並木 さん プロフィール

  •  
並木さん: おとぎみち
ハンドル名並木 さん
ブログタイトルおとぎみち
ブログURLhttp://otogimichi.hatenablog.com/
サイト紹介文たまにマジメなおとぎブログ。 意識の低い社畜と化したSE。日常雑記を投稿。SE、アニメ、書評。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/06/30 21:13

並木 さんのブログ記事

  • 今だから話せる! 心療内科でいわれた衝撃発言3選 ③
  • 前回①②のおさらい社畜が受診した精神科医限定!この人は相当な変わり者!!そして社畜はdisorder!!!診断結果を言い渡されてから、僕はその病院に結果的に1年半通院することになりました。いやぁ、長かったですよ。1年半は。周りの人たちからは、行きたくなければ約束を反故にしてもう行かなければいいじゃないかという意見もありました。世間では案外そういう人は多いようですね。いつの間にかフェードアウトしてしま [続きを読む]
  • 今だから話せる! 心療内科でいわれた衝撃発言3選 ②
  • 前回①のおさらい身の危険を感じて心療内科の門を叩く社畜!そこで待ち受けていたのは、お前はまさに奴隷以下の存在だとして正式に認定する精神科医だった!果たして、社畜は精神科医の助けで会社を休むことができるのか(ムリ)!?①ですでに結論を書いているんですが、僕の診断結果は適応障害でした。うつ病ではありません。精神科医曰く、僕の症状は会社に向かう際、または会社にいる間に顕著に表れており、職場から離れる [続きを読む]
  • 今だから話せる! 心療内科でいわれた衝撃発言3選 ①
  • 診療内科への通院が終わってから、もう半年以上経ちました。といっても、ネットでよくいわれているような危機的状況に陥っていたわけではありません。通院の経験を交えながら、その病院の先生の衝撃発言を見てみましょう。僕は以前、こんな記事を書いたことがあります。otogimichi.hatenablog.com三徹をしたのはさすがに一度きりでしたが、月の残業時間が200時間を超える日々は、まさに地獄の日々でした。その年度の年間合計 [続きを読む]
  • 全員に行き渡らないお菓子を配る人
  • という人ってあなたの周りにいませんか??職場の話です。私の周りにはいます。尊敬します。これは尊敬せざるを得ません。だって、全員に行き渡らないのよ!?もし、自分がそのお菓子が途切れてしまう境目になったとしたら、ギリギリもらえた側でも、もらえなかった側でもバツが悪いってもんです。だいたいね、がっつくようなお菓子ではないわけですよ。往々にして。そりゃあもらえたら嬉しいですけど、早い者勝ちになったと [続きを読む]
  • タダ飯だから、を理由に会社の飲み会にいくだなんて信じられない
  • みなさん、年末年始はなにかと飲み会が多く、体力的にも金銭的にも大変だったんじゃないでしょうか?いやー、職場の飲み会って本当に本当に不思議ですよね。東に西武があって、西に東武がある池袋ぐらい不思議です。僕は以前、こんなことを書きました。otogimichi.hatenablog.comこの考え方は今でも全然変わっていません。そしてその上で、さらに言えば「タダ飯だからといって飲み会に行く人」が理解できません。確かに場 [続きを読む]
  • 年末って感じがしないよね
  • この言葉聞き飽きたから!!大きなイベントが近づく、もしくは終わるとよくこういった感想を聞きませんか?「今年のクリスマスは全然クリスマスらしくないよね」「日付は年末だけど、そんな感じが全然しないね」もう辟易するんで、質問してみましょう。「らしさってどんな感じ??」「えー? 昔はもっとこう、街全体がそういう雰囲気だったよ!」昔!? 昔なの!?比較対象はムカシー!?去年じゃなくてー! [続きを読む]
  • わかる、ということ
  • 「わかる、ということはわからなくなること」という主張を展開すると、また面倒くさいことを言いだしたぞといった憐憫を含んだ表情を向けられることが多いから、言葉を足していこう。人間誰しも、絶えずなにかについて評価をし続けているといっても過言ではない。学校生活、同僚、先輩後輩。他人の服装や今日のランチ。天気まで。別にそれ自体を否定するつもりはないが、特に人への評価についてはもっと冷静になるべきだと [続きを読む]
