家の浪人生は、浪人が決まった3月にスマホを解約しました。自分から解約を言ってきたので、親としては反対する理由もなく、すぐにショップへ。後になって周りに聞いてみると、高3になる前の時点でスマホを解約するという子は結構いたようです。優秀で自制心のあるお子様は、わざわざスマホを解約する必要もないのかもしれませんが、実際のところ高校生の中では、どんな感じなんでしょうか。スマホと受験。私の時代にはまっ [続きを読む]
  • クロヤマアリのエサ運びを記録してみました
  • 雨上がりの春の日にクロヤマアリが活発に活動していたので、何をしているのかのぞいてみました。巣の中から土を運び出すアリたちをじっと見ているうちに、巣にエサを運んでくるアリたちがたくさんいるのに気がつきました。おもしろいので、どんなエサなのか写真を撮ってみました。4月中旬、13時から1時間の観察です。↑ 小さなイモムシを運ぶクロヤマアリ クロヤマアリの巣 イモムシを運ぶ 昆虫の死骸を運ぶ 植物 [続きを読む]
  • 男子高校生の通学カバンはスクエアリュックが人気
  • この春、上の子は予備校に、下の子は高校に通い始めました。そこで気がついたのが、男子学生のかなりが四角いリュックを使っているということ。わが家は田舎なので全国的な流行からは遅れがちですが、スクエアリュックがこれだけ多いのにはびっくり。いつの間にこんなに増えたのかな。スクエアリュックスクエアリュックで一番メジャーじゃないかと思われるのがノースフェイスの四角いリュック。こういう感じのリュックです。どち [続きを読む]
  • 兄弟が3歳差で得をしたこと
  • わが家の息子たちは3つ離れています。兄弟の年齢は、近い方がいいとか離れている方がいいとかいろいろご意見があるかと思います。思い通りに子どもが生まれてくるわけでもないですし。最近感じたのは、3つ離れていると得することも多いなということ。だから何だという話ではありますが、得したことを探してみます。学年カラーが同じでお古が使える中学も高校も、学年カラーがあるところが多いのでは?1年生が赤、2年生が青、 [続きを読む]
  • 公立高校受験の内申対策はそんなに頑張る必要はなかったのかもしれない
  • 久しぶりの更新で、この画面を開くのも随分ご無沙汰でした。3月のわが家のダブル受験は、1勝1敗という結果になりました。上の子は、希望の大学に行きたいのでもう1年修行。下の子は、無事上の子と同じ高校に合格しました。今回は、地方にあるわが街での公立高校受験における内申点のお話です。私の周りは、子どもが小さいころから内申を気にした子育てをする人がたくさんいました。2人の子の高校受験を終えてみて、みんなが [続きを読む]
  • 卒業式のカメラや写真事情 親よりも子どもがカメラマン
  • 中高生だったわが子たちの卒業式が終わり、ちょっと一安心です。写真を撮るのが趣味なので、卒業式や運動会のような場面になると、みんながどんなカメラで撮っているのか、気になってきょろきょろしてしまいます(^^;)ここ数年で、子どもを撮るカメラ事情も、写真の使われ方も随分変わってきたようですね。↑ 子どもたちがいただいたミニブーケ。うれしいのは私。 保護者の撮影は圧倒的にスマホ 中学・高校の卒業 [続きを読む]
  • PTAやボランティアの引継は業務削減のチャンス
  • PTAやボランティアはそろそろ会計を締めて引継ぎをする時期ではないかと思います。子どもの親がらみのいろんな雑務をやってきましたが、慣例になっていて意味のない仕事もいろいろあります。引継の時が、無駄な仕事を減らすチャンスでは? 引継書類は実際にやったことがわかればいい 実際の資料をわかりやすく 引継や分担の作業に力を入れすぎは… 後の人は取捨選択すればいい [続きを読む]
  • 塾や学校の大人たちが、子どもが自分で考えることを邪魔していない?
  • わが家は地方に住んでいますが、こんな田舎でも中高生のほとんどが塾に通っています。小さい頃はソロバンか公文で、大きくなったら塾。帰国子女が多いのですが、外国に住んでいても、小さいころから公文もZ会も普通にできる時代です。↑ ドリルしかない子どもの本棚(写真は無料素材ACさんより)今どきの塾の子ども囲い込み営業戦略は、驚くほど巧妙で積極的。塾に丸投げの私が言うのもなんですが、塾の商売に上手く巻き込まれ [続きを読む]
  • 大学受験に親がつきそうのは過保護なのか
  • そろそろ大学受験のトップシーズンです。親が大学受験につきそうのは、普通のことだと思ってたのですが、テレビやネットで調べてみると、かなり非難されているようですね。「高校生にもなって過保護!」「そんなことで遠くの大学に行く資格があるのか?」そうはいっても、地方の受験生は大変なんです、というお話です。 親がつきそうのは過保護?ベネッセ調査結果 宿泊の同伴 宿泊の予約 [続きを読む]
  • 少年野球などスポーツ少年団の団員募集のためにできること
  • 最近のスポーツ少年団の団員集めは大変みたいですね。子どもの数の減少、保護者の負担、習い事や塾、勉強との両立など、原因はいろいろありそうですが。わが子たちが少年野球をしてきたのは、親としてとてもいい経験だったと思っています。団員集め、頑張ってほしいです!以下、少年野球のお話を中心に書いていきますが、サッカーやバスケなどほかのスポーツにも流用できると思います。 チラシやポスターを作る 多い時は [続きを読む]
  • 少年野球を観戦するお母さんたちのマナー
  • わが子たちの野球生活が終わった今、「野球の応援に行くことで、私もパワーをもらっていたんだな」とつくづく感じます。暑い日、寒い日、体調の悪い日、親同士の不和…。行きたくないときもありましたが、終わってしまうと寂しい限り。土日がぽっかり空いてしまうし、野球小僧たちには会えないし。野球少年の母親を10年以上やってきて、お母さんたちの試合応援のマナーについてちょっと思うところをまとめてみます。私は野球に [続きを読む]
  • 検索順位を上げたいけれど Googleはまとめサイトが好き?
  • Googleの検索順位次第で、私のように細々とやっている個人ブログのアクセス数もかなり変わります。普段は閑古鳥が鳴いている当ブログが、最近アクセス数が1000件を超える日が続いたので、びっくり。一時的な状況だとは思いますが、見てくれる人がいると思うと、テンションも上がります。私がネットをよく利用するようになって約10年。ずっと虫のサイトばかり見ていましたが、このブログを書くようになってからいろんなサイトも [続きを読む]