あいあんさいど さん プロフィール

  •  
あいあんさいどさん: 鉄・街・旅な、つぶやき日記
ハンドル名あいあんさいど さん
ブログタイトル鉄・街・旅な、つぶやき日記
ブログURLhttp://ironside.blog54.fc2.com/
サイト紹介文鉄道、街歩き、そして旅。国内の乗り鉄旅行を中心に、時折食べ物ネタなども混ぜながら綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 332日(平均6.2回/週) - 参加 2016/06/26 19:28

あいあんさいど さんのブログ記事

  • 本音と建前のせめぎ合い? の巻 その4
  •  引き続き、久喜市の鷲宮神社より。 普段は境内の東側に安置されている「千貫神輿(せんがんみこし)」。毎年9月第1日曜日に行われる「土師祭(はじさい)」にこれの渡御が行われ、他に「いわゆる聖地」の由来となった漫画「らき☆すた」をモチーフにしたお神輿も登場するそうです。 なので、近年の「土師祭」に関しては「そっち関係」のイベントも含め、神社周辺を挙げてのお祭りモードになるようです(ご参考までに。)。 鳥 [続きを読む]
  • 本音と建前のせめぎ合い? の巻 その3
  •  前章最後の「光天之池」の隣には、「明治天皇御用水之井」と刻された碑が。やはり由緒あるお社ならではですね。 では、うがい手水に身を清め、いざ、お参り。 よいこのみなさ〜ん、まもってねえ〜んっ♪(←誰なんだよ) 前回のような難しいことはもう申しません。ただただ、つつがなく過ごせますように…(二礼二拍手一礼)。 境内にはこのようなものまでありました。これって、手前の二つの石がそうだったんでしょうか。  [続きを読む]
  • 本音と建前のせめぎ合い? の巻 その2
  •  てなわけで、 今回の目的地、鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)に到着。ここではもうわりとお馴染みな所ですかね(笑)。 関東最古の大社とされ、いわゆる「お酉様」の本社でもあります。 もちろんそれだけでもありません。あえてというか、まだ申しませんが(苦笑)。  個人的には今回で4度目です。 なので、具体的にも多くは語りません。 詳しくは神社のHPを張っておきますので、そちらをご覧ください。 境内にある、「 [続きを読む]
  • 本音と建前のせめぎ合い? の巻 その1
  •  12日。 いろいろあってなかなか車以外で出かけられなかったので、 運動かたがた親同伴で出ることになりました。 出ること自体は前から決めていたのですが前日まで行き先がなかなか決まらず、 親の顔を立てて花の名所に行こうとするも、 近場はほとんど終わっているし、見ごろの所は遠すぎる…。 悩んだ結果、こっちは何度か行っていても向こうはまだない所が見つかったので、 かなりの近場ですがそこへ行くことにしました [続きを読む]
  • 私は鶏になりたい(仮)。
  •  ずいぶん前になりますが、近所のコンビニへ買い物に行った時、 「かんたんdancyu」のシリーズで、からあげに関する本を見つけ、その内容の濃さに思わず衝動買いしてしまいました。 基本的なもののレシピから様々な部位のバリエーションに、本格的なフライドチキンや竜田揚げ、さらにはその歴史や全国のご当地唐揚げを網羅した楽しいコラムと、まさに完全本。 からあげというと、 個人的にはこういったやや洋風なものや、 こ [続きを読む]
  • 妻沼二景。 その4
  •  本章で完結いたします。引き続き、妻沼聖天山より。 境内の北側へ。 その西側にはヒノキとケヤキが綱でつながっているものがありました。 同じニレ科ということなので、「相生の松」のような夫婦和合の象徴のようになっています。 その先には小さな池と滝が。 しかし、その周りには物騒なことが書いてあるバリケードがありました。 え〜なになに… ……へ? マ・マムシ……!? ………………。 「よおよおよお〜……あ [続きを読む]
  • 妻沼二景。 その3
  •  さて、もともとは資料館だけのつもりだったのですが、 せっかくここまで来たのでやはり押さえておかないといけないなと思い、 行きました。本来ならばまずこっちなんでしょうけどね…。いわゆる「妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)」。 正式には「聖天山歓喜院長楽寺(しょうでんざんかんぎいんちょうらくじ)」。高野山真言宗の準別格本山のお寺だそうです。 平安期の治承3(1179)年に、この辺りの「長井荘」を治めてい [続きを読む]
  • 妻沼二景。 その2
