HK さん プロフィール

  •  
HKさん: 海外投資・香港で積立中
ハンドル名HK さん
ブログタイトル海外投資・香港で積立中
ブログURLhttp://kaigai-toshi.com/
サイト紹介文香港で積立をしています。IFA、商品、HSBC香港の体験レポートです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 259日(平均1.1回/週) - 参加 2016/07/01 18:46

HK さんのブログ記事

  • 香港 不動産購入
  • 魅惑の香港「アバディーン」地区の不動産物件です。(公式)ハイグレード香港不動産空港からの送迎、ショッピング、クルーザーでのイベントなど、全て現地日本人スタッフが提供するユニークなサービスもあります。香港島の南側に位置するエリアです。1.日本から最も近いタックスヘイブン2.地震がない3.人口密度が高いという点で香港不動産は良いと思います。 [続きを読む]
  • 海外投資 政治的要因
  • 1.IFAの投資力2.商品の強さ3.分散政治的要因のマイナス影響を受けにくくするように、やっていることです。1.IFAの投資力スイッチング能力です。・政治的要因を事前に予測・変動後の対応をいかに利益を生む方向でやってくれるかだと思います。2.商品の強さ・ボーナス・柔軟性(引き出し、譲渡など)・プランの盤石性などを意識しています。3.分散ポートフォリオです。・信託・ユニットリンク・金・不動産・外貨通貨などです。「マイ [続きを読む]
  • 橘 海外投資
  • 「橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方」あのZAiが専用タッグを組んでいるだけあって、コンテンツが充実していると思います。橘玲とは日本の作家。本名は非公開。早稲田大学第一文学部卒業。元・宝島社の編集者。日本経済新聞で連載を持っていた。海外投資を楽しむ会創設メンバーの一人。2006年「永遠の旅行者」が第19回山本周五郎賞候補言ってはいけない 残酷すぎる真実ベストセラー1位- カテゴリ 社会一般関連書籍海外投資を楽しむ [続きを読む]
  • 海外投資を楽しむ会
  • 海外投資を楽しむ会(AIC)有限会社オルタ・インベスト・コム(2001年10月より)会員数17311名(最終更新日:2016年5月26日)どんな会既存の国内金融機関に依存せず、DIY(Do It Yourself)の精神で、海外投資を中心としたalternativeな資産運用を楽しむ方々の集まりです。(公式サイトより)・情報交換の場を提供・海外の金融機関に口座を開設する際のサポートサービスなど「情報量がとても多い」「歴史がある」(運営15年目)と [続きを読む]
  • HSBC 引き出し 日本
  • (引き出し後の領収書)HSBCの預金をセブン銀行(セブンイレブン)で引き出しました。(今回は10,000円)手順は簡単でした。(日本語対応しているので)1.English(日本語)を選択2.Withdraw(引き出し)を選択3.手数料(110円)の確認画面4.Saving(預金)を選択5.PIN番号(6桁の暗証番号)を入力6.引出額を選ぶ(10000円〜)引き出し限度額は「1日」と「1回」があります。「1日」・パーソナル=20,000HKD・アドバンス=30,000HKD [続きを読む]
  • アテナベスト 運用
  • アテナベストの運用報告会に参加しました。(東京で)ダニー・ツェー(ファンドマネージャ)が説明してくれました。(MBA,CFA米国証券)(ミネーバ代表)私が運用しているファンドは順調に運用成績が伸びているので今のところ一安心です。(にしてもアテナの役員はみなスペックが高い)(経歴・実績・話を聞いた体感) [続きを読む]
  • アテナベスト セミナー
  • (日本の会議室にて)(社長と営業日本担当が日本に来てくれました)アテナベストが日本でセミナーをしてくれました。・メティスの最新情報・最新の金ファンド(現物)事情・新しい投資商品(オフショア)のお話でした。・メティスの最新情報ついに日本の銀行からの口座引き落としが可能になります。(2016年8月より)これで「円」で積み立てたい方は楽になります。(自動引き落としなので)・最新の金ファンド事情買取業者が大手 [続きを読む]
  • サンライフ 保険
  • 「サンライフ社の積立を始めようか検討している」と友達に教えてもらいました。サンライフ社(Sun Life)1865年に設立(カナダのトロントに本社)世界23カ国にオフィス展開保険商品、サービス、オフショアの金融ソリューションを提供グループ全体の総資産額は3469億カナダドル(サンライフファイナンシャル)トロント (TSX)、ニューヨーク (NYSE)、フィリピン(PSE)世界3カ国の証券取引所で上場格付けS&Pで「AA-」、ムーディーズで [続きを読む]
