ふうちゃん さん プロフィール

  •  
ふうちゃんさん: ふうちゃん本舗博多本店
ハンドル名ふうちゃん さん
ブログタイトルふうちゃん本舗博多本店
ブログURLhttp://fu-honpo.com
サイト紹介文おじさん店主の社会科見学
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/06/29 13:44

ふうちゃん さんのブログ記事

  • 博多山笠、終わりました、これから夏本番
  • (ご神入れした神聖な山笠を関係者以外が触ることは許されない)今年は残念ながら博多山笠最後の行事、“追い山”を見ることが出来ませんでした。追い山は朝の7時ころに終わりますが、毎年見終わって帰る時、いよいよ本格的な暑い夏が始まるなあと思います。山笠は夏への区切りみたいなものです。ところで今年の山笠には新しい試みがあって、いろいろなところにカメラが取り付けられていたそうです。これをVR画像にして外国で紹 [続きを読む]
  • 博多山笠、期間中は冷やし中華を食べない
  • (舁き山が走る道ではケガをしないように電柱にゴザが巻かれる)暑い日が続き、冷やし中華がおいしい季節となりました。しかし博多山笠に関係する人は期間中、冷やし中華を食べないのです。なぜでしょう?それはキュウリが入っているからです。キュウリを輪切りにした時の模様が櫛田神社の紋に似ているので食べられないのです。(博多山笠は博多の総鎮守、櫛田神社に奉納する祭りですから)冷やし中華に限らず、太巻きの中にもキュ [続きを読む]
  • 博多山笠、お汐井とり行事
  • 7月10日から「静」から「動」へと動き出す博多山笠、博多の街を小型の山笠「舁き山」が走り回ります。その前日の7月9日夕方に全部の流れで行なわれるお汐井とり。博多の筥崎宮(福岡市東区)正面にある浜に関係者が走りながら集まり、浜の砂(これをお汐井と言う)を竹かご(てぼ)にすくい取り持ち帰ります。このお汐井は山笠に吊るしたり、玄関先に下げたりします。山笠行事に出る時には振りかけて清める神聖な砂となります [続きを読む]
  • 博多山笠始まる、早朝にこっそり場所を変える飾り山笠
  • (唯一、走る飾り山)福岡市内では14基の飾り山笠が展示されていますが、2基だけは他とは違っていることがあります。1つはソフトバンクホークスのホーム、ヤフオクドームにある飾り山笠。「表」がソフトバンク選手の人形、「見送り」が歴史ものとなっています。他の13基は必ず表が歴史もの、見送りが歴史かアニメなどになっていますのでこの飾り山だけが逆になっています。もう1つは老舗商店街、上川端通りのアーケード内に [続きを読む]
  • 博多山笠 いよいよ動き出す (本番は7月1日〜15日早朝)
  • 博多山笠が動き出しました。各「流れ」で、走る舁き山の棒締め(ぼうじめ)が始まりました。これは山を担ぐ6本の棒を麻縄で山笠台に固定させる作業ですが、気合を入れる大事な行事です。しっかり固定させるためには人が引っ張ったくらいでは強く締まりませんので、長い棒に麻縄を巻き付けテコの原理で締め上げます。隙間が出来たら後から緩みますので金づちで縄を叩きながら締め上げて行きます。この時、麻縄と台が悲鳴を上げて「 [続きを読む]
  • 田村悟史コレクション、SPレコードと蓄音機
  • 膨大な数のSPレコードと蓄音機の(故)田村悟史コレクションを九州大学の総合博物館が譲り受けたということでお披露目がありました。研究されている九州大学の先生によって、蓄音機の工学的な詳しい説明と、SPレコードが作られた当時の背景などを5時間に渡って熱心に講義されました。ところでSPレコード、蓄音機という言葉が分かるのは年配者だけだと思います。私は小学生のころに卓上式のものから音が出ているのを聞いたこ [続きを読む]
  • 寿司職人に修業はいらない、3か月でできる、の話から
  • 先日ネットで、3か月の短期で養成された女性寿司職人が、自分の髪を触った手で寿司を握った、そもそも職人というのは・・・ということで論議を呼んでいたようです。短期養成職人の否定が前提なので作り話のようでもあり、真意の程は分かりません。ところでこちらは実際の話。遅い昼食で立寄った(“サラリーマンのメッカ”の有名なJR駅、その駅前の)カツ丼チェーン店で目にしたこと。店員は4人で、1人は中年の日本人、この人 [続きを読む]
  • 「世界大学ランキング日本版」で福岡市内の6大学がランクイン
  • 先日、世界大学ランキング日本版で日本の150大学が公表されていましたが、福岡市内の6大学がランクイン。九州大学が7位、福岡女子大が48位、西南学院大が97位、福岡工業大が111位、九州産業大が120位、中村学園大が150位。なぜか福岡大はランク外に。国際性評価では福岡女子大が上智大、東京外語大の次で7位。これは今話題になっている国際基督教大よりもランクが上。教育満足度評価では九州大が10位、西南学 [続きを読む]
  • 札幌ラーメン、博多ラーメン、本場で食ったぞ!
