こねこのぴっち さん プロフィール

  •  
こねこのぴっちさん: 名無しのネコの独り言
ハンドル名こねこのぴっち さん
ブログタイトル名無しのネコの独り言
ブログURLhttp://kojikoji0502.blog.fc2.com/
サイト紹介文アラフィフ女性がつづる悩み多き日常とつぶやき。要介護の老母の話、愛する猫さん達の話題も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 308日(平均2.8回/週) - 参加 2016/06/26 18:06

こねこのぴっち さんのブログ記事

  • バレエのチケット〜自分へのプレゼント〜
  • 早いもので、明日で4月も終わりですね。まるで初夏を思わせるお天気になった今日、皆さんは楽しい休日を過ごされていますか?私はさっき郵便局に行き、郵送されてきたバレエ公演のチケットを受け取りました。先日、ネットの「チケット先行発売」で、何とか席をゲットでき、お金も振り込んでいたのです。今年の8月某日、兵庫県のホールで催される「バレエ・スプリーム」という公演のチケットです。パリ・オペラ座バレエ団と英国ロイ [続きを読む]
  • 今回は「言って正解」
  • 私は、約1ヶ月前(3月29日)の記事で、あの兼好法師の「徒然草」から、とある一文を紹介しました。繰り返しになりますが、次の一文です。「しやせまし、せずやあらましと思ふ事は、おほやうは、せぬはよきなり。」(口語訳)「しようか、するまいか、迷っているような場合、そのことは大抵、しないほうが良いのである」そして、その記事の中で、下のようなコメントも書きました。【 それにしても、「しようか、するまいかと迷った時は [続きを読む]
  • 早くも新緑の季節に…
  • ついこの間まで「桜はいつ咲くのか?」と、やきもきしていたのに、早くも「新緑の季節」の到来です。今日はまだ4月ですが、私の住む九州地方は「五月晴れ」を思わせるような良いお天気でした?桜の花がはかなく散り、我が家の庭の「モクレン」や「菜の花」も散って、今は代わりに「ツツジ」や「コデマリ」が開花し始めました。(「ムラサキハナナ」は、まだ散るまいと頑張っています??)庭の眺めも、すでに5月の新緑の頃を思わせ [続きを読む]
  • 32年前に「タイム・スリップ」
  • (探し物の最中に出て来た、32年前の「卒業新聞」。懐かし過ぎる…)どうしても急いで必要な「探し物」があって、今日の午前中、実家の自分の部屋を大捜索しました。幸い、探し物は発見できました ??探し物のため、色々なものを片っ端から引っ張り出していたら、何年間も触ってなかった棚の奥から古い書類やプリント類も出て来ました。その中に、とても懐かしいものを見つけました…!(写真1・2枚目)私が高校を卒業する時の「学校 [続きを読む]
  • タロー、元のなわばりに戻る
  • (自分のなわばりに戻ったタロー。実家の車庫前で、周囲を確認しています。元の鋭い目付きが戻ってきました)今日は、久々に猫さんの話題です。今日の昼前、約4ヶ月半、私のマンションで保護していた「自由猫」タローを、元のなわばりに戻しました。「元のなわばり」とは、うちの実家周辺のことです。初めて読んでくださってる方は、この記事だけ見ても「?」でしょうけど…。タローは、何年間もうちの実家にご飯だけ貰いに通ってい [続きを読む]
  • 反面教師
  • 「反面教師」という言葉があるけれど…まさに「ああは、なりたくない!」と思ってしまう出来事があった。本当はそれをここに書くことも、不愉快で煩わしい気分なのだけど…。仕事のことなので、詳しく書けず、説明しづらいけど、要するにこういうことだ。昨年度、私と若い男性のN先生と、ベテランのW先生(女性)の3人チームで、ある係の仕事を任されていた。しかし、年度も変わった4月の頭、昨年度の仕事にミスが見つかったのだ [続きを読む]
  • 母と庭の花、そして桜
  • (ようやく撮影した今年の「満開の桜」)今日の午後、施設暮らしの母を私の車に乗せ、実家にちょっとだけ連れて帰りました。「庭の様子が今どうなっているか見たい!」と、前からしきりに言っていたのです。母は自力では歩けないので、歩行器(ウォーカー)を頼りながらのヨチヨチ歩きですが、家の周りをゆっくりと移動し、ブロック塀ごしに庭の花達を見て回りました。(今日の母。自分の庭を熱心に見ています)母の好きな「木蓮」は、今 [続きを読む]
  • 丸1年、飲酒してません
  • ようやく金曜日が終わりました…??1週間がとてつもなく長く感じられました…??毎年、年度始めの「この時期ならでは」の感覚なんですが。新しく赴任した先生方、新しいクラス、新しい分掌(係)の仕事…。新しいことづくめの毎日は、嫌でも緊張を強いられます。1日が終わる頃には、身体も心もグッタリ疲れてしまい、帰宅すると即、吸い込まれるように「爆睡」という日が続きました。ようやく終わった長い1週間、お酒好きな人なら [続きを読む]
