なあんおばはんの日常 さん プロフィール

  •  
なあんおばはんの日常さん: なあんおばはんの日常
ハンドル名なあんおばはんの日常 さん
ブログタイトルなあんおばはんの日常
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/naaan
サイト紹介文日々のことを書いてます。テキトーなイラスト付。好きな音楽のことも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/06/25 06:41

なあんおばはんの日常 さんのブログ記事

  • 仕事が片付かなーい
  • ここ数か月、仕事が全然片付かない。ここ数週間はプライベートで引越しのことでぱつぱつだったからまずはそっちのことを考えていたけど引越ししたので仕事のことも考えなきゃなーーーーー。。まじで仕事が片付かない。定時で帰れない。それでも終わらない。うーーーーーーん。。人手が足りないのだ。でも増員するったって、簡単にはいかないし。打開策を考えたいけど、思いつかないし。。まあ、そういうときもあるさ。そういう時は [続きを読む]
  • 一段落の途中
  • 引っ越しから一週間以上過ぎたけどまだ明けていない箱がいっぱいあったりする。つまりは日常生活に不要なものが多いということだ。引越し準備中に「物が多すぎる」とダンナに文句を言われた。「いらないものが多すぎる!」と言われるけど彼には不要でもわたしには「いるもの」なのだ。例えば、ジャムの空き瓶とか。そういう他愛のないものが、私は好きなのだ。無駄が多いけど、無駄の中にも、愛があるので。今日は雨。雨の音が聞こ [続きを読む]
  • 引越しした
  • 水曜日に引越しした。木曜日、出勤。なんだか、通勤が近くなった気がした。まあ、神奈川県から東京都内に移動したのだから、実際、会社には近くなったのだが、ああ、こんなに違うのか、としみじみ実感。通勤が大分ラクになるかもしれない。多摩川の景色を見れなくなったのは少し寂しい。駅までの道は意外に坂道が多く、関東に越してきてから、こんなに坂道がある街に住むのは初めて。何もかも、新感覚。まだ引越しした荷物は殆ど開 [続きを読む]
  • 明日は引越しだけどずぼらなので。
  • 箱詰めしたはいいけど、どこになにを入れたかよく分からなくなっている。まあ、そんなもんだ。ずぼらなのだ。ふと気づいたけど、前回引越してきてから、使っていなかったテーブルの足は押入れにあったけど、ネジはどこなんだろう。。ネジが無いと組み立てられないよなー。まあ、そんなもんだ。ずぼらって、実は面倒なことかもしれない。まあ、いいや。ずぼらな楽天家で行こう。 [続きを読む]
  • 月曜日
  • また月曜日きた。月曜日はちょい憂鬱。また1週間が始まるから?この1週間で何をするかと言うと基本は変わらない。なので、まずは、楽しいことを考える。楽天家で行こう。 [続きを読む]
  • あさが来た
  • 昨夜は起きてから、暫くブログ見たりして、ゆっくりしてたら、何となく寛げた。あれから数時間寝て、6時過ぎに起床。朝から一番面倒な本棚や、机周りの細々したものを、どんどん箱詰め。50分作業したら、10分休憩することにして、タイマーをかけた。多分昨日は集中してずっと荷造り作業していたから、疲れ切ってしまったんだ。相変わらず、時間管理下手くそだ。今日のお昼には目処をつけたいなー。 [続きを読む]
  • また眠れない
  • 昨夜、22時半くらいに寝たら、1時半ごろに目が覚めてそのまま眠れないので起きたけど、なんだか眠い。いま午前2時過ぎだ。昨日から、引っ越しの箱詰めを始めたけどなかなか進まない。不用品を捨てたりしてるからかな。今日明日で、箱詰め完了しないといけない。もっと荷物を減らしたい。もう少し、寝ようかな。眠れるといいな。 [続きを読む]
  • 今朝の急行ラッシュ
