こころ さん プロフィール

  •  
こころさん: 強迫性障害セラピーブック
ハンドル名こころ さん
ブログタイトル強迫性障害セラピーブック
ブログURLhttp://ocdtherapybook.blog.fc2.com/
サイト紹介文強迫性障害を克服して人生を思いっきり楽しむためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 262日(平均2.2回/週) - 参加 2016/07/01 15:10

こころ さんのブログ記事

  • 実践記録「本田式・強迫性障害改善プログラム〜ベーシック編〜」
  • <実践1日目>ついに、本田式・強迫性障害改善プログラム(RMMプログラム)を購入した。テキストに書かれているような変化を本当に感じられるのだろうか?不安もあるが、ワクワクする気持ちの方が大きい。これからの変化が楽しみだ。<実践2日目>ベーシック編のテキストをやっと半分まで読んだ。でも「もう知っているよ」と思うことばかり。まだ克服法の核心にはいたっていない。早くメソッドを知りたいという焦りが出てくるが、き [続きを読む]
  • 実践記録「本田式・強迫性障害改善プログラム」目次
  • 本田式・強迫性障害改善プログラムの実践中は簡単なメモ程度の日記をつけていました。正直、何となく恥ずかしいのですが、ブログで公開しようと思います。本田式プログラムの実践中に自分が感じたことや症状の変化などを綴ったリアルな記録なので、少しでも参考になればうれしいです。●本田式・強迫性障害改善プログラムの実践日記(1)実践記録「本田式・強迫性障害改善プログラム〜ベーシック編〜」(2)実践記録「本田式・強迫性障 [続きを読む]
  • インコカフェで過酷な労働を体験しました。
  • もう1ヵ月くらい前ですが、たまたまチラシで見つけたインコカフェで小鳥ちゃんたちのお世話を体験することになったんです。私は小鳥が大好きなので♪1日だけ働いてみて、仕事を続けていけそうなら、正式にスタッフとして採用されるとのこと。でもね…。体験してみた結果、体が疲れ果ててしまい、そのまま天に召されるかと思いましたwインコカフェの仕事内容はこんな↓感じです。小鳥たちの糞を掃除する。エサを交換する。床全体に [続きを読む]
  • 強迫性障害の奇妙なルールに縛られなくなってきました。
  • 強迫性障害の人は分かってくれると思うんですが、自分独自の手順やルールってありませんか?何かをする順番はこうでなきゃいけないとか、決まった手順でないと気持ち悪いとか。私も細かいルールがたくさんあったんです。でもね、徐々に自分の決めたルールに縛られなくなってきたんですよ。つい先日、朝の身支度の時のこと。私は普段と違う手順で服を着てしまったんです。テレビに気をとられていたんでしょうね。いつもなら、リセッ [続きを読む]
  • イベントで強迫性障害が苦手なゲームを担当することに…
  • 先月、ある子供向けのイベントがあったんです。私は自治会の役員として参加しました。本当は子供が苦手なのですが(汗)笑顔で頑張りましたよー。そのイベントでは、いろんなゲームが行われました。コマ回しとか壁にボールをくっつける遊びとか。でね、私は少しの間だけペットボトルに割り箸を入れるという超地味なゲームを担当することになってしまったんですwここで、強迫性障害が「ヒエーッ」って感じる恐怖なポイントが!ペット [続きを読む]
  • 本田式・強迫性障害改善プログラムは妥当な値段なのか?
  • 本田式・強迫性障害改善プログラムを実践したが、価格に見合った内容と効果を得られたのか?この部分は気になりますよねー。私は値段に敏感なケチケチ主婦ですから。いや、賢い節約主婦ですから(汗)価値のない商品にお金は1円も払いたくありません。で、本田式プログラムの価格は高いの?安いの?本当のところはどうなんだい…って話です。今現在、本田式・強迫性障害改善プログラムの価格は約2万円。※価格は変更される可能性があ [続きを読む]
  • 引きこもり主婦が仕事の面接に行った結果
  • 先週はアルバイトの面接がありました。いいなと思う会社を見つけたんです。強迫性障害の引きこもり主婦を脱出するチャンス!履歴書と職務経歴書を用意して、証明写真も撮りに行きました。で、ボロボロの鞄を買い替えて、面接に適した服もゲット!頑張りましたよー♪応募の電話はドキドキしましたけど、面接は落ち着いて話せたかも。久しぶりに仕事の面接を受けましたが、うまく自分を出し切れた感じです^^そして、運命の結果は…不 [続きを読む]
  • 本田式・強迫性障害改善プログラムの体験レビュー 〜まとめ〜
