ビビアン さん プロフィール

  •  
ビビアンさん: トモちゃんといっしょ・認知症の母と暮らして・中年プ
ハンドル名ビビアン さん
ブログタイトルトモちゃんといっしょ・認知症の母と暮らして・中年プ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/itudemo1192
サイト紹介文実家に戻って3年目。母は中期の認知症。今年から仕事をやめて中年プーに。誰にも言えない胸の内を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 303日(平均4.4回/週) - 参加 2016/06/24 10:28

ビビアン さんのブログ記事

  • わかって観るとさらにいい
  • 4月22日  国別対抗戦最終日今日の3時半からペアのフリーがあり、4時50分から女子フリーが始まります。これで今年の国別対抗戦の結果が出ます。それにしても、昨夜の男子フリーは、凄い戦いでした。世界選手権に劣らない余韻が残っています。そこで、昨日の演技です。内容を知ってから、改めて演技を観るという、至福の時間に酔いしれております。自分に諦めないで、納得するまで挑戦する姿。なんて素晴らしいの [続きを読む]
  • あきらめない
  • 国別対抗戦の男子フリーが終わりました。自分に諦めないで、納得するまで挑戦する姿。なんて素晴らしいのでしょう。世界選手権と四大陸選手権を再現するような展開に、祈るような気持ちで見ていました。ワクワクと、ドキドキ。がすがしい感動と、歓び!本当にありがとう。ただただ、ありがとう!??羽生選手がやろうとしたのは、こういうことのようです。4Lo  美麗1S → 4Sが抜けてしまいました。3F  お見事4S3 [続きを読む]
  • もやもや×2
  • 4月21日 今朝、トモちゃんと口ケンカをしました。朝、8時を過ぎると、「仕事に行け」コールが始まります。昨年までは、7時半になると「行け、行け」コールが始まるので、仕方なく出かけていました。支援員の時も、7時半では早すぎるので、路肩や駐車場で時間調整して出勤ていました。今年になって、「退職」という言葉を出したら激怒し、またまた激しい口論になりました。それで、偽出勤は続くのですが、トモちゃんのイ [続きを読む]
  • もやもや
  • 4月20日 もやもやがいっぱい今日、トモちゃんは、市民病院で血糖値の検査です。ヘモグロビンA1cの値は、8.2 %になっていました!4週間前より0.6%改善していました。この調子だぞ。野菜、先食べ療法とかいろいろやっています。インシュリン投与もありますから、これぐらい下がっても安心できません。引き続き、気を抜かずにやっていかなければなりません。ところで、ああ〜 今日はプリンスの命日だったのに。こ [続きを読む]
  • 時空を超えて
  • 4月19日昨日、トモちゃんんの介護保険更新のための、認定調査がありました。話を聞くと、調査の方は父の教え子さんでした。それはさておき、トモちゃんは、現在介護1ですが、下がるかもしれません。お年寄りは、よその人が来ると頑張って、虚勢を張ってしまいます。下がっても仕方がない、行政的にはいいことなので、それもよしとしようという思いです。それもさておき、トモちゃんが認知症になって、より、思いを強くする [続きを読む]
  • 誰のせいなの?
  • 4月18日 誰のせいなの?ずいぶん日にちが開いてしまいました。モバイルPCのルーターの使用容量が12GBです。ところが4月、羽生選手の世界選手権の動画を見すぎたため、容量がぎりぎりになり、セーブしていました。ところが突然、4月から、クレジット支払いの利用者は、使用容量が17GBに増えたそうで。嬉しい、というかもっと早く知らせてよと思いつつ、ようやくブログを再開です。ついでにブログを開始した頃の( [続きを読む]
  • 春の不安
  • 4月13日 今年の桜 春の不安地域にもよるかもしれませんが、今年の桜は花持ちがいいようです。こちらは、昨日の強風にもめげることなく、美しく咲き誇り、花びら一枚散らすこともありませんでした。ところで、認知症者の妄想物語(作話)は顕著な特徴ですが個人差もあります。泥棒が入ったとか盗まれたとかの、物とられ妄想は一般的な症状で、家族は対応に苦慮します。これは私の、やや強引な理解ですが、海馬の委縮が進んで [続きを読む]
  • 新たな旅立ち