  • ランチと夜桜と…
  • (同僚の女性と4人、和食レストランでランチ)昨日は、心和むことが2つありました。1つは、仲の良い同僚の先生(女性)3人と、ランチに行ったことです。誤解のないよう言っておきますが、我々が自由に学校外にランチに出られるのは、夏休みや春休みの期間だけです。そして、年度始めのこの時期、外に食べに行くような余裕はないので、持参した手作り弁当を食べたり、近くのコンビニで買ってきたり、という感じです。今年は特に、なか [続きを読む]
  • 新年度が始動しました
  • (今年…ではなく、1年前の桜の写真。今年はまだ開花してません…??)ついに、新年度が始動しました。昨日は朝から、新しく赴任した先生方が続々と出勤して、職員室は「見慣れない顔」でいっぱいになりました。毎年、この時期おなじみの光景です。今年は特に、「今までで一番の規模の人事異動」だそうで、壮観でした。職員室の前にズラッと並んだ新任の先生方を見ていたら、2年前、突如「この世界」に放り込まれた時の、不安だら [続きを読む]
  • 平成28年度を振り返る
  • 昨日で、ついに平成28年度も終わりました。今日からは、平成29年度がスタートします。この2〜3月は、卒業式、高校入試、年度末の業務などでバタバタしているうちに過ぎてしまいました。ゆっくり1年間を振り返る余裕もなかったのです。ということで、今さらですが、平成28年度を回顧してみたいと思います。(今から25年以上前、阿蘇の「ばあちゃん家」の庭で撮ってもらった1枚)昨年の4月14日に起こった「熊本・大分地震」では、私の [続きを読む]
  • するべきか、否か…「徒然草」の言葉
  • 国語が好きな方も嫌いな方も、学生時代の授業で、兼好法師の「徒然草」を習ったことがあると思います。そして、この名作の中には「名言」と言ってもいい言葉が沢山出て来ますが、その1つに、妙に私の心に残る一文があります。と言っても、原文を暗記してる訳ではないし、「第○段」だったかも覚えていません…。ただ、その一文の口語訳は、次のようなものでした。「しようか、するまいか、迷っているような場合、そのことは大抵、 [続きを読む]
  • もうすぐ「桜の季節」
  • 今年も、日本に「桜の季節」が巡ってきますね。(沖縄とかは、もう開花してますけれど)1年のうちで、ほんの短期間だけの「特別な花」、大好きで、とても楽しみだけど、ちょっと物悲しい気持ちにもなる花…。そんな「桜のシーズン」が、もう目の前です。昨日は、学校の終業日でした。ついに、今年度も終わりです。この1年間、本当に色々ありました…。せめて最後は、心穏やかに1年間を終えたかったけれど…。実は、思わぬことでまた [続きを読む]
  • 衣替え〜安くて可愛い服を探す〜
  • いよいよ、3月の終わりまで残り10日を切ってしまいましたね。本当に時が経つのはアッと言う間です…??この時期、身辺ではあれこれ色々な動きがあり、何かと落ち着かない季節です。私も他の皆さんも、年度末の忙しさに追われる毎日…。でもフッと我に帰り、周りの風景を見渡すと、いつの間にかもう「春本番」です。春の服に「衣替え」するこのシーズン、私はなぜか毎年「着るものが無い!」と焦ってしまうのです??去年の今頃、 [続きを読む]
  • お彼岸の墓参り・花と猫
  • 昨日は午後から雨が降りましたが、今日の大分市は、朝から春らしいポカポカ陽気となりました。我が家(実家)の猫さん達も、思い思いに家を出たり入ったりして、春の日々を楽しんでいるようです。(すっかり暖かくなったので、昨日から自由に外に出しています)さて、今日の午前中は、彼岸のお墓参りに行きました。(「彼岸の入り」は、今年は17日だったそうですが…)(父の墓前に供えたお花)我が家のお墓は、実家から近い所にあります。 [続きを読む]
  • 今また、「時代劇」が健闘中
  • いきなり変な話題ですが、皆さんは「時代劇」、テレビで見ることがありますか?たぶん、若い方には敬遠されがちな存在だと思いますが…。去年か一昨年だったと思いますが、NHKの朝の番組で、「すたれゆく日本の時代劇」という特集が放送されていました。(時代劇と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「水戸黄門」。昔、父がいつも見ていた時の「初代・黄門様」が一番好きです)私が子供の頃は、どのチャンネルでも1日1回は時代劇を [続きを読む]
  • 3月は、心乱れる月