  • 私が10年以上も苦しんできた強迫性障害を短期間で改善してくれたメソッド!その驚異の手法が「本田式・強迫性障害改善プログラム」です。限定特典付「本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド」の詳細ページへ>>>私はこのプログラムを無理のないやり方で今後も続けていこうと思っています。レビューが増えると、記事を探しにくくなるため、まとめページを作成しておきますねー。本田式プログラムの関連記 [続きを読む]
  • 本田式・強迫性障害改善プログラムのメリットとデメリット
  • 今日の記事では、本田式・強迫性障害改善プログラムのメリットとデメリットについて述べたいと思います。●本田式・強迫性障害改善プログラムのデメリット・エクササイズの量が多い。・イメージトレーニングのやり方が分かりにくい。・サポートが十分ではない。本田式プログラムのエクササイズはボリュームがとても多いです。20分程度で終わると書かれていますが、私はもっと時間がかかりました。プログラムの内容もイメトレ初心者 [続きを読む]
  • 私の強迫性障害を治してくれた改善プログラムとは?
  • 今日の記事では、私が実践して明らかに効果があった強迫性障害の改善プログラムをご紹介します。私はこれまで薬や認知行動療法などにより、強迫性障害を克服しようとしてきました。しかし、症状の改善はほとんど見られず、ずっとそのまま放置状態だったのです。強迫性障害はもう治らないんだろうなと諦めていましたが、そんな私の症状を見事に改善してくれた方法がこちら!限定特典付「本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリ [続きを読む]
  • 強迫性障害を克服した状態とは?
  • 強迫性障害を克服しました。強迫性障害が治りました。…って、どういう状態のことをいうのでしょうか?ちょっと考えてみてください。私の場合、完璧に元の状態に戻ってしまったら、それはそれで困るような気がしますねー。元々の自分はそんなにキレイ好きじゃないのでw片づけられない女とか、汚ギャル(古い?)とか、私はそういうタイプかもしれません。白か黒か?キレイかキタナイか?…みたいに、極端なんですよねー。物事の考え [続きを読む]
  • 不潔恐怖の"聖域"がどんどん消滅しています。
  • 強迫性障害の改善プログラムを実践してから、症状がかなり治まってきている私。不潔恐怖とサヨナラできそう!普通の生活に戻れそう!そんな浮かれ気味の私に試練が訪れました。先日、私がすごく大切に保管していたCDを机の上から落としてしまったのです。ツルンと手が滑っちゃったんですよ。で、CDはガタガタッと床に…。床は不潔恐怖を感じる場所だから、やっぱり体が硬直しましたねー。自分の中にね、絶対に汚したくない"聖域"っ [続きを読む]
  • すごいかも?強迫性障害の症状が再発しないんです!
  • ここ最近、台風とか秋雨前線とかの影響で、ずーーっと雨ばかり降っていますね。今回の長雨は精神的にも肉体的にもちょっと厳しい感じですわ。もうね、気分が滅入って仕方ない感じで…。うつっぽい日々を過ごしています。唯一の救いは強迫性障害が悪化していないことかな。今までなら、天気が悪くて憂うつな日は強迫行為がひどくなっていたんですよ。除菌ティッシュの使用量が増えたり、手洗いの回数が増えたりして。でも、強迫性障 [続きを読む]
  • 強迫性障害の"完璧主義"を回避するコツは?
  • 強迫性障害の改善プログラムを一通り終えた私。今現在、何をしているのかというと…。改善プログラムに関する質問を必死にまとめているんです。なるべく的確に分かりやすく不明点を製作者さんに伝えたいので。質問を作っては送信し、相手からの回答をひたすら待つ。日々この作業を繰り返しております。地味で退屈で死にそうです(笑)ところが…。私の質問の仕方がきっとダメなんでしょうね。相手に意図がうまく伝わらないんですよ。 [続きを読む]
  • 夫に対する態度と気持ちが…
  • 今日は"微妙な関係"の夫について久々に語ってみたいと思います。夫ネタの過去記事はこちら!⇒薬の副作用が原因?夫婦関係に悩んでいます。⇒強迫性障害が夫に伝染しちゃった?⇒薬に依存気味の夫と交わしたある約束副作用の危険性があると知りながら、ヤバそうな薬を飲み続ける夫。逮捕されちゃうような違法な薬じゃありませんよ(汗)でもねー。性格が激変したり、うつ病っぽくなったりと怖いウワサがある薄毛治療薬でして。事実、 [続きを読む]
  • 引きこもり主婦の私に驚くべき心境の変化が…
  • 強迫性障害が原因で社会と距離を置いてしまった私。家の中に引きこもり、会話する相手は夫ばかり。本当に人間なんか大嫌いだったのに…。しかし、そんな社会不適合者の私に自分でも驚くような心境の変化が起きました。「もっと社会と関わりたい」「誰かの役に立ちたい」私ってね、こんな風に思うなんてあり得ないくらい人間という生き物が大嫌いだったんですよ。なのに、変わるものですねー。自分のライフワークを見つけたいと思っ [続きを読む]