Papico さん プロフィール

  •  
Papicoさん: Bright
ハンドル名Papico さん
ブログタイトルBright
ブログURLhttp://japangary.hatenablog.com/
サイト紹介文世の中の面白いカルチャーニュースを紹介。カルチャーニュースにこそ人生を豊かにするヒントが隠れている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 263日(平均2.4回/週) - 参加 2016/06/29 11:11

Papico さんのブログ記事

  • 再びブダペスト在住の日本人美容師さんに髪を切ってもらった!
  • 日本にいた時は多い時で2ヵ月に1回のペースで床屋に行っていたが、ハンガリーに来てからいい床屋あるいは美容院と巡り合えず髪を切りたくてもずっと二の足を踏んでいた。しかし、そんな状態が昨年、ブダペストに住んでいる日本人の美容師さんに巡り合ったことで一変した。やはり、①日本人の髪質をわかっている、②日本語が通じるというのは本当にありがたいことで、結果的に自分が思い描いている髪型にしてもらえる。昨年 [続きを読む]
  • 音読は外国語習得に必要不可欠か?
  • 以前、外国語習得における精読、速読、多読、音読について考えた。japangary.hatenablog.com今回はその中の音読について深く掘り下げて考えてみたい。おそらく、日本人であればだれしもが1度は音読をしたことがあると思う。いつか。それは、小学生のころ。音読の宿題が出された人は多いのではないだろうか?ご多分にもれず僕も小学生のころは音読の宿題がしょっちゅう出されていた。当時は音読が嫌いで嫌いで、泣きながら [続きを読む]
  • 精読、速読、多読、音読にはそれぞれどんなメリットがあるのか?
  • 外国語を勉強したことがある人なら精読、速読、多読、音読という4つの言葉は1度は聞いたことがあるのではないだろうか。外国語の上達においてこの4つのキーワードは重要である。そこで今回はこの4つがそれぞれどんなものなのかを確認し、それぞれのメリットを考えてみたい。①精読精読とは1つの文章をじっくりと時間をかけて読む方法である。例えば、1文ずつ文構造や単語、熟語、表現、文法などをチェックしながら読んで [続きを読む]
  • noteでフランス留学記始めました。
  • こんにちは。いつも「ハンガリーから発信中」をご覧くださりありがとうございます!今回は告知です(笑)以前からメルマガを書いており、ここ最近はメルマガのリニューアルのためにお休みしていましたがこの度、メルマガを廃刊し新しくnoteを始めます!そんなnoteでの記念すべき第1回目の連載は「フランス留学記」に決まりました!フランス留学記は2年前に僕がフランスに留学したことについて書いてアメブロにアップして [続きを読む]
  • フランスが抱える自由と責任のジレンマ⑥
  • 移民を受け入れ続けてきたことによりフランス人と移民との間で様々な問題が起こっている。まず、移民の人々がフランス社会になじめない問題である。それを解決するためにフランス政府は移民に対して社会同化政策を長年行った。社会同化政策とは、移民がフランスの社会に適応できるように様々な支援を行うものである。この政策の下、フランス政府は移民に対して、職業訓練の提供、フランス語の教育、住居環境の改善、フランスの [続きを読む]
  • ハンガリーの永住権を取得する2つの方法
  • 誰しもが一度は海外生活に憧れたことはあるだろう。そして、その中には実際に移住し生活し、憧れは確信に変わり、その国にもっと住みたい、願わくば永住したいと思う人もいるのではないだろうか。基本的に海外で永住するためには永住権というものが必要だがその取得の方法はそれぞれ異なる。ハードルが高い国もあれば低い国もある。特に、移民や難民問題、テロ問題や経済問題などが世界的に叫ばれている昨今、どの国も永住権取 [続きを読む]
  • 【増補版】 僕の語学史 英語中学生編 前編
  • おそらく、日本人の9割の人生で初めて触れた外国語は英語だと思う。僕もそうだった。御多分に漏れず僕も中学にあがると同時に英語をやることになった。しかしながら、小学校のころから英語には触れていた。というのも、僕が小学生だった時に僕の学校にきていたALTの先生がボランティアで開いていた英会話教室に母親が参加していて、僕はまだ小学生で父親は仕事中で1人で留守番させるのは危ないという理由で母親が僕を公民館 [続きを読む]
  • もしも部下ができたらこういう上司になりたい
  • 社会人になって約1年が経ち、今までを振り返ってみると国籍問わずいろいろな人と仕事をした。幸い、仕事をした人の中で僕が上司になったとき、こういう風になりたいと思える人に2人も出会うことができた。1)いい意味で適当彼らは一見するとおちゃらけているように見える。1人の上司は仕事中はバランスボールに座り、お菓子を食べながら仕事をしている。しかし、やる時はしっかりやる。厳しくなく、緩すぎるわけ [続きを読む]
  • ITスキルと経験があれば海外でも簡単に就職できる!?