  • 久々に七時半くらいの急行に乗ったら、ラッシュだった。田園都市線に比べたら、全然ましではある。普通にラッシュで、人がどんどん乗ってくる。どんどんどんどん。ぎゅうぎゅうな中で、電車が発車すると、歌声がかすかに聞こえてきた。隣の女子中学生だった。管楽器ケースを背負ったセーラー服。小さい小さい声で、歌ってた。ポニーテールで、目鼻立ちのくっきりしたきれーな女子。なんだか、映画のワンシーンみたいだな、と思った [続きを読む]
  • 夏が終わったので
  • 今年の夏は海をたくさん見に行きました。(海の近くに住もうとしていたので。)これからは秋です。今日は引越し先の町に用事で行ってきました。きっとだんだん慣れていくんだろうな。いま住んでいる土地がそうだったように。 [続きを読む]
  • ちょいゆるで。
  • 先週から体調悪い。いろいろな疲れが溜まり過ぎたみたいだ。昨日は体調悪くて欠勤した。疲れたら休む、だ。急に気温下がるし、喘息でるし片頭痛くるしおまけに、ホットフラッシュが来てる。更年期障害っす。身体も大変なんだね。脳も疲れてるし。生活が変わるって、大変なんだな。今朝の地下鉄みんな疲れてる。けど、殺気は無い。ラッシュも大分まし。いいことも、いっぱいある。きついことも、ある。わたしは、わたしのペースをつ [続きを読む]
  • 低気圧
  • 低気圧は苦手。今日は、久々に片頭痛で早退しました。頭痛と吐き気で仕事無理状態。帰ってずっと寝てたら、大分良くなりました。悪化する前に帰宅して良かったです。突然、眼がチカチカして、視界が半分くらいになり、来るなー、と思ってたら、頭痛来ました。市販の頭痛薬飲んだけど、全く効果無し。マクサルトとか持ってなかったし、トイレで数回吐いて、とても電車で帰れないと思い、主人が休みだったから車で迎えに来てもらって [続きを読む]
  • 実は不安だったりする。
  • 生活が変わることほんとうは不安だなんとなく不安。なぜ不安なんだろう別にたいして変わらないのに住居が変わることが不安なのか。それかな。こうして文字にすると少しはっきりしてくる漠然とした不安も中身を整理して文字にしたら、漠然じゃなくなる。不安は、一つ一つ重なると重くなる透明度の高いレイヤーも重なると、色がでてくる。そんな感じ。文字って、凄い。思考は形にすることで、存在を顕す。考えてるだけじゃ、自分にさ [続きを読む]
  • 「おくだ荘の井田塩」と「万願寺とうがらし」と「三浦杉味噌」
  • 我が家には美味しい塩があります。おくだ荘の井田塩です。(画像は「おくだ荘の井田塩」さんのFACEBOOKからいただいてきました。)200gで500円。多分、道の駅で買いました。と、思ってたら、、、勘違いでした。主人に聞いたら、「道の駅じゃなくて「韮山」の農の駅グリーンプラザ伊豆の国で買ったんだよ」と。でした。井田塩のことは全く知らなかったのですが、なんだか、気になったので買ってみたら抜群に美味しいです。。。 [続きを読む]
  • しばらく
  • ブログしばらく更新しなかった。東京はずっと曇りか雨で、もう随分晴れてない。いろいろと生活が変わることになり私は変化についていけない感があったけど、だんだん変化に馴染んできた9月に引っ越しが決まり主人は転職。生活全体がかなり変わる。でも変わらないこともある。だから大丈夫。変化を楽しもうと思う今朝も電車で座れた電車、ありがとう [続きを読む]
  • 今日から
  • 今日から私の2学期開始。昨日まで1週間、夏休みだった。1週間、なんだかんだ、いろいろあった。初めてコストコとイケヤに行ったし、熊野本宮大社にも行ってきた。オーシャンビューの温泉にも行ってきた。ただ、毎晩、喘息発作が出たので、キツかった。喘息発作が復活したとしたら、す、ストレス過多ってことだ。あかんやん。なんでや。来月、引越しもあるし、仕事も相変わらず忙しいし。やばいな。脳、ピンチ??まずは、引越し先 [続きを読む]
  • 喘息
