たんご さん プロフィール

  •  
たんごさん: コト ノ ココロ、コト の 森。
ハンドル名たんご さん
ブログタイトルコト ノ ココロ、コト の 森。
ブログURLhttp://quantum-tango.hatenadiary.com/
サイト紹介文ひっそり閑かに…哲楽のカフェ。 哲学や本のコト、あれこれ描き連ねて。
自由文哲楽をしてみようかしらん。
(簡単じゃ…ナイけれど…)

トキに仮想的、
トキに同時的に

ブログを更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 86日(平均2.8回/週) - 参加 2016/06/26 07:41

たんご さんのブログ記事

  • テツガク通信 Vol.11 〜哲学カフェ? 2撰+α〜
  • 今日は…哲学カフェ関係?なのかしらん。コミュ能力があげられる?    <哲学カフェ@神保町(はてなブログ)>哲学カフェ関係者が雇われるのかしら??   <大阪大学>哲学者になる方法…。            <株式会社ノードプレース>1. コミュ能力があげられる? 「哲学カフェ」って、告知は多いのですけれど…。 ソノ結果、どうだったの?っていうのが少ない気がするの。 哲学カフェのキロ [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.10 〜科学哲学? 2撰〜
  • 今日見たウェブサイトは…。続・アリストテレスって、バカではないけれど…退屈?<毎日新聞、東京新聞>あの野矢茂樹さん?の後任??         <東京大学 ウェブサイト>1. 続・アリストテレスって、バカではないけれど…退屈? ↓ の続報っぽいモノ(上のタイトルは、著者のインタビュー内容から)。 ・今週の本棚 海部宣男・評『科学の発見』=スティーヴン・ワインバーグ著              [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.9 〜à la carte 2撰〜
  • 今日はこんなウェブサイト…。映画づくりのための…哲学学生のTwitter。 <女子ツク! ウェブサイト>チェコ発…マルクス主義哲学者の撮る写真 <gallery bauhaus ウェブサイト>1. 映画づくりのための…哲学学生のTwitter。 哲学を勉強する大学院生。 昨日公開された映画『二重生活』。 主演する「門倉 麦」さんへのインタビュー。 (どんな学生さんだったのかしらん、参考にしたTwitter。ちょっと気になる…) [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.8 〜à la carte 2撰〜
  •  今日見たウェブサイトは…。人間…それを知るための「尾行」。 <映画『二重生活』公式ウェブサイト>ビジネス + テツガク = ?     <フェリックス・パートナーズ株式会社>1. 人間…それを知るための「尾行」。 どんな、哲学教師なのかしら…。 <本日公開> ・二重生活(Facebook) ・シネマの週末・この1本 二重生活 尾行で発見する「自分」                  (毎日新聞、2016 [続きを読む]
  • 走る本屋さんプロジェクト。
  •  わざわざ…本を車でもっていかなくても… 北海道にも本屋さんくらいあるでしょうに…?? (案外、ナイ…みたい… ↓ 参照) 今回、コチラでお話をうかがってみようかしらん…。(定員24名のトコロ、参加12名。 少ない? 多い?) ↓ ココに書かれているのと同様のレジュメが配られたの。 ・「無書店自治体を走る本屋さん」は、なぜ走る? ? マガジン航[k??] 今後、どのような反応、展開になるのかしら。( [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.7 〜à la carte 2撰〜
  • 今日見たウェブサイトは…。歩きながら哲学してみる。  <カフェフィロ ウェブサイト>自己啓発としての哲学?   <全国書店ネットワーク ウェブサイト>(コレがイマ新しい哲学のカタチなのかしらん?)1. 歩きながら哲学してみる。 哲学散歩。  ・カフェフィロ:イベント詳細 (父の故郷、京都で…。鴨川の「ゆか」で、ゆっくりしたいな) オランダのエラスムス哲学実践研究所。 ピーター・ハーテロー(Peter [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.6 〜à la carte 1撰〜
  • 今日見たウェブサイトから。成功した科学理論って、真理に近づいている?▼国際科学的実在論ワークショップ 2016 ・International Workshop on Scientific Realsim 2016(於 京都大学) (どれだけ科学的実在論が維持できるのか…登録不要、ふらっと行けるわ) 有名ドコロが来るのネ。・IU School of Liberal Arts @ IUPUI: Scholarship Opportunities(Timothy Lyons) ちょっと、ストックしておこうかしらん。・科 [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.5 〜à la carte 1撰〜