  •  引き続き、妻沼展示館の元東武熊谷線キハ2000形2002号。 以前は内部が自由に見学できたそうですが、今は施錠されており展示館の事務室で許可をもらうことになっているようです。 せっかくなので入ろうかと思いましたが、今回も見合わせてしまいました…。 前回はそもそも休館日だった気がします。今回は開いていたので中まで見てもよかったんですけど……。 その代わり、というのも変ですけど、撮れるだけ撮っておきます。  [続きを読む]
  • 妻沼二景。 その1
  •  連休中はまともに出かけていなかったので、ネタ的にもまた飲食系が続いてしまっていますが、連休明けの数日後(9日)、車ではありましたが行ってきたので、そのご報告を。さすがに地元からだとその方が楽なので。 タイトルにある通り、妻沼(めぬま)へ。今は熊谷(くまがや)市になっていますが、かつての「大里郡妻沼町」です。 なぜかというと、 久しぶりに「あの方」にお会いしたくなったので。こちらの「熊谷市立妻沼展 [続きを読む]
  • 「せうゆ」だけぢやありませぬ。
  •  前記事の焼き鳥屋さんに行った明くる日(5日のこどもの日)、叔父の所へ行く前に昼を済ませることになり、従兄がまだ行ったことがないので、 佐野の「COCO nora(ココノラ)」さんへ。連休期間はラーメンのみですが、そもそもそれが目当てなので。開店前からもう既にたくさんのお客が並んでいました。 もういただくのは決まっているのですが(笑)、メインの方に「しお」もあるようなので、前々からずっと気になっていました。 [続きを読む]
  • 満を持してのご紹介。
  •  地元にもそれなりの飲み屋さんがあるにはありますが、こんな時代なのでほとんど「単独家飲み」で済ませることが多く、1軒いいお店があっても紹介する機会がなかったのですが、 4〜6日に、先月末に行った親戚の従兄が、地元の叔父の所で飼っていた犬が死んでしまったのでその供養と、親父の墓参りを兼ねて来てくれまして、 いわゆる「いける口」なので、数ヶ月前にお世話になったお礼も兼ねて、そのお店に行きました。 市内の [続きを読む]
  • ふしぎなコラボ。
  •  最近コンビニで見つけたもの。 今人気らしい純米大吟醸酒の「獺祭(だっさい)」とのコラボを果たした、味覚糖さんのソフトキャンディー「ぷっちょ」。セブンイレブンでの限定販売だそうです。 あまり日本酒は飲まないのでよく知らなかったのですが、その世界ではかなりの人気を誇るようで、そんじょそこらではなかなか手に入らないようですね。 高級なものが必ずしも絶対にうまいとは思えないという、ひねくれ者の私でも何と [続きを読む]
  • 単独ハマ参り。 その3
  •  東口まで送ってもらい、京急へ。 この後の快特高砂行きに乗っていきます。さほど待ちません。 結果的に「エア急まつり」になりました(←なんのこっちゃ)。 快特到着。こ・これは……! 今回はいろんな意味でついています。 ただ、改正後の下りの特急がはっきりわからなかったので、 多少待つかと思っていたら、 なんと本来1時間ヘッドのはずのこの時間帯(午後2時台)に臨時が出ており、ほとんど待たず&急がずに乗るこ [続きを読む]
  • 単独ハマ参り。 その2
  •  では改めまして、相鉄へ乗り換えます。みなみ西口は、かつて「相鉄口」と呼ばれていたそうです。 今回は乗り継ぎの接続が非常によく、浅草では都営のホームに出た時にちょうど京急久里浜行きの快特が到着し、ここではちょうど出るのが湘南台行きの快速でした。 その前にこちらの特急が出ていたのですが、停まらないので数えません(笑)。 もはやおなじみの(?)、相鉄のキャラクター「そうにゃん」。 こんな所にまで大活躍 [続きを読む]
  • 単独ハマ参り。 その1
  •  おかげ様でギブスが外れての日常生活も大分支障がなくなってきまして、 今月中にはいよいよ「社会復帰」の方も、めどが立ちつつあるくらいにまでなりました。 無論今までのような無茶なことはまだできませんが…、 いや、 よくなってもしないようにします。もうこりごりなんで。 先月29日。いろいろとお世話になった横浜の親戚へのお礼参りを、今回は単独(※家だけで)の泊まりがけで実行することにいたしました。連休中は [続きを読む]
  • 新規開拓@超ど近所。
  •  先日、リハビリを兼ねた散歩の折、前々から気になっていたあるお店に行ってみようということになり、 そこへ初入店。かなり近所の、「けん蔵」さんという蕎麦屋さんです。 こちらはやはり至近距離にある「玉川屋」という和菓子屋さんのご子息が去年の7月に始められたお店で、それ以前もずいぶん前からそちらで限定ながら生そばを売られていたので、近所では知れた存在ではあったのですが、なかなか食す機会に恵まれず、まさに [続きを読む]
  • 「基本」も作って食ってみた。
