100kissesaday さん プロフィール

  •  
100kissesadayさん: シドニーにて、私の部屋と暮らし
ハンドル名100kissesaday さん
ブログタイトルシドニーにて、私の部屋と暮らし
ブログURLhttp://ameblo.jp/100kissesaday/
サイト紹介文家、子育て、お洒落。暮らしを彩る色々なことに、興味津々。アフリカ人の夫と二人の子供達とシドニー在住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 302日(平均3.9回/週) - 参加 2016/07/01 12:42

100kissesaday さんのブログ記事

  • 音の整理:掃除のBGM
  • 休日、朝食の後は、掃除の時間です。 FOXTEL(ケーブルテレビ)の音楽ストリームチャンネルを付けて、最新ヒット曲を流します。 元気のあるヒット曲に合わせて、勢いよく掃除をするのが目的ですが、私の悪癖がここでも...。 ご覧のように、画面に曲名と歌手名が表示されるので、ついつい好きな曲を探してしまうのです。 はたきかけの途中に、嫌いな曲が流れているのが我慢できず、別のカテゴリ [続きを読む]
  • 音の整理:通勤中のラジオ
  • 仕事の日は、車運転で通勤しています。 片道半時間ほどのその時間は、FMラジオを聴くのが習慣です。 (ちなみにお気に入りDJは、シドニー人気ナンバーワンのカイル&ジャッキーO、朝から下ネタが飛び出すことも多く、子供が同乗している時には聞けません。フィッチ&ウィッパもおっさんギャグが面白くて好きです。) ひとつの番組をずっと聴いているのではなく、コマーシャルの間に他の局をチェックして [続きを読む]
  • フェイスブック、意外な整理法
  • フェイスブックなどのSNSに夢中になって、ついつい時間を浪費してしまい、後から後悔する。 そんな悩みは世界共通です。 先日、面白い記事を見つけたので、要約してみます。 原文: The Facebook hack I' m trying to conquer my addiction 筆者はジャーナリストのケイトリン・フィッツシモンズ氏、フェイスブックに無駄に時間を取られていることに気付き、何とかしなければと行動を起こしま [続きを読む]
  • アートと額縁
  • アートを入れる額縁は、出来合いのものを買って使うのが便利です。 額縁の中には、待機中のアートも収納してあるので、アートを交換するのも手早く出来るし、収納問題も同時に解決。 でも、すごく気に入ったアートなら、額縁をオーダーメイドすると、仕上がりは断然違ってきます。 初めてオーダーしたもの。 アンティーク風に、少し色あせた感じに加工してあるシャンパンゴールドの額縁。&n [続きを読む]
  • リビングの壁が埋まらない理由
  • リビングの白い壁。 (あんまり美しくない箱は、3歳の娘のおもちゃ箱です。) 向かって左側の3点の絵は、もう1〜2年も飾りっぱなしのため、飽きが来ています。 右側には何も飾っておらず、これはこれで味気ない。 そもそも、真っ白な壁に、素敵にバランスよくアートを飾るということが、結構難しい。 何か飾りたいけれど、絵か写真か、どんなサイズか、いくつ飾るか、考えれば考えるほど分からなくな [続きを読む]
  • イースター、玄関に季節の飾りを
  • オーストラリアではイースター休暇、週末をはさんで四連休でした。 我が家の玄関にも、イースターにちなんで、ウサギの親子を飾りました。 我が家の玄関は、独立した空間ではなく、リビングやダイニングと一続きです。 扉を開けると、こんな風に、バルコニーまで丸見え。 元々はキッチンも一続きだったのですが、壁を作って(下の写真、赤の矢印)、玄関からは見えないようにしました。 &nbs [続きを読む]
  • キッチン小物家電、朝のレギュラー陣。
  • 電気ケトルを十数年ぶりに新調しました。 ケトルは常に外に出しているため、我が家の白いキッチンになじむよう、真っ白でシンプルなデザインにこだわりました。 探してみると、真っ白というのは意外に少なく、黒の部品が使われていたり、別色のロゴが入っていたり...。 白にステンレスシルバーだけ、というのはデロンギのこの商品だけでした。 毎朝ケトルでお湯を沸かして、私はドリップコーヒー、夫 [続きを読む]
  • 超便利!我が家で唯一の常備菜、味噌チキン
  • まめに料理をするタイプではないので、前もって作り置きとか(残り物は除く)、常備菜作りとか、ほとんどしたことがありませんでした。 ところが、木村食堂のこのレシピに出会ってから、我が家の冷蔵庫に、このチキンが無い日はありません。 我が家の唯一の常備菜、ガーリック味噌チキンステーキ!!! レシピは超簡単、まな板すら使いません。 鳥ささみ肉を味噌、みりん、おろしたにんにくと一緒に、ジップロ [続きを読む]
