kana さん プロフィール

  •  
kanaさん: わが家の時間
ハンドル名kana さん
ブログタイトルわが家の時間
ブログURLhttp://wagayanojikan.blog.fc2.com/
サイト紹介文リタイヤして時間に追われることもなくなり、スローライフ楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 268日(平均4.9回/週) - 参加 2016/06/30 21:10

kana さんのブログ記事

  • 私の見た 『たんぼのぎょうれつ』
  • この時期、田んぼでは農家の方が秋の収穫に向けて春の作業をされている。ところで『米』という漢字は“八十八”と書く。これは米づくりには沢山の手間がかかるところからきているとか。わが家は農家でないため米づくりに“88”もの手間があるのか分からない。元職場に兼業農家の同僚がいたがそうした彼らからよく聞く言葉が 『次の休みは田んぼ・・・・・』 『明日は休暇をとっているので田んぼ・・・』こうした言葉を思い返すと [続きを読む]
  • スマホが無い!!
  • 今日の午後、出掛けた際にスマホが無いことに気付いた。どこかで落としたらしい。それまでに立ち寄ったところは3カ所。落としそうなところを考えてみるが見当がつかない。とりあえず直前に立ち寄ったところまで引き返し周辺を探してみたが見つからない。このとき時刻は午後5時過ぎこのまま順番に立ち寄ったところへ戻ることも考えたがそうしているうちに日が暮れ、探すのが困難になる。ドコモのケータイお探しサービスは未加入だか [続きを読む]
  • 稀勢の里 おめでとう。 滋賀学園 がんばれ
  • 横綱昇進のプロセスで賛否両論の意見が飛び交っていた稀勢の里。その稀勢の里が横綱として初めて臨んだ今場所。先場所に続き連続優勝ができるか相撲ファンなら誰もが感心を寄せていた。稀勢の里の前に立ちはだかるのが横綱・白鳳ところがその白鳳は途中休場これで稀勢の里に追い風が吹いたと思ったのは私だけでは・・・しかし勝負の世界は何が起こるか分からない。13日目の取り組みで左肩を負傷した稀勢の里。これで稀勢の里の連続 [続きを読む]
  • 今日も一日穏やかでした。
  • 今日の空気は冷たく感じましたが穏やかな一日でした。ところで湖北の桜はまだ殆どがつぼみ状態。例年、湖北では旧市役所前の桜が一番早く開花するのですが今年は・・・・わが家の近くに総持寺(そうじじ)がある。総持寺は滋賀県一の牡丹寺として名高く境内には約80種類1000株の牡丹が植えられている。今日の午後、その総持寺のそばを通ると・・・境内の桜が旧市役所前の桜よりも早く開花していました。こうして日に日に春の足音を [続きを読む]
  • 幸せを運ぶ黄色い車体
  • 今日はサヤエンドウとスナップエンドウの支柱立とジャガイモの植え付けです。しかし午後から出掛けたいところがあり今日の作業はこれのみ!!老体に優しい畑仕事でした。そして午後からの用事とは・・・・・東海道新幹線が開業したのは1964年(昭和39年)10月1日開業当時は夢の超特急と呼ばれ時速200キロで走る流線型の新幹線を一度見たいという気持ちから当時自転車で友達数人と米原駅近くまで見に行き目の前を走り去る新幹線を見て [続きを読む]
  • 今日も何事もなく終わりました
  • 今日も一日、何事もなく終わりました。こうした日の仕上げは・・・ 今日に限ってではなく、いつものパターンですが!先ずは晩酌。今夜のあては先月買い求めてあった鮒ずしがようやく出てきました。ところで晩酌後はご飯を食べない!!という方もおられるが私の場合はしっかりいただきます。今夜のおかずは・・・そして仕上げは漬物と糸より玉露 以上、今夜のわが家の夕食でした。 [続きを読む]
  • ドジな警察犬・・きな子の死
  • 今日の新聞そしてラジオ等で、香川県警の元警察犬・ラブラドールレトリバー「きな子」が老衰で死んだと報じられていた。”きな子”をご存じでない方のために簡単に紹介すると。”ダメかわいい”見習い警察犬として、一躍有名になった「きな子」。映画やCM、香川県の広報犬として活躍する一方、警察犬の試験に落ち続けること6回…。「もうダメかも…」と諦めかけた2010年11月、警察犬の競技会で見事優勝!苦節6年、7回目の挑戦でよ [続きを読む]
  • 懐かしい車
