正義 さん プロフィール

  •  
正義さん: マイナンバー違憲訴訟原告のブログ
ハンドル名正義 さん
ブログタイトルマイナンバー違憲訴訟原告のブログ
ブログURLhttp://anti-mynumber8.hatenablog.com/
サイト紹介文マイナンバー違憲訴訟に参加する一原告の視点からマイナンバー制度の問題点を考えてみたいと思います。
自由文国民の間で議論も尽くされぬまま施行されたマイナンバー制度、スタートからトラブル続きで社会に混乱を来しています。保険証との一体化や金融機関との紐付け等、不安だらけで眠れないあなたへ。違憲訴訟に参加する原告の視点を通してマイナンバー制度を考えてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 287日(平均0.8回/週) - 参加 2016/06/27 05:00

正義 さんのブログ記事

  • 住民税決定通知書にマイナンバーが記載される?
  • 全国で小規模な会社を経営されている皆様、自治体から毎年5月に送付される住民税決定通知書に、今年度から従業員のマイナンバーが記載されることはご存知でしょうか。筆者は2月に開かれたマイナンバー違憲訴訟神奈川における第3回口頭弁論後の報告集会で初めて知ったのですが、その後、当ブログのサイドバーでもご紹介している「共通番号いらないネット」に掲載されていた記事を熟読して愕然としました。記事中のリンクで東京保 [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟東京、神奈川の次回期日
  • 今年は公私共に多忙でブログの更新に手が回らず、歯痒い思いをしています。懸案だった確定申告も無事に終わり、書きたい事は色々あるのですが、まずはマイナンバー違憲訴訟の次回期日をお知らせしておこうと思います。東京訴訟の第5回口頭弁論ですが、4月18日(火)の11時から東京地裁にて。国側から提出された求釈明回答書の不明確な点について引き続き釈明を求めつつ、主張を行っていく予定。神奈川に先行する東京訴訟は次 [続きを読む]
  • 神奈川訴訟第3回口頭弁論後の報告集会
  • 忙殺されているうちに3月になってしまいましたが、前回記事の続きということで、マイナンバー違憲訴訟神奈川、第3回口頭弁論後に行われた報告集会の模様を。午後4時から開廷した裁判後、隣接する弁護士会館で集会が開かれたのですが、夕方以降の開催というのは一般の方には参加しにくいのでしょうか。過去の報告集会より参加人数が少なかったように思うのですが、口頭弁論で意見陳述をなさった税理士さんも多忙で出席されなかっ [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第3回口頭弁論
  • 今月になってから仕事に追われ、更新が滞ってしまいました・・・遅くなりましたが、9日に横浜地裁にて開かれた神奈川訴訟の第3回口頭弁論をレポートします。今回は配偶者を同伴したため原告席には着かず、久し振りに傍聴席での参加でしたので抽選に備えて並びましたが、今回も抽選にはなりませんでした。原告席に着いた20名の原告合わせて傍聴人は90名弱というところでしょうか。午後4時からの開廷でしたので抽選になるかと [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟東京、第4回口頭弁論
  • 先週24日に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京の第4回口頭弁論をレポートします。第3回は仕事で傍聴できず、今回こそはとスケジュールを調整して東京地裁へ向かいました。前回同様103号の大法廷ですが、傍聴人は原告席に着いた原告含めて35人ぐらいでしょうか。東京訴訟は原告数が少ないので仕方がないかとは思うのですが、大法廷を確保し続けるには100名着席可能な傍聴席の半数以上は埋めたいところです。筆者はいつも [続きを読む]
  • マイナンバー、利用していますか?
  • マイナンバー制度がスタートしてから1年が過ぎましたが、皆さんは日常的にマイナンバーを利用されていますか?勤め人の方は年末調整の関係で勤務先に個人番号を提出されたと思いますが、それ以外でマイナンバーを必要とする場面に遭遇したでしょうか。会社経営者である筆者の場合、マイナンバーを当面は扱わないと社の方針で決めたので、現在のところは個人番号の必要性は無いのですが、今年度の確定申告がどうなるかと。昨年度同 [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟東京、神奈川の次回期日
  • 少し遅れをとりましたが、読者の皆様、明けましておめでとうございます。新年早々、次期米国大統領であるトランプ氏がトヨタに対して不穏な発言をして自動車関連株が下がるというアクシデントに見舞われましたが、2017年はトランプ氏の動向で世界経済が左右されそうな予感があります。日経平均は高値でスタートを切りましたが、米国の動き次第で暴落する可能性も否定できず、日経平均連動型の投資信託を所有する筆者は注意深く [続きを読む]
  • 誰がSMAPを潰したか?
