lyckligagatan さん プロフィール

  •  
lyckligagatanさん: 72arstid
ハンドル名lyckligagatan さん
ブログタイトル72arstid
ブログURLhttps://72arstid.amebaownd.com/
サイト紹介文季節とともに移ろう自然の変化を味わい尽くす、北欧、スウェーデンライフを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2016/06/27 18:41

lyckligagatan さんのブログ記事

  • 癒される
  • バルセロナでまでテロが起こってショックな1日。特に夏場はスペインへ行く人も多いスウェーデンでもかなり大きくとりあげられています。大学でスペイン語を勉強していた私にとってもバルセロナは大好きで思い出深い街。今も住んでいる友達もいるので他人事に思えません。そんな中、なんともやるせない気持ちを癒してくれるのはこの子達。 義両親はゴルフ、ご近所さんは夫婦そろって出 [続きを読む]
  • 命をつなぐ
  • いちごってどうやって株を増やしていくかご存知でしょうか?私は全然知らなかった!収穫期が終わったので、しばらくほったらかしていたいちご、久しぶりに覗いてみたら隣の畑にまでこんな新しい芽が! そして、この葉っぱが集まっているところから、根が出てしっかり根付いています。調べてみると、これを切り取って鉢植えとかにしても育つのだとか。冬をうまくのりきってくれるかな・ [続きを読む]
  • スーパーじいちゃんスーパーばあちゃん
  • スウェーデンってお休みも多くて子ども達も自由に学んでるイメージがありましたが、親として子どもに小さい頃からいろんな体験をさせてあげたい(またはさせたい)と思うのはどこも同じようで、6歳ぐらいからダンス、合唱、バイオリン、ピアノ、テニス、ホッケー、サッカー、ゴルフなどなど、いろいろな習い事をしている子どもは多いそうです。日本みたいに学校のクラブとしてじゃなくて、別のスクールに通う子ども達が [続きを読む]
  • トマト
  • お庭のトマトとシソがジャングル状態になってきました。トマトは3種のうち、2種が色づいてきたので、葉っぱをかきわけて毎日ちょっとずつ収穫。もう1種はとっても大きい種類で赤くなるまでに時間がかかるようです。 ガーデニング1年目で学んだことのひとつはトマトはほっといてもどんどん育ってくれること。キュウリはトマト同様、受粉が必要ないわりに、小さな実がたくさんつくものの [続きを読む]
  • 西スウェーデン観光
  • スウェーデンであまり観光らしい観光をすることがないのですが、今回はサマーハウスのある小さな街Grunsundをご紹介。海ぞいにはザ・スウェーデンって感じの赤い色のお家・・・というかボートハウス(ボートで使う道具などをしまっておく小屋)がびっしり。小人の町っぽくてちょっとかわいい。 古いけどSaltönというスウェーデンのテレビドラマの舞台にもなったところです。 htt [続きを読む]
  • ハッピーバースデー
  • 大人の誕生日もかなり盛大に祝うということを以前書きましたが、当然ながら子どもの誕生日となるとさらに大変です。子どももおじいちゃん、おばあちゃんやいとこを含めた家族でお祝いするのが大切だそうで、車で3時間ほどのところに住んでいてなかなか会えない甥っ子が義両親宅にて誕生日を迎えたので朝から晩まで参加してきました。もちろんお祝いは朝食から。7時半には起きてしまうという4歳の甥っ子のため、パパママ [続きを読む]
  • お世辞上手なスウェーデン人
  • スウェーデン人は日本人みたいに本音と建前をうまーく使い分ける人が多いようです。ご近所の国でもドイツ、デンマーク、ポーランドなんかではもっとダイレクトに考えを伝える人が多いけど、スウェーデンでは空気で伝える感じです。お世辞なんかも日本人より大げさに褒めまくってくれることが多くて、正直「本心はどうなの〜??」と考えてしまいます。15歳くらいの子でもお手本どおり!って感じのお世辞を言ってくれたり [続きを読む]
  • スウェーデン流 男の料理
  • 今度は旦那さんのいとこのサマーハウスに遊びに行ってきました。こちらもヨーテボリからは2時間弱ですが、北海に面していてよりワイルドな感じの海が楽しめる義兄のサマーハウスとは違って、ちょっと入り組んだところにあるこの別荘から見える海は、湖のよう。 向こう岸が見えるし、波も少なく落ち着いています。テラスからの眺めがこーんな感じ。広大な芝生のお庭にベリー畑、もう少 [続きを読む]