  • ロイヤルロンドン360評判
  • ロイヤルロンドン360(RL360)で、アメックスカードが積立に利用できるようになりました。(2016年7月11日現在の最新情報)VISA・Master・JCB=手数料無料American Express=手数料1%JCBを使えるのも香港積立ではレアですが、アメックスも使えるとは、「日本との契約・活動に勢力的」な印象です。(利便性をアップさせているので) [続きを読む]
  • 純金積立 メリット デメリット
  • (純金積立履歴)純金積立しています。(田中貴金属で)【メリット】・金価格上昇による差益・消費税(買う時支払い、売る時もらう=増税の恩恵)・安定資産(歴史、ドルコスト平均法)・特定保管(会社の財産と分けて保管)・紛失リスクがない(災害などで)【デメリット】・手数料がかかる・短期で大きな利益はあげにくい・海外からの持ち込み(積立というか金全体)よくも悪くも「消費税」は絡んできます。「売る時にもらう」の [続きを読む]
  • ロイヤルロンドン360
  • ロイヤルロンドン360(RL360)Quantum(カンタム)は、生命保険付ユニットリンク型積立商品です。ユニットリンクとは?変額保険です。変額保険とは?運用実績に応じて満期保険金や解約返戻金が変動する生命保険商品です。リスクは「早期解約」だと思います。(最初の5年間の解約手数料が85%以上なので)特に初期口座期間は積立停止ができないので、まずは初期口座期間中しっかり積み立てることが大切だと思います。(貯蓄口座は減 [続きを読む]
  • HSBC 海外引き出し限度額
  • HSBCの海外引き出し限度額の設定手順です。1.インターネットバンキングにログイン2.「Maintain My Details」のページへ3.「General Banking」を選択4.「Set Overseas ATM Withdrawal Limit」へ「Overseas ATM daily withdrawal limit」=「HKD 0」と初期設定ではなっています。設定したいカードにチェックを入れて、「Activate/Modify」を押します。・further notice(利用期限を設定しない場合)・50%か100%か?を選びます。・Co [続きを読む]
  • HSBC セキュリティデバイス 設定
  • (届いたデバイス)HSBCセキュリティデバイスの設定方法・手順(アクティベーション)をまとめます。【デバイス操作】1.緑色のボタン(右下)を2秒間押す2.PIN(パスワード)を新規で入力する3.黄色のボタン(左下)を押す4.「HSBC」と画面に表示される5.緑色のボタン(右下)を押すと「セキュリティコード」が表示されます。【アクティベーション】1.HSBCのネットバンキングにログインします。(デバイスのアクティベーション画面 [続きを読む]
  • HSBC セキュリティデバイス 申請
  • HSBCのセキュリティデバイスは、「こちらから申請する必要」があります。1.インターネットバンキングにログイン2.Maintain My Details3.Change Personal Information and Address4.Varificationの「here」を  (初回申請時のみ表示されます)5.Confirmを押して完了です(画像がなくてすいません 汗)(申請完了後に書きました)(1週間後に到着しました)デバイスがないと?各種設定変更ができません。(セキュリティコー [続きを読む]
  • HSBC インターネットバンキング 登録
  • HSBCの口座を開設したら、インターネットバンキングに登録する必要があります。以下手順です。HSBCよりウェルカムメールが届きます。(「eWelcome Pack」という題名で)(私は口座開設の翌日に届きました)本文中のURLからインターネットバンキングへいきます。「Register」(右上)へいきます。・カード番号・PIN(口座開設時にATMで設定したもの)・個人か共同か?選ぶ・パスポート番号・メールアドレスを入力します。次のページ [続きを読む]
  • フレンズプロビデント 解約
  • フレンズプロビデントを解約したくてもできない友達がいます。・初期口座しかお金が入っていない・貯蓄口座に入れるお金がない(原資)・メティスで新たに積立をしたい(プラン的に)こういう理由と現状で結果的に、・フレンズプロビデント→運用をアテナベストへ譲渡(別のIFAから)・お金ができたら積立再開(メティスメインで余力があればフレンズの貯蓄口座)という判断になりました。*初期口座・手数料が高い(運用利益が出 [続きを読む]
  • スタンダードライフ 日本人