  • 片手にピストル 心に色眼鏡
  • 知人に、異様なまでに桃が嫌いな人がいる。桃ってもちろんあの果物の桃だ。知人に、パスタが嫌いな人がいる。パスタってあの子供の大好物ランキング上位に食い込むあのパスタだ。パスタが嫌いな理由は、食べている間ずっと同じ味だから、らしい。それってうどんとかカレーとかもそうなんじゃないか?とは言わなかった。その話を聞いた時はちょうどカレーうどんを食べていたし。それよりもむしろ女性でパスタが嫌いな人がいると [続きを読む]
  • オタクがにわかに恐怖する
  • 小学3年生のころ、いつも一緒に下校していた友達がいた。もう20年近くも前になるし、確か小学5年生のころにその友達は転校してしまったから、もはや名前も覚えていない。唯一おぼえているのは、彼はセーラーマーキュリーが好きだったということだけだ。ネットの登場によって、マイノリティに属する人たちが容易にコミュニティを形成できるようになった。オフ会を「オフ会」と称していることからも通常彼らはネット上で交流して [続きを読む]
  • 親和するシステム開発とフランス料理
  • とあるシステム開発現場「COBOLをJavaにリライトするモダナイだから、リプレースというよりマイグレかな。ポーティングなんかでデスマとかダサいからね」こんなことを言っちゃうプロジェクトリーダーがいたら、俺は殴るね。右肘で殴って左肘を見せる隙を与えないね。とあるフランス料理店「エシャロットをシズレしたら、ミルポワでフォンとっといて。ジュリエンヌしたらブランシールするから」こんなことを言っちゃうコッ [続きを読む]
  • 観光名所に落書きをする人
  • もうだいぶ昔の話になりますが、イタリア・フィレンツェにあるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の壁に日本の修学旅行生が落書きをしたという問題が話題になったことがありました。世界遺産にも登録されている人類の宝に落書きとはけしからん、という論調で当時はとてもバッシングされていました。調べてみたら2008年の出来事でしたよ。時が経つのは早いですね。そして、今更掘り起こすこともないのでリンクは貼りません。 [続きを読む]
  • ボトル缶が主流になったせいで
  • 缶コーヒーがいつのまにかボトル缶コーヒーに取って代わられました。缶コーヒー自体は今でも見かけますが、持ち運びに際しては蓋ができるというメリットから、ボトル缶コーヒーの方が愛飲されているように見受けられます。さらに、コンビニコーヒーも当たり前になったことで、結果やっぱり缶コーヒーの分が悪くなっていると想定されます。勢力は ボトル缶コーヒー > コンビニコーヒー > 缶コーヒーなのかな?という話 [続きを読む]
  • お土産を催促、または指定してくるやつってなんなの?
  • 一週間ほど旅行に行ってました。私は旅行が好きです。未知の世界に足を踏み入れ、知らない土地の知らない文化に触れると、様々な感情が湧き上がってきます。そして、家に戻って旅行先の歴史について調べ、自らの見聞が少しだけ広がったことを感じるのです。その瞬間が好きです。私は家が好きです。自分が好き勝手プロデュースした空間にいると心が落ち着き、様々な思いに浸ることができます。だから、私は旅行にはほとんど行き [続きを読む]
  • なぜ女性は仕様の話にするんですか
  • 女性と話をしていると、こんな発言が飛び出てくることがあります。上司からの、オイスタバーでの食事の誘いを断った女性に理由を聞いたとき、「わたし、牡蠣食べられないんですよ」アルバイトを転々としている女性になにがあったのか聞いたとき、「わたし、仕事続かないんです」なにそれ?? 仕様の話!?まるで生まれながらにそうであったかのように語るのはなぜなんだぜ?牡蠣が苦手だから、でよくない?辛抱強くないか [続きを読む]
  • AIが世界を変える未来はこない説
  • 先日、こんな記事を書いた。otogimichi.hatenablog.comそれを踏まえて提唱する。AIが世界を変える未来はこない説!いや、ごめん。いきなり言いすぎた。正確にいうと、「AI」という言葉は近い将来使われなくなる説!というのは、IT業界とはよくいわれるように本当に移り変わりが激しい世界だ。新しい技術、概念が生まれては消えていく。淘汰された結果、そのなかのほんの一部だけが生き残っていく。生き残っていくわけだ [続きを読む]