  •  いつぞや、「ヒガシマル醬油」さんの「カレー焼めしの素」をご紹介し、 その時にしょうゆのそれもあることを知り、さらに追記で入手したことと、 いずれに記事にするかもしれないということも述べましたが(証拠。)、 ついに「その日」がやってまいりました(笑)。 見た感じはあの「永〇園」さんの炒飯の素を使ったっぽいですが、作り方で言えば明らかに焼き付けた感が強いので、やはり「焼めし」と言った方がふさわしい気 [続きを読む]
  • 久しぶりの初めて? の巻 その5
  •  本章で完結です。 羽生に戻ってきました。これで済ませてしまうのもあれですけど…。 まあ、あんまり昇り降りするのもきついので。 余裕が出てきてもあまりしないようにします(戒め)。 んで、東武。 改正前日ということもあってこちらも準備万端でした。 でもこのパターンは変わらず…。 往きはもっとひどいのですが…まあ、もう止します。 帰り道。またもや「ぷゆま」さんに出くわしました。しかも同じ下り。 さすが [続きを読む]
  • 久しぶりの初めて? の巻 その4
  •  引き続き、熊谷より。 まずは南口にて小休止。 で……、 やはりここに出たからには、何か食べておきたいのですが、 朝にがっつりいっちゃったせいで、さほど空いていませんでした。 ここには「麺類の誘惑」にかられる要素がいろいろございますが、 どこも結果的にがっつりいってしまうところばかり。そういう「誘惑」もしっかりしてくるので油断がなりません(笑)。 なのでひとしきり悩んでいたのですが、 いつぞや、と [続きを読む]
  • 久しぶりの初めて? の巻 その3
  •  引き続き、秩父鉄道のソシオ流通センターより。 羽生方をのぞみます。 ホーム側には待合室もありますが、個人的には若干落ち着きません…(※あくまで個人の感想です)。 …ええ、ちゃんと入りました。でも、そういうことなので写真は「なし」で(苦笑)。 駅の北側はいかにも関東平野な光景です。 まだ多少余裕があるので、戻らずに行きます。5000系(元都営三田線6000系)の熊谷行きで、 そのまま終点まで。そりゃそうで [続きを読む]
  • 久しぶりの初めて? の巻 その2
  •  さて、何をもって「ただのリベンジには終わらなかった」のかといいますと、 今月1日、持田〜熊谷間に、 その名も「ソシオ流通センター」という新駅が開業していたようで、せっかくなのでまず降りてみることにしたからです。 いや、正直、この間に駅ができるとは想像していなかったもんで、びっくりでした。 直線区間に小ぢんまりとたたずむ、1面1線のホーム。 駅舎もシンプルな造りですが、しっかりとバリアフリー対応にな [続きを読む]
  • 久しぶりの初めて? の巻 その1
  •  20日。当初はそのつもりはなかったんですが、非常にいい天気でしたので、何となく勢いで出てみることにしました。まあ、無理はしない程度に。 山辺の駅へ向かう途中、下りの「りょうもう」が通過。何となく幸先がよさそうな予感が…(笑)。 もっとも、あの数分後に久喜行きが来てしまっていたので、どうしようか迷ったのですが、結局次の館林行きに乗っていくことにしました。 で、その終点。 冒頭申したように、ちょうど改 [続きを読む]
  • 暑いと食べたくなるもの。
  •  昨日までの記事の「リハビリ」を行った日(4/16)の夜、 久しぶりに「かね家」さんに行ってきました。 その記事の冒頭でも書きましたが、この日はとてもいい天気で夜になっても暑い状態が続いていたので、軽くでいいかなと思い、 「箱そば」を。量的には2人前ということになっていますが、割にするっといけます。やや太めですが、コシものど越しも絶妙です。 栃木県足利市堀込町232-6 営業時間:11:00〜21:30  定休日:元 [続きを読む]
  • 改正前のリハビリぶらり。 の巻 その7
  •  本章で完結いたします。 東京メトロ日比谷線の03系。新型の13000系は先月25日にデビューしたようですが、さすがに見られませんでした。 乗り継ぎ待ちに20分ほどあると、前章最後の大師前行きも戻ってきちゃいます(笑)。 03系ふたたび。個人的にはこの形の方が好きだったりします。すっきりしたデザインというのもそれはそれで今っぽくていいですし、ごつけりゃいいってもんでもないとは思いますが、これはバランス的にもい [続きを読む]
  • 改正前のリハビリぶらり。 の巻 その6
  •  夢見心地で大師線を往復した後は、 せっかくなので出てみました。長時間歩くのはさすがにきついですが、せめてこれくらいは。まったく歩かないというのもよくないので。 駅ビル「TOSCA(トスカ)」と一体化した造りです。 さらにせっかくなので西口も。こちらはエレベーターで降りました。 前回改装中でしたが、すっかりきれいになっていました。真っ白だぜ…(※一応いい意味です)。 改札を抜けていたら、ちょうど久喜行 [続きを読む]