  • スタンダードライフは日本人との契約を停止しています。(2016年7月8日現在)・アジアス(エイジアス)・メティス・ロイヤルロンドン・スタンダードライフ・フレンズプロビデントの中で現在日本人が契約可能なのは、・メティス・ロイヤルロンドン(RL360°)だけです。(アテナベストに確認しました)・法律の規制・無茶な営業(日本で)この2つが停止・保留の原因だと思います。 [続きを読む]
  • 香港 口座開設
  • (私のHSBCのカード)HSBC香港の口座開設をしました。(2016年に)なぜ開設できたのか?1.タイミング2.紹介この2点だと思いました。1.タイミングHSBC側が日本人の口座開設を受け入れるタイミングかどうかです。このタイミングがNG期間ですと、どんなに良い紹介ルートを使っても厳しいと思います。(実際今回の紹介ルートでも無理な時期があったと聞きました)2.紹介・現地企業(香港に所在)・HSBCと日々取引がある・HSBCと付き合 [続きを読む]
  • アジアス 積み立て やめた
  • 「アジアスの積み立てをやめた」「メティス・ロイヤルロンドン(RL360°)に移管した(したい)」という友達もいます。理由は?・プランが変わった・現在は日本人の契約を保留(日本マーケットに消極的)などです。2014年に香港にて投資管理口座(ユニットリンク)の規制が強化した際に、商品内容の変更などの事情により現在取扱いを保留しています。(2016年7月6日現在・アテナベストより)IFAがたくさん存在する(商品を扱える香港 [続きを読む]
  • 海外投資ランキング
  • 海外投資ランキング(香港IFA)では、アテナベストは毎年上位20位以内程度に入り続けています。(200社程度の中で)中には?・去年=10位以内・今年=圏外(消えているw)というIFAも複数存在しています。どんなIFA?「利回り30%以上などをうたっているところ」が多いと感じます。なぜ消える?・無茶な運用をするから・最初からなくすつもり(最初にお金だけ集めて逃亡)などの理由だと思います。個人的に安心できてかつうれしい [続きを読む]
  • イギリス eu離脱 タックスヘイブン
  • イギリスのeu離脱とタックスヘイブンの動きは?=今ところあまり変化はないかなと思います。・イギリスは金融立国・イギリスの金融は香港と密接に関わっている・HSBCもイギリスと香港を中心に活動・アジアインフラ銀行にヨーロッパで真っ先に加入したのはイギリスだったこの辺りを考慮しますと、・イギリスには世界のHSBCがある・ロスチャイルド勢力もある=金融においては世界最高峰と感じるからです。(マン島も近いですし)キャ [続きを読む]
  • メティス 香港
  • (メティスのカード引き落とし履歴)(毎月3500HKD+カード手数料35HKD(1%)=3535HKD)メティス社(メティスグローバルリミテッド)の積立プランを継続中です。なぜメティスを選んだか?=「信託」であることが大きいです。・委託者のお金が保全される・管理銀行、監査銀行、監査法人が入るという点で安心できたからです。詳しい仕組みはメールマガジン3通目の、「アテナベストとメティスに決めた理由」にて書かせて頂いています [続きを読む]
  • 積立投資 おすすめ
  • ・タックスヘイブン(租税地)・信託会社(商品)積立投資のおすすめです。(私がやっていること)・タックスヘイブンインカムゲインとキャピタルゲインが非課税だからです。(日本居住者の場合申告義務はありますが)・信託会社(商品)資産が保全されるからです(信託法)(監査銀行と監査法人も入ります)積立=長期間(10〜30年程度)になりますので、「税金面」「保全面」の両方がしっかりしている方が良いなと思います。 [続きを読む]
  • 積立投資 デメリット
  • ・運用会社の破綻・プランの変更・解約、停止手数料(途中で払えなくなった場合)積立投資のデメリットだと思います。(期間が10年〜30年と長いので)それぞれの対策は以下で取っています。・運用会社の破綻「信託」会社の商品(プラン)を選んでいます。信託法によって資産保全されるからです。(管理銀行、監査銀行、監査法人が入ります)・プランの変更日本相手にどれだけ真摯に対応するか?を見極めます。(日本での報告会、日 [続きを読む]
  • 海外積立 香港
  • 香港で積立をしています。(メティス社の積立プランをアテナベストで運用中)・なぜ香港なのか?・なぜ積立なのか?・なぜアテナベストなのか?・なぜメティスなのか?はメールマガジンをご参考頂ければ幸いです。積立のメリットは?・リスク分散ができることだと思います。(金額が大きい程受けるリスクも大きくなるので)積立のデメリットは?・払い続けられなくなることによる解約手数料(プランごとに期間は違います)・積立中 [続きを読む]