ミランダかあちゃん さん プロフィール

  •  
ミランダかあちゃんさん: ミランダかあちゃんのスタイルレシピ
ハンドル名ミランダかあちゃん さん
ブログタイトルミランダかあちゃんのスタイルレシピ
ブログURLhttps://stylerecipe.amebaownd.com/
サイト紹介文40代50代・オトナ世代のファッションレシピ
自由文16年間大手アパレルに勤務し、ドサ回り営業からブランド管理まで様々な職種に携わる。「Project DRESS」で『デキる女の決断クロゼット』他コラムを連載中。https://p-dress.jp/keyword/key_2765
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 235日(平均5.2回/週) - 参加 2016/06/28 21:34

ミランダかあちゃん さんのブログ記事

  • 大人も着れるスカジャンが欲しい〜前編〜
  • 「スカジャン」=横須賀ジャンバーの略です。形はスタジャンに似ているのだけれど生地がサテンなどの軽い素材で作られていて背中に大きく派手な刺繍が入ったジャンパーのこと。かあちゃん、人生で一度もスカジャンというものを着たことがありません。つるてかキラキラしているところがあんまりお育ちが良さそうに見えない....?大人が着るものじゃないわよね、と、ずっと敬遠していたんです。ところがこの前、インスタでこの [続きを読む]
  • さわりたくなる女っぷりはツヤ感で決まる
  • 映画「マリアンヌ」をみてきました。ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが演じる甘く切ないラブストーリーです。ネタバレにならない程度にあらすじは・・・・+++++++++++++++++++第2次世界大戦下の1942年、ケベック出身のカナダ人工作員のマックスはモロッコにてフランス人工作員のマリアンヌと出会う。2人で協力して、モロッコで開かれたパーティーに出席したナチス・ドイツの [続きを読む]
  • ユニクロでコスパがいいのはベイシックな継続商品
  • ユニクロ銀座店で春物を見てきました。最もコスパのいい商品はやっぱり王道のこれだと思います。<1>コットンカシミヤVネックセーター ベイシックから春らしい色までの9色展開。あまりカシミヤ感は感じられないけど例年春に出るコットンVニットと形はほぼ同じだと思っていいと思います。これが1,990円で買えるのはやっぱりすごい。ちょっと襟のVあきが下がりすぎな気もします。大人世代 [続きを読む]
  • 誰でもコーデが上手になる4つのモノサシ
  • またまた読者のかたから宿題をいただきました。ネタ振り、ご質問大歓迎!嬉しいです〜。++++++++++++++++++++++++「トレーナーのおしゃれを教えてください。ハンティングワールドのトレーナーを二着も持ってておしゃれに着たいんです。かあちゃんならどうおしゃれに着るのか知りたいです」++++++++++++++++++++++++さっそくコーデを考えてみました。グレイのトレーナーを使 [続きを読む]
  • 「髪は食器・メガネはトリュフ」おしゃれな人は手を抜かない
  • 「わあ〜かわいい!」と、思わず書店で前のめりになった本のご紹介です。「akiico !100 LOOKS 」 よくある、顔もスタイルもいいモデルさんばりの美女のコーデ本かなと思いきや、なかなか見ごたえのある本です。面白いな〜と思ったのは↓ こんなふうに、同じ洋服を着てヘアアレンジ、メイク、アクセサリーシューズ、バッグなどの小物を変えて右ページと左ページを対比して見せていると [続きを読む]
  • UGGをやけくそ丸洗い!その結果は?
  • やっちゃいました!UGGブーツの自宅丸洗い。前回のお話はこちらです。 ↓教えてください!!UGGのシミ取り方法UGGのピンクのブーツに大きなシミができ困って銀座の直営店に相談しに行くと「百貨店のシューズクリーニング窓口」に行くことを勧められ、百貨店の窓口に行くとたいしたメンテナンスメニューとも思えないのにクリーニング納期1ヶ月でお値段6,480円。そこでかあちゃん、UGGを家で手洗いするという荒技を決行する [続きを読む]
  • オン・オフ服の上手な使い分けは一人二役クロゼットで
  • 30〜40代、出産や転職などでライフスタイルが変わる女性は少なくないと思います。仕事とプライベートを過ごす時間の比率が変わりオンとオフ2種類の服をうまく使い分けられないという現象。きっと誰の身にも起こりうるんじゃないかしら。Facebookのお友達からこんなご相談をいただきました。+++++++++++++基本的に職場が金融なので、仕事服はコンサバ寄り。カジュアル服は、ワンマイルウェアとしてもですが、趣 [続きを読む]
  • 服屋に行くのが怖い人は、先に服屋に行っちゃダメ!
  • 昨日のUGGは、結局自宅で乾燥中です。結果は明日以降のブログでお伝えするとして今日はお勧め本のご紹介です。「私、服屋に行くのが怖いです」こんなことをかあちゃんに打ち明けてくれる人が少なからずいます。服屋ってなんだかオシャレできれいな女性がいるし「やだ、あなたにはうちのブランド似合わないわよ」って、内心思われているかもしれないんじゃないかとか、「何をお探しですか?」と言われてもこっちもわからない [続きを読む]
  • 教えてください!!UGGのシミ取り方法
  • 娘とかあちゃんは、身長や足の大きさがほぼ同じなので気がつくとかあちゃんのクロゼットの服を娘が勝手に着ていることがあります。それも、高いものや買ったばかりのものをかぎ分ける特殊な嗅覚があるらしい。先日、途中から雨が降り出した日に娘がかあちゃんのUGGのブーツを履いて出かけたらしくローズピンクのショートブーツにくっきりとしたシミが!!(↓こんな色です) これ、どうし [続きを読む]
