ペレストロイカ岸本 さん プロフィール

  •  
ペレストロイカ岸本さん: ペレストロイカ(僕)の見た世界とベトナム
ハンドル名ペレストロイカ岸本 さん
ブログタイトルペレストロイカ(僕)の見た世界とベトナム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/peresutoroikavietnam/
サイト紹介文ホーチミンに留学してました。ベトナムについてマニアなこと書きすぎてるので読んでる人が逆に心配です。
自由文2016年春からベトナム・ホーチミン市に留学中。サパやニャチャンなどの有名観光地から地方都市までベトナム語を駆使してうろついてます。旅行、少数民族、郷土料理、歴史、チャンパーが関心事項。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2016/06/24 02:59

ペレストロイカ岸本 さんのブログ記事

  • 悪魔の日?ベトナムの祝日⑥陰暦7月15日・中元節 T?t Trung Nguyên
  • こんにちはペレストロイカです。端午の節句に続いて今回は中元説の日です。中元と言えば日本だとハムかジュースかビールを送る習慣がありますが、ベトナムにはそういう習慣はないようです。ベトナムで7月15日といえば・ngày xá t?i vong nhân(悪魔が人間界を跳梁跋扈する日)・ngày l? Vu Lân(盂蘭盆会)のことです。中元は後者の方ですが調べたらおもしろかったので悪魔の方は後ろの方に書いてます。盂蘭盆会ほとんどや [続きを読む]
  • ベトナムの祝日⑤陰暦5月5日・端午節 T?t Đoan ng?
  • こんにちはペレストロイカです。5回目の今回は端午節(T?t Đoan Ng?)を紹介します。5月5日にあたるわけですから、日本だと鯉のぼりあげて、関西ではちまきを、関東では柏餅を食べる日ですね。ベトナムでは大きく異なった捉えられ方をされていまして、端午の節句のことを一般的にT?t gi?t sâu b?とも言ったりします。意味は殺虫節、この日に特定のものを食べると体内の虫が殺せるというのです。ちょうどベトナムではこの [続きを読む]
  • ベトナムの祝日④陰暦5月頃・清明節 T?t Thanh Minh
  • こんにちはペレストロイカです。4つ目に紹介する清明節は在住者の中でもたぶん一番馴染みがない日だと思います。(画像調べても地味なやつしか出てこなかったです...)というのも清明節のなかにはt?c t?o m?というお墓を掃除の習慣があるので、ワイワイしようぜ!という性格があまりないんですよね。ただし!寒食節と同じようにバインチョイ(bánh trôi)とバインチャイ(bánh chay)が食べられます!ヒュー!時期時期はお [続きを読む]
  • ベトナムの祝日③陰暦3月3日・寒食節 T?t Hàn Th?c(団子食べる日)
  • こんにちはペレストロイカです。サイゴンで生活しているとあまり関わりのない祝日が寒食節じゃないかなと思います。ハノイ在住者ならご存知かもしれませんが毎年4月に”白玉団子を食べる日”があります。といってもパリピが定めた白玉団子パリピ御用達のイベントではなく、寒食節だから白玉を食べるのです。今回はベトナムでの寒食節となんでサイゴンではあまり関わりがないのかをちょっと考えたので紹介します。寒食節の起源そも [続きを読む]
  • ベトナムの祝日②陰暦1月14日夜から15日夜・T?t R?m Tháng Giêng
  • こんにちはペレストロイカです。前回のT?t Khai H?に引き続き、今回はT?t R?m Tháng Giêngです。新年の7日(T?t Khai H?)で正月気分はおしまいにしてその翌日から普通に働く、という記述があったのにもかかわらず、その1週間後に開催されるこの祝日...理由は新年ではじめて見られる満月の日だからです。祝日の起源ってそんなもんか他の言い方にはT?t Nguyên Tiêu, T?t Th??ng Nguyênがあります。話はそれますが [続きを読む]
  • ベトナムの祝日①陰暦1月7日・T?t Khai H?
