ミランダかあちゃん さん プロフィール

  •  
ミランダかあちゃんさん: ミランダかあちゃんのスタイルレシピ
ハンドル名ミランダかあちゃん さん
ブログタイトルミランダかあちゃんのスタイルレシピ
ブログURLhttps://sty04.com
サイト紹介文40代50代・オトナ世代のファッションレシピ
自由文16年間大手アパレルに勤務し、ドサ回り営業からブランド管理まで様々な職種に携わる。「Project DRESS」で『デキる女の決断クロゼット』他コラムを連載中。https://p-dress.jp/keyword/key_2765
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供406回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2016/06/28 21:34

ミランダかあちゃん さんのブログ記事

  • 目指せ!モードな70歳
  • 大好きなステラマッカートニーのWebサイトに女優のグレンクローズのインタビューが掲載されてました。グレン・クローズ、危険な悪女役が多いですがディズニー映画「101」(101匹わんちゃんの実写版)で毛皮のコートを着たぶっ飛んだおばさんクルエラ役、というと思い出す方がいるかもしれませんね。(ステラマッカートニwebサイトより画像をお借りしました) 彼女のコーデは白、黒のめちゃくちゃシンプルなテーラードスーツ [続きを読む]
  • 今秋のトレンド素材・ベロアを着るとき気をつけること
  • ユニクロのこの記事の秋一番乗り!旬アイテムベロアの着こなしを攻略ベロアを使った提案が、なかなか良くてほお〜と見入ってしまいました。(ユニクロHPより画像をお借りしました) ベロアのパンツって一歩間違うと、パジャマあるいは着ぐるみっぽくなるので「どう履けばいいの〜?」と思っている方が多いと思います。上の記事では手持ちのシャツやボーダーTシャツを合わせてさらっと気の利いたコーデに仕上げていますね。スタイリ [続きを読む]
  • 乾いてクサくなくなってからが似合う大人香水
  • 若い頃は、自分がクサイんじゃないかといつも心配してました。体育会バスケ部でしたし若いと、毛穴やらなんやらから脂や熱気や体臭や、いろんなものがじわじわと湧いているような気がして青春とシーブリーズは、切っても切れない仲。 メイクをするようになってからオーデコロンに目覚め、色々な種類を買い漁ったのですが愛用していたのはいつも白い花の香り、ジャスミンやクチナシ、イランイラン、ユリなどをベースにした万人受け [続きを読む]
  • 日本のテキスタイルも美しい
  • 雨天ではない土日にだけラフォーレ原宿の前に露店が出るのご存知ですか?簡易テントの下に、ビンテージの着物や帯がダンボールでわんさか売られていてついつい見てしまう。。特に何か買うわけではないんですけどね、鮮やかな色やユニークな柄の和服が1,000円〜10,000円程度で売られていて海外からの旅行者で賑わってます。 こちらはかあちゃんが学生だった気を失うほど大昔からあるオリエンタルバザー。旅行者向けのお土産やさん [続きを読む]
  • いいものを見分けるための一番シンプルな方法
  • 40歳を過ぎたあたりで疲れが取れにくく徹夜がこたえるようになり「ああ、もう若くないんだなあ」と実感してから少しだけ食生活に気をつけるようになりました。外食でもバランスよく食べるようにするとか添加物が入ったものを避けるとかポテチを一袋一気食べするのをやめるとか毎日お風呂上がりにガリガリ君を食べるのをやめるとかまあ、非常にレベルの低いことなんですけどね(笑)でもそれを続けているとある日、化学調味料が大 [続きを読む]
  • ピコ太郎にならない、体型別ストールの巻き方
  • 昨日ご紹介したスカーフとストールを合体させた「リメイクスカーフストール」あまりに便利なので、鼻歌混じりに自分用のサンプルを作っていたら帰宅した娘が見て一言「なにそれ?ピコ太郎?」 その時のかあちゃんはこの状態。 ずずちゃちゃ、ずずちゃちゃ。よく言えばヤザワのタオル。(↑よくなってない) スカーフに比べてストールは決してむずかしくないですが1点だけ気をつけるコツがあるなら「対角持ちしてから使うこと」だ [続きを読む]
  • 失敗しない、大人のためのライダース選び
  • ライダースジャケットについていくつかご質問をいただいているので真夏以外はライダーズを着ている、かあちゃん的ライダース選びについて書いてみます。大人女性にオススメの素材フェイクについては賛否あるかと思いますがかあちゃん、ライダースに関してはフェイクではなくラムレザー、シープスキン、スエードがオススメだと思います。ラムレザーは生後一年以内の羊革シープレザーが1年以上経った羊の革です。革ジャケットって、 [続きを読む]
  • クリーニング屋の超ネガティブなスゴ腕おじさん
