100kissesaday さん プロフィール

  •  
100kissesadayさん: シドニーにて、家族日記
ハンドル名100kissesaday さん
ブログタイトルシドニーにて、家族日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/100kissesaday/
サイト紹介文シドニー在住、アラフォーの働くママです。アフリカ人の夫と二人の子供達の、四人家族で暮らしています。
自由文5年前に、家族でシドニーに移住して来ました。
アラフォーの働くママです。
家のことや、子育てのこと、日々の色々を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 257日(平均4.2回/週) - 参加 2016/07/01 12:42

100kissesaday さんのブログ記事

  • 誕生月に思う。
  • 3月は、息子の誕生月です。 息子から数日遅れて来る私の誕生日も、3月です。 とは言え、3月が特に忙しいと言うことはありません。 息子は14歳、大掛かりな誕生日パーティーはもうしなくなりました。 私の誕生日に至っては、私自身が忘れてしまうほど。 いつのまにか、自分の誕生日や年齢は、大事なことではなくなって、記憶さえあやふやに。 アラフォーなのは確かだけども、何歳だったけな?&n [続きを読む]
  • 古い本を読む。
  • スマホが壊れましてね。それまで、すき間時間にちょくちょく見ていたSNSサイトや、メール、ブログなどのチェックが一切出来なくなりました。その代わり、古い本を引っ張り出して読むことにしました。どれだけ古いって、「1968年1月20日、○子(母の名前)」 と印がしてあるんです。(読んだ、という印だと思われる。) 本は、「高慢と偏見」 上、下巻。ジェーン・オースティン著1813年刊行、イギリスの [続きを読む]
  • 部屋のドアは開けておく派?閉めておく派?
  • 寝室などの部屋のドア。 日中は、開けていますか?それとも閉めていますか? 私は最近まで、開けておく派でした。 家中の風通しが良くなる感じや、子供達が部屋にこもらない、オープンな感じが好きだったのです。 しかし、家の掃除や片付けを終えた時に、まだどこか雑然としているように感じていました。どうしてだろう?とボンヤリ考えていました。 そしてある時、部屋のドアを全て閉めてみると、家全体 [続きを読む]
  • 誕生日パーティー
  • 小さな子供がいると、ママ友とのお付き合いは大切です。 しかし、勝手知った日本人ママなら気楽なものの、「ガイジン」ママが相手となれば、ちょっと緊張してしまう、ちっちゃい私...。 先日、娘のデイケア(保育所)友達の誕生日パーティーに呼ばれました。 娘のデイケアは、地域柄、オージー(オーストラリア白人)が多いので、パーティー会場である公園に集まった面々も、ほぼ皆オージー。 有色人種(と [続きを読む]
  • ゴマにひと手間かける。
  • 買い過ぎてしまったゴマ。 せっせと食べるその前に、一手間加えています。 鍋で炒る、ただそれだけです。 焦げないように、鍋を回してゆすります。 白胡麻なら、うっすらキツネ色になるまで。 黒胡麻は色が変わらないので、熱くなってから2〜3分後に火を消します。 冷めてから、ダイソーのゴマすり器へ入れてスタンバイ。 少しの手間ですが、香りが全然違います。 息 [続きを読む]
  • 我が家のお雛様
  • 3歳の娘のために、お雛様を飾りました。 我が家のお雛様は、実家の母の友人が、手作りしてくれたものです。 海外暮らしの上に、マンション住まいなので、大きな雛飾りは無理ですが、小さくても温かい手作りのお雛様は、部屋をぱっと明るく華やかにしてくれました。 玄関のコンソールテーブルに飾っています。 カメルーンに滞在中の夫に、スカイプ電話で雛飾りを見せました。 私 「日 [続きを読む]
  • 宿題 vs 早寝
  • 子育てで一番重要なことは、規則正しい生活だと思っています。 「食う寝る出す」の重視です。 毎日三食、十分な睡眠、快便。(お食事中の方すみません。) 最近まで、13歳の息子は、午後9〜10時までには就寝していました。 ぐずぐずして10時を過ぎようものなら、「何してるの!早く寝なさい!」と怒声が飛んだものです。 ところが、中学3年生になってからというもの、宿題の量が増え、深夜12時ま [続きを読む]
  • お宝ソース、XO醤(ジアン)
