UTA さん プロフィール

  •  
UTAさん: 日経225先物の投資方法
ハンドル名UTA さん
ブログタイトル日経225先物の投資方法
ブログURLhttp://225sp.com/
サイト紹介文日々225先物においてどのようにすれば収益を向上させる事が出来るのかを検証と研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供431回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2016/06/25 09:27

UTA さんのブログ記事

  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月21日(月)
  • さて、米国市場の主要指数であるダウ平均株価は、一時的に下落しておりますが、一旦は一服して停滞しております。米国の政治的要因によって下落していますので、再度上昇する可能性もあるという事でしょう。さて、日経225先物の価格は、19300円台まで下落する場面が見られました。6月初めから継続していた19750円〜20250円の持ち合いレンジを抜けて、下抜けておりますので、新しい価格を形成しております。なので、少ない出来高量 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 60分足チャート分析 08月19日(土)
  • さて、日経225先物の投資として、今週08月14日(月)〜08月19日(金)までの展開が、どのような状況であったのかを分析していきましょう。今週の印象としては、米国市場の政治的要因、北朝鮮におけるミサイル問題、スペインにおけるテロ問題など。様々な要因が重なって、日経先物も釣られて、大幅に下落していったというような印象であります。そのまえに、日経先物の推移を確認しておくために、直近3か月間「6月から8月中旬」のデ [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月18日(金)
  • さて、米国市場であるNYダウ平均は大幅に下落していきました。トランプ政権による政治的要因、スペインで起きた地政学的リスクなど。様々な要因が重なって下落しているという事であります。さて、日経225先物の価格は19500円辺りまで下落してきております。直近の安値圏、8/10(木)の19350円辺りまで戻してしまうのか?それとも、ここで踏ん張って停滞しながら、再度上昇していくのか?という場面に遭遇しております。いづれにし [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月17日(木)
  • さて、米国市場は堅調に推移しております。NYダウ平均は22000ドルの節目辺りで推移しておりました。米国株の個別銘柄に関しても、順調に上昇しているという事でありますさて、日経225先物の価格は19750円辺りで上下を繰り返しております。昨日の東京セッションから考察すると、あまり変動していないという印象であります。為替ドル/円は、大幅に円高方向へ進んでおりましたが、日経先物は釣られずに推移しているというような印象で [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月16日(水)
  • さて、米国市場はダウ平均22000ドルを回復する場面が見られました。そして、ナスダック総合指数、S&P500なども堅調に推移しております。結果的に地政学的リスクによって、一旦は利益確定に押されながらも、米国の主要な指数は戻し始めてきております。さて、日経225先物の価格は08/10(木)に19350円台だった価格は、早急に戻し始めております。現在は、19750円台の攻防になることが推測されております。すでに新しい価格帯にて推 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月15日(火)
  • さて、米国市場は堅調に推移しており、NYダウ平均は22000ドル台に戻してきております。地政学的リスクの回避から、マーケットが楽観的になり上昇しております。さて、日経225先物の価格も釣られて上昇して反発しております。一時期08/10(木)ニューヨークセッションの終値辺りでは、日経先物の価格19350円台だったわけです。そこから連休を迎えて、08/14(月)寄り付き価格は19480円でした。つまり130円近いギャップアップとなり [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月14日(月)
  • さて、先週の8/11(金)は祝日でありました。そして、先週の米国市場は、大幅に下落していきました。NYダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500など。地政学的なリスクの回避によって、メジャー指数は下落していった場面でありました。さて、日経225先物の価格は釣られて下落しております。6月の初めから8月の中旬までに19750円〜20250円レンジを崩してきたという事であります。つまり、もうすでに新しい価格になっているという事で [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月10日(木)
  • さて、昨日の米国市場はNYダウ平均において停滞しておりましたので、全体的なマーケットの様子を見ているような印象でありました。北朝鮮における地政学的リスクを考慮して、一旦は米国市場の指数「ダウ平均CFD、ナスダック総合指数、S&P500など」は下落しましたが、現在は一服して停滞しております。さて、日経225先物の価格は、19750円の価格帯で推移しております。まだまだ下落する可能性はあるのかも知れません。そして、明日 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月09日(水)
  • さて、米国市場の主体であるNYダウ平均は下落していきました。しかし、22000ドルを割れることなく推移しております。米国は個別銘柄だけを見れば、まだまだ上昇する余地はあるわけで、とても堅調に推移しているという事であります。さて、日経225先物の価格は東京セッションの午前中において、19750円を割れる場面に遭遇しております。6月の中旬以来ということなので、2か月ぶりの19750円割れという事であります。このまま、大幅に [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月08日(火)
  • さて、日経225先物の価格は相変わらず20000円台の攻防が繰り広げられております。日経平均株価の終値も20000円の定着にならずに変動しているという事です。米国市場は、NYダウ平均株価が史上最高値を連日更新し続けております。とても好景気になっているのにもかかわらず、日本の指数は、さえない動きが継続しております。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19900〜20100円辺りで推移しております。どちらかと言 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月07日(月)
  • さて、米国市場はとても堅調に推移しております。連日NYダウ平均は史上最高値を更新しております。米国の個別銘柄に関しても、好景気な状況が続いているという事です。一方、日経225先物の価格は、あまり変動していないという印象です。そして、6月から始まった19750円〜20250円のレンジ内に収まっているという事です。そろそろ価格は変動するのか?それとも、8月中もほとんど変動しない一服相場になってしまうのか?それは、外国 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 60分足チャート分析 08月05日(土)