  • 4月12日 新たな旅立ち今朝はとても強い風が吹いています。その影響と言うわけでもないのでしょうが、浅田真央選手の引退表明で、あらゆるところで、一陣の風が吹き荒れているようです。地元中部の紙面は4面にわたり、特集を組んでいます。フィギュアスケートファンとして、ただただ、お疲れさまと言いたいです。ソチオリンピックでの、浅田選手のフリーの演技がたびたびテレビで流れます。それを見て、閃くものがあ [続きを読む]
  • 雨に濡れた桜
  • 4月11日 雨に濡れた桜今日は全国的に雨模様。満開の桜が雨に濡れて揺れています。うちの下の桜も満開になりました。車の中から撮ったので、もやがかかったようになっています。この川沿いの桜は大正天皇の即位記念に青年団の有志が植樹したもので、樹齢はゆうに100年を数えます。歴史があるものです。その割に、あまり大切にされておらず、荒れるに任せ、夏の盛りには伸び放題、冬場は降雪に耐えきれず無残に折れて、残 [続きを読む]
  • お花見に
  • 4月10日昨日、お昼過ぎから天気がよくなったので、お花見に出かけました。30キロほど南に下ったところの、桜が満開でした。道の駅の下には、長良川に沿って桜並木が続いています。お祭りが終わって、桜をかたどった屋台を解体しているところでした。みごとな桜です。北の地域も、もうそろそろでしょうか。おすそ分けします。桜は、わたしたち日本人のこころを揺さぶりますね。ところで、パソコンの容量がパンパ [続きを読む]
  • 桜ほころぶ
  • 4月8日 桜ほころぶ春休も終わって、そろそろ身の振り方を考えなければならなくなっています。ところが、まだ、羽生選手の世界選手権金メダルの余韻がぬけず……現実逃避したままふわふわした空気の中を漂っています。(今日は気温が高く、雨の後に川霧が)そして我が家のトモちゃん。数日前、本家のおばあさまが心臓動脈りゅう破裂で倒れ、岐阜市の病院で緊急手術を受けられました。92歳。手術は成功しICUに。心臓 [続きを読む]
  • ジャッジは点数を刻み観客は感動を刻む
  • 4月5日 ジャッジは点数を刻み観客は感動を刻む昨日、天地清明なる日に帰国した羽生選手。(国別対抗戦が20日から始まります。後輩ウノ君をみつめる羽生君。マリア様みたいです)それにしても、完ぺきな演技をしたときの、羽生選手の演技のすごさ。これはどう表現したらいいのでしょう。逆に言えば、彼が乱れた時やミスした時の落胆も、ハンパないものになってしまうのですが。そうした重いリスクを背負いながらも、 [続きを読む]
  • Change The Current
  • 4月3日  時代を変えた「ヘルシンキの奇跡」自宅下、川沿いの桜のつぼみが、ようやく膨らみ始めました。気持ちはまだ3月のままでしたが、これで新たな気持ちになれそうです。でも、まだ寒いんです。ところで、私の脳内はまだフィギュアスケートです。今回の世界選手権では2位と、大躍進した宇野選手の試合後のインタビューに衝撃を受けたからです。だって、宇野選手は、「もう、いい加減に、ゆづ君に勝ちたい」と答えているの [続きを読む]
  • 羽生さん、おめでとう。ありがとう!
  • 本日、3回目の投稿です。羽生選手、やりました。世界選手権金メダル!おめでとう! おめでとう! おめでとう! 何回言っても言い足りません!最高の演技をありがとうございます。感動で、演技の中盤から……サルコウを決めたあたりから、涙が溢れて、止まりませんでした。朝に見えたイメージが、現実となりました。本当にうれしいです。そして、宇野選手も大健闘、大躍進! おめでとうございます。素晴らしい戦いでした [続きを読む]
  • 運命の……
  • 4月1日今日から新しい月になりました。トモちゃんのことを書くつもりでしたが、それはまたにして、別のことを書きます。今朝、素敵なイメージを見ました。それは、金色の光りのボールが海を超えて飛んでいく、強烈なイメージです。きっと、いいことがあると信じています。ところで、昨日記事を書いていて、自分でも「あれ?」と思ったのですが、ハビエルのトリプルアクセルのできばえ点GOEが、3点なのに、羽生選手のあ [続きを読む]
  • 世界選手権 プルシェンコのコメント
  • (本日2回目の投稿です)プルシェンコさんが、昨夜のspの演技を観て、コメントを発表したようです。2017/03/30エヴゲーニー・プルシェンコ「宇野の滑りは一位にふさわしかったと思う」エヴゲーニー・プリューシェンコ「宇野の滑りは印象に残った。彼の滑りは一位にふさわしかったと思う」二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、ヘルシンキの世界選手権男子ショートプログラムの結果についてコメン [続きを読む]
  • サルコウの女神さまへ