  • 中華調味料、XO醤(ジアン)。 シドニーでは、中国系スーパーマーケットで手に入ります。 乾燥帆立貝を少し辛味のある油に漬けて作ったソースで、小魚の佃煮に似た味、と言えば分かりやすいでしょうか。 炒め物に使うのが主流ですが、本場の広東人は、ご飯に乗っけてそのまま食べたりもするそうです。 まさに日本人の小魚の佃煮の食べ方と同じじゃあないですか! 栗原はるみさんの中華レシピ、 [続きを読む]
  • クロヌラ・ビーチ
  • 我が家から一番近いビーチは、クロヌラです。 しかし、車で10分ほどの距離だと言うのに、今ひとつ足が向かないビーチでした。 海水浴の季節には、遠出してまで、マルーブラやクージーなどの、他のビーチへ行くことが多かったのです。 クロヌラのあるシャイア地区は、オージー(オーストラリア白人)が多く住む地域です。 地元のオージーがたくさん集まるクロヌラビーチに、アジア人の私が出て行くと、周りか [続きを読む]
  • シンママ気取り
  • 現在夫が出張中で、一ヶ月ほど留守にしています。 そんなわけで、一時的なシングルマザー生活。 家事や子育て、仕事に追われて大変だということは言わずもがな。 しかし、シンママの一番の苦労は、物理的、体力的な大変さよりも、子育ての悩みを一人で抱えなければならない心理的重圧ではなかろうか、なんて思います。 子供が小さければ、トイトレ問題、食べ物の好き嫌い、イヤイヤ期などにイライラする。&nbs [続きを読む]
  • キッチン収納、乱れた引き出しを見直す。
  • 前回のブログでご紹介した、我が家の乱れた引き出し。 この引き出しは、コンロ横に位置する三段引き出しの、下段にあたります。 ビフォー: アフター: 中身を見直して、大物中心の収納にしました。 調味料小瓶などの細かいものは、中段に移動しました。(後述) 増減の変化が激しい乾物などストック類は、左側手前に余裕を持たせたスペースを。 ワカメや春雨のお徳用パックも入りま [続きを読む]
  • キッチン収納、乱れる理由
  • 現在、お家Detoxというオンラインのコースに参加しており、家の中に目を向ける日々を送っています。同じキッチン内の収納でも、全く乱れない場所と、乱れっぱなしの場所があることに気づきました。 我が家では、食器を入れている棚が、一糸乱れぬ優等生。 別の引き出しに収納しているコップ以外の、全ての食器がここにあります。(食器の少なさ、笑ってやって下さい。) 乱れない理由は明快。 1、物の数が決 [続きを読む]
  • パパイヤ、私のパワーフルーツ
  • 昨年訪れたカメルーンで、本場のパパイヤを食してから、パパイヤが大の好物になりました。 カメルーンの田舎道で車を止めて、路上のパパイヤ売りに一切れもらって味見すると、こっくりした甘みと、それでいて爽快な喉ごし。 長旅の疲れが一気に吹き飛ぶ美味しさでした。 袋に目いっぱい入って、約200円。8個ほど入っていたでしょうか。 それを3袋も買ったものです。 オーストラリアでは、パパイヤは [続きを読む]
  • 花と娘
  • ある日、三歳の娘が、「ママー。さっき、お花を摘んだんだけど、パパに捨てなさいって言われて捨てちゃったの。」 私 「そうなの?もったいないね。今度は家に持って帰ってきてね、ママはお花が好きだから。」 そんな何気ない会話をして、一週間経った頃。 帰宅した娘が、「ママー!お花を持ってきたよ!」と、カバンからそっと小さな花を出してくれました。 先日の会話を覚えていて、花を持ってきてくれたの [続きを読む]
  • いつも新学期ぎりぎり
  • オーストラリアの学校は、1月始まりです。 我が家の息子も、今日から新学年、Year9(中三)になりました。 昨夜、裁縫道具を引っ張り出して、息子の制服のほつれを直しました。 ずいぶん前から、やらなければと思いながら、ついつい後回しにしていました。 夏休みの宿題を新学期ぎりぎりになるまでやらなかった小学生時代と、何ら変わらない。 アラフォーにもなると、反省するよりひらきなおり。&n [続きを読む]
  • お一人様シティ
  • 夫が子供達と出かけてくれたので、シティの美容院へ行きました。 海外生活は長く、たいていの物はローカルで調達する私も、美容師だけは日本人を求めてしまいます。 ここだけは譲られない!というところなんでしょうか。 航空会社もできる限りJALですしね。何やそれ。 美容院へ行った後のコースは決まっています。 まずは無印良品。シドニーで唯一の店舗がシティにあります。 いつものクレンジン [続きを読む]
  • 中国語の名前