  • 地方に住むべき10の理由
  • 東京はとにかく人が多すぎ!!なんで? なんでそんなに東京に住みたがるの!?地方には東京なんかより素晴らしいものがたくさんあるんだよ!!だからみんな地方に移り住もうよ!東京から人を減らそう!嘘でもなんでもいいから地方に移り住む導線を作ろう!地方の素晴らしさ①満員電車なんて乗らなくていい!地方はやっぱり車社会。通勤退勤を車というプライベートな空間で過ごせるなんて最高じゃないですか。最近の車は [続きを読む]
  • まいばすけっとのレジが本当にストレス
  • ドミナント戦略の申し子、まいばすけっと。おにぎりの値段はあまり変わらないけど、飲み物がコンビニよりもはるかに安いから、毎日会社に向かう途中に寄っている。朝ごはんの調達においていつもお世話になっています。でもでも、とにかくレジがストレス溜まるんですよ!!僕は、少額の買い物、それこそコンビニやまいばすけっとなどの支払いはすべて電子マネーを使っています。オートチャージでポイント還元も大きいし。だ [続きを読む]
  • ネットのおかげでどこでも仕事ができるというウソ
  • 「Web2.0」とかいうもはや死語となった言葉が騒がれていた21世紀初頭。俺は記憶では、 「これで世界中のどこでも仕事ができるようになる!」 「家にいながらでも同じ生産性を保てる!」 「出勤の必要性もなくなるから、満員電車も解消だ!」みたいなことがまことしやかにささやかれていた。21世紀に突入して16年目。そんなフワッフワな希望は、しかし現実とならなかった。だって、そんなの全部ウソっぱちだもん。現実とな [続きを読む]
  • スピードワゴンの小沢ってステキだなと思った
  • スピードワゴンの小沢一敬。アメトーークでネタにされてから「セカオザ」なんて呼ばれてる。昔々、NHKの爆笑オンエアバトルでスピードワゴンの漫才を見ていたけど、最近はそれぞれピンで見ることの方が多くなっていますよね。先日、ワイドナショーにスピードワゴン小沢がコメンテーターとして出演していました。そのときのセリフがなんだか印象に残っている。熊本地震などの被災地に有名人が支援活動を行っていることに対し [続きを読む]
  • 【書評】教団X
  • 教団X作者: 中村文則出版社/メーカー: 集英社発売日: 2014/12/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (23件) を見る書評とはいえません。ただの感想をぽろっと書きます。そもそもこの小説、アメトーークの読書芸人で絶賛されたことから純文学としては異例の大ヒットとなり、しかしそれゆえにレビューが荒れたという経緯がありますね。荒れた理由はただ一つ。この作品が純文学だからです。純文学というジャンルは読者 [続きを読む]
  • スポーツ観賞しないといけない風潮
  • なんなのだ!? この風潮は!!俺はスポーツを「見る」ということにほとんど興味がない。根底に「なんで他人がやっているのを見るんだ!?」という感想がある。楽しくプレイするのはいい。スポーツは楽しい。でも、なんでそれを見ることがそんなに楽しいんだ!?いや、誤解されては困る。楽しんでいる人たちは大いに楽しんでもらいたい。それってすごく有意義な時間だと思う。ただお願いだから、なんの贔屓もない俺を否定し [続きを読む]
  • これからもKIRINを飲み続けようと思った話
  • ビールはキリンの一番搾りを愛飲している。アサヒ スーパードライなんて論外で、そもそもキリンラガー派の僕は一番搾りに行き着いた。発泡酒や第三のビールを飲むくらいならもはや酒などいらぬ。一番搾りにはキャンペーン用のシールが貼り付けられてあって、所定枚数を集めたら時期を見てキャンペーンに応募できる。よく嵐がCMをやってるあれだ。個人的に、やっぱり「絶対もらえる」シリーズが好きで、キャンペーンが始まると [続きを読む]
  • 誤解される可能性ってどこまで認めるの?
  • 学生時代から、というか人と会話をするようになってからずっと、言葉って難しいなぁと痛感させられ続けています。たとえば夫婦の離婚についても、根本原因はコミュニケーション不足というただ一点のみというケースは多いようですね。会話の難しさは、話さなくても話しすぎても問題が発生するという点です。過ぎたるは及ばざるが如し。誤解の火種はあらゆるところに潜在的に存在しています。仕事において、先日こんなことがありま [続きを読む]