  • 博多駅には麺街道というのもあって「とんこつ博多ラーメン」売りの店が多いです。人気ラーメン店では行列も出来ています。行列は殆どが旅行者だと思います。「博多に来たからには博多ラーメンを食べて」となるのは当然でしょう。事前にネットで調べてから。これは札幌でも同じだと思います。札幌と言えば味噌ラーメン、塩バターラーメンのイメージで。それから広島のお好み焼きも。旅行者は「本場で食べた」ということに意義を持つ [続きを読む]
  • 博多どんたくの5月が終わって、6月は博多山笠の準備
  • (九州大学・芸術工学部のどんたく隊はユニーク)今年のどんたくも初日が雨になり、3年連続して初日のパレードが中止。天気予報は晴れでしたが、パレードが始まるといきなり空が暗くなって、雷が鳴って、それから土砂降りの雨。おまけにヒョウまで降りました。この“ヒョウ”変するまでの間は15分位だったと思います。220万人の人出があった博多どんたくも終わり、次の博多の街は博多山笠。7月の本番に備え、6月1日から準 [続きを読む]
  • カラスが「カラス侵入禁止」を読んで了解した?
  • (熊本県八代市の妙見祭が福岡市に)「シャッターのない空き倉庫にカラスが巣を作って困っている。追い払おうにも攻撃的になるので出来ない。カラスを寄せ付けない方法はないものだろうか」とカラスの専門家に相談したそうです。専門家はどのような解決策を示したのでしょうか。それは入り口に「カラス侵入禁止」と書いた紙を貼りなさい。すると不思議、カラスが全く来なくなったそうです。カラスは頭が良いと言っても書かれた内容 [続きを読む]
  • 提灯大山笠が初めて福岡市内を走った
  • (北九州市戸畑の提灯大山笠)九州のユネスコ無形文化遺産登録記念イベントとして、登録された博多山笠(福岡市)、戸畑大山笠(北九州市)、唐津くんち曳山(佐賀県唐津市)、日田の曳山(大分県日田市)、八代妙見祭(熊本県八代市)の5つの特別巡行が福岡市役所周りの通りを使って行われました。それぞれが古い歴史を持ったものですが、このように一堂に会することはもう二度とないと思います。珍しい催しでした。福岡市だから [続きを読む]
  • 横浜、夜の山下公園の良いところは何だと思いますか?
  • ずっと前、まだベイブリッジがなかった頃の約30年前、横浜の山下公園に初めて行きました。そのころから「シーバス」という港内船はありました。シーバスとは海のバスではなく、スズキ(Seabass)ですよと横浜の人が言っていました。その後何回か訪れましたが、その時公園に係留されている日本郵船氷川丸を見学しました。中は古き良き時代がそのまま残されていて、何かホッと安心できる空間がありました。しかし、よくぞこのよう [続きを読む]
  • 観光用のSLを作れないかと思った
  • 行楽シーズンとなりました。人が動き出しますが、その中で勇壮な走りをするSLなどは観光の定番となっています。それで、小ぶりのものでいいから観光用のSLはできないものかと思いました。今はC型とかD型の古い「蒸気機関車」をメンテナンスして使い、石炭を焚いて走るから大変なので、観光用としてもっと簡単にやれないものかと思いました。動輪を動かすには圧力蒸気をシリンダーに入れてピストンを動かせば良いのですが、石 [続きを読む]
  • まもなく博多どんたく5月3日、4日
  • 博多どんたくの初日、その一番最初に、昔からのやり方で博多商人がパレードをしますが、この時一緒に“笠鉾”が出ます。パレード前に櫛田神社でご神入れを行い、神が宿っている神聖なものです。移動櫛田神社です。この中をくぐり抜けると災難に遭わないと言われています。以前は小さい子供を抱えたお母さんが通り抜けるのをよく見かけました。しかし今は知らない人も多く、それと見物人が多いので道路には簡単に出られないし、出た [続きを読む]
  • まもなく博多どんたく2017
  • 福岡市関係者のどんたく衣装:草履に白足袋、赤のパンツに浴衣、黄色の羽織、首には折った手拭いをネクタイ巻き。頭に“博多にわか”のお面、首にこいのぼりの付いた笹を差す。そしてしゃもじをお囃子に合わせてたたく。衣装に意味はありませんが、「出たがり好きで目立ちたい」をよく表していると思います。これを見るとお祭りが始まった!という感じがします。(*博多では手拭いを「てのごい」と言います。博多山笠ではこの手拭 [続きを読む]
  • 博多駅は日本初の民衆駅と言われていた
  • 以前の博多駅は右半分が博多ステーションホテル、左半分が博多井筒屋というデパートでした。55年前に現在の場所に移転新築の時、周りは田んぼでしたから、どうせ作るなら駅の中にデパートを入れて賑やかにしようと博多商人が考えたことだと思います。このようなことから“日本初の民衆駅”と言われていました。屋上に遊園地はなかったのですが夏になるとビヤーガーデンがオープンしました。今はJR九州が「JR博多シティ」ビル [続きを読む]