  • 今日見たウェブサイトから。哲学者の活路? 学術的な文章を書いてみる? アカデミック・ライティング。・名古屋大学教養教育院教養教育推進室アカデミック・ライティング教育部門教員候補者公募要領 (おヒゲ麗しい戸田山和久さんに、お問い合わせを) 哲学者のイメージ…。 「アカデミック・ライティング」とか、「クリティカル・シンキング」のイメージ? 最近、もたれてきている?のかしらん。 哲学者自身のイメー [続きを読む]
  • ワタシが哲学するのに役立ちそうなブログ。  〜Part 2〜
  • 〜はてなダイアリー篇 5撰〜 前回は、「はてなブログ」でしたけれども… 本家?「はてなダイアリー」も。 (サービスは全部「はてなブログ」に移行…って、実は…勝手に想っていましたの…ごめんなさい…) 気を取り直して、検索してみよう…。・”はてなダイアリー” ”哲学”- Google 検索  (フレーズ検索;2016年6月20日現在、673件)    ※ 検索に出てこなかったものは、ピックアップしていませんの。---- [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.4 〜à la carte 1撰〜
  • 今日見たニュース。フランスでのお話し。高校生が受ける哲学の試験                    <SOCIETAS(ソキエタス) 6月15日> 大学に行こっかなぁって、まず国家資格をとるのネ。  ・バカロレア (フランス) - Wikipediaザ・カンニング DVD-BOX出版社/メーカー: エプコット発売日: 2006/12/01メディア: DVD : 26回この商品を含むブログ (2件) を見る(こんなのも、昔むかし観たっけ…)悲 [続きを読む]
  • Filozofio. 〜初のエスペラント合宿〜
  •  造られたコトバ…エスペラント。  ・エスペラント - Wikipedia (小学生のころ、そんなコトバもあるんだなぁ、って思ったけれど) でも…こっちの方を、想い出しちゃうかも。エスペラント(紙ジャケット仕様)アーティスト: 坂本龍一,Ryuichi Sakamoto出版社/メーカー: ミディ発売日: 2015/04/29メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見る ・エスペラント (アルバム) - Wikipedia(よく聴いたかしら。「ミディ [続きを読む]
  • ワタシが哲学するのに役立ちそうなブログ。
  • 〜はてなブログ篇 14撰〜どんなブログがあるのかしらん。検索してみよう…。・"はてなブログ" "哲学" - Google 検索(フレーズ検索;2016年6月17日現在、814件)「はてな」は人文系に強い(?)っていう古い記憶ユリイカ2005年4月号 特集=ブログ作法 あるいはweblog戦記出版社/メーカー: 青土社発売日: 2005/03/28メディア: ムック購入: 1人 : 63回この商品を含むブログ (210件) を見るに導かれて、いまココに [続きを読む]
  • ハジメテのスター。+α
  • スターって、Facebookで言う「いいね!」のイメージでイイのかしらん。(もしかすると、違うっ!とか言われて怒られるのかも…)スターをつけてくださった皆さん、アリガトウゴザイマス。id:qtamaki+αで…メッセージに「IDコール」というモノがきて…。(何が起きているのか、ヨク分からず…。どんなコトなのか、すごく調べてしまいマシタけれど(笑))id:kasakasa7970ありがとうございました。 [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.3 〜à la carte 1撰〜
  • 今日見たニュース、少なかったみたい…。(でも、ちょっとセンセーショナル !!)アリストテレスって、バカではないけれど…退屈? プラトンの本って、わりと面白いけれど…愚か?                            <朝日新聞 6月8日> 物理の大家、ワインバーグ先生…。  ・スティーヴン・ワインバーグ - Wikipedia 前略。あなたは、本気なのですネ…。 このインタビュー、わたしには難しすぎ [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.2 〜à la carte 2撰〜