  • 時短でも栄養満点!我が家のワンワン・メニュー
  • 成長期真っ盛りの子供達がいる我が家、食べるものには気を配ります。 とは言えワーママの身、何種類ものおかずを並べて、なんていう芸当はとても出来ません。 (いや専業主婦だったとしても、やってないだろうなあ...。) 平日の夕食は基本、ワン・プレートに、サラダをプラス・ワン。 名付けてワンワン・メニュー!(犬のえさか) ある日の一例、チリコンカン・ライスに、グリーク(ギリシャ風)サラ [続きを読む]
  • 40代、メイクの心得
  • 前回ご紹介したメイク用品以外に、実はもう一つ、アイシャドウを持っていました。 ブルジョワのスモーキーブルー3色。 20〜30代の頃には、大好きでよく使ったブルー系のアイシャドウ。 涼しげでクールな目元を演出するのが、お気に入りでした。 ところが、40歳を過ぎた頃から、なぜか使う気になれず、そのくせまた使うかもと、1〜2年も使わないまま持っていたでしょうか。 ブルー系のアイ [続きを読む]
  • ミニマリストなメイク
  • 私のメイク用品、これが全てです。 ミニマルに、使わないものは持たないようにしています。 乳液の後に、大きなブラシでファンデーションをさっと塗る。 その前に、SPF値の高いBBクリームを塗ることもありますが、今切らしてます。 紫外線の強いシドニーですが、平日はオフィスワークなので、日焼け止め無しでも気にしません。 外出する日は、帽子とサングラス。これ勝る日焼け止めはあ [続きを読む]
  • ミニマリストなスキンケア
  • 私はストイックなミニマリストではありませんが、ものによっては、かなりミニマルではないかと思います。 何を隠そう、スキンケアはこれだけ。 肌ラボ乳液と、無印クレンジングミルク。 朝の洗顔は、ぬるま湯のみ。 洗顔後の水分を含んだ肌に、すかさず乳液を塗って、スキンケア完了。 夜は、お風呂の前に、クレンジングミルクで軽くマッサージ。 それからお風呂に入ったついでに、低温のお湯 [続きを読む]
  • 部屋が輝く時(間取り図付き)
  • 我が家は、3LDKのマンションです。 バスルーム(トイレ付き)は2つあり、リビングから近い廊下に一つ(間取り図A)、そして寝室付きの一つ(間取り図B)。 バスルームBは、寝室の奥にあるため、昼間の使用頻度は低く、デリケートな衣類を陰干しする、洗濯部屋になっていました。 過去記事: 洗濯干し変遷 廊下のバスルーム(A)は、リビングから近いため、メインに使用しています。&nbs [続きを読む]
  • ミニマリスト筆子さんのブログに討たれ、そして救われる。
  • 筆子ジャーナル、最近出会った、お勧めブログです。 筆子さんは、カナダ在住のミニマリスト主婦。 ミニマルな生活や家事のアイデア、断捨離の仕方、節約方法、さらには歯の健康にいたるまで、毎日更新されています。 ブログはとても人気があるようで、断捨離関連の本も出版されています。 膨大な投稿数ですが、どれも面白く、夢中になって読みふけりました。 しかし、筆子さんのブログに感動する一方で、 [続きを読む]
  • 家事こと始め、キッチンシンクから。
  • 朝出かける前と、夜寝る前には、キッチンのシンクをカラッと拭き上げます。 今では習慣となった、この一手間。 3年ほど前に、ミセス美香さんの著書やブログに出会って身に付けました。 それまでは、濡れたままのシンクに汚れた食器を積んだまま出かける、なんてこともよくあったように思います。 今だって、使用中のシンクはお見せできる代物ではありません。 ただ、一日に1〜2度、完璧にリセッ [続きを読む]
  • 誕生月に思う。
  • 3月は、息子の誕生月です。 息子から数日遅れて来る私の誕生日も、3月です。 とは言え、3月が特に忙しいと言うことはありません。 息子は14歳、大掛かりな誕生日パーティーはもうしなくなりました。 私の誕生日に至っては、私自身が忘れてしまうほど。 いつのまにか、自分の誕生日や年齢は、大事なことではなくなって、記憶さえあやふやに。 アラフォーなのは確かだけども、何歳だったけな?&n [続きを読む]
  • 古い本を読む。
  • スマホが壊れましてね。それまで、すき間時間にちょくちょく見ていたSNSサイトや、メール、ブログなどのチェックが一切出来なくなりました。その代わり、古い本を引っ張り出して読むことにしました。どれだけ古いって、「1968年1月20日、○子(母の名前)」 と印がしてあるんです。(読んだ、という印だと思われる。) 本は、「高慢と偏見」 上、下巻。ジェーン・オースティン著1813年刊行、イギリスの [続きを読む]
  • 部屋のドアは開けておく派?閉めておく派?
