ミランダかあちゃん さん プロフィール

  •  
ミランダかあちゃんさん: ミランダかあちゃんのスタイルレシピ
ハンドル名ミランダかあちゃん さん
ブログタイトルミランダかあちゃんのスタイルレシピ
ブログURLhttps://stylerecipe.amebaownd.com/
サイト紹介文40代50代・オトナ世代のファッションレシピ
自由文16年間大手アパレルに勤務し、ドサ回り営業からブランド管理まで様々な職種に携わる。「Project DRESS」で『デキる女の決断クロゼット』他コラムを連載中。https://p-dress.jp/keyword/key_2765
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 329日(平均5.7回/週) - 参加 2016/06/28 21:34

ミランダかあちゃん さんのブログ記事

  • 60年代・70年代世代間の深くて大きな溝
  • 昨日のかあちゃんぎっくり事件に温かいコメントをありがとうございます。おかげさまでかなり回復しました!!さて、巷では、ブルゾンちえみさんや平野ノラさんなどの当時を知らない世代の、バブルネタが流行っていますがバブル世代がだいたい1965年〜1969年生まれ、その下の団塊ジュニア〜氷河期世代が1970年代生まれだとするとこの二世代はファッション的にはものすごく違う!両者の間にはメコン川くらいの大き [続きを読む]
  • オーマイガー!!
  • なんてこったー。お皿を取ろうとしたら、ギックリ腰になっちゃいました(大泣)「ピキッ」っとなったが最後、歩くことも座ることもできなくなり娘に着替えを手伝ってもらいダンナにシップを貼ってもらって半ケツを見られ、いろいろ助けてもらえてることに感謝しなくては、なのに一足お先に介護体験をした気分のかあちゃんです。花の仕事の人って慢性ギックリ多いのよね〜。背筋腹筋弱っている証拠。ところで、最近かあちゃん [続きを読む]
  • 髪が短くてイヤリングをしていないのはおじさんだけ
  • Instagramで、#アラフィフコーデ、#50代ファッションなどのハッシュタグをつけると大人世代の女性の着こなしがたくさん見れてなかなか楽しめます。かあちゃん、ムサいおじさんより老若問わず女子を見るのが大好きですので。(笑)プライバシーへの配慮で顔部分はトリミングやサングラスなどで、隠していらっしゃるかたも多いのですが髪を見るとおおよその年齢はわかる気がします。(スタイルでは最近わからないわ〜。とて [続きを読む]
  • モダンな幾何学模様が新鮮!COS銀座店
  • 昨日のブログでは流行というのは見慣れていないものは新鮮に見え慣れてくると新しさを感じなくなるものという記事を書きました。服の流行は激辛カレーと同じこと刺繍やフラワープリントの次には・・かあちゃん的には「幾何学模様」が新鮮に思えます。 先週COS銀座店がオープンしたのでさっそく行って見にいったら出てくる出てくる幾何学模様!他のブランドでは探しても [続きを読む]
  • 服の流行は激辛カレーと同じこと
  • お洋服のお店をしょっちゅう覗いているかたは 春から大量の刺繍やフラワープリントに目が慣れてしまい相当激しいプリントものじゃないと目新しく感じなくなってきたのではないでしょうか?トレンドとか流行って、 そういう宿命のもので見慣れていないと新鮮に見えるけどどんなに斬新な服も 慣れてくると、新しさを感じなくなってきます。 新春のZARAで新鮮に感じた 刺繍やフラワープリント、(これは今 [続きを読む]
  • 服に体を合わせるか、体にあった服を探すか
  • 今年からしばらくの間ファッションの大きな流れは女性らしさ、フェミニンな方向に向かうのでマスキュリンなファッションが好きなかあちゃんも少〜しだけ、レースやフレアスカートなどを取り入れるようにしています。「脚の太いところで切れたスカートを履かない」というのがこちらの記事にも書いた大原則ですので象脚、ししゃも脚、サリーちゃん脚」脚の悩みとスカート丈ししゃも脚のかあちゃんの場合「スカートは、ふくらは [続きを読む]
  • 個性あるおしゃれさんのコツは「◯◯アイテム」を持つこと
  • 「Pinterest」や「Instagram」を眺めていると、「おしゃれなんだけど、個性がない」という方と「流行はそれほど追ってないけど、個性的で素敵」という方がいるように思います。前者は、いつもファッション雑誌から抜け出したようで、スタイリングそのものは素敵なんだけどシーズンの流行をなんでも取り入れてしまっているためにその人自身の個性が伝わらないというかはっきり言っちゃうと「ただミーハーな人」に見えてしまう [続きを読む]
  • あなたの定番品、今年も着て大丈夫?
  • ZARAの超定番、ストレートパンツ今年は鮮やかグリーンを買い足しました。 長年細身ストレートを愛用しているのでZARAのこのタイプのパンツは、黒、白、紺をはじめ、カラーパンツと、かなりの本数を持っているのだけど、この前、すでに5〜6年経つグリーンのパンツを履いてみたら「古っ!!!」そうシルエットが、ものすごく古くさくなってたのです。 ↑ [続きを読む]
  • かあちゃん土俵入り
  • これはひどい。あんまり流行っているので娘のGUのサッシュベルトをこっそり巻いてみました。まるで幕内力士のよう。胃の上が締め付けられてたくさん食べられないしコルセットをしていた昔の女性の気持ちがちょっとわかった気がします。それにしても、ファッションは年齢相応じゃないと本当にイタイです。太ベルトのせいで、少しは下半身は長く見えるかもしれないけど細くもないウエストが強調されすぎです [続きを読む]
