100kissesaday さん プロフィール

  •  
100kissesadayさん: シドニーにて、私の部屋と暮らし
ハンドル名100kissesaday さん
ブログタイトルシドニーにて、私の部屋と暮らし
ブログURLhttp://ameblo.jp/100kissesaday/
サイト紹介文家、子育て、お洒落。暮らしを彩る色々なことに、興味津々。アフリカ人の夫と二人の子供達とシドニー在住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 351日(平均3.7回/週) - 参加 2016/07/01 12:42

100kissesaday さんのブログ記事

  • 断捨離アイデア③ スマホのアプリ
  • ミニマリストに憧れる一主婦の私が、断捨離したものを紹介するシリーズです。断捨離して生活が良い方に変わった、というものを紹介したいと思います。シンプル生活を目指す皆様の参考になれば幸いです。******** 私のスマホのアプリはこれだけです。 中段右端のフォルダーには、iPhoneの基本アプリが9個入っています。 これらのアプリは、基本アプリのため削除が出来ないようになっているか、もしくは削除す [続きを読む]
  • 断捨離アイデア② コーヒー・テーブル
  • ミニマリストに憧れる一主婦の私が、断捨離したものを紹介するシリーズです。断捨離して生活が良い方に変わった、というものを紹介したいと思います。シンプル生活を目指す皆様の参考になれば幸いです。 ******** インテリアの世界では、ソファとコーヒー・テーブルはワンセット。 インテリア雑誌では必ずと言っていいほど、ソファのそばにはコーヒーテーブルが置いてあり、テーブルの上には花やキャンドル、アート [続きを読む]
  • 断捨離アイデア① トイレブラシの受け皿
  • ミニマリストに憧れる一主婦の私が、断捨離したものを紹介するシリーズです。断捨離して生活が良い方に変わった、というものを紹介したいと思います。シンプル生活を目指す皆様の参考になれば幸いです。 シリーズ第一弾を華々しく飾るのは、トイレブラシの受け皿!!!全然華々しくないんですが。 トイレブラシの受け皿って、常に少し水が入っていますよね。 あの水の中に何が入っているのか考えただけでも身の毛が [続きを読む]
  • コーヒー・ミルで作る健康黒ごまドリンク
  • 電動のコーヒー・ミルを買いました。 と言っても、我が家ではコーヒー豆を挽くことはありません。 コーヒーは、挽いてあるものを買います。 ミルを買った理由は、夫が料理するときに、カメルーンから持ってきたスパイスを小さく砕く必要があるからです。 もともとは、ジュースミキサーの付属品を使っていたのですが、ミキサーの本体自体が壊れてしまいました。 似たようなものを探したのですが、ミ [続きを読む]
  • 寝る前の一杯、至福の時
  • 普段は寝つきは良い方なのですが、夫が不在の時は、気が張っているのか、小さな音に目を覚まし、そのまま寝付けなくなったりします。 そんな時、誰かの置き土産のジョニー・ウォーカーがあったのを思い出しました。 炭酸水に少量混ぜて飲んでみると、体が温まって、良い気分になりました。 電気を消すと、あっという間に寝付いてしまい、次の瞬間にはもう朝でした。 とても深い眠りだったようです。&nbs [続きを読む]
  • 朝一番、コップ一杯の白湯
  • 朝一番に、暖かいお湯(白湯)をコップ一杯飲みます。 もう20年近くも続いている朝の習慣です。 飲まないと、カサカサした気分になって落ち着かないほど。 旅行先のホテルなどでも、備え付けのケトルでお湯を沸かし、お水を混ぜて適温にして飲みます。 冷たい水は、体を冷やしてしまうので、まず飲みません。 白湯を飲んでから数分間は、何も口に入れません。 そうすると、白湯が体に吸収さ [続きを読む]
  • 節約アイデア、電球の数を減らす
  • 物価の高いオーストラリア。 電気代や、ガス代も、当たり前のように毎年値上がりします。 オーストラリアでは、企業の値上げに対する感覚が、日本に比べて強気だな、と思います。 あまり企業努力をしないまま、高コストをすぐ消費者に転換する、そんな印象です。 そんな中、手をこまねいているだけでは、お財布はどんどん軽くなるばかり。 家庭の財布を預かる立場ならば、日々いろいろな節約方法を考える [続きを読む]
  • 節約アイデア、我が家の食料品買出し事情
