吃音ガイドライン管理者 さん プロフィール

  •  
吃音ガイドライン管理者さん: 吃音ガイドライン
ハンドル名吃音ガイドライン管理者 さん
ブログタイトル吃音ガイドライン
ブログURLhttp://kitsuonkenkyuguideline.blogspot.jp/
サイト紹介文きつおん・どもり、小児期発症流暢障害の情報 当事者、家族、支援者、医療従事者、吃音者の障害者雇用とは
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/07/01 23:00

吃音ガイドライン管理者 さんのブログ記事

  • 2017年5月16日 NHKが発達障害プロジェクトのページを公開
  • 2017年5月16日、NHKが発達障害プロジェクトというページを公開しました。2017年はNHKがNHK、ETV(教育テレビ)が連携して、発達障害全般を扱う取材をどんどん行っているとききます。吃音もNHKからの指示で取材されているそうです。発達障害プロジェクトhttp://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/ さて、このページ、ドキッとしますね。あなたは「定型発達症候群では?」という問いかけです。確かに発達障害者からすれば、健常者と [続きを読む]
  • 2017.4.8 世界自閉症啓発デーシンポジウムの様子
  • こちらは4月8日に灘尾ホールで行われたシンポジウムです。この会場でも吃音やトゥレット症候群が発達障害に含まれていますというアナウンスがしっかりとありました。本当に感謝です。吃音者に寄り添い、いまでもなお手を差し伸べてくださるみなさまに心より感謝いたします。吃音も発達障害者支援法に2005年から含まれている。これはとても大きい。2017年からこれからも啓発していかないと。不登校や引きこもり、自殺を決断する人が [続きを読む]
  • 2017.4.2世界自閉症啓発デーin東京の様子
  • 4月2日は世界自閉症啓発デーでした。 詳細はコチラhttp://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/都内では東京タワーが自閉症協会が中心にいろいろな発達障害当事者団体や支援者の啓発活動、渋谷方面でもゲットインタッチという団体が発達障害を中心にまぜこぜで啓発活動をしました。吃音者の団体も2016年に引き続き、啓発活動に参加していました。当日の配布された他団体の資料でも吃音やトゥレット症候群が発達障害に含まれる [続きを読む]
  • 吃音を診療・診断する医師の方向け吃音診療ガイドライン
  • ※この記事は医師免許を持っていない者が書いています。これを念頭にお読みください。◆あらすじ吃音が発達障害者支援法に含まれるということが、改めて公になった2014年7月3日。吃音業界には激震でした。まさに青天の霹靂、寝耳に水という事案・事件ではなく、事変でした。吃音事変2014と言うべきところでしょう。はっきり言うと、吃音が発達障害者支援法に2005年の施行当初から「吃音」が発達障害者支援法に含まれていたことを理 [続きを読む]
  • 技術紹介 吃音を治療するための融合ベンズアゼピン
  • 吃音を治療するための融合ベンズアゼピンという医薬品の情報です。アメリカで先に出願され、日本でも日本語版がでたよという意味のようです。この企業はHP情報ですが、トゥレット症候群向けの研究をしていたようです。チック・トゥレット症候群と吃音はどこかに共通する部分があるのかもしれませんね。この吃音治療薬の記事の中で興味深い部分がありました。リタリン、コンサータの成分であるメチルフェニデートが吃音を和らげると [続きを読む]