  • 大人がプチプラで買ってはいけない定番品とは?
  • ひまわりさんからコメントをいただきました。いつもありがとうございます!++++++++++++++++++++++++『ど定番・・・私はもうアラフィフなのにブレブレです。 今の私たちの年代は難しいですね。 若作りは無理があるし、老けたくもない。 でも年を重ねたからこそできるおしゃれもあると思うのです。 今年は定番を固めて、なおかつ攻めて行きたいと思います。思い切ってチャ [続きを読む]
  • どんな流行もさくっと着こなせるようになる魔法のアイテム
  • またまたあ〜、かあちゃんったら魔法だなんてそんな都合のいい話(笑)って思いました?ほどよく流行をとりいれつつ自分のスタイルを持っている人は素敵ですよね。そうなるために必ず役立つアイテムが、あるんですよ〜!ほんと、ほんと。人気ブロガーで「普通の服を、はっとするほどキレイに着る」の著者madameHさんのブログで「madameHのバラ色の人生」madameHさんは今春のテーマカラーをピンクにしZARAでピンクのコットン [続きを読む]
  • 「旬月数」を考えれば、流行を追っても後悔しない
  • 昨日はかあちゃんには珍しく(?!)春のトレンド傾向のお話でした。ZARAパト第一弾・春トレンド「色、袖、花」を上手に取り入れるコツこのブログでは、もう何度も書いていることですがあなたのクロゼットをマップ化してみて「基本」の形と軸色の服がちゃんと揃っている人はトレンドの服を買ってもいい人です。*クロゼットマップについてはこちらのカテゴリーからどうぞクロゼットマップでも、もし基本の服が足りていなかっ [続きを読む]
  • ZARAパト第一弾・春トレンド「色、袖、花」を上手に取り入れるコツ
  • ようやく冬物のSALEが終わりZARAの店内が春ものに変わりました。カラーもいっきに春らしくなり、見ているだけでウキウキします。寒いからまだ見てるだけでいいけどね〜。(笑)ZARAはブランドのパクリが本当に上手なのでセレクトショップを回らなくてもシーズンの雰囲気がだいたいわかります。春シーズンはのキーワードは、すばり「袖、色、花」ですね。トレンドその(1)バルーン袖かあちゃん世代が、幼少の頃ピアノの発表 [続きを読む]
  • 「薄・軽・暖」3拍子揃ったオシャレはらまき
  • 暖かくていいものみつけました!こういうとき女の人って、黙っていられないよねー。誰かにしゃべるよねー。(笑)↓コレです。 ユニクロさんがヒートテックという素晴らしいものを作ってくれたおかげで昔のように、もこもこと厚着をしなくても済むようになったけどトップスに薄めのブラウスを着たときなどは透けないかしら?とか、腕まくりしたとき袖からヒートテックが見えちゃわないかし [続きを読む]
  • お母さん、セレモニー服はおしゃれしなくていいんです!
  • 今日は、読者の方からこんなご質問をいただいたので、ママスーツについて書いてみたいと思います。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー『娘がこの春、小学校に入学します。 私は出産が遅く他のママたちとは10歳以上も離れているため、 雑誌でよく見るセレモニー服がぜんぜんしっくりきません。 何より、黒が本当に似合わなくなった!まるで喪服!(泣) 本当にどうしようか悩んでおります。 卒園 [続きを読む]
  • 「春らしいけど寒くない服が着たい」ときは◯◯を増やす
  • 2月に入り、ファッション雑誌3月号が書店に並ぶようになりました。表紙のモデルさんは春らしい薄物を着ていて、素足にサンダル!なんていうコーデも。ファッション業界では「梅春もの」という素敵な言葉があって冬と春の間の季節に着る服のことを指します。そうは言うものの、寒いわよ〜!サンダル?履けない、履けない(ブルブル)それでも徐々に春らしい気分は出したいのでかあちゃんはこの時期真冬より一段薄い色を着ま [続きを読む]
  • この春流行る柄物は、ベイシックがあってこそ着こなせる
  • patotoさんからご質問をいただきました!嬉しいなあ。ありがとうございます。『柄ものはよく、その柄にある色を合わせるといいとか言いますが、この記事でお話されていた通り、きっちり柄にある色っていうのはなかなか見つからないのです。柄ものを着るコツみたいなのがあったら、教えていただけるとうれしいです。』今年の春は柄物、流行りますからね〜。他の読者のみなさんにとっても、すごくタイムリーなご質問だと思いま [続きを読む]
  • 1枚だけ持つなら”濃い色デニム”がオススメな理由
  • ともちさんから、ナイスなご質問をいただきましたので今日はデニムの色について詳しくお話します。『デニムはどこの分類になるのですか?色で見ると寒色になりますよね?そうなると、デニムには無彩色か順無彩色を合わせるのが良いのでしょうか? 例えば赤ニットにデニムとか、水色麻シャツにデニムだと、暖色寒色、寒色寒色になるのでコーデとしてはやり過ぎになるのでしょうか?』結論から言いますと、濃い色のデニム [続きを読む]
  • 科捜研の女がおしゃれになるための色使いのセオリー
  • 「科捜研の女」って、すごく地味ですよね。そうです。あのテレ朝のご長寿ドラマ、沢口靖子さん演じる、法医の榊マリコさんです。いつも、グレーっぽいズボン(パンツというよりズボン)とシャツでああ、ああいう女性いるな〜って。責任感が強くて、何事にも一生懸命。自分のオシャレというよりは人に信頼される自分であれ、と服を選んできたのでクロゼットは地味色ばかり。こんな女性を見ると、おおきなお世話かもしれないけ [続きを読む]