  • 毎日着るブラウスやセーターはできるだけ手洗いするようにしています。可能なものは、オシャレ着洗いで丁寧に洗ってあげた方がしっかりふんわり洗える気がします。(お風呂のついでに洗う程度ですが)クリーニング代もバカにならないし、石油系溶剤の匂いもあんまり好きではないんですよね。ただ、デリケートな素材の服にシミをつけてしまった場合やコートやジャケット、その他大切な衣類は信頼できる地元のクリーニング屋さんにお [続きを読む]
  • まだ秋物を出していなくても、手っ取り早く季節感を出す方法
  • 9月に入り、だいぶ日が短くなってきました。ファション的には、この「日の傾き」ってわりと重要で夏に素敵に見える着こなしと秋冬に素敵に見える着こなしはけっこう違うとかあちゃんは思ってます。夏は日差しが真上から照りつけるので光をそのまま跳ね返すフラットな素材が、心地よく見えます。つるんとした肌触りのコットンのワンピースなどは夏にふさわしいですよね。秋になると日差しが傾き、斜めから差し込むようになります。 [続きを読む]
  • いまさら人に聞けない 美術館で絵を鑑賞する方法
  • 名画なんて見たって、お腹は一杯にならないし急に美的センスが磨かれるわけじゃないしだいたい、絵ってどうやって鑑賞するものなの?なんか腕組みしてじーっと絵の前に立ってる人がいるけどみんな一体何を考えているのかしら?・・って思いません?かあちゃんも若い頃はそうでした。脳の前頭前野(おでこの出っ張ったとこ)は美しい音楽や絵を見たときに感動する場所らしいですが、事故や病気でここが損傷すると、論理的思考力には [続きを読む]
  • もしもダンナが日替わり定食だったら、幸せな未来は手に入る?
  • このブログを始めて今日でちょうど1年です。コツコツ一日一記事書いているので、366記事めとなります。いつもこのブログをお読みくださっているみなさまコメントや感想を書いてくださるみなさま街で「かあちゃん!」と声をかけてくださるみなさまのおかげです。いつも本当にありがとうございます!!「夜9時にくすっと笑えてちょっと役立つ」をモットーにこれからも頑張ります。これからも引き続きよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 「ミンクを着てママチャリをこぐ」が旬なのね
  • 「ミンクを着てママチャリをこぐ」ね?そのまんまでしょ?(笑)今日のフェンディー銀座店のウィンドウです。 昔はお出かけ着と普段着がはっきり線引きされていたからミンクのコート着てピンヒールを履いてん十万のバッグをハンドルにぶら下げてママチャリをこぐなんて、昔なら「ありえな〜い」となるところ。このウィンドウのスタイル、「現代の忙しい女性はいくつもの顔を持っているのよ」って言っているような気がしてかあちゃ [続きを読む]
  • 大ヒット御礼 スカーフバックをご紹介いただきました
  • 7月から販売を始めた「リメイクスカーフバッグ」想像をはるかに超えるほど、多くの方にご注文いただき本当にありがとうございます。縫製担当の菊池が全力投球してくれていますがご注文が大変混み合っておりましてスカーフバッグ・スカーフバッグ+ツイリーどちらもスカーフ到着から約20日間ほど頂戴しています。1点1点心を込めて制作しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。スカーフバッグをご注文下さったワーキ [続きを読む]
  • 男子禁制・大人がつけたい下着の話
  • 「勝負下着」っていうものを身につけなくなってどのくらい経つかしら?(遠い目)今さら殿方に勝負を挑む気はさらさらないけど(殿方サイドだって、ごめんだぜって思っていらっしゃるわよっ)例えばですよ、例えばですがかあちゃんが道で突然倒れて、そのまま救急車で運ばれて緊急手術なんてことになり、その時おへそまでの大きなパンツ履いてたら、ちょっと恥ずかしいわ。しかも、お医者さんが福山みたいなイケメンだったり、看護 [続きを読む]
  • ボタンがとれても、スペアボタンがすぐに見つかる簡単な方法
  • 新しいお洋服を買ったときスペアボタンが小さい袋に入って添えられていることがありますね。あれ、みなさんどうしてます?お菓子の箱かなんかにとりあえずポンポン入れとく?かあちゃんも長い間”お菓子の箱派”だったのですがいざジャケットのボタンが取れてなくなってしまった時お菓子の箱の大量のボタンの中から、探し出さなきゃいけません。お菓子の箱にボタンが見当たらず手芸屋さんでボタンを探そうと思っても、ぴったりの大 [続きを読む]
  • 花魁は江戸時代のファッションリーダー
  • 六本木ミッドタウン1階に「トレーディング ミュージアム コム デ ギャルソン」がオープンしたので、見てきました。トレーディング ミュージアム コム デ ギャルソンは、過去のアーカイブアイテムを集めて展示したりアートと販売スペースが合わさったコンセプトショップなんだそうです。入り口近くに「プレイ コム デ ギャルソン」もあります。先日かあちゃんがオススメした白シャツ↓一年中着たおせる白シャツを見つけた白、ネイビ [続きを読む]
  • クロゼットは断捨離せずに育てていこう!