  • 昨夜の世界選手権、男子のショートプログラムは、素晴らしい演技の連続でした。これぞ世界選手権。パトリックの演技と、しょーまの健闘が光ります。パトリック選手、さすがに素晴らしいスケーティンクを魅せてくれました。そして、ハビエル。やってくれましたよね。完璧でした。トリプルアクセルは加点が3と、満点です。われらが羽生選手。またしてもサルコウの女神に見放されたか。徹底してサルコウを調整してきたそうで [続きを読む]
  • 現実は変えられる
  • 3月30日 羽生選手試合の前に 現実は替えられるこころはヘルシンキ、羽生選手の世界選手権、だけど体と頭はトモちゃんのことで、バッチバチです。そこで大事な試合の前に、整理しておきます。私が子どもから思春期の頃。激高すると、「そんなに嫌いなら私を殺せ」とか、「死んでくれる」とか「きちがい」とか、文字にするのもはばかられるような言葉で、トモちゃんに怒られました。そんな母親を貶めるようなことを、よく [続きを読む]
  • 大変・・・・・・だから
  • 3月27日  大変……だから介護は大変。だからこそ、ワクワクがいっぱい。自分を変えるチャンスがいっぱいあるんだと思うことにする。悔しいから何がなんでもいい方向に受け止める。人に何か言われたら言い返そう。それはパンチではなく、軽いジャブで。それも本当のことをさらっ言って受け流す。自分に嘘はつかない。それだけのこと。なーんて思っていますが。今日はトモちゃんのインシュリン投与の講習を受けました [続きを読む]
  • 父との会話
  • 3月25日 父との会話亡くなる1,2年前、父は私の料理を本当においしいと言って食べてくれて、私より多い量を、1時間くらいかけて食べてくれました。父に「おいしい」と言ってもらえるのを励みに、料理をしていました。ところが、若い頃、父とは、ほとんど話すことはありませんでした。何を考えているのか話さないので、お互いのことは全く理解していなかったと思います。そんな父と、最近、よく話をします。亡くなってからの方 [続きを読む]
  • どんな努力も無駄ではないが、嘘をつとhanyuu氏は語った
  • 3月24日  運命の、血糖値昨日、トモちゃんの受診日でした。血糖値が8.8に跳ね上がり、ついに、インシュリンを毎日自宅で打つことになりました。自己管理ができない人に、母親として世話を焼かれ続ける違和感と腹立ちに加え、自分でできると錯覚している人に、注射を打ってあげるという仕事が加わりました。私はショックで、元気がありません。今までの食事の努力は何だったのか。ちょっと、ぼーぜんとして、昨夜は食 [続きを読む]
  • こころの落書き
  • 3月22日  こころの落書きトモちゃんの短期記憶はほとんどないのですが、たまに正常な時もあります。見当識はほとんどなく、スケジュールの確認は毎日毎日、毎時間、数分おきにしなければなりません。というか、しょっちゅう「いつ?」と聞いてくるので、その受け答えをしなければならないのです。デイケアの曜日も、月水ということは知っていますが、今日が水曜かどうかの認識がないので、「今日行くのか、明日行くのか」と [続きを読む]
  • 春の気配
  • 3月21日 春の気配昨日はお彼岸でした。数日前、父が夢に現れたのは、お彼岸だったからかもしれません。スピリチュアル系のブログによると、この春分の日は特別な日だったようで、とてもパワーのある、願いの叶いやすい日だとか。この日が、本当の意味での新年だそうで、過去を整理し、未来に向けてスタートするには最適の日だったようです。意識したわけではありませんが、あちこちの神社にもお参りし、トモちゃんは老人会 [続きを読む]
  • モネの池
  • 3月19日  モネの池昨日は、とても良いお天気でした。散歩のあと、トモちゃんとドライブしました。何となく南に向かい、山の中を走ること1時間。ふと見ると、関市洞戸という地区の、「モネの池」として一躍有名になった場所に来ていました。そんな気は全くなかったんです。何となくお参りするところを探して走っていたら着いたのです(笑)。モネのスイレンの池に似ている、というので一躍有名になり、5月から6月は [続きを読む]
  • やれやれ??
  • 3月18日 やれやれ亡き父に、「私のことを思っているなら出てこい」という不遜なお願いをして、翌朝の夢で、ちゃんと出てきてくれました。それは昨日の「不思議な夢」に書きました。なぜそんなお願いをしたかというと、結構大変なんです。トモちゃんとの暮らし。短期記憶がない人との暮らしは、本当に、くたびれます。数秒ごとに繰り返される同じ質問や、同じ文言、そして愚痴や不安に耐えなければならず、時には、カッと [続きを読む]