ペレストロイカ岸本 さん プロフィール

  •  
ペレストロイカ岸本さん: ペレストロイカ(僕)の見た世界とベトナム
ハンドル名ペレストロイカ岸本 さん
ブログタイトルペレストロイカ(僕)の見た世界とベトナム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/peresutoroikavietnam/
サイト紹介文ホーチミンに留学してました。ベトナムについてマニアなこと書きすぎてるので読んでる人が逆に心配です。
自由文2016年春からベトナム・ホーチミン市に留学中。サパやニャチャンなどの有名観光地から地方都市までベトナム語を駆使してうろついてます。旅行、少数民族、郷土料理、歴史、チャンパーが関心事項。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 335日(平均4.7回/週) - 参加 2016/06/24 02:59

ペレストロイカ岸本 さんのブログ記事

  • 【ビンズオン⑪】東南アジア最大の涅槃仏がベトナムにあるらしい
  • こんにちはペレストロイカです。アンザン省に東南アジア最大の仏像があるという話は覚えていますか??あの32メートルのバカでかいヤツです!最近調べていると分かったのですが、ビンズオン省にも記録的な仏像があります。ホイカイン寺院(chùa h?i khánh)の涅槃物はアジアで一番デカいそうです!!前回の竹のミュージアムも東南アジア最大でしたし、最大とかそういうのって目の付け所次第なんでしょうね。たぶんそのうち世界 [続きを読む]
  • 【宇治①】おみくじの効力は自分の心が決めるby宇治上神社
  • こんにちはペレストロイカです。お酒の街・伏見に行ったのが先月末で、今月頭には茶の街・宇治に行ってきました!!宇治と言えば源氏物語の舞台にもなったことから源氏物語ミュージアムがあり、夏には鵜飼があります。また一駅離れた黄檗駅周辺には黄檗山萬福寺という儀式作法から精進料理(普茶料理)まで中国風の寺院(しかもinstagramやってる)とカルト寺院ともささやかれる龍神総宮社もあるなど割とディープ地域です。大阪か [続きを読む]
  • 【伏見②】三十石は夢の通い路なので三十石舟に乗ってきた
  • こんにちはペレストロイカです。前回に引き続き、伏見・中書島の話です。伏見に住む後輩によれば京都市内でも伏見区と山科区はヤンキーが多めで若干腫れ物扱いされてるらしいです。で、そのストレスのはけ口は久御山か八幡市か城陽市に流れていくらしいです。誰が分かるねん!!そんな街なので、中書島駅をおりてすぐに香ばしい組み合わせにばったり出会います。何が香ばしいかということについては説明しません。せっかくこの時期 [続きを読む]
  • 【伏見①】カッパ博物館、日本酒ハイボール、月桂冠大蔵記念館
  • こんにちはペレストロイカです。普段はベトナムのことばっか書いてるのですが、ベトナムでの経験を踏まえて日本を見ていったらどうなるのかってことで日本の紹介もやっていきます。…と言いつつも、ベトナム語版ページ(未完成)の準備にもなっているのですが笑訪日ベトナム人の多さもあって、ベトナム語の日本観光サイトってめちゃくちゃ多いんですよね。特に写真の技術が高い人は結構いいサイト作ってたりします。Facebookページ [続きを読む]
  • 【レポ】「安達かおる、異端AVの30年を語る!!」に行ってきた
  • こんにちはペレストロイカです。さわやかなゴールデンウィークをお過ごしでしょうか?僕のゴールデンウィークはさわやかでなないにしろ”ゴールデン”でした。それはなんといっても大阪宗右衛門町で開催されたトークイベント”安達かおる、異端AVの30年を語る”に参加したからです。安達かおるというのはかつて一世を風靡した??異端AVの金字塔レーベルともいえるV&Rプランニングで、弟子にはカンパニー松尾やバクシーシ山下が [続きを読む]
  • 【ビンズオン⑩】東南アジア最大の竹林と竹ミュージアム
  • こんにちはペレストロイカです。今日ベンガル語の授業で教授が「ローラがしゃべくりセブンでベンガル語はなしてる回があるからそれ聞きましょう」という鶴の一声を発し、補講1コマをローラ鑑賞会にしてくれました。かわいかった。さて、このビンズオンに珍スポットを超えてどえらいスポットがあるのはご存知でしょうか?まあ展示内容の地味さもあるのですが、日本語で紹介してるのは僕だけだと思います笑ホーチミン市から約35キロ [続きを読む]
  • 【ビンズオン⑨】下駄村・フートの現状と鯖江市のメガネフレーム産業
  • こんにちはペレストロイカです。なんと今回は下駄作り産業でかつて栄えて現在も細々と活動中のフーアン村です。場所は上の通りでビンズオン省の省都・トゥーザウモット市内にあるので割とアクセスは簡単かと思います。こんな感じでせっせせっせと下駄を作り続けている工場があるのです。ビンズオン省の統計によればこの地域で下駄産業が定着したのは100年以上前のことで、少なくとも1901年には約80の工場があったそうです。100年も [続きを読む]
  • 【ブンタウ⑦】干潮時しか辿り着けないビーチ近くの離島・ホンバー