  • かあちゃん昨日、またもやテキトーな格好で銀行に行きましたら清楚な銀行の女性に「ブログ読んでます〜」と話しかけていただきました。↓この時と一緒で、銀行にいるおばさんあるある銀行の方の方がよほど清潔感があって素敵だったので、恥ずかしかったわ〜。でもこうして声をかけていただけて、とっても励みになってます。ありがとうございます!!さて昨日の続きです。 かあちゃんのクロゼットマップ、春の段階から変わってい [続きを読む]
  • クロゼットの服を大規模断捨離しなくてすむ方法〜クロゼットマップ秋編〜
  • 今日はクロゼットマップのお話です。「あなたは、お洋服何枚持ってます?」って聞かれて、答えられる人いますか?かあちゃんの経験上、これに答えられた人はいまだかつて一人もいません。(笑)たいていの方は、たくさん服を持っていてもクロゼットのほんの一角の服を繰り返し着ていてある日、奥の方から「私こんな服もってたっけ??」と行方不明服を発掘しちゃったりするわけです。服のお店がなぜいつもきれいで見やすいかという [続きを読む]
  • ブラック+フラワープリント=板谷由加さん風モード感
  • フジテレビのドラマ「セシルのもくろみ」に大好きな板谷由夏さんが出ているので、かあちゃん毎週かぶりつきで見てます。ファッション誌の敏腕編集者というクールな役どころ、毎週何を着ているのか楽しみで。(よだれ)前髪パッツンの黒髪に、ブラックのモード系の服がよく似合っていらっしゃる。ブラックベースの服に、大ぶりのピアスポイントにヴィヴィッドな花柄、というのがお決まりのパターン。おばちゃんに花柄って顔がうるさ [続きを読む]
  • 愛用ブランドが最近合わないと感じたときの、次のブランドの探しかた
  • 「長年○○というブランドが好きでよく買っていたのですが最近どうもしっくりこないと思うようになりました。今の私にぴったりくるブランドを、どうやって探せばいいですか?わりとよくきかれるご質問です。例えば「セオリー」のサイズが合わないと感じ始めたら、「セオリーリュクス」というようにお姉さんブランドがあればいいのだけどそうじゃない場合は、どうやって次のお気に入りのブランドを見つけるの?かあちゃんは、百貨店 [続きを読む]
  • 一期一会の古着ドレス
  • リゾートや海にと思っていたワンピース、着ようとするとお天気が悪かったり寒かったりして出番があまりないうちになんだかんだと8月も終わりなのでタイ料理を食べに行くときに着てみました。↓こちらで紹介したEVAさんで見つけた古着です。1時間あればぐるっと回れる、代官山ヴィンテージショップ(リンクから、オンラインショップも見れます)近くで見ると意外と可愛らしいテキスタイルでしょう? 1点もので安く手に入る古着。 [続きを読む]
  • 〜今週のZARAパトその2〜クラシックとモダンの掛け合わせ
  • 昨日ZARAをウロウロしていたら「ミランダさんですか?」と声をかけていただきまして、パチリと記念撮影。 赤のワンピースとアクセサリー使いがおしゃれな方だなあ〜と思ったらバッグのデザイナーさんでした。→BERAさんのwebサイト気持ちが明るくなるような北欧風なプリント生地がかわいい! さて、昨日の続きです。ZARAパトで見つけた、かあちゃん的オススメ情報。どこまでもグッチっぽいこのブラウスに一目惚れ。えりと袖口だけ [続きを読む]
  • 〜今週のZARAパトその1〜かあちゃん的オススメ3点
  • 大人世代は、アイビーとか、トラッドとか、ベイシティーローラーズとか”チェックもの”の洗礼を受けてきた方も多いはず。特に今年の秋ブレイクしているグレンチェックはかあちゃんも大大大好物で、ジャケットとパンツを早くも調達済みです。ZARAでもワンピース、コート、ブラウス、パンツと本当に色々なアイテムでグレンチェックが使われているのでお好みのものが見つかりそう。服をグレンチェックにしたら、全身トラッドにせず靴 [続きを読む]