Papico さん プロフィール

  •  
Papicoさん: Bright
ハンドル名Papico さん
ブログタイトルBright
ブログURLhttp://japangary.hatenablog.com/
サイト紹介文世の中の面白いカルチャーニュースを紹介。カルチャーニュースにこそ人生を豊かにするヒントが隠れている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 346日(平均2.1回/週) - 参加 2016/06/29 11:11

Papico さんのブログ記事

  • 欧州バックパックの旅 ①痴漢疑惑から旅が始まる?
  • 大学1年生の春休み、ついに僕は海外に旅に出ることを決めた。大学に入って、フランス語を専攻しフランス語に魅了された僕はフランス語の本場フランスをどうしても訪れたかった。そして、大学入学から1年間、ようやくお金を貯めて地元の友人と2人でヨーロッパに行く計画を立てた。僕の最大の目的はフランスに行くこと、それとイタリアに行くことだった。イタリアはフランス以上に訪れてみたい国だった。美しい世界遺産 [続きを読む]
  • 副業でハンガリーのゲーム会社で働いた話 前編
  • ハンガリーのビデオゲームをプレイしたことがある人はいるだろうか?え?ハンガリーにゲーム会社なんてあるの?と思う人が大半だろうが、ハンガリーにもゲーム会社はある。その会社で働くようになったきっかけは僕がメッセージを送ったことだった。当時、ハンガリーのIT企業で働いていた時になにか副業をしたいと思い、ゲーム会社であればテスターを募集しているのではと思いダメもとでメッセージをした。すると、たまたま [続きを読む]
  • ベルギーの企業から内定取り消しをされました・・・
  • Twitterでハンガリーの企業2社、フランスの企業1社、ベルギーの企業1社の最終面接までいき、うち1つの企業から内定をもらったと書きましたが、実はそれがベルギーの日系企業でした。ですが、昨日内定を取り消されてしまいました。理由は大きく分けて2つあるそうです。理由① 書類の準備に時間がかかりすぎビザ申請のために大学の英文の卒業証明書や健康診断書が必要だと言われたので早急に準備に取り掛かりました。 [続きを読む]
  • お仕事依頼
  • ハンガリーから発信中にご訪問くださりありがとうございます。ハンガリーから発信中では以下のサービスを提供しています。Skype相談(30分1000円〜)外国語学習や留学、ヨーロッパ旅行、海外生活、海外就活、国際恋愛に関してご相談に乗らせていただきます。事前にメールにて相談内容をお知らせください。記事の執筆記事の執筆依頼を承ります。得意分野は「語学」・「留学」・「海外生活」・「フランス」・「ハンガ [続きを読む]
  • 海外就活 虎の巻ついに発売しました!
  • 1年間働いていたハンガリーのIT企業を辞め、フリーになったという記事を書きましたが、あれから時は少し流れ様々な理由から転職活動を始めました。主戦場はヨーロッパ!最終的に4社のヨーロッパの企業の最終面接に駒を進め、うち1社から内定をもらい、1社から不採用通知をもらい、2社は結果待ちの状態です。海外、その中でもヨーロッパで就職することに興味を持っている人は多く、僕の経験が少しでも役に立てばいいと [続きを読む]
  • 【増補版】 僕の語学史 英語中学生編 後編
  • *英語中学生編 前編はこちらからjapangary.hatenablog.com英語への情熱がなくなったとはいえ、当時の僕は、勉強はよく頑張っていた。なので、学校の小テストや定期テストの点数はそれなりによかった。しかし、よかったのはあくまでも学校の定期テストだけで、県の模試の英語の点数は相変わらず毎回悲惨なものだった。前編でも述べたが学校の定期テストは教科書の内容や単語をしっかりと覚えればそれなりの点数が取れる。一方、 [続きを読む]
  • フランスが抱える自由と責任のジレンマ⑦
  • 社会になじめずに貧困層へと落ちた移民が次にたどり着く場所が2つある。1つは犯罪である。たとえば、シンナーなどの薬の使用と売買や窃盗、殺人などが挙げられる。2つ目はテロである。居場所をなくし、社会に対して不満を持った移民たちが自身の主張を訴えるためにテロという行為を行うのである。言うならば、テロという行為は落ちこぼれの自己主張なのである。また、政教分離の問題もある。政教分離とは、国家と宗教は切 [続きを読む]
  • 海外に住みたいがためになりふり構わないことは間違いか?
  • 先日、ハンガリーにある日系企業で日本人の方(Aさん)と話す機会があった。その会社は日本に本社があり、ドイツやハンガリーなどに支社があるようだ。Aさんは普段はドイツで働いていて、今回たまたま用事がありハンガリーの支社に来たそうだ。Aさんとは仕事の話や海外生活の話、海外就活の話などいろいろな話をしたが、その中で最も気になったのは「海外に住みたいがためになりふり構わない人についてどう思うか」というこ [続きを読む]
  • ついにハンガリーでワーホリ解禁!その魅力は?