  • 懐かしい車を見つけた。見つけた場所は公道ではなく・・・畑の片隅この車が何かすぐに分かる方はおそらく私と同世代と思うのですが・・・?車の名は1976年(昭和51年)に生産が開始された初代ホンダ・アコード ハッチバック低公害、低燃費、走りの良さ、安全性を調和させた車として1976年の日本カー・オブ・ザ・イヤー※を受賞したほか海外でも数々の賞を受賞した車。 (※当時は自動車雑誌「モーターファン」が選考)しかし世界から [続きを読む]
  • 孫がくれた春の夕陽
  • この連休を利用して孫がやってきた。しかし何処かへ出掛ける予定もなくゲームばかり。そこで今日は長男を畑に連れ出しました。先ずは草取りから次に土起こし。いつもは豆トラで起こすのですが堅くなった土に豆トラは跳ね、まるで・・・・・状態そこで今日は豆トラを使う前に孫に荒起こしを手伝ってもらう。最初はぎこちない姿にたまりかね口と手が出るが徐々に要領を得てスコップを使う姿も様になってくる。お陰で豆トラは跳ねるこ [続きを読む]
  • 高齢者ドライバーと認知症
  • 今月、高齢者の事故防止対策として道路交通法が改正され高齢者の認知症対策が強化された。最近、高齢者による交通事故が発生すると高齢者は事故を起こす危険性が高いという短絡的なニュアンスで報道されるのは正確性に欠けているのではと疑問に感じる。交通事故に開する統計調査では平成16年以降の交通事故発生件数は毎年減少している。こうした傾向の中、高齢化社会と若者の自動車離れにより自動車の所有率は高い世代に移っている [続きを読む]
  • アオサギの巣
  • 車を走らせているとある神社の境内に立つ一本の木が目に入った。以前、宿木(やどりぎ)を話題にした。遠目で見る限り宿木かと思ったのだが上空を大きな鳥が舞っている。不思議に思い近くまで行ってみると・・・・アオサギの巣でした。どうしてアオサギの巣がこんなところにと思い調べてみると  アオサギは集団で繁殖地(コロニー)を形成し  木の樹冠部に小枝を使い巣をつくる。  一夫一妻制で毎年同じ巣で3月頃から産卵期 [続きを読む]
  • 春を告げる魚・・・イカナゴ
  • 春を知らせる魚として知られているイカナゴ。このイカナゴ、全国のどこでも獲れる魚だけに呼名も色々。関西ではイカナゴ、関東ではコウナゴ(小女子)、北海道では オオナゴ、三陸ではメロード。そのイカナゴ、近年は乱獲や生息環境の悪化により漁獲量は激減し伊勢湾と三河湾では今年も昨年に続き禁漁。そのイカナゴを買い求めることが出来たので・・・イカナゴの佃煮・くぎ煮です。飴色に炊きあげた姿がまるで釘のように見えるの [続きを読む]
  • 鉄砲の里・国友と「国友一貫斎」
  • 昨日は黒ラブを連れ、いつもの河川公園まで出掛けた。ところで、この公園へ行くには国友という地区を通る。国友は江戸時代には大阪の堺と並び日本の二大鉄砲生産地で鉄砲鍛冶のまちとして栄えていた。信長と秀吉からは厚い保護を受け、家康の時代には天領として統治されていたというのも国友鍛冶が高い技術力と生産力を持っていたことを物語っている。しかし天下泰平の世が訪れると鉄砲の需要は減少し、昭和初期には鉄砲鍛冶の伝統 [続きを読む]
  • ようやく湖北に春が来た
  • 今日は柔らかい春の太陽の日差しでほわっとした暖かさが広がりました。その太陽が西の空に吸い込まれると東の空には太陽に替わって大きな月が。そした今宵の酒のつまみは昨日採ってきたフキノトウ今日は待ちに待った春の訪れをようやく心身ともに実感できる一日でした。 [続きを読む]
  • 時を刻むことをやめた時計
  • 昨日のブログでフキノトウを話題にした。これを見た妻がどこで見つけたのと聞くので七○小学校脇の斜面と答えると妻が「そんな斜面あったかな・・??」と不思議そうにしている。実は七○小学校は妻が通っていた小学校。だったら「フキノトウを採りがてら行ってみるか!!」ということになり現地へ。現地に着くなり妻が「私の通っていた小学校と違う!!」と一言。実は妻が通っていた小学校は、妻が卒業後に現在のところに移っておりこの [続きを読む]
  • 今年最後の買い出しになれば・・・
  • 3月も中旬に入った。昨日、妻の友人の方が南紀・那智勝浦に行かれ「勝浦では桜が咲いていたよ」とおっしゃっていたとか。そういえば、いつも見せていただいている方のブログでも那智勝浦の桜を紹介されていた。この話を聞き、私がよく釣りに出掛ける三重県・紀北町の波止で聞いた"ヤマザクラが咲いたら釣果も上がってくる"を思い出しそろそろ釣仕度の頃合いかと気がはやるのですが・・・・湖北では二日前には雪が舞い、今日は灯油 [続きを読む]
  • 老い