  • 早いもので、3月も半分が過ぎようとしています。私自身、2日の卒業式、7日の高校入試も無事終わり、昨日は「合格者登校日」、そして今日は「ホワイトデー(関係ないけど??)」…と、3月お決まりの行事やイベントが確実に終わっていきます。あと半月後には、異動が決まった先生方は、学校から去っていきます。実は、私は昔から「3月」という月があまり好きではありませんでした。誤解のないように言うと、決して3月そのものが嫌い [続きを読む]
  • 3.11〜「あの日」から6年〜
  • 3月11日、「あの日」から今日で満6年が経ちました。6年という月日は、被災された方々にとって、あっと言う間のようで、とてつもなく長い年月だったと思います。私達には計り知れない様々な思いを胸に抱き、皆さん、今日の日を迎えていらっしゃるのでしょう。6年前のあの日は、確か金曜日だったと記憶していますが、私はお休みをとっていました。まだ、前々任校に勤めていた時です。担当学年の生徒達が全員、担任の先生と一緒に福岡 [続きを読む]
  • 12年目の命日
  • (在りし日のクロスケの遺影。「食いしん坊」だった彼らしい写真。今も仏壇の前に置いています)今日3月10日は、私と母にとって「忘れられない日」です。12年前、私の実家で「外猫」として暮らしていたオス猫「クロスケ」が、悲しい死に方をした命日なのです。クロスケがどんな死に方をしたのか、それを思い出し、具体的に書くのはあまりに辛いので、ここには書きませんが…。ただ、母と私にとって、悔やんでも悔やみきれない死なせ [続きを読む]
  • ドンちゃん、無事でした!
  • 一昨日からの高校入試も終わり、今日やっと、「SNS解禁」のお許しが出ました。(守秘義務の関係で、入試が終わるまではダメなのです)実は、早く報告したいことがあってウズウズしていたので、早速ブログ更新しています。前回の投稿で、「消息不明」とお伝えした「三本足のドンちゃん」ですが、無事でした!「彼」がどこに居たかと言うと、何と、家(実家)の中です! 「三本足のドンちゃん」は、もう何年間も私にエサだけもらい [続きを読む]
  • 母と、思いが噛み合わず…
  • (これは、つい先日の写真。母が昔から大切にしている牡丹、今年も枯れずにツボミができていました)久しぶりに、私の老母の話です。母はつい数日前、施設で92歳の誕生日を迎えました。腰椎の骨折がもとで、歩行困難な身体になってしまってから、間もなく8年が経ちます。母自身、夢にも思わなかった、突然の災難でした。「死ぬまで住み続ける」はずだった自宅を離れ、老人介護施設で暮らすはめになったのです。そして同時に、一人娘 [続きを読む]
  • ドンちゃんが消えた…
  • 先日の記事にも登場した「三本足のドンちゃん」が、姿を消してしまいました…。もう1週間になります。先週の土曜日(2月25日)、お昼前に庭で姿を見たのを最後に、「彼」はわが家(実家)の敷地から消えてしまったのです。ドンちゃんは右前足がない猫で、数年前、実家の前に遺棄された猫でした。恐らく、それまで人間に酷い仕打ちを受けてきたのでしょう、決して我々人間に心を許さず、警戒心を弛めない猫でした。それでも、わが家の敷 [続きを読む]
  • 「彼ら」の旅立ち〜卒業式の日〜
  • 今日、私の担当する高3の生徒達は、卒業の日を迎えました。お天気が心配されましたが、何とか朝には雨も上がり、さほどの冷え込みもなく、ホッとしました。支援学校では、小・中・高の卒業生達が、一緒に式に臨みます。2月後半からは、卒業学年(小6、中3、高3)を中心に、何度も式の練習を繰り返しました。中には、担任教師に車椅子を押してもらってステージに登壇し、卒業証書を受け取る生徒もいます。安全面に万全を期して、ステ [続きを読む]
  • ついに、髪を切りました
  • わざわざ報告することでもありませんが…??今日の夕方、もうずっと長く伸ばしていた髪を切りに行きました。誤解のないように言っておきますが、これまで全く切ってない、という意味ではありません??長い髪の毛先を、2センチとか3センチとか、切り揃えてもらう程度にはカットしていました。(と言っても、滅多に美容院にも行かない私ですが)今日は本当に久しぶりに、バッサリ切ったのです。一番大きな理由は、明後日の卒業式に、 [続きを読む]
  • 「ウルトラマン」の写真立て〜卒業式まで4日〜
  • いよいよ4日後の3月2日、私の教え子達(高3)は、卒業の日を迎えます。先週は、次々に「最後の」授業が終わっていきました。音楽が終わり、体育が終わり、苦労した「作業学習」の授業も終わり…。毎朝の「ハッスル・タイム」(生徒達の体力作りのための時間)も、3年生は23日が最後でした。もう二度と自分の担当生徒Y君と、こうしてグラウンドを歩くこともないんだな、そう思うと、言葉にならない感情が湧き上がってきました。卒業式を [続きを読む]