  • こんにちはペレストロイカです。ベトナムのテトってご存知ですか?大多数の方はテト=旧正月のめちゃ暇なイベントくらいに思ってるかもしれません。しかしテトにも色々種類がありまして今回紹介するT?t Khai H?だけでなく、寒食節(白玉食べる日)、清明節(墓掃除する日)、端午節、中元、中秋節(笑ってる仮面が大量に売られる)、かまどの神様の日などいくつかの伝統行事があります。地域によって呼称とか料理が違うと思いま [続きを読む]
  • サイゴン郊外・カンゾーのクジラ祭りは服装のクセが強すぎる
  • こんにちはペレストロイカです。ベトナムの諸地方についての記事を書きまくっているのですが、想像以上にアクセスが伸びていない事実に気付き、重大な事実に気付きました。サイゴンのこと書いてない!!そうなんです。サイゴンのことを書かずに一心不乱に地方のことを書いてたら、読んでいるのは本当に暇なヒトだけになってしまいました。(いっつも読んでくださってる方、ありがとうございます)歴史が浅い、文化がない、とか誰か [続きを読む]
  • MC福田光睦の妙が冴え渡った2017年ヤリマン甲子園【夏の本大会】レポ
  • こんにちはペレストロイカです。時が流れるのは早いもので前回のヤリマン甲子園春のセンバツから3ヶ月経ち、今年もはじまりました!夏の本大会が!!ビラの宣伝文が今回もイカしてるので全文引用させていただきます。あの『ヤリマン甲子園』が、夏の訪れを待ち切れずに見切り発車で本大会を開催!草食化時代に生きる希少種《YARIMAN》の伝説が今回もまた明らかに!!毎度の奇跡空間で大阪市民の貞操観念を根底から覆し続けるトークラ [続きを読む]
  • バックニン省・船上恋愛問答歌で有名なリム祭り(h?i Lim)
  • リムというのはバックニン省ティエンソン郡ルンザン村(xã Lũng Giang, huy?n Tiên S?n, t?nh B?c Ninh)の俗称のこと。ハノイから18キロほど離れたリム寺ではヒエウ・チュン・ハウ(Hi?u Trung H?u)というベトナムの伝統音楽であるクアンホーを作った人のためのお祭りがあります。カタカナ多いですが、毎度のこと読み進めていけば慣れます!クアンホとは??ベトナムのバックザン省とバックニン省が発祥の音楽で、男 [続きを読む]
  • 雁殺し投げ祭り??タイー族のロントン祭り(h?i L?ng T?ng)
  • こんにちはペレストロイカです。今回の記事ではベトナムのハノイよりも北に住むタイー族の祭りの話です。ちなみにタイ族(Thái)ではないです。タイー族です。ややこしい。祭りが開催される日は特に決まっておらず、諸々の条件が一致する日に開催が決まる。祭りが開催される前には家と村中を綺麗に掃除し、客人を迎えるために食料の準備をする。知っている人も知らない人も皆、まつりに来たら寝食共にもてなしてくれる、と書いて [続きを読む]
  • ベトナム文化の中の動物①馬 -白馬、赤馬、ペガサス?、猿の馬?
