3分でわかる統合失調症の症状 さん プロフィール

  •  
3分でわかる統合失調症の症状さん: 3分でわかる統合失調症の症状
ハンドル名3分でわかる統合失調症の症状 さん
ブログタイトル3分でわかる統合失調症の症状
ブログURLhttp://tougoushichousyou.com/
サイト紹介文統合失調症の症状をはじめ、原因・治療・チェック方法などについて詳しく解説します。
自由文統合失調症の症状をはじめ、原因・治療・チェック方法などについて詳しく解説します。国内の統合失調症の患者数の割合は、約100人に1人で発症している言われ、思春期〜30歳前後で発症する例が多く、男性の発症年齢が女性と比べて低目の傾向にあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 89日(平均0.8回/週) - 参加 2016/06/25 10:13

3分でわかる統合失調症の症状 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 統合失調症の症状
  • 統合失調症の初期症状統合失調症の初期段階で、よく見られる症状は次の通りになります。・情緒不安定になる ・不眠/睡眠障害 ・イライラする ・不安感が強くなるこのような症状はうつ病などでも多く見られる症状です。そのため上記のような症状があっても統合失調症だと疑う人は少ないようです。 統合失調症の陽性症状陽性症状とは統合失調症において特徴的な症状になります。■幻覚・幻聴聴覚・視覚・触覚など、体の様々な感 [続きを読む]
  • 統合失調症の原因
  • 統合失調症の原因として以下のようなことが考えられます。・遺伝 ・ストレス ・性格 ・妊娠中の感染症・脳の委縮発症原因は1つだけでなく、いくつかの要因が重なって発症すると考えられています。以前までは・統合失調症の発症原因は母親の育て方が原因である ・ストレスによる正気の逸脱などが言われていましたが、現在ではそのようなことが原因として語られることは少なくなりました。 統合失調症と遺伝病気自体が遺伝する [続きを読む]
  • 統合失調症の薬
  • 統合失調症の薬物治療で主に使用される薬は抗精神病薬が中心となります。抗精神病薬とは、古くから使用されてきた従来型抗精神病薬と新しい作用の新規抗精神病薬に分けることができます。 従来型抗精神病薬(定型抗精神病薬)陰性症状や認知機能障害に対しての効果はほとんどありませんが、妄想や幻覚などの陽性症状に対して有効な薬です。脳内に分泌されているドーパミンを強力に抑制し、中脳辺縁系という部分に作用します。■ [続きを読む]
  • 統合失調症のチェック方法
  • 早期治療は他の病気でも基本ですが、発症することで脳にダメージを受けると言われている統合失調症もその一つです。しかし、初期症状ではあまり特徴がないため、本人をはじめ周囲にもわかりにくく、陽性症状や陰性症状が顕著に現れてから治療を開始する人が多いのが現状です。ここでは統合失調症のチェック方法について触れていきたいと思います。セルフチェックは、本人だけでなく家族やパートナーなど周囲の人でも行うことが可能 [続きを読む]
  • 統合失調症の診断
  • 統合失調症の診断は問診からはじまり、本人・家族等を中心にして進められます。・どのような症状か ・症状が現れたのはいつ頃か ・現れた症状がどのように進んだか ・日常生活や社会生活にどれくらいの支障があるか ・既往歴 ・家族に同じような症状の人がいるか ・養育環境受診する医療機関や担当の医師によって内容に多少の違いはありますが、ほぼ似たようなことが質問されます。特に陽性症状が強く出ている状態では、本人に問診 [続きを読む]
  • 統合失調症になりやすい性格・特徴
  • 統合失調症になりやすい性格統合失調症は100人に1人の割合で発症するという実はポピュラーな疾患です。誰にでも発症する恐れのある身近な病気ですが、すべての患者さんに性格が当てはまるわけではありませんが、比較的発症しやすい性格があると言われています。それがドイツの精神科医エルストン・クレッチマーが提唱した統合失調症質と呼ばれるものです。■自閉性内向的で非社交的、内気、孤独で生真面目■精神感受性の亢進臆病で [続きを読む]
  • 統合失調症は完治するのか
  • 結論が話しますと統合失調症を完治させることは大変難しいことです。うつ病等の精神疾患や喘息・糖尿病といった他の病気と同様に「薬を服用しなくても症状が現われないで生活ができる」状態は寛解(かんかい)と呼ばれ、完治と寛解は細かく言うと別の状態を示します。■完治:病気やケガが完全に治ることです。■寛解:病気による症状がほぼ消失し、臨床的にコントロールされている状態。完治というのは完全に治った状態ですが、寛 [続きを読む]
  • 統合失調症は遺伝するのか
  • 現在、統合失調症の原因は特定されておらず、身体的な要因や環境的な要因などが重なることで発症すると考えられており、その中の一つが遺伝があります。遺伝と言っても病気そのものが遺伝するというわけではなく、統合失調症を発症しやすい体質や気質が遺伝すると考えられています。「病気が遺伝しない」ということが一番わかりやすいのが一卵性双生児です。一卵性双生児は、全く同じ遺伝子を持っています。例えば、仮に統合失調症 [続きを読む]
  • 統合失調症の治療
  • 統合失調症の薬物療法統合失調症と診断された場合、治療の中心となるのが薬物療法です。中でも中心となるのが抗精神病薬と呼ばれるものです。抗精神病薬には、従来型抗精神病薬と新規精神病薬の二つの分類があります。従来型精神病薬は陽性症状に効果があり、新規抗精神病薬は陽性症状と陰性症状の両方に効果が認められます。他にも抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬、気分安定剤、薬から胃を守るための胃薬などが処方されます。統合失調 [続きを読む]
  • 統合失調症と仕事
  • 統合失調症を発症すると、その場に応じて臨機応変に対応することが困難になります。常に精神的な緊張状態が続きますので、適度に休息をとることや力を抜いて仕事をすることが難しいため、心身ともに疲労困憊となることも少なくありません。また、状況を把握したり、状況の変化に対応することが難しく、とっさの判断が必要な場面や問題を解決する、複数の物事を並行することが困難になります。その他、同じミスを何度も繰り返したり [続きを読む]
  • 過去の記事 …