  • ブログの趣旨とは離れるかもしれませんが、いずれ書こうと思っていた国民的アイドルグループ解散についての考察を、今年最後の記事にさせて頂こうと。筆者は芸能界とは関わりなく関心も薄いのですが、SMAPという稀有な存在に対しては特別なリスペクトを抱いてきました。看板番組である「SMAP×SMAP(通称スマスマ)」をたまに観る機会があったくらいでファンという訳でもないのですが、SMAPというグループは恐らく [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第2回口頭弁論
  • 今年の4月からスタートしたマイナンバー違憲訴訟東京・神奈川の裁判記録ですが、辛うじて年内に過去開廷分の更新が追い付きました。10月4日に開かれた東京訴訟の第3回口頭弁論は海外出張で傍聴出来ませんでしたが、同じく10月の13日に開かれた神奈川訴訟までに帰国しましたので、神奈川の第2回口頭弁論のレポートをお届けしたいと思います。東京・神奈川とも法廷で次回期日が決められる時はバッティングしないかとヒヤヒ [続きを読む]
  • マイナンバーカードがコンビニで利用できる?
  • 少し前に地元の自治会にまつわる記事を書きましたが、つい先日受け取った回覧板に添付されていた通知を目にして愕然としました。マイナンバーカードを利用してコンビニで住民票等の証明書が取得出来るようになったとか・・・7月には公表されているようなので、既にサービスを利用された方もいるのかもしれません。マイナンバー違憲訴訟の原告であるにも拘わらず知らなかったというのもお恥ずかしい話ですが、日常生活で証明書を必 [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第1回口頭弁論
  • 神奈川訴訟第1回口頭弁論の2日ほど前に開かれた東京訴訟の第2回を傍聴した記事を先に書こうと思っていたのですが、写真がない上に印象が殆ど残っておらず、残念ながら割愛させて頂きます。6月下旬に開かれた裁判ですが、東京訴訟と神奈川訴訟が同じ週に期日が決まり、双方の裁判を傍聴する身としてはスケジュールのやり繰りに苦心しました。東京訴訟の第2回口頭弁論は傍聴人が少なく寂しかったという記憶だけ残っています。裁 [続きを読む]
  • 地元の自治会に対する違和感
  • 首都圏某所の住宅街で一戸建てに住んでいるのですが、主に家庭ゴミ廃棄のために自治会に加入しています。入居したばかりの新住人が1年間役員を務める決まりになっており、我が家は10年以上前に配偶者が初めて役員を務めました。賃貸住宅の多いブロックゆえ住民の出入りが激しく、毎年のように新住人が加入するため、2度目の役員は回ってこないだろうと予測しているのですが、夫婦共に自治会の活動には消極的で近所付き合いもし [続きを読む]
  • 違憲訴訟神奈川、原告決起集会
  • マイナンバー違憲訴訟神奈川ですが、提訴されてから2ヶ月後の5月20日、原告決起集会が横浜にて開催されました。第1回口頭弁論を前にして原告団を正式に発足させるのが目的でしたが、思いのほか参加者が少なかったのが残念です。平日の夜7時からスタートで仕事帰りでも参加できる時間帯だったのですが、遅い時間でもむしろ集まりにくいのでしょうか・・・弁護団から訴訟に関する方針の説明があり、原告団長を決める重要な集会 [続きを読む]
  • マイナンバー記入強制等の事例を募集中
  • マイナンバー制度がスタートして10ヶ月が過ぎましたが、行政や金融機関の窓口等でマイナンバーの記入を強制されたという経験はありませんか?勤め人の方であれば、昨年末から年明けにかけて勤務先からマイナンバーの提出を求められたと思いますので、何らかの経験をお持ちの方が多いかと推測します。筆者の場合、経営する会社の方針として当面の間はマイナンバーを扱わないと取り決めましたので、スタッフからマイナンバーの提出 [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟東京、第1回口頭弁論
  • 当ブログは筆者の備忘録を兼ねておりますので、過去に参加したイベントから順を追って記事にしています。マイナンバー違憲訴訟は現時点で東京は第3回まで口頭弁論が終了しており、神奈川は第2回まで終了しておりますが、当ブログでは時系列順に報告したいと思います。先に提訴された東京訴訟から先行し、第1回の口頭弁論が4月12日に東京地裁で行われました。私は東京訴訟の原告ではありませんが、可能な限り東京の裁判も傍聴 [続きを読む]
  • 神奈川訴訟の陽気な顔ぶれ
  • マイナンバー違憲訴訟神奈川の提訴の記事をアップしたところで、原告団や弁護団の雰囲気を少しご紹介しようと思います。総勢220名という神奈川訴訟の原告や弁護団がどのような人物で構成されているのか気になる方もいると思いますので、個人情報の漏洩にならない程度に。まずは原告ですが、原告団長は共通番号制度を長く問題視して反対運動をされてきた方が就任しています。自分自身が原告ということもあり、裁判の傍聴や集会に [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、提訴と報告集会
