UTA さん プロフィール

  •  
UTAさん: 日経225先物の投資方法
ハンドル名UTA さん
ブログタイトル日経225先物の投資方法
ブログURLhttp://225sp.com/
サイト紹介文日々225先物においてどのようにすれば収益を向上させる事が出来るのかを検証と研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供444回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2016/06/25 09:27

UTA さんのブログ記事

  • 2017年7月へ向けて新たなる日経225先物の投資へ挑戦する方へ
  • さて、2017年の上半期(01月〜06月)が通過しようとしております。ここで一旦、自分自身の投資スタイルや売買方法など、振り返ってみてはいかがでしょうか?もしも、2017年の上半期において、収益を向上させることができたのであれば、日経225先物の売買方法や投資スタイルにおいて間違っていなかったという事であります。日経225先物の投資というのは、常識的な出来事などが通用しない世界であるということを理解しなければなりま [続きを読む]
  • 日経225先物投資 60分足チャート分析 06月24日(土)
  • さて、日経225先物の投資として、06月19日(月)〜06月23日(金)までの展開が、どのような状況であったのかを分析していきましょう。まず、06/19(月)寄り付き価格は19920円辺りで始まりました。前半の価格推移としては、日経先物の価格も20000円を超えて、マーケットの期待感が強まったような印象でありました。後半の価格推移としては、とても落ち着いた状況が続いたというような印象であります。今週は、特に有力な材料は無か [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月23日(金)
  • さて、日経先物の価格は、方向感が出ていない状況が続いております。現在においても、20000円〜20250円辺りを推移しております。つまり、新規建玉「買い」でも「売り」でも、収益を向上させることができない状況が続いております。ちなみに、06月19日(月)19960「買い」建玉を(+110円)・(+250円)にて決済して、残りの建玉を、いまだにホールドして対応しております。結果的に、含み利益の状況が継続しておりますが、そろそろ [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月22日(木)
  • さて、日経先物の価格は20000円〜20250円辺りで推移しております。昨日のナイトセッションにおいても方向感が出ない状態で推移しておりました。これから、新しい価格に向かって停滞しているのか?それとも、大幅に下落して「天井」を迎えていくのか?ということに注目しております。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、20050〜20150円辺りで推移しております。どちらかと言えば「価格の停滞」ゾーンではありますが [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月21日(水)
  • さて、日経先物の価格は、20000円〜20250円の価格帯にて推移しております。ダウ平均は小幅安ということもあり、一服しているような印象であります。今週はあまり材料がないために、このまま停滞する可能性があるのかも知れません。だからと言って、何らかの要因で変動することも考えられるという事であります。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、20100〜20300円辺りで推移しております。どちらかと言えば「価格の [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月20日(火)
  • さて、日経先物の価格は20250円まで上昇しております。そして、NYダウ平均も最高値を更新しております。さらにドル円が、円安方向へ戻しております。ほとんどの指標が、上昇しております。もしも、先週から「売り」目線で考えていた場合は、完全に踏みあげられてしまった相場観であります。逆に、辛抱強く「買い」目線で考えていた場合は、大幅な利益を確保できたという事であります。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月19日(月)
  • さて、日経先物は20000円を回復していきました。このまま、日経平均株価が20000円を超えて、終値を迎えるのか?という場面にも注目しております。先週は、重要な指標として、米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀金融政策決定会合などありました。今週は、特別な材料は見当たらない場面であります。しかし、早急に19750−20000円の価格帯を抜けることができれば、新たな新規建玉の参加者も増えていきますので、大幅に変動していく可 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 60分足チャート分析 06月17日(土)
  • さて、日経225先物の投資として、06月12日(月)〜06月16日(金)までの展開が、どのような状況であったのかを分析していきましょう。まず、06/12(月)寄り付き価格は、19900円辺りで始まりました。前半の価格推移としては、とても緩やかな相場観であったという印象であります。後半は、06月15日(木)米FOMC政策、06月16日(金)日銀金融政策決定会合の発表が控えていたために、上下に激しく変動する事を想定しておりました。し [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月15日(金)