  • 海外で働きたいと思う人は毎年一定数はいるが、実際に海外で就職活動をして仕事をゲットするのは仮に英語ないしその国の言葉が完璧に話せたとしても難しいだろう。なぜ言葉が話せても難しいのか。それは各国には自国民の雇用を守る義務があるからだ。企業が外国人を雇用する際にはその仕事が本当に自国民にはできないものなのか、あるいはなぜその外国人を雇う必要があるのか説明しなければならない。となると、就活する側も [続きを読む]
  • ハンガリーの銀行事情
  • ハンガリーの銀行事情は日本のそれとは違う。日本ではたとえばゆうちょ銀行からお金を引き出すときは、ゆうちょATMであれば手数料は基本的には無料で土日が有料、ゆうちょ以外のATMから引き出すときは有料。手数料も200円前後と一律。だが、ハンガリーはそうではない。僕の銀行はブダペスト銀行という銀行だが、お金を引き出す際の手数料は一律ではなく、引き出す額の0.6%かかる。なので、たとえば10000円引き出 [続きを読む]
  • フランスが抱える自由と責任のジレンマ ⑤
  • 自由と並んでフランスを語るときに欠かせないのが“移民”である。フランスは自由国家であると同時に移民国家とも呼ばれる。確かに、フランスには様々な国からの移民が生活している。フランスの生産人口(15歳以上から65歳未満)の約10%が移民だという。一方、日本は2%未満である。これだけでいかにフランス国内に移民が多いかがわかるだろう。そもそもなぜフランスは移民を受け入れ続けてきたのだろうか。その大 [続きを読む]
  • ヨーロッパにはない?部活”というもののよさ
  • 高校サッカー選手権大会が閉幕した。青森山田が5-0という圧勝で初優勝した。今大会、青森山田は圧倒的な強さで、特に中学の時にサッカー部に所属し、GKをやっていた僕にとって青森山田のGKの廣末選手のプレーは圧巻だった。僕は既に述べた通り、中学ではサッカー部に所属し、高校ではハンドボール部に所属していたが、改めて思い返してみると部活はよかったなと思う。おそらく、自分の学生時代の最も濃い思い出は [続きを読む]
  • パスタとサンドウィッチビジネスの可能性
  • 昨年、イタリアのベネチアに旅行に行ったときにパスタのお店とサンドウィッチのお店に入った。両方とも値段が手ごろにも関わらず、具材が多く、味もかなりおいしかった。日本ではパスタもサンドウィッチも具材が多いものは値段が張る。しかし、ベネチアのこの2つのお店を見て、日本でも似たようなお店を出せる可能性は十分あり、かつ出せば流行るのではないかと思った。パスタビジネスの可能性僕が立ち寄ったのはレ [続きを読む]
  • 今年も世界は混沌としている
  • 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もつまらないブログですが宜しくお願いいたします。今年も世界は混沌としている年明け早々、トルコでテロがあった。去年の年明けも同じように暗い事件が起こったが、今年も同じような始まりで不吉だ。想えば、昨年、世界はテロへの恐怖であふれていた。アフリカ、ヨーロッパでテロが頻発し、アメリカでもテロが起こった。今年もテロの恐怖は続くようである [続きを読む]
  • 今年もいろいろありました・・・
  • 海外で年を越すのはこれで3度目。海外で生活するのはこれで2度目。今年は大学と車校とバイト先を卒業して、ハンガリーに移住して働き初めてと24年間の人生の中で最も変化の大きかった年だと思う。海外生活というと華やかなイメージを持つ人が多いと思うが、もちろん楽しいことばかりだけでなく文化の違いや言葉の壁などで様々な問題が生じたこともあった。ただ、新卒で海外の現地企業に就職するという不安定な道を選 [続きを読む]
  • この1年ハンガリーでいろんな日本人に会ったけれど・・・
  • 今年の3月に大学を卒業して、そのままハンガリーの会社に就職してこっちに移住した。それから早9か月、ハンガリーで様々な日本人の方に会う機会に恵まれた。日本食レストランを経営する日本人。新規事業に挑戦する日本人。美容師として働く日本人。カラオケ店を経営する日本人。海外でなにかしている人は頭がいいとか才能があるなどのイメージを僕は持っていたし、多くの人が同じように思っていると思うが、実 [続きを読む]
  • ブダペスト在住の日本人美容師に髪を切ってもらった!
  • 海外で生活しているといろいろ困ることが出てくるが、僕にとって困っていることの1つは美容室だ。まず、日本人とヨーロッパ人の髪の毛は違うようなのでヨーロッパ人の美容師が日本人の髪の毛を切るのはなかなか難しいということ。そして、ブダペストには英語ができる美容師さんが多いが、それでも外国語で自分の思い描く髪型を伝えるのは難しいということ。以前、ハンガリーに多くあるBio Hairという有名な美容室に行き [続きを読む]
  • ハンガリーの高校の卒業式に参加してみて・・・
  • ハンガリーの高校の卒業式に参加してきました。ただ、卒業式とはいっても実際の卒業は3月でこの卒業式に参加しても3月に卒業できるかどうかはこの後の試験で決まるというなんとも不思議な卒業式。しかも、3月には規模は小さくなるけど本当の卒業式もあるようで、だったらこの卒業式いらないじゃんと思うが、ハンガリー人の学生にはすごく大切な式だそう。日本と違う点としてはメインがダンスであること。ダンスは2 [続きを読む]