  • こんにちは今日はベトナム文化の中で馬はどう表現されているかを片っ端から集めてみました。個人的な印象ですが、南部であんまり「馬!」みたいなものを見たことはないです。11区のロッテマートの隣にフート競馬場があったのですが、今はサッカーグラウンドになってるってくらい。北部だとハノイの旧市街のハンブオム通り(Hàng Bu?m)に白馬寺があります。ここ馬のコアイメージ主に馬は強さ・積極性を表していると捉えられます [続きを読む]
  • レーロイ将軍とホアンキエム湖の伝説
  • またも伝説の話を。今回もハノイの話です。ある時期、中国の明がベトナムに攻めて来ました。そのころラムソン地域(vùng Lam S?n)では義勇軍が蜂起して、抵抗運動をしていました。当初、抵抗軍はとても弱くて何度も返り討ちに遭っていました。そこでロンの軍(quân Long)は中国軍を征伐するために聖なる剣を借りることに決めました。その頃タインホア(Thanh Hoá)ではレータン(Lê Th?n)という名の男が漁業に従事してい [続きを読む]
  • コーロア国伝説(黄金の亀と弓)
  • こんにちはペレストロイカです。今日もベトナムの伝説の話です。この類いの記事があともうちょっと書けたら、とあることが説明できるんです....もうちょっとだけ続きます....アンズオンヴオン王(vua An D??ng V??ng)の時代の話王はコーロア(C? Loa)という国を建設しようとしていたが何度も北方勢力に阻まれて、なかなか工事が終わらなかった。ある時、金色の亀、つまりキムクイー(th?n Kim Quy)が現れ、王に王国建設方 [続きを読む]
  • 【読書案内】『それ行け!!珍バイク』(写真集)ハンス・ケンプ
  • 思うに海外を扱う写真集はほとんどが在住者向けには作られていないと思う。それはそうか。僕自身を例にあげると2016年から1年間ベトナムのホーチミン市(サイゴン)というめまぐるしい発展を遂げているベトナムの中でも一番その雰囲気を感じられるダイナミックなパワーを持った街に留学していた。(学校をサボってベトナム中をウロチョロしていた時期もあるけど)だからお土産屋さんで売っている”コッテコテのベトナム”の写真集 [続きを読む]
  • ベトナム四大不死身伝説①タンヴィエン伝説
  • ペレストロイカです。とあることを説明したく、ベトナムの伝説上の四大不死身の神を紹介したいと思います。今回はそのうちの1人であるタンヴィエン(T?n Viên)です。ちょいちょい自分でも復習用のアーカイブとしても使ってるので()で単語書いてます。許してください笑伝説第18代目のフン王の時代の伝説によれば、M? N??ngという名前の結婚的定期に達した美人の王女がいた。王は婿となる男を捜し始めた。(phò mã)そ [続きを読む]
  • ベトナム全国で愛好されている闘鶏のあれこれ
  • こんにちはペレストロイカです。闘鶏って生で見たことありますか??何を隠そうベトナムではめちゃくちゃ人気なんですよね。特に男に。女友達は野蛮!と言ってました。 これです。闘鶏の動画を見る前までは、”たかが鶏がよ”と心の中では思っていましたが結構怖そうですね。こんな凶暴だとは。闘鶏(ch?i gà/南部方言ではđá gà)は長い間優雅な民間の遊びと見なされてきました。決して野蛮ではないです笑友達によると賭け事 [続きを読む]
  • 【ビンフオック④】ロックニン軍事空港(現在は史跡)
  • こんにちはペレストロイカです。申しましたように観光資源の少ないビンフオックですが、歴史遺跡は多くあるのでその一部を紹介します。それがロックニン軍事空港(sân bay quan s? L?c Ninh)場所はこの辺。ロックニン郡の中心部から約1キロ離れた場所にあり、近くにはnhà giao t?という史跡とビンフオック省博物館もあります。軍事空港という名前があるとはいえ、大阪の八尾空港みたいに自衛隊が訓練で使っているとか桂文珍 [続きを読む]
  • 【ビンフオック③】陰暦の牛刺し祭りは殺した後に宴会で食べる
  • こんにちはペレストロイカです。ビンフオック省という山ばっかりの省が東南部にあって、観光資源もかなり乏しい。行く機会なんかほぼないと思われがちですよね。実際問題、僕が会ったことのあるビンフオック省出身のベトナム人は飛行機で席が隣になった技能実習生の人1人でした。そんなビンフオックでキャッチーなものといえばX’tiêng族(案の定まだ発音分かってない)の牛刺し祭りだと思います!!血が出ますが祭りの様子をご [続きを読む]