  • 初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」
  • 日中と夜の寒暖差が大きい日が続きます。みなさん風邪ひいてませんか?去年まではこんな時期に「ロングカーディガン」を活用することが多かったのですがそれに変わって、今年大活躍してくれているのが「ロングシャツ」です。・はおってよし・アウターとして着てよし・ワンピースとして着てよし仕事から、ちょっとした小旅行まで対応できる便利さにすっかりお世話になっています。今日掲載のDRESS連載ではシャツワンピ活用に [続きを読む]
  • H&Mで発見!トレンドのレースアイテム
  • ランチで、がっつりとステーキをいただいたかあちゃんが満腹でお腹をさすっている図です。(笑)中に着ているレースのトップス&ボトムスはH&Mで発見しました!トップスはシンプルなノースリーブ。スカートは(写真では見えづらいですが)ひざ下まで裏地がついていてそこから裾にかけては裏地なしでちらっと脚が(本当にちらっと、ね)見えるようになっているという女性らしいデザイン。H&Mにしてはふつう [続きを読む]
  • 今日からデニム禁止令!!!
  • 画像は思いっきりデニムの写真ですが(笑)かあちゃん今日は「デニム禁止令」を発令したいと思います!お店で販売スタッフの方に接客をしていただいているときよく言われる、とっても気になる言葉があります。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「これ、どんな服に合わせたらいいかしら?」「そうですね〜デニムとかにも合いますし」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーかあちゃん、いつ [続きを読む]
  • 大人が使えるかごバッグが欲しい
  • かあちゃん、かごバッグを探しています。それというのも、海外サイトで↓こんな大人っぽいバッグを見つけてしまったからなの。 出典:https://jp.pinterest.com/pin/287034176233501455/持ち手の部分は、のり巻き作る「まきす」みたいなんだけど(笑)このかっちり整った形の半円バッグがなんとも大人っぽくって一目惚れ。調べると70年代に日本で作られていたヴィンテージの「バンブーバ [続きを読む]
  • あなたの価値観、バブルのままなんじゃない?!
  • 今日はみなさんに問題です。次の4枚の写真は「GUCCI」と「ZARA」です。どれが「GUCCI」でどれが「ZARA」でしょうか?ではスタート! 正解は・・・1枚めと3枚めが「GUCCI」で2枚めと4枚めが「ZARA」でした。見事正解した方は、かなりのZARA通?!もう、全然差なんてわからないですね。特に2枚めの黒地のフラ [続きを読む]
  • おしゃれの手抜きは足元の手抜き
  • 娘が高校生だったころ当時大学2年の男子学生の方に家庭教師をお願いしていたことがあります。その彼が玄関先で靴を脱いで、スリッパに履き替えるときさっ!と自分のバッグから靴下を出して履くのをみて「なんてしつけの行き届いた子なのかしら」って、いつも感心していました。我が娘が今、よそさまでちゃんとそうしたことができているかはなはだ心もとないです。どうしましょう、足が臭かったら。(大汗) [続きを読む]
  • 服に失恋したと思う瞬間
  • 「服のお店に行ったとき、たたみ置きニットがぐちゃぐちゃになっていると無意識に手が動いて、たたんでしまう」これ、「アパレル経験者あるある」だと思います。(笑)商品の扱い方は、新人のときから、先輩方から厳しく叩き込まれたものでした。この前、ちょっと残念なことがありました。ものすごく気に入ったお洋服に巡り会い、お店の方とも話が盛り上がって気分よくお買い物をし、テンションMAXで帰宅。「るるる〜」と、 [続きを読む]
  • バッグをからだから離したら幸せまでもが逃げていく!
  • 一昨日、気取ってクラッチバッグを持っておでかけしたのはいいけれどスマホで景色を撮ろうとしたら持ち手のないバッグの置き場に困って股にはさんだことをかあちゃんそっと告白します。いくらファッションをビシッと決めたつもりでもこういうおばはん、いやもはやおじさんな行動は絶対人に見られてる。あ〜〜〜気をつけなきゃ。(滝汗)今日この本を読んで大笑いしながら、かあちゃん我が身を振り返って反省しきりです。 [続きを読む]
  • ファッション写真以上の写真
  • 連休いかがお過ごしですか?かあちゃんは仕事もあるので遠出はせず映画を見たり、美術館に行ったり、半径数キロ以内で楽しむGWです。Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「写真家ソール・ライター展」を見てきました。ソール・ライターは、NYで生涯画家そして写真家として活動した人物で、1940年年代は『ハーパーズ・バザー』『エル』『ヴォーグ』『ノヴァ』などファッション誌を中心に活躍しながら [続きを読む]
  • ファッションでなりたい自分になる方法
  • 数日前に、読者のかたからこのような「深〜い」ご質問をいただきました。アイウエア(メガネ)に関するご質問です。++++++++++++ 眼鏡屋さんに行くとあまりに多数の形や色…情報過多でなにがよいのかさっぱりです。 アイウェアなどは何をもって自分に似合うと考えればよいのでしょうか? そもそも「自分に似合う」ことを考えて模索するということ自身が間違えなのでしょうか?+++++++++ [続きを読む]