  • テニスに燃える夏 2017
  • 夏の間はジムからぱったりと消えてしまったスポーツ好きなスウェーデン人たち。もちろん、休暇中の人も多いんでしょうけど、テニスやゴルフといったアウトドアで楽しむスポーツに切り替えている人も多いようです。テニス&ゴルフは大人になっても楽しめる社交ツールのようで、うちの旦那さんも子どものころから「大人になって絶対感謝するから」と親にすすめられてスクールに通っていたそうです。確かに30代くらいになる [続きを読む]
  • 太陽を感じる
  • 8月に入り、森にはちらほらと紅葉している葉もでてきたスウェーデン。長かった日もだんだん短くなっていくとともに、太陽が沈む位置もすこしずつ変わっていきます。短い夏を惜しみながら、外で過ごせる間は少しでもテラスでのんびり。もくもくとした雲に波立つ海・・・ 風がなく透きとおるような海・・・ ピンクとブルーのグラデーションに見とれて [続きを読む]
  • スイカサラダ
  • スイカやメロンって日本ではフルーツとしてそのまま食べることが多かったけどヨーロッパではフェタチーズ、生ハムなど塩気の強い具材と合わせてアパタイザーやサラダにすることも多いよう。サマーハウスで義兄たちが作っていたのが気に入って、最近スイカサラダにはまっています。メロン、フェタチーズと合わせて、アクセントにバジルを散らしたり、 紫玉ねぎと合わせて、オリーブオイ [続きを読む]
  • ハダカノカンケイ
  • ヨーロッパの中でも人前で裸になることへの抵抗感はかなり違うようです。統計をとったわけではなく、あくまでも私のまわりの人の意見ですが。ドイツでは男女共同の公衆サウナがあり、かなり平気でみんな全裸で歩き回っているそうですが、イギリス人の友達は「そんなのありえない〜女性同士でも他人の前では無理。」と言っていました。スウェーデンはというとその中間くらいな気がします。3つのジムに行ったことがあるの [続きを読む]
  • 夏キノコ その2
  • キノコについてちょっと追加。どこでとれるんですか?ってよく聞かれるのですが、それはスウェーデン人も「妻とキノコ摘みの場所とロブスター釣りの場所は親友ともシェアするな」というくらい秘密なんです。というか、私もよくわからず旦那さんの勘を信じてついていくのみ。ベリーが生えてる近所の森よりは深ーい森によくあります。でも、マダニやハエ、蚊などの虫がいっぱいいるし、キノコにもナメクジとかダンゴムシと [続きを読む]
  • 夏キノコの季節
  • 夏の終わりから秋を感じさせるキノコ。ちょっと前まで「きのこ狩りいつから始められるかな〜」なんて言うと、まだまだ夏を楽しみたいスウェーデン人たちからは「キノコの話は止めて〜」なんて言われていました。が、2週間くらい前から既に夏キノコのシーズンがスタート!しかも今年はかなりの豊作との噂が・・・。キノコ大好きな私達はじっとしていられず、早速森へ!確かに噂通り。去年の秋よりもたくさんのキノコがあ [続きを読む]
  • 西スウェーデンサマーハウスライフ
  • ヨーテボリから北へ車で2時間弱のところにある義兄のサマーハウスに来ています。スウェーデン人は天気が安定しないことが多い、6月後半から7月中旬くらいまでは南欧や東南アジアでバケーションを過ごし、残りのお休みや週末はこういったサマーハウスでスウェーデンの夏を満喫するようです。夏といっても水温は15度から19度。海に入るには寒いけど南国の海とは全く違うスウェーデンの海もなかなか楽しいんですよ。小さな [続きを読む]
  • キクイモプディング
  • 親子でも夫婦でも基本、金銭的な依存とかはしないスウェーデン人ですが、家族で集まることは本当に多い気がします。お誕生日なんかはもちろん、特にイベントがないときでも、車で3時間くらいのところに住んでるお兄さんも家族でよく実家に遊びにきてます。近くに住んでる私達はフィーカ程度なら週数回、ディナーも月2、3回は一緒です。でも、レストランでディナーなんてことはほとんどなくて、それぞれのお家に招きあう [続きを読む]
  • 10年で2倍、1年で1ミリオン
  • 10年で2倍にもなったと言われるストックホルム、ヨーテボリの住宅価格。私達が家を購入した頃も既にいつはじけるかわからないバブル状態なんて言われていたのですが、その後もぐんぐん上昇を続けているようです。価格の変動に合わせて日々住宅の想定価格をチェックすることができるサイト、booliでは購入価格より100万クローナ上昇していました!(リノベーションなどは考慮されず、立地と家と土地の広さだけで推定して [続きを読む]
  • 免許ゲット!
