としまる さん プロフィール

  •  
としまるさん: VOXYで行く車中泊!
ハンドル名としまる さん
ブログタイトルVOXYで行く車中泊!
ブログURLhttp://voxydego.seesaa.net/s/
サイト紹介文ミニバン・ヴォクシーで行く車中泊の旅行記です。自然や観光スポットに出没中! 写真や登山の話題も!
自由文自然の中での車中泊にこだわっています。
海の見えるところや山の麓、湖畔で快適車中泊!

徐々に快適グッズも揃ってきました。
最近は登山がらみの車中泊や写真に力を入れています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/06/28 18:36

としまる さんのブログ記事

  • 沖縄旅行 最終日
  • ついに沖縄旅行も最終日を迎えてしまいました。天候はいまひとつでしたが、沖縄は素晴らしい。今日は雨だとしても、11時にホテルをチェックアウトして、そのまま帰路に着くだけです。と、思いながら朝起きると、天気えーやん!ぴーかんやん! 帰るだけなのに。。まあ、終わりよければすべて良し。せっかくのお天気なので、ホテルのおいしい朝食の後、お世話になったホテルの敷地を散策することにしました。ちょっと撮りたい写真も [続きを読む]
  • 沖縄旅行 2日目
  • 沖縄旅行2日目は雨のスタート。ザーザーと本格的な雨。部屋から眺める海面には雨しぶきで霧のような靄が掛っていました。ベランダでコーヒーと潮の香りで目を覚まし、ホテルの朝食で腹ごしらえ。朝食はレストランのテラス席で食べました。料理も手動のジューサーで自分で絞るオレンジやグレープフルーツジュースもとてもおいしかったです。2日目のメインは言わずと知れた「沖縄美ら海水族館」。ザーザー降りの雨の中を車を走らせ [続きを読む]
  • 沖縄旅行 初日
  • リアルタイムなひとこと 2017沖縄旅行関東地方は空梅雨も開け?連日猛暑が続いておりますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?としまるです!かと言う私は、エアコンで喉をやられて咳が止まらず、夜も寝られなかったり、蜂に刺されて右手がぱんぱんに腫れてしまったり、歯が痛くなってごはんが噛めなくなったり、健康の有り難さを再認識させられている毎日です。今、気付きましたが、ありがたさって、有るのは難しいと書くん [続きを読む]
  • 栃木県那須高原車中泊 〜まとめ
  • (掛かった費用)高速代              8,250円。ガソリン代           約6,200円。観光費               3,600円。飲食費             約5,600円。風呂代(タオル代込み)      1,200円。おみやげ代             720円。合計           だいたい25,570円。(走行距離)1日目     265?。2日目     276?。総走行距離   541?。(ま [続きを読む]
  • 栃木県那須高原車中泊 その12 〜那須動物王国、入国。
  • 9:45 那須動物王国 曇り 15℃高原の道を走り、那須動物王国を目指す。広々していて緑が多く、とても素晴らしい景色。なのだが、何か足りないような。そして、どこかで見たような風景。はたと気付くと、富士山麓の風景に似ているのだった。そして何か足りないと思わせたのは富士山。私見です。とにかくいいところに間違いは無いです。那須動物王国の駐車場はまだこの時間だと空いていた。駐車料金は700円。これとは別に入国料な [続きを読む]
  • 栃木県那須高原車中泊 その11 〜殺生石
  • 9:00 殺生石事前のネットチェックで観光地として紹介されており、見てはいたのだが特に興味が湧かず、行くつもりは無かった。だが、通り道沿いにあり、車がけっこう駐まっていたので、つられてちらっと寄ることに。鹿の湯温泉のそばにある。殺生石という石の付近で有毒ガスが噴出しており、近づく鳥獣が皆死んでしまったという、ちょっとおどろおどろしい場所。敷地内に入り、通路を進むこの場に相応しい曇り空芭蕉も訪れたこと [続きを読む]
  • 栃木県那須高原車中泊 その7 〜沼原湿原
  • 16:00 沼原(沼ッ原)湿原  霧  真夏で15℃!次の目的地は沼原湿原。湿原を散策したいと思っていた。ただ、時間が押しておりちょっとゆっくりは出来そうもなかったので、行けるところまで行ってみよう、そんな感じ。気持ちのいい林の中を走る。湿原へ向かう道路入口は砂利道で幅も狭く、ちょっと薄暗い感じで、でーじょぶ?って感じだったけど、ほどなくまた舗装路になった。途中から霧が出て来ていい雰囲気。沼原湿原駐車場 [続きを読む]
  • 栃木県那須高原車中泊 その5 〜St.Michael Church