  • 週末に、一週間分の食料品をまとめて買うようにしています。 メニューの中心である肉は、少なくとも3種類、各500グラム〜1キロ購入します。 野菜類とフルーツは、各4〜5種類ずつ買うでしょうか。 スーパー(ALDI)で買い物するので、洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品も含みますが、値段にして、約120ドル(1万円)ほど使います。(アルコール類は含みません) その他、アジア系スーパーで [続きを読む]
  • お金に対する煩悩
  • 本の断捨離をしました。 株の神様、お金の神様、などと呼ばれた、邱永漢(きゅう えいかん)さんの本。 上海時代には、邱さん主催の視察ツアーに参加して、ご本人にお会いしたのも良い思い出です。 数年前にお亡くなりになったので、もう新書が出ることはありません。 それもあってか、数冊持っている本をなかなか手放す気になれませんでした。 加えて、本を手放してしまうと、お金持ちになる方法 [続きを読む]
  • 家族の形
  • スーパーで5ドル(約400円)で買った、紫色のチューリップ。 玄関のコンソールテーブルに飾って、通り過ぎるたびに、「やっぱり花は良いな〜。」 と表情もゆるみます。 明日、夫が3週間のカメルーン出張を終えて帰宅するので、ちょうど良いウェルカム・フラワーになりました。 夫は仕事の関係で、年に数度、主にカメルーン(夫の出身国)へ出張します。 一度の滞在が4〜6週間に及ぶこともあるの [続きを読む]
  • デイケアで娘が泣く理由
  • もうすぐ4歳になる娘は、デイケア(保育所)に週4日通っています。 生後半年くらいから通っているので、もう3年経つというのに、なかなか笑顔でバイバイすることが出来ません。 朝送っていって、別れる段になると、「ママ、行かないで〜。」 とシクシク泣くのです。 先生に聞くと、仲の良い友達もいるし、楽しくすごしているということ。 実際、朝家を出る時は機嫌が良いし、夕方迎えに行くと、なかなか帰 [続きを読む]
  • ミシェル・オバマの母
  • 昨日は、オーストラリアでも、母の日でした。 我が家では中三の息子が、オムレツサンドイッチのランチを作ってくれました。 嬉しいものですね。 アメリカ合衆国の前ファースト・レディー、ミシェル・オバマの伝記 「A LIFE」 に、ミシェルが自身の母親について触れた一節があります。 (ミシェルの母親のマリアン・ロビンソンさんは、オバマ大統領の任期中、ホワイトハウスの3階に住んでお [続きを読む]
  • トレンチコート変遷
  • 初めてトレンチコートを手に入れたのは、高校生の頃。 何を血迷ったか、真っ赤なトレンチコートを買ってもらいました。 「ちょっと派手すぎるんと違う?」 と心配した母の意見は正しかった...。 結局ほとんど着ないまま、タンスの肥やしにしてしまいました。(真っ赤なコートって、あんたは女優かパリジェンヌか!) よっぽど痛手だったのか、それからしばらくトレンチ・コートから遠ざかります。 久 [続きを読む]
  • ジーンズ難民
  • ここ何年か、ジーンズ難民です。 トレンドかつ、自分の体型に合うデザインが、なかなか見つからないのです。 王道のストレートや、流行したボーイフレンドも試してみたけれど、今ひとつぴったり来ませんでした。 ストレートは、O脚気味の膝下が変なしわになるし、ボーイフレンドは、骨太な私の足腰では、ボーイフレンドならではの「ブカブカ感」が出ません。 ああ、ジーンズって難しい!! 私のジーンズ [続きを読む]
  • 小さなクローゼットで十分!私のミニマム・ワードローブ
  • 私のクローゼットは、幅約80センチ、奥行き50センチの小さいスペースですが、私の服のほぼ全てが、ここに入っています。 ほぼ、と言うのは、この他に季節外のコートとドレスを6着だけ、娘の部屋のクローゼットに掛けて収納しているからです。 娘が大きくなれば、私の物を置かせてくれなくなるだろうから、将来的にはもっと数を減らす必要があるかもしれません。 「作り付けの収納に収まる量が、身 [続きを読む]
  • 働くって、お金がかかる。
  • お給料をもらうために働いているのに、働くために結構お金を使っていたりするものです。 働くがために、出費せざるをえないもの。 私の場合の項目を思い切ってリストアップしてみました。 なお私は週4日勤務、3歳の娘をデイケア(保育所)に週4日、預けています。 通勤は車で、家から会社の距離は20キロ弱。 毎月の出費は、以下のようになります。(分かりやすく日本円で表示します。) ①&nbs [続きを読む]
  • 朝のルティーン@職場