  • 久々に喘息発作。苦しい。笑まじでかなり、苦しい。息が。できない。昨日から夏休みをもらって、いま主人と一緒に実家に帰ってきている。昨夜から喘息。火曜日の夜22時、車で出発して、朝方に大阪に着いたから、寝不足のせいかな。主人が夜通し運転してたから、私は車中で寝てたけど。今回はメプチンエアーもアドエアも持って来ていないから、ただ、発作が落ちつくのをじっと待っている。無力だ。なぜ喘息発作が出るのかよくわから [続きを読む]
  • 不思議な世界
  • 不思議ワールドの住人たちはまるで宇宙人のように「認識」や「受け取り方」「考え方」が、異質だ。って、知り合いに宇宙人(地球外生命体)がいるわけではないけど。なんだか妙に希薄で、存在感がはかないような宙に浮かんでるような、ふわふわ感がある。そして、何か別枠で、非常に鋭敏なのだけれど「いっぱん的」なことからはほぼかけ離れている。理解されにくい。評価されにくい。「できない奴」にされる場合が多い。不思議ちゃん [続きを読む]
  • 時代は変わる
  • なにかが大きく変わりつつある。そんな気がする。50数年生きてきてこんなに世の中が変わるなんて驚く。怖いような気もする。これからどうなるのだろうか。人の雰囲気や町の在り方は昭和時代とは随分変わった。どう変わったか。人によって感じ方や受け止め方はそれぞれ違うのだろう。一番の変化はネットが普及したことかな。情報が簡単に即座に手に入るようになった。情報は、文字や画像と動画で常に更新されていく。情報ダダ漏れだ [続きを読む]
  • 海の近くに住む計画は街中に住む計画へと変遷した
  • この数ヶ月、「海の近くに住む計画」を進めてみた。主人にも協力してもらった。というか、主人も、一緒にワクワクしながら、「海の近くに住む計画」に、参加してくれた。ネットで調べまくって、気になる物件は可能な限り、現地まで見に行った。神奈川、千葉、茨城、と海辺の町や土地を調べた。そして、結局実際に見に行ってみて、私は納得した。海辺の生活はちょっと違う、と。一番、インパクトがあったのが、夢の家、と私が勝手に [続きを読む]
  • NO MUSIC  NO LIFE
  • 今までの私の人生って何だったのだろうか。① 10代の私ひたすら、ピアノ漬け。鬼父の命令で音大ピアノ科を目指すためだけに生きてた私。なんでやねん。私の人生はわたしのものじゃないのか。ピアノに縛られる日々。ベートーベン、ショパン、バッハ。毎日、怒涛のピアノが流れる私の家は近所の子供たちからは「ピアノの家」と呼ばれていた。父は画家で、バイオリンを弾く人だった。ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ第5番「春」 [続きを読む]
  • ひとりでもふたりでも
  • ひとりの時も私はわたしだ主人と二人の時も私はわたしだ私が私なことは変わらないひとりでいてもふたりでいても私はわたしなのだだからひとりでいてもふたりでいてもおなじ。それだけ。自分を見失わないことそれがひとりのときもふたりのときも自分をまもるってことだ。誰といても同じだ。 [続きを読む]
  • 眠れない朝
  • 4時に目が覚めた。まだ暗い。夜明けがだんだん遅くなってる。なんだか寂しい。4時でまだ暗いなんて。一回起きて、頭の中のこんがらがった考えを紙に書いて、アウトプットした。連休明けの今日は多分、仕事は忙しくなる。最近、仕事が全然回らない。残業しても片付かない。やばい。人手が足りないのだ。夏はヘビーだ。過労にならないように気を付けようと思う。仕事が終わらなくても適当に帰宅してる。私のやりかたが、うまくないの [続きを読む]
  • 心斎橋プランタンの、かめパン
  • ここのところ、パンについて調べている。それでふと思い出したのが「かめパン」あのお店、なんていう店だったかな。。。とずっと考えてて、やっと思い出した。そーだ。「プランタン」だ。心斎橋に在った、喫茶店というよりカフェ「プランタン」は大人な感じの洒落たお店だった。入口の近くでパンも売っていた。村野藤吾という方のデザインだったそうな。2003年に閉店して、もう解体されてしまったそうだ。心斎橋大丸に勤めてい [続きを読む]