  • 今日見たニュースは、どちらも西田幾多郎…。(偶然? 命日〔6月8日〕近くだったからかしら?)「哲学は驚きの念から始まる」のではなく、「深い悲哀の念から始まるべき」 <京都大学ウェブサイト>先生にもこんな心があるのか… <讀賣新聞 6月11日 石川県地域版>1. 「哲学は驚きの念から始まる」のではなく、「深い悲哀の念から始まるべき」 プラトンやアリストテレスが言うように、哲学は「驚き」から始まる? (わ [続きを読む]
  • テツガク通信 Vol.1 〜à la carte 2撰〜
  • 今日見たニュースから。哲学の道ならぬ、「哲学の廊下」?? <毎日新聞 6月9日 東京朝刊>一期一会、どこでも哲学       <朝日新聞 6月8日>1. 哲学の道ならぬ、「哲学の廊下」?? 歩いて思索に耽った「西田幾多郎」の住んでいたマンション。 解体されちゃうけれど、廊下だけ保存展示…。 見せるだけじゃなく、歩かせてくれないのかしらん。  ・日本を代表する哲学者、西田幾多郎(1870〜1945年)が…2. 一 [続きを読む]
  • うぇぶろぐ。
  • ウェブログ(省略形:ブログ)をはじめてみた。仕事をやめよう…かな、とおもったトキから。トキに仮想的に、トキに同時的に、更新。内容は、 思ったコトを 率直に。 考えたコトを アレコレと。自分のための備忘録。そんな感じだったのに…読者になってくださった、奇特な(? 失礼かしらん(笑))方がいらっしゃって。感謝申し上げます。id:taida_no_kiwami [続きを読む]
  • かれこれ…2005年。
  • 〜ブログについて考えていたころ〜今から、もう11年前の2005年。「SNS」か「ウェブログ」か。どっちを始めようか、どっちも始めようか迷っていたあの頃。その1年前(2004年3月3日)にはじまった「mixi」。当時、「SNS」という聞き慣れないコトバが踊っていたけれど…。 「SNS」って?多くの人が何に興味をもっているんだろうって、関心がわきました。 「ウェブログ」?元祖ウェブログの、NCSA(国立スーパーコンピ [続きを読む]
  • 北海道には本屋さんがナイ??
  •  「古本通り」と一緒に?開催されていたイベント。(日程は意図テキ?? 相乗効果をネラッているのかしらん) 東北6県+新潟 ≒ 北海道。 そんな広さをもつ北海道(計179市町村;2016年5月10日現在)。 本屋さんがない市町村の割合 全国ワースト6位 (約50市町村には、本屋さんがナイらしいの。 市町村の数自体が多い気もするけれど…) 加えて、公立図書館設置率 全国ワースト3位 (タテモノがあればイ [続きを読む]
  • 古本通り…テツガク本の想い出。
  •  5月のチカホブックマルシェに先んじて、こんな単発イベントするのネ。 (主催が同じ…。行ってみようかしらん)  ・全長25m チカホ 古本通り (ココの使用料安いのネ:平日4,800円、土日祝7,200円 憩いの空間[E・W・L]) 伺ってみて…。 今回…ワタシを待っている?本は、なかったみたい…。 このイベントでは、↓の本屋さんの取り揃えが、好きかしらん。(普段はインターネット販売ですけれど、イベントでは良 [続きを読む]
  • 本がたくさん…そんなブックマルシェ。
  •  190万人都市…サッポロ。 (ニッポン第5位って、あまり知られていないわネ…) (ヒトがちょっとは?いる割に、あまり文化が…)  ・日本の市の人口順位 - Wikipedia そんな札幌の、地下歩行空間。 チ・カ・ホ。  ・札幌駅前通地下歩行空間 - Wikipedia 2013年12月にスタートした、古本市「チカホブックマルシェ」。・札幌の古本市 チカホブックマルシェ(Facebook)(ソレまでは、バラバラに出店していたのだも [続きを読む]
  • 哲学カフェに…参加してみる。
  •  哲学カフェの告知を見ましたの。  ・本の吟遊詩人: 【告知】哲学カフェ第2回@札幌 ココの会は、一度「本のカフェ」でお邪魔したトコロ。  ・本の吟遊詩人: 【ご報告】本のカフェ第28回@札幌 申し込んでみようかしら。 (テーマがちょっと不安…) どんな雰囲気になる? (「幸福」について、自分のコトを話すことが…ほぼナイ…かしらん) 幸福感をもったことがない。 でも、不幸感ももったことがない。 [続きを読む]
  • 何しようかな…。
  •  何かを知ろう。 (知って、どうするの?) 哲楽に触れられたら…イイな。 (触れようとすると…スッといなくなったり…つかまえようとすると…もっと…) 本とかかわれたら…イイな。 (悠然と向こうで待っている本に…話しかけてみる? あそこの喫茶店で) 漂うオンガクや、流れてくるビジュツに…。 (眼を傾けたり、耳で見つめたり) よく知っているヒトたちに…訊こう。 (書をもって、街に出てみる) [続きを読む]
  • 哲学カフェ?
  • 「哲学カフェ」というものが、ある。  哲学カフェ - Wikipedia有名なトコロだと、  Cafe Philo カフェフィロこういった場を、テツガクできる場に上手くできるかしらん…。少なくとも、まずは体験してみることが、ダイジ?アレコレ考えるよりも…。 [続きを読む]