  • 昨年12月1日に提訴された東京訴訟に遅れること4ヶ月、3月24日に満を持して、マイナンバー違憲訴訟神奈川は横浜地裁に提訴されました。私自身もツイッターで盛んに原告募集の告知を行ったのですが、少なからず功を奏したとみえ、第1次提訴の原告は最終的に201名に達しました(現在は220名)。提訴日は正式な原告デビュー(?)を飾った日でありまして、意気揚々と提訴行動に参加したと言いたいところですが、裁判所に [続きを読む]
  • シン・ゴジラを観て(ネタバレです)
  • 先月下旬から仕事で海外に出かけており、更新が遅くなってしまいました。出発前に投稿しようと思っていた記事を遅ればせながら書くのですが、日本を発つ前に話題のシン・ゴジラを観たのです。ゴジラを懐かしむ世代ではないので当初は関心が無かったのですが、経営する会社のオフィスがある某高層ビルをゴジラが真っ二つにすると聞いて以来、興味をそそられ配偶者と連れ立って観ることにしました。エヴァンゲリオンで育った世代だけ [続きを読む]
  • マイナンバーはいらない! 2.12 院内集会
  • マイナンバー反対集会のアーカイブから、2月に参議院議員会館で行われた集会のレポートを簡単にお届けします。参議院会館には昨年も別の集会で足を運んだことがあるのですが、今年になってから入館者の荷物検査を始めたようです。噂には聞いていたのですが、カバンに下げていた「マイナンバー反対」のタグを注意され、会場まで内側に隠しておく破目になりました。まったく関係のない目的で入館したならまだしも、マイナンバーに反 [続きを読む]
  • 「そして、誰もいなくなった」が訴えたこと
  • 毎度夢中になって観ていたドラマが最終回を迎え、一抹の寂しさを覚えています。マイナンバー制度をテーマにした旬なドラマ、「そして、誰もいなくなった」。最後まで解明されない謎も残り消化不良な感が無きにしも非ずですが、藤原竜也の熱演には拍手を送りたいですし、先の読めないストーリー展開が秀逸だったと思います。主人公からパーソナルナンバーを奪った犯人は血の繋がりのない弟で、母親を奪われた恨みを晴らしたという [続きを読む]
  • マイナンバー違憲訴訟東京、神奈川の次回期日
  • このあたりで、首都圏で提訴されているマイナンバー違憲訴訟の次回期日をお知らせしようと思います。まず過去の裁判ですが、昨年12月1日に提訴された東京訴訟は4月12日に東京地裁で第1回口頭弁論が開かれ、第2回は6月21日にありました。東京に遅れること4ヶ月近く、3月24日に提訴された神奈川訴訟は第1回口頭弁論が6月23日に横浜地裁で開かれました。次回期日ですが、東京訴訟の第3回は来月10月4日(火)の [続きを読む]
  • マイナンバー制度の廃止を求める12・12集会
  • 話題があちこちに飛んでいるうちに夏も終わりが近付き、そろそろ本題に戻らねばと思いまして、マイナンバー反対集会のアーカイブからご紹介します。タイトルの通り、昨年12月に都内で行われた集会ですが、300名近くが参加して盛況でした。全世帯へのマイナンバー通知の配布が終了した頃で、国民の間で関心が高まっていたからだと思います。ツイッターでも盛んに議論が交わされ、通知カードの受取拒否運動も盛り上がっていまし [続きを読む]
  • SEALDs のいた時代
  • 当ブログの読者の方であれば、SEALDs という学生団体はご存知かと思います。正式名称は「自由と民主主義のための学生緊急行動」、先日の終戦記念日に解散した団体で、国会前や渋谷等で大規模なデモを展開した若者のグループといえば分かりやすいでしょうか。私が愛読する朝日新聞では、SMAPの解散より SEALDs の解散をより早く取り上げ、しかも日を空けて二度に渡って報道していました。比較的世代が近いこともあり、SEALDs が [続きを読む]
  • 「そして、誰もいなくなった」
  • 今季の連続ドラマで何ともタイムリーなことに、マイナンバー制度をテーマにしたサスペンスドラマが始まったのはご存知でしょうか。「そして、誰もいなくなった」というタイトルで、日曜日の夜10時30分から放送されています。主役の藤原竜也が熱演しているのですが、手に汗握る展開に回を追うごとに目が離せなくなってしまいました。順風満帆な人生を送っていた主人公がパーソナルナンバー(マイナンバーのことですね)を赤の他 [続きを読む]
  • 予想通りで終わった都知事選
  • 先月末に行われた都知事選ですが、私が予言した通りの結果になったでしょう?小池百合子氏がダントツで当選というのは少し意外でしたが、3位に鳥越氏がつけ、「与野党で接戦が演じられた末に与党側候補の勝利」というシナリオ通りになりました。鳥越氏の演説にどれほど聴衆が集まっても、名立たる市民団体が激しい選挙戦を繰り広げても、最初から鳥越氏の勝ち目は無かったのですから、やるせない。前回の都知事選と同じ構図が繰り [続きを読む]