  • こんにちはペレストロイカです。隣人が夜中3時までうるさいので壁を蹴ったら「なんでやねん!!」と怒声をあびせられました。こっちがなんでやねん!!さてブンタウは多くの在住者が行ったことがあるお手軽ビーチだとは思いますが、近くに離島があるのはご存知ですか??コレです!!カッコ良くないですか??離島に廟があるんですよ!!実はココ、干潮時にならないと道が現れないホンバーという小島です。島にある廟はイギリス・ [続きを読む]
  • 【ビンズオン⑧】なくなりつつある工房・ソンベー焼き
  • こんにちはペレストロイカです。ビンズオン省と言えばコレ!みたいなものはあまりないかもしれませんが、実は焼き物でも有名なのです!!昔のガイドブックとかはソンベー焼きをホーチミン市近郊の都市の焼き物として紹介してますが、それはビンズオン省のものなのです!!場所はこちら。ミンクオンという工房です。地図を見ると工房の北側にレビューの評判がいい韓国料理屋がありました。ビンズオン省は日本人と韓国人の進出が盛ん [続きを読む]
  • 【ビンズオン⑤】全長100キロ??タムザックサット洞窟と都市伝説
  • こんにちはペレストロイカです。トンネルと言えば南部ならクチトンネル、中部ならヴィンモックトンネルという答えが返ってきそうですが、南部のビンズオン省にもう1つ大きなトンネルがあります。それはタムザックサットトンネルです。とはいえ1996年3月18日に国家級遺跡として公認されて一般公開されたのが2004年で、クチトンネルも近くにあることですし観光地化されることはないと思います。ですのでこの記事は読み物程度にとど [続きを読む]
  • 【ドンナイ⑧】チョロ族の豊作祈願祭りで見れる股間の重量挙げみたいな遊び
  • こんにちはペレストロイカです。⑦の記事に引き続き、チョロ族についての記事です。チョロ族の豊作祈願祭りと書きましたが、収穫後にやることとその性質からチョロ族の正月と考えてもいいでしょう。新稲の祭り、つまりl? h?i lúa m?iと言われることもあるがチョロ語ではl? h?i Sayangvaです。ちなみにlúa m?iという名前のベトナムの焼酎が結構売ってたりします。友達の実家に行ったら無理矢理飲まされるお酒です。正味な話 [続きを読む]
  • 【ビンズオン④】フーロイ刑務所跡(※ほぼメモです)
  • こんにちはペレストロイカです。今回は申し訳ないですがメモみたいな記事です。地図は上記のとおり。フーロイ刑務所はビンズオン省の革命遺跡の1つで、省都のTh? D?u M?tから3キロほど離れた場所にある。ここはベトナム共和国が1957年に建設したもので、共産主義者と考えられた、いわゆる政治犯を投獄した場所である。基本的にハーティエン、コンダオ、フーコック、ホアローと同じ。1980年の7月10日に国家遺跡に認定された。 [続きを読む]
  • 【ロンアン④】ポリタンクで焼酎売るメコンデルタの酒街、ゴーデン
  • こんにちはペレストロイカです。今回紹介するのはベンルック郡フオックロイ村ゴーデン(Gò Đen, xã Ph??c L?i, huy?n B?n L?c)にある焼酎産業で栄えている村です。場所はココ場所は国道一号線沿いにあるということでチョロンバスターミナルから628番のバスに乗って途中下車すれば確実に行ける場所だと思います。621番のバスもベンルックには行くのですがどこまで行ってくれるか微妙なので。このポリタンクで売ってる感じ [続きを読む]
  • 【ティエンザン⑤】大鍋でマムトムを作る街・ゴーコン
  • こんにちはペレストロイカです。ついに書きます。マムトムの村について!マムトムとは??マムトムってみなさんご存知ですか?僕はめちゃくちゃ好きなんですけど、要するにエビの発酵ペーストですね。灰色をしたものでニオイがめっちゃキツいです。ベトナム人でも嫌いな人がいるくらいに。ある日本人ライターが「マムトムは臭い!!」って書きまくった記事がもとでTwitterで変なオッサンに粘着されてるなど訳ありの調味料な訳です [続きを読む]
  • 【ティエンザン④】魚の干物で栄えた村・ヴァムラン
  • こんにちはペレストロイカです。メコンデルタ地域の紹介も佳境に来てまして、今から書くティエンザン省とロンアン省でひとまず終了です。さて今回はゴーコン郡ヴァムラン町の魚の干物を伝統産業にしているところの紹介です。場所はこちらティエンザン省と言えばミトー市のツアーなんかで割と知られていますが、この海側のゴーコン郡の方に来たことがある人は稀でしょう。海を挟んだ向こうがホーチミン市と言えど僕が野猿にメガネを [続きを読む]
  • 【市場の歴史⑧】ホーチミン市で気になる市場情報
  • こんにちはペレストロイカです。今でこそスーパーやイオンでなんでも揃うようになりましたが、昔はそれぞれの市場に特色があったそうな。せっかく調べたんで書いておきます。①ベンタイン市場言わずと知れたホーチミンの観光地。市場のぼったくり方と買わなかったときの日本語の暴言はアッパレ。ケチ!くらいなら分かるんですけど23歳の僕はスケベオヤジ!って罵られました。オヤジ...実は今の建物は1912年にEugene Cuniacという [続きを読む]