  • 寝室などの部屋のドア。 日中は、開けていますか?それとも閉めていますか? 私は最近まで、開けておく派でした。 家中の風通しが良くなる感じや、子供達が部屋にこもらない、オープンな感じが好きだったのです。 しかし、家の掃除や片付けを終えた時に、まだどこか雑然としているように感じていました。どうしてだろう?とボンヤリ考えていました。 そしてある時、部屋のドアを全て閉めてみると、家全体 [続きを読む]
  • 誕生日パーティー
  • 小さな子供がいると、ママ友とのお付き合いは大切です。 しかし、勝手知った日本人ママなら気楽なものの、「ガイジン」ママが相手となれば、ちょっと緊張してしまう、ちっちゃい私...。 先日、娘のデイケア(保育所)友達の誕生日パーティーに呼ばれました。 娘のデイケアは、地域柄、オージー(オーストラリア白人)が多いので、パーティー会場である公園に集まった面々も、ほぼ皆オージー。 有色人種(と [続きを読む]
  • ゴマにひと手間かける。
  • 買い過ぎてしまったゴマ。 せっせと食べるその前に、一手間加えています。 鍋で炒る、ただそれだけです。 焦げないように、鍋を回してゆすります。 白胡麻なら、うっすらキツネ色になるまで。 黒胡麻は色が変わらないので、熱くなってから2〜3分後に火を消します。 冷めてから、ダイソーのゴマすり器へ入れてスタンバイ。 少しの手間ですが、香りが全然違います。 息 [続きを読む]
  • 我が家のお雛様
  • 3歳の娘のために、お雛様を飾りました。 我が家のお雛様は、実家の母の友人が、手作りしてくれたものです。 海外暮らしの上に、マンション住まいなので、大きな雛飾りは無理ですが、小さくても温かい手作りのお雛様は、部屋をぱっと明るく華やかにしてくれました。 玄関のコンソールテーブルに飾っています。 カメルーンに滞在中の夫に、スカイプ電話で雛飾りを見せました。 私 「日 [続きを読む]
  • 宿題 vs 早寝
  • 子育てで一番重要なことは、規則正しい生活だと思っています。 「食う寝る出す」の重視です。 毎日三食、十分な睡眠、快便。(お食事中の方すみません。) 最近まで、13歳の息子は、午後9〜10時までには就寝していました。 ぐずぐずして10時を過ぎようものなら、「何してるの!早く寝なさい!」と怒声が飛んだものです。 ところが、中学3年生になってからというもの、宿題の量が増え、深夜12時ま [続きを読む]
  • お宝ソース、XO醤(ジアン)
  • 中華調味料、XO醤(ジアン)。 シドニーでは、中国系スーパーマーケットで手に入ります。 乾燥帆立貝を少し辛味のある油に漬けて作ったソースで、小魚の佃煮に似た味、と言えば分かりやすいでしょうか。 炒め物に使うのが主流ですが、本場の広東人は、ご飯に乗っけてそのまま食べたりもするそうです。 まさに日本人の小魚の佃煮の食べ方と同じじゃあないですか! 栗原はるみさんの中華レシピ、 [続きを読む]
  • クロヌラ・ビーチ
  • 我が家から一番近いビーチは、クロヌラです。 しかし、車で10分ほどの距離だと言うのに、今ひとつ足が向かないビーチでした。 海水浴の季節には、遠出してまで、マルーブラやクージーなどの、他のビーチへ行くことが多かったのです。 クロヌラのあるシャイア地区は、オージー(オーストラリア白人)が多く住む地域です。 地元のオージーがたくさん集まるクロヌラビーチに、アジア人の私が出て行くと、周りか [続きを読む]
  • シンママ気取り
  • 現在夫が出張中で、一ヶ月ほど留守にしています。 そんなわけで、一時的なシングルマザー生活。 家事や子育て、仕事に追われて大変だということは言わずもがな。 しかし、シンママの一番の苦労は、物理的、体力的な大変さよりも、子育ての悩みを一人で抱えなければならない心理的重圧ではなかろうか、なんて思います。 子供が小さければ、トイトレ問題、食べ物の好き嫌い、イヤイヤ期などにイライラする。&nbs [続きを読む]