  • 浪花節ではやって行けない今の会社
  • (3点セット: 桜と菜の花とJR九州アクアライナー)近くのガソリンスタンド、先日前を通った時には元気の良い声が聞こえていましたが、今日通ったら柵で囲われていてひっそりしていました。他業種のような「閉店売りつくしセール」もなく、私としてはいきなりの閉店に思えました。同じようなことが他にも。特殊な技術を持っていて、その分野では一目置かれていたある小さな半導体メーカーが、いつの間にか京都の京セラに吸収されて [続きを読む]
  • 福岡市と言えば屋台、屋台には裏部分もあります
  • (昼は畳んで駐車場に置き、夕方出て行く)屋台の営業は一代限りなので例え家族でも引き継げません。それで今までは名義貸しが行われていましたが、今の市長になってから禁止になり今年は26店が新しい人と入れ替えになりました。ところで屋台が福岡市に支払う料金は極端に安く、電気、上下水道、道路占有使用料は合わせて6万〜9万円/3か月です。屋台の場所は一等地ばかりです。近くで店を持つとしたら家賃が月20万では済み [続きを読む]
  • 福岡市と言えば屋台、屋台のうんちく
  • (最高地価場所<820万円/坪>にもしれっと屋台が出とうよ)福岡市の中心部では夕方になると歩道に屋台が並び始めます。日本の屋台の40%が福岡市にあるそうです。屋台はリヤカー式になっていて、近くの駐車場から移動して来ます。営業に必要な調理道具とか材料、燃料は別に車で運んで来ます。それなら最初から軽トラックでも改造して屋台にしたらと思いますが、それはできません。リヤカーでないと屋台営業の許可が下りない [続きを読む]
  • 交通安全 “宮古島まもる君” の泡盛ミニボトル
  • 沖縄土産で “宮古島まもる君、まる子ちゃん” の泡盛ミニボトルをもらいました。宮古島の “まもる君” は有名です。通年売られているお酒で、「交通安全」のラベルの貼られたこのようなお酒は、日本全国どこを探してもないのではないかと思います。“宮古島まもる君” は容量100mL(約0.5合)の小さなビンに入っています。沖縄県宮古市伊良部の「宮の華」酒造さんで造られていまして、中身は多分同じ泡盛「宮の華」だと [続きを読む]
  • 早いもので熊本地震から1年になりました
  • (南阿蘇のあか牛)熊本大地震の時は、まだ夜も明けてない時にあの不快な携帯の警報音に起こされました。日ごろから知っていた場所の震災だけに、次々と入って来るニュースを心配しながら見ていました。熊本市から南阿蘇に抜ける道路のトンネルは先日復旧し全面開通しましたが、途中はまだブルーシートのままで手つかずの家屋も多く残されています。崩壊した九州自動車道もまだ復旧工事が続いています。ところでこの地震で動物園か [続きを読む]
  • スケボー競技もロボットに負ける時代に
  • 囲碁とか将棋、オセロで、ベテランが人工知能(AI)に負かされてしまう時代になりました。こちらは静的な対局ですが、先日紹介されていたアメリカのロボットは、もう少し進化するとスケボーの大会などにも出られるのではないかと思いました。そのロボットはアメリカのボストンダイナミックス社が開発した「ハンドル」という名前のロボット。もともとは荷物を運ぶために開発したロボットだそうで、足には車輪が付いています。今の [続きを読む]
  • ボールペンのボールさえ作れない、と嘆いた
  • 「中国では年間400億本のボールペンが作られているが、1本の利益は0.02円にもならない、ボールペンのボールさえ作れないで輸入に頼っている製造業を見直さなければならない」技術がないから加工賃商売に甘んじなければならないと中国の李首相が製造業を嘆いています。ボールペンのボールは日本から輸入していますが、単にボールと言っても普通に使われている油性では直径0.7mm、水性では0.5mmだそう。インクを使 [続きを読む]
  • ある部分だけ切り取られたニュースを見て誤解した
  • 先日、こんなことがありました。大雪で新千歳空港が何日か閉鎖になった時、この閉鎖に怒った中国人が騒いだとニュースになりました。この中国人の騒ぎを見て、不可抗力なのに何故騒ぐ?大人気ない、日本人はおとなしく待っているのにと思いました。“やはり中国人だ”と思った人も多かったのでは。しかし数日後、ヤフーにこの騒ぎの真相はこうだったという取材記事が2つ程載りました。どちらも同じような内容だったのですが、それ [続きを読む]