  • 昨日も触れましたが、中国人は、いとも気軽に英語名を使いこなします。 過去記事: 偽名を使う。 上海で働いていた時、ほとんどの同僚が、英語名を使っていました。 お互いを呼びあう時や、メールの宛名など、日常的に英語名を使用します。 時々びっくりするような英語名も。 エジソン (発明家志望か)アップル (若いうちは可愛いけれども)フィッシュ (...。)YUKI (日本好きの女子、結 [続きを読む]
  • 偽名を使う。
  • 上海に住んでいた時、電話でレストランの予約をすることがよくありました。 中国の姓は、王、張、李などの漢字一文字であることが主流です。 ところが日本の姓は、2〜3文字あることが多く、バラエティーにも富んでいる。 そのため、普通の中国人がパッと聞いただけでは、どんな漢字か分からない場合が多いのです。 このせいで、電話予約がちょっと面倒くさいことになります。 例えば「森本」という名で [続きを読む]
  • 一般ピーポーである自覚
  • 若い時分は、自分のことを個性的だとか、非凡だとか思いたがるものです。 私も昔はそうでした。 しかしある時、自分は凡々たる一般ピーポーだ、と自覚する出来事がありました。 それは、長男を授かった時。 初めての赤ちゃん、どんな名前にしようかと、一生懸命考える日々。 日本語の名前を付けたいが、アフリカ人とのハーフだから、あんまり和風すぎても似合わないかな。 英語や中国語でも発音しや [続きを読む]
  • 母のように
  • 日本の両親との連絡は、主にアイフォンのフェイスタイム機能(テレビ電話)を利用しています。 先日、母にフェイスタイムで電話すると、ちょうど外出先で、何人かの友人と一緒にいるところでした。 「うちの娘よ〜。」と無理やり紹介され、一人ずつ挨拶などするはめになり、ノーメイクで部屋着だった私は閉口しましたが、友人に囲まれた母の楽しそうな姿を目の当たりにして、とても嬉しい気持ちになりました。 母は元 [続きを読む]
  • スマホを持たずに出かけてみる。
  • 肌身離さず持っているスマホ。 数々のアプリが並び、新しい動向があるたびに、赤丸マークでお知らせしてくれます。 急ぎのニュースではないと分かっていても、ついつい毎度チェックしてしまうものです。 せっかく家族で出かけても、スマホの記事を読みふけってしまい、娘が話しかけるのも上の空、何てことも。 子供が大きくなるのはあっという間。 スマホに気をとられるあまり、家族との貴重な時間を軽ん [続きを読む]
  • フー・メイド・ミー・ブラウン
  • ある朝、3歳の娘の歯磨きを手伝っていました。 隅々まで磨かせてくれないことに業を煮やして、「しっかり磨かないと、歯がブラウンになっちゃうよ。」と言いました。 その瞬間、娘の表情に影が差しました。 そしておずおずと、「マミー、Who made me brown?(誰が私をブラウンにしたの?」と聞くのです。 突然の質問に驚いたものの、こう言う場合の答えはかねてから用意してありました。 「○○(娘の名 [続きを読む]
  • これは欲しい!薄さ2.6ミリのテレビ!!
  • インテリア好きにとって、テレビの存在は悩みの種。 どうしても、美しく見えるものではないですから。 インテリア雑誌に掲載される美しいリビングルームには、テレビはありません。 大きな家であれば、独立したメディアルームがあって、テレビはそこに置いてあることが多いようです。 私はテレビをあまり見ないので、無くてもいいくらいなのですが、我が家にはテレビっ子男子が2名いるため、残念ながらテレビ [続きを読む]
  • 夏の衣替え
  • 南半球のシドニーでは、12月からが夏本番です。 遅ればせながら、年末年始の休みを利用して、夏仕様の衣替えをしました。 私のワードローブの教科書、「服を買うなら捨てなさい」に従って、まずは靴から。上段2足のブーツは季節外です。茶系のフラットが1足(近日中に、黒のフラットを1足購入予定)スニーカーが2足ハイヒールが2足(オフィスに置きっぱなしにしている) 以上、6足で今の生活は不自由なく回 [続きを読む]
  • 娘の髪
  • ブラック・アフリカンと日本人のハーフである娘の髪は、クルクルとカールしています。 伸ばすとどんどんアフロ化する固い髪質の息子とは違って、娘の髪はとても柔らかく、下ろすとふわっとしたボブ風になります。 この髪質は、とても絡まりやすく、かなりのハイメンテナンス。 娘の髪の手入れは、母である私の仕事ですが、元々ヘアアレンジなど大の苦手、ついつい後回しにしてしまうことも多いのです。 少しで [続きを読む]