  • 朝出勤して、まず初めにすることは、机周りの拭き掃除。 と言っても、ティッシュ1〜2枚でさっと拭くだけの簡単掃除。 机の表面、電話、PCやキーボード。 毎日拭いていても、うっすらホコリが取れるものです。 それからPCを起動する間に、コーヒーを淹れに行きます。 キッチンで同僚と他愛ないお喋り。 週末はどうしたこうした、などと話した後は、コーヒーとともに席に戻ります。 [続きを読む]
  • シドニー通勤風景自慢
  • 青い空ときれいな海に恵まれた美しい街、シドニー。 住めば都とは言いますが、住んでしまうと、日常生活に追われて、わざわざ風景をめでようなどとは思わなくなります。 通勤途中などなおさら、時間に追われて、車外の風景に目を向けることはありません。 でも時々、思わぬ渋滞に巻き込まれて、ノロノロ運転している時、ふと窓の外に目を向けると、 「うわ〜、やっぱりシドニーはきれいやな〜!」 と思うので [続きを読む]
  • 音の整理:掃除のBGM
  • 休日、朝食の後は、掃除の時間です。 FOXTEL(ケーブルテレビ)の音楽ストリームチャンネルを付けて、最新ヒット曲を流します。 元気のあるヒット曲に合わせて、勢いよく掃除をするのが目的ですが、私の悪癖がここでも...。 ご覧のように、画面に曲名と歌手名が表示されるので、ついつい好きな曲を探してしまうのです。 はたきかけの途中に、嫌いな曲が流れているのが我慢できず、別のカテゴリ [続きを読む]
  • 音の整理:通勤中のラジオ
  • 仕事の日は、車運転で通勤しています。 片道半時間ほどのその時間は、FMラジオを聴くのが習慣です。 (ちなみにお気に入りDJは、シドニー人気ナンバーワンのカイル&ジャッキーO、朝から下ネタが飛び出すことも多く、子供が同乗している時には聞けません。フィッチ&ウィッパもおっさんギャグが面白くて好きです。) ひとつの番組をずっと聴いているのではなく、コマーシャルの間に他の局をチェックして [続きを読む]
  • フェイスブック、意外な整理法
  • フェイスブックなどのSNSに夢中になって、ついつい時間を浪費してしまい、後から後悔する。 そんな悩みは世界共通です。 先日、面白い記事を見つけたので、要約してみます。 原文: The Facebook hack I' m trying to conquer my addiction 筆者はジャーナリストのケイトリン・フィッツシモンズ氏、フェイスブックに無駄に時間を取られていることに気付き、何とかしなければと行動を起こしま [続きを読む]
  • アートと額縁
  • アートを入れる額縁は、出来合いのものを買って使うのが便利です。 額縁の中には、待機中のアートも収納してあるので、アートを交換するのも手早く出来るし、収納問題も同時に解決。 でも、すごく気に入ったアートなら、額縁をオーダーメイドすると、仕上がりは断然違ってきます。 初めてオーダーしたもの。 アンティーク風に、少し色あせた感じに加工してあるシャンパンゴールドの額縁。&n [続きを読む]
  • リビングの壁が埋まらない理由
  • リビングの白い壁。 (あんまり美しくない箱は、3歳の娘のおもちゃ箱です。) 向かって左側の3点の絵は、もう1〜2年も飾りっぱなしのため、飽きが来ています。 右側には何も飾っておらず、これはこれで味気ない。 そもそも、真っ白な壁に、素敵にバランスよくアートを飾るということが、結構難しい。 何か飾りたいけれど、絵か写真か、どんなサイズか、いくつ飾るか、考えれば考えるほど分からなくな [続きを読む]
  • イースター、玄関に季節の飾りを
  • オーストラリアではイースター休暇、週末をはさんで四連休でした。 我が家の玄関にも、イースターにちなんで、ウサギの親子を飾りました。 我が家の玄関は、独立した空間ではなく、リビングやダイニングと一続きです。 扉を開けると、こんな風に、バルコニーまで丸見え。 元々はキッチンも一続きだったのですが、壁を作って(下の写真、赤の矢印)、玄関からは見えないようにしました。 &nbs [続きを読む]
  • キッチン小物家電、朝のレギュラー陣。
  • 電気ケトルを十数年ぶりに新調しました。 ケトルは常に外に出しているため、我が家の白いキッチンになじむよう、真っ白でシンプルなデザインにこだわりました。 探してみると、真っ白というのは意外に少なく、黒の部品が使われていたり、別色のロゴが入っていたり...。 白にステンレスシルバーだけ、というのはデロンギのこの商品だけでした。 毎朝ケトルでお湯を沸かして、私はドリップコーヒー、夫 [続きを読む]