  • 1 本14日,東京において,岸信夫外務副大臣及びシーヤールトー・ペーテル外務貿易大臣(H.E. Mr. Peter SZIJJARTO, Minister of Foreign Affairs and Trade of Hungary)の間で「ワーキング・ホリデー制度に関する日本国政府とハンガリー政府との間の協定」の署名が行われました。2 この協定は,ワーキング・ホリデー制度の参加者として有効な査証又は一時滞在許可証を所持する相手国の国民に対し,入国の日から一年間の滞在 [続きを読む]
  • 海外から日本に格安で国際電話をかける方法とは?
  • パリで財布をすられ、日本のクレジットカードやIDカードを盗まれると最優先でしなければならないのはカードを停止することです。しかし、海外から日本に国際電話をかけようとすると高額な通話料がかかるのではないかと思っている人が多いのではないでしょうか。確かに一昔前はそうだったと思いますが今は違います。結論から言うと僕は日本に電話するときは?Skype”を使っています。SkypeはSkype同士であれば無料でテレビ電 [続きを読む]
  • パリでベタな手法により財布をすられた俺の物語
  • 1週間くらい前にフランスのパリに行ってきた。フランスには旅行で何度も訪れたことがあり、留学もしていた。そして、今まで1度もフランスで危ない目に遭ったことがなかったので完全に油断していた。滞在最終日の夜、エッフェル塔に足を運んだ。ライトアップされてきれいだったそれをビールを飲みながら近くの芝生に座り眺めていた。30分後、酔いがいい感じにまわりはじめた俺は芝生から立ち上がり、エッフェル塔の周りを [続きを読む]
  • 再びブダペスト在住の日本人美容師さんに髪を切ってもらった!
  • 日本にいた時は多い時で2ヵ月に1回のペースで床屋に行っていたが、ハンガリーに来てからいい床屋あるいは美容院と巡り合えず髪を切りたくてもずっと二の足を踏んでいた。しかし、そんな状態が昨年、ブダペストに住んでいる日本人の美容師さんに巡り合ったことで一変した。やはり、①日本人の髪質をわかっている、②日本語が通じるというのは本当にありがたいことで、結果的に自分が思い描いている髪型にしてもらえる。昨年 [続きを読む]
  • 音読は外国語習得に必要不可欠か?
  • 以前、外国語習得における精読、速読、多読、音読について考えた。japangary.hatenablog.com今回はその中の音読について深く掘り下げて考えてみたい。おそらく、日本人であればだれしもが1度は音読をしたことがあると思う。いつか。それは、小学生のころ。音読の宿題が出された人は多いのではないだろうか?ご多分にもれず僕も小学生のころは音読の宿題がしょっちゅう出されていた。当時は音読が嫌いで嫌いで、泣きながら [続きを読む]
  • 精読、速読、多読、音読にはそれぞれどんなメリットがあるのか?
  • 外国語を勉強したことがある人なら精読、速読、多読、音読という4つの言葉は1度は聞いたことがあるのではないだろうか。外国語の上達においてこの4つのキーワードは重要である。そこで今回はこの4つがそれぞれどんなものなのかを確認し、それぞれのメリットを考えてみたい。①精読精読とは1つの文章をじっくりと時間をかけて読む方法である。例えば、1文ずつ文構造や単語、熟語、表現、文法などをチェックしながら読んで [続きを読む]
  • noteでフランス留学記始めました。
  • こんにちは。いつも「ハンガリーから発信中」をご覧くださりありがとうございます!今回は告知です(笑)以前からメルマガを書いており、ここ最近はメルマガのリニューアルのためにお休みしていましたがこの度、メルマガを廃刊し新しくnoteを始めます!そんなnoteでの記念すべき第1回目の連載は「フランス留学記」に決まりました!フランス留学記は2年前に僕がフランスに留学したことについて書いてアメブロにアップして [続きを読む]
  • フランスが抱える自由と責任のジレンマ⑥
  • 移民を受け入れ続けてきたことによりフランス人と移民との間で様々な問題が起こっている。まず、移民の人々がフランス社会になじめない問題である。それを解決するためにフランス政府は移民に対して社会同化政策を長年行った。社会同化政策とは、移民がフランスの社会に適応できるように様々な支援を行うものである。この政策の下、フランス政府は移民に対して、職業訓練の提供、フランス語の教育、住居環境の改善、フランスの [続きを読む]
  • ハンガリーの永住権を取得する2つの方法
  • 誰しもが一度は海外生活に憧れたことはあるだろう。そして、その中には実際に移住し生活し、憧れは確信に変わり、その国にもっと住みたい、願わくば永住したいと思う人もいるのではないだろうか。基本的に海外で永住するためには永住権というものが必要だがその取得の方法はそれぞれ異なる。ハードルが高い国もあれば低い国もある。特に、移民や難民問題、テロ問題や経済問題などが世界的に叫ばれている昨今、どの国も永住権取 [続きを読む]
  • 【増補版】 僕の語学史 英語中学生編 前編
  • おそらく、日本人の9割の人生で初めて触れた外国語は英語だと思う。僕もそうだった。御多分に漏れず僕も中学にあがると同時に英語をやることになった。しかしながら、小学校のころから英語には触れていた。というのも、僕が小学生だった時に僕の学校にきていたALTの先生がボランティアで開いていた英会話教室に母親が参加していて、僕はまだ小学生で父親は仕事中で1人で留守番させるのは危ないという理由で母親が僕を公民館 [続きを読む]