  • わが家で飼っているミニチュアダックスのトモ人間年齢では80才を越えたお婆ちゃん最近は一日の大半は暖かいところで眠っているがそれにつられて黒ラブも・・・スヤスヤ・・・そんなトモに最も気を使うのが食事。現在トモの歯は犬歯一本のみ。このため食事は出来るだけ柔らかいものを与え体力が落ちないように気をつけているのだが・・・・今日の食事は気に入らなかったのかそれとも食欲が無かったのか 食べ残している。      [続きを読む]
  • ふなずしのなめろう
  • 昨日から降り始めた雪も薄っすらと白くなる程度で心配するほどでもなかったが意外にも午前9時過ぎ、湖北地方に大雪警報が出た。近くのR8線を南進する車を見ているとルーフに30?ほど雪を積んでいる車もチラホラ。夜になっても大雪警報は解除されず今夜も少し心配です。と、いうわけでこうした日は早めの晩酌に限ります。今夜のアテはふなずしのなめろう ふなずしをたたき、八丁味噌と煉り合せたもので味噌のコクと鮒ずしの酸味と [続きを読む]
  • 昭和の味・・・木之本宿の醤油
  • ろそろスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに付け替えようかと思っていた矢先、午後から雪が降り始めた。この時期、本格的に積もることはないだろうがタイヤ交換は暫く見送りです。ところで明日は公立高校の入学試験天気予報では明日そして明後日にかけて雪マーク受験生を抱える父兄の方には少し心配な雪だ。さて先日、お目当ての草餅を求めることは出来なかったが、その帰りに買ってきたダイコー醤油を味わってみた。ダイコー醤 [続きを読む]
  • 可憐な山野草・・・セツブンソウ(節分草)
  • 茎の先端に可憐な白い花を咲かせるセツブンソウ(節分草)今年は2月の雪の影響で例年に比べ遅れていたそうですがようやく開花したと聞き出掛けてみました。訪れたのはお隣の米原市大久保。大久保地区にはセツブンソウの群生地があり地区をあげてセツブンソウの保存に取り組んでおられます。セツブンソウは真冬に芽を出し節分のころに花を咲かせ新緑がまぶしくなる頃には茎葉は枯れ秋まで地下の球根の状態で休眠に入るという少し切 [続きを読む]
  • 啓蟄・・わが家は虫取りならぬ草取り
  • 今日は二十四節気の啓蟄(けいちつ)少しずつ暖かくなり始め春を感じさせる言葉だが冬ごもりしていた招かれざる虫たちも活動を始める。この時期を迎えると、嫌な野草も芽吹き始め併せて春夏野菜の準備に向け土づくりが気になってくる。そこで午後から畑仕事。しかし午前中はよく晴れていたが午後からは雲も多くぼんやりとした晴れ。天気予報を見てみると明日から下り坂。という訳で土づくりは諦め今日のところは草取りで終わりまし [続きを読む]
  • 草餅がダメなら水飴と醤油
  • 今日はびわ湖北端の集落で隠れ里と称される菅浦まで出掛けた。ここ菅浦では、ご夫婦で昔ながらの素朴な方法で杵つきの草餅を販売されており今日はその草餅を求めて出掛けたのだが・・・・訪れてみると張り紙が見に入り嫌な予感。予感は的中し本日休業の張り紙しかもその張り紙、少し日焼けしている。近くの方に尋ねてみると最近ご主人が亡くなり次の販売はいつになるか分からないと教えて頂いた・・・残念このため少し時間が出来た [続きを読む]
  • 時刻表
  • 今日の新聞折り込みにJR時刻表が入っていた。現在では車は一人一台が当たり前の時代だが私たちの子ども時代は車を所有する家庭はまだ少なくオートバイやスクーターを所有されているだけでも珍しい時代であり専ら利用する交通機関は鉄道とバスだった。そのためどの家庭にも必ずと言っていいほど家のどこかに列車とバスの時刻表が貼ってあった。しかし車社会の普及により鉄道・バスを利用する機会は徐々に少なくなりそれとともに時刻 [続きを読む]
  • 切り干し大根が出来ました
  • これまでは単なる冬の保存食と考えていた切り干し大根だったが・・・栄養価満点の切り干し大根ができました。        ※乾燥後        ※乾燥前大根に太陽の光を浴びると大根に含まれるカルシウム・カリウム・食物繊維・鉄などの栄養素が凝縮され、生の大根の数十倍にも膨れ上がる。この結果、切り干し大根は生活習慣病・貧血予防、便秘解消、美肌効果などにとても効果があるとか。作るのにさほど手間も世話もいら [続きを読む]
  • 春の訪れを感じる3月
  • 月日が経つのが早い今日から3月3月は弥生ともいうがその由来は由来のとおり、そろそろ嫌な仕事・畑の草取りが始まるのかと思うと少し気が重くなる。しかし3月になると雪解けが進み近くの川では水量が増えさらに雛祭り、春の彼岸入り、桜前線等々・・・春の訪れを感じることが多い。いよいよ待ちに待った春本番の到来ですね。 [続きを読む]