  • さて、日経225先物の投資として、07月31日(月)〜08月04日(金)までの展開が、どのような状況であったのかを分析していきましょう。今週は、米国市場が堅調でありました。NYダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500など。いづれの指数においても、史上最高値を更新する場面が見られました。つまり、米国市場は、相変わらず好景気であるという事であります。にもかかわらず日経先物の価格は、ほとんど変動していないという印象であ [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月04日(金)
  • さて、NYダウ平均は連日にて、史上最高値を更新し続けております。米国市場は、まだまだ堅調であり、上昇の余地が検討される相場感のように捉えております。さて、日経225先物の価格は、あまり変動することなく20,000円台の攻防が繰り広げられております。日経先物を「買い」目線で考えるのであれば、高値圏辺りで一服して、再度上昇するのが理想的であります。逆に「売り」目線で考えるのであれば、高値圏での停滞が継続して、上 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月03日(木)
  • さて、NYダウ平均は22,000ドルを超える場面がありました。史上最高値を更新中です。米国市場はとても堅調に推移しております。ナスダック総合指数やS&P500なども堅調に推移しておりますから、まだまだ上昇の余地はあるということであります。さて、日経225先物の価格は20000円台の攻防が続いております。日経平均株価に関しては、20000円が定着しない状態が続いているということであります。結局は、6月から継続している19750円〜 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 08月01日(火)
  • さて、今月より8月になりました。これから、日経225先物は新しい価格を生み出していくのか?という場面に注目しております。いづれにしても、6月から発生しているレンジ19750円〜20250円辺りの価格帯に収まっているわけです。そろそろ新しい価格帯に突入して欲しいのです。そんな、希望と理想のギャップが生まれている最中である。というような印象であります。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19900〜20000円 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 07月31日(月)
  • さて、本日は7月末となっております。月末の上昇「買い」に期待している投資家が多い中で、結局は停滞しているという状況が続いているわけであります。日経225先物の価格は、20,000円の攻防が繰り広げられているだけであります。そろそろ、新しい価格を生み出して欲しい。そんな場面ではありますが、8月はどのような相場になっていくのでしょうか?そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19900〜20000円辺りで推移し [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 07月28日(金)
  • さて、日経225先物の価格は20,000円の攻防を繰り返しております。そして、昨日のNYダウ平均は史上最高値を更新しました。非常に堅調に推移しているという事であります。そろそろ、日経先物も上昇して欲しいという希望はありますが、そのような期待値が大きくなるほど、上昇する勢いが無くなるというのも、相場においては良くあるパターンであります。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19950〜20100円辺りで推移 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 07月27日(木)
  • さて、現在の日経225先物の価格は、20,000円を回復しております。昨日のNYセッションの時間帯にて、米FOMC政策金利の発表が通過しました。予想通り「現状維持」という事になりました。しかし、為替ドル/円においては過剰な反応になっております。発表前112円10銭⇒発表後111円10銭辺りまで、急速に円高方向へ進みました。わずか70分程度の出来事であります。恐らく、為替ドル/円を対象にしてFX取引をされている方は、100Pips以上も [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 07月26日(水)
  • さて、本日の東京セッション午前中において、日経225先物の価格は20,000円を回復しております。そして、NY市場も堅調に推移して取引を終えました。ナスダック総合指数、S&P500などは、史上最高値を更新しているのであります。この状況の中で、本日のNYセッションの時間帯27:00以降に、米FOMC政策金利の発表が控えております。結果次第では、為替ドル/円が大幅に変動する可能性もあるので注意が必要です。そして、現在の価格は、 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 07月25日(火)
  • さて、日経225先物の価格は20,000円を回復する場面が見られました。しかし、どちらかと言えば、やや利益確定に押されているというような印象であります。そして、明日のニューヨークセッションタイムである27:00以降に、米FOMCの政策金利発表が控えております。それまで、落ち着いた値動きが想定されるのかも知れません。しかし、発表後によっては、為替ドル/円が大幅に変動する可能性があるので注意が必要です。そして、現在の価 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 07月24日(月)
  • さて、日経225先物の価格は、本日の東京セッション、19945円辺りで寄り付きました。ほとんどギャップを伴っておりませんが、現在の価格は20000円を割れて推移しております。為替ドル/円が円高方向に進んでおります。しかしその割には、日経先物の価格は釣られずに、下落しているような印象ではありません。そして、現在の価格は、直近の変動だけを観察すれば、19900〜20100円辺りで推移しております。どちらかと言えば「価格の戻り [続きを読む]
  • 日経225先物投資 60分足チャート分析 07月22日(土)
  • さて、日経225先物の投資として、07月18日(火)〜07月22日(金)までの展開が、どのような状況であったのかを分析していきましょう。まず、07/17(月)は祝日でありました。なので、07/18(火)より取引が開始されました。3連休を挟んでの寄付きは、20040円辺りで始まりました。ほとんど価格のギャップが起こることなく、取引が開始されたというような印象です。そして、前半の価格推移としては、20000円の攻防が繰り広げられたと [続きを読む]
  • 日経225先物投資 5分足チャート分析 07月21日(金)
  • さて、日経225先物の価格は本格的な上昇を目指していくのでしょうか?それとも、利益確定に押されて下落していくのでしょうか?いづれにしても、米国市場は堅調に推移しております。これに釣られて、本格的に日経先物も上昇すればよいのですが、価格の一服状態が続いております。昨日の東京セッションにて、日銀の金融政策決定会合の発表がありましたが「現状維持」という事になりました。そして、昨日のロンドンセッションにて、E [続きを読む]