  • 美術館を出て、同じ敷地内にある教会に行く。ちょっと狂ってるけど、ここにおいて時間は無意味なのですこちらは室内撮影OK。重々しいという感じは無いが、厳粛な気持ちになるこちらにもステンドグラスやパイプオルガンがあった。普段風景を撮ることが多いので、建物とか小物とか撮ってみたかったので夢中になって撮影してしまった。椅子に座ったときの目線教会って絵になるねー。自然に比べれば、狭い空間の中に被写体が詰まってい [続きを読む]
  • 栃木県那須高原車中泊 その2 〜自宅から那須高原へ
  • 7/22(金)雨 20℃9:00 自宅を出発。やはり天候は悪く、雨の中のスタート。気温もここのところ落ちており、服装に悩む。半袖シャツを着て、長袖のシャツもバッグに入れておいた。行くの東北だしね。関越道から外環を経由して東北自動車道に入る。10:30 蓮田SA トイレ休憩。21℃ 雨。11:30 大谷PA トイレ休憩。21℃ 雨はほぼ止んだ。高速から眺める水田がきれいだった。しかし、遠い。高速道を長距離、高速で進むので、 [続きを読む]
  • 栃木県那須高原車中泊 その1 〜プロローグ
  • 旅の日 2016.7.22(金)〜23(土)通算15回目の車中泊旅行。(購入装備)自撮り棒。(目的地選定)6月は梅雨があるので、例年車中泊はお休みです。そして7月。去年(2015年)は長野県松本市や美ヶ原高原に行ったが、今年も夏は涼しい高原ということで検討。プラス涼しげな東北を目指すことにする。ここまでの車中泊旅行での北限は栃木県の戦場ヶ原だ。それより北に行きたいと思った。地図とにらめっこした結果、そのちょい先にあ [続きを読む]
  • 新宿御苑
  • 日帰りドライブ 2016ゴールデンウイークも終っちゃいましたが、皆様車中泊してますかぁー?としまるです!とかいう私は、一日も休まず仕事してました ^^;といっても、休みをずらしただけで、今週末から3連休もらう予定です。でも3日だけさて、古い話で恐縮ですが、去年の8月下旬、新宿御苑にお散歩に行って来ました。新宿御苑は東京都新宿区と渋谷区に跨る、広さ58ヘクタールの広ーい公園です。私はこの近くの会社で働いたこ [続きを読む]
  • 10周年記念
  • リアルタイムな一言 20172017年4月3日、今勤めている会社で勤続10年の表彰を受けました。お祝いとして会社から表彰状と金一封と記念の品を頂きました。記念の品は、事前に3万円程度の物で、自分で選んでいいと言われていたので、財布を頂くことにしました。2016年2月に「東京都夜景撮影車中泊!?」に行った際に、そのとき使っていた財布を落としてしまい、新たに購入したものがあるのですが、こちら ↓[コルボ] CORBO. 小銭入れ [続きを読む]
  • 日高市日和田山 登山
  • 日帰りドライブ 2016登山続きの記事で恐縮ですが、2016年8月4日 埼玉県日高市にある日和田山(標高305m)に登山に行って来ました。2016年7月に買った登山靴の履き慣らしにちょうどいいと思ったのです。登山靴購入時のもようは、こちら モリパーク アウトドアヴィレッジ&昭和記念公園その1。モリパーク アウトドアヴィレッジ&昭和記念公園その2。当日は、晴れて真夏の日光が降り注ぐ、気温33℃の暑い日でした。日和田山近くの [続きを読む]
  • 富士山水ヶ塚公園車中泊Ⅱ まとめ
  • (掛かった費用)高速代              4,550円。ガソリン代           約4,100円。観光費               550円。飲食費             約6,300円。風呂代(タオル代込み)       960円。おみやげ代              0円。合計            だいたい16,460円。(走行距離)1日目     190?。2日目     351?。総走行距離   541? [続きを読む]
  • 富士山水ヶ塚公園車中泊Ⅱ その18 〜帰路
  • 13:15 御胎内温泉ここは去年の富士山水ヶ塚公園車中泊の時にも寄った日帰り温泉。湯に浸かりながら富士山を観ることが出来る。前回とは風呂の間取りが違っていた。女湯と入れ替えたのかな。登山後の身体に露天の風と湯がとても気持ちいい。新緑の木々が昼間の日光を受けて輝いている。たっぷり1時間湯に浸かった。温泉の帰りにパチリ15:00 帰路須走ICから東富士五湖道路に入り、中央高速に接続。談合坂SAで休憩。ピーターズと [続きを読む]
  • 富士山水ヶ塚公園車中泊Ⅱ その17 〜宝永山 登山完了!
  • 11:00 頃順調に下り、火口底に到着。また、一服しようと思ったが、他の登山者が休憩していたので、そのまま休まず通り過ぎる。時刻は11時位。ほんとびっくりするくらい、下りは早い。段々登山者は増えてきている。オレのように、一人自然を感じたいものにとってはとにかく早い時間に登るのが鉄則だろう。火口底から反対側の行きに下ってきた斜面を登り、五合目までの登山道に入る。低く立ち込める雲が掛かってきた。火口上部の奇怪 [続きを読む]