  • さて、日経先物の価格は戻し始めております。結局は、短期的に下落しただけで、中期的に見れば、まだまだ上昇トレンドが継続しているという印象であります。本日、正午過ぎより日銀金融政策決定会合の発表があります。市場の予想としては、現状維持なのでありますが、思惑から予想が外れた場合は、日経先物の価格が大幅に変動するので注意が必要です。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19700〜19950円辺りで推移 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月15日(木)
  • さて、本日の米FOMCの会合が無事に通過しました。市場の予想通り0.25%利上げを実施しました。今年は、まだまだ利上げの可能性があるのかも知れません。そして、為替ドル/円は上下に激しく変動しております。半ば、マネーゲームの対象のような状況が続いているという事であります。日経先物に関しても、全体的なマーケットの値動きに釣られているというような印象です。現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19700〜19950円 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月14日(水)
  • さて、日経先物の価格は緩やかに回復しつつあります。だからと言って、本日に限って「買い」急ぐ必要もないのでしょう。06月15日(木)03:00以降 米FOMC政策金利発表が控えています。つまり、金利0.25%の利上げがあるのか?それとも、ほかにサプライズがあるのか?外国人投資家を含めて、個人投資家たちも注目しているのであります。現状の予想通りという事であれば、利上げが確実視されているようですが、結果を見なければわか [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月13日(火)
  • さて、昨日のニューヨークセッション「22:30−翌05:30」の時間帯は、ほとんど、日経先物の価格は変動しませんでした。どちらかというと、「買い方」、「売り方」のどちらも不在のような印象であります。しかし、19750円を割れることなく、価格は推移していますので、このまま米FOMCの政策金利発表待ちなのかも知れません。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19750〜19900円辺りで推移しております。どちらかと [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月12日(月)
  • さて、日経先物の価格は20000円を割れております。しかし、今までと違うのは、強力な「壁」だったのが、たんなる「節目」に変化していったという事でしょう。つまり、今後は20000円を超えたとしても割れたとしても、あまりサプライズがないような状況であるという事であります。そして、イギリスの総選挙が無事に通過していきました。イギリスのメイ首相である保守党が、議席数の過半数を獲得することができませんでした。ネガティ [続きを読む]
  • 日経225先物投資 60分足チャート分析 06月10日(土)
  • さて、日経225先物の投資として、06月05日(月)〜06月09日(金)までの展開が、どのような状況であったのかを分析していきましょう。まず、06/05(月)寄り付き価格は、20100円辺りで始まりました。前半は、ようやく日経先物の価格も、20000円の壁を超えて推移していった場面が見られました。そうなれば、当面の高値として20500円台が射程圏内に入っていくのも、当然の事として考えられたわけです。ただ結果的に、06月06日(火) [続きを読む]
  • 日経225先物 寄り付きについて
  • 日経225先物の投資をする時に、当日の寄り付き価格がどうなるのか?という事に、注目する事でしょう。もしも、デイトレーダーの方なら尚更のことなのかも知れません。つまり、東京セッション時間帯・午前08時45分「始値」においては、誰もが注目していますし、外国人投資家であっても個人投資家であっても、気になる数値であることには間違いありません。その証拠として、東京セッションの中で、出来高量がとても集中する時間帯で [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月09日(金)
  • さて、日経先物の価格は20000円を節目にして攻防戦が繰り広げられております。そして、イギリス総選挙の、全開票が行われて正午過ぎにどうなるのか?判明することでしょう。ちなみに、英国メイ首相は保守党になりますから、650議席のうち過半数を獲得しなければ、ハングパーラメントの状態に陥ってしまいます。そうなると連立政権を成立させる事になり、サプライズとしてユーロ/円が大幅に変動する可能性があるので注意が必要です [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月08日(木)
  • さて、日経先物の価格は20000円を超えてきております。しかし、昨日のナイトセッションは20000円以下で推移しておりました。つまり、現在20000円という価格は、単なる節目として捉えており、価格が上下に変動しているだけという事であります。そして、重要な指標が控えております。・ECB欧州中央銀行政策金利発表・メジャーSQ算出日(限月の入れ替え)・イギリス総選挙の結果などこのように、大きな指標や発表待ちがあります。そし [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 06月07日(水)
  • さて、日経先物の価格は20000円を割れて推移しております。しかし、現在の状況からすれば、20000円というのは、単なる節目になっているだけであります。つまり、ここから価格が変動したとしても、とくに驚きは感じられないという事であります。それよりも、明日06月08日(木)ECB欧州中央銀行政策金利発表、イギリス総選挙があるので注意が必要です。結果次第では、為替が大幅に変動する可能性も考えられます。そして、現在の価格 [続きを読む]