  • スウェーデンで自動車免許をとるためには日本のように自動車教習所に通ったりする必要があって結構お金も時間もかかるそう。語学学校の仲間達も毎日テキストを読んだりかなり苦労しています。でも!移住後1年以内の日本人は日本の免許を書き換えることができる!と聞いて、特に免許が必要なわけではないけど、とりあえず・・・と手続きを始めたのが3月中旬。ストックホルムの大使館に翻訳をとりに行ったり、メガネ屋さん [続きを読む]
  • 海水は肌にいい?
  • スウェーデンに来てから肌がものすごく乾燥したり、かゆくなったりして困っています。皮膚科に行きたいけど、スウェーデンでは紹介状がないと専門医にかかれないため、まず近所のヘルスセンター?のようなところで相談。薬と紹介状をもらって皮膚科へ予約がとれるのが2、3ヶ月後。その頃に症状がおさまってることもあって、またしばらくして同じ症状が現れてもこれの繰り返しなので原因や正しい対処法はわからないまま・ [続きを読む]
  • 塩ミント
  • ミントの生命力、繁殖力ってほんとにすごい。全く手をかけていないけど、虫やナメクジに食べられることも、暑さ寒さにやられることもなくものすごい勢いで成長しています。デザートにちょこっと添えられるくらいにミントがあればいいなと思って植えたのですが、葉っぱもどんどん巨大化しています。でも、ミントのレシピなんて知らないな〜と思っていたら、イラン人のクラスメイトが塩ミントにするといいよ〜と教えてくれ [続きを読む]
  • 移民とブラックアウト
  • SAS Gのオンラインコースでは様々な新聞記事やテレビ番組、ホームーページに触れる中で「その情報、本当に信じて大丈夫?」というのを自分で考えるようにということを学びます。ついついシェアしてしまいがちなSNSで見るセンセーショナルな記事はもちろん、例えば誰もが信頼しがちなメジャーな新聞の記事なんかでも、実は政治家や政党と深いつながりのあるジャーナリストがその政党の考えを拡散するために書いていること [続きを読む]
  • ベーキング日記
  • そろそろサワー種でのパンを焼いてみたいと思いつつ、とっても手間がかかりそうなレシピを見て断念してしまう日々・・・。それでも、晩ご飯はバーベキューなんてコトも多いから料理することもぐーんと減り、何か作りたい欲が抑えられないのでいろいろ焼いています。スパイスとレーズン、ナッツたっぷりの捏ねないパン オートミールクッキー。義両親の家で計りがみあたらず、こんなレト [続きを読む]
  • ボートの旅
  • 土曜日はとってもお天気がよかったので、またパパのボートにのせてもらってヨーテボリ南西の群島に遊びに行ってきました。 今回目指したのは群島の真ん中にあるStyrsö。私達が住んでいるのはこの地図外のもうちょっと南ですが義兄が住んでいるのはちょうどStyrsöの向かい側の所で、彼らもお気に入りの島なのだとか。 澄みきった青空が気持ちいい! [続きを読む]
  • タコ・イカ
  • スウェーデン語ではタコもイカも同じ単語・・・というほどタコ・イカに興味がないと思われるスウェーデン人。でも何度も関西の私の実家に遊びにきてた家の旦那さんはたこ焼きもいか焼きも大好物。そして、先週突然「タコ・イカを見にいこう。」と言い出し、連れて行ってくれたのがSjöfartsmuseet。 10月1日まで、毎週日曜に「海のモンスター&スーパーヒーロー」という展示があってタ [続きを読む]
  • とれたて果実のある暮らし
  • こっちに引っ越してきてカルチャーショックはたくさんあるのですが、私の場合、日本>スウェーデンの違いと同じくらい、大都会>田舎の違いがあります。一番嬉しい驚きは新鮮なフルーツやお野菜がすぐに食べられることかな。毎朝お庭を散歩しながら食べごろのベリーを摘み取ってヨーグルトにトッピングしたり。 チェリーやりんごの成長を莟のうちから見守ったり。 [続きを読む]