わみ さん プロフィール

  •  
わみさん: 上海気になる日記!
ハンドル名わみ さん
ブログタイトル上海気になる日記!
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/wangcai/
サイト紹介文上海生活11年目、ワーキングマザー(ワーキング7:マザー3)やってます。夫は中国人です。
自由文国際結婚十数年目、育児と仕事の両立が出来ず、体重にしわ寄せがいってるアラフォーです。気になる上海記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 301日(平均6.8回/週) - 参加 2016/07/02 08:45

わみ さんのブログ記事

  • 家族間サプライズが嫌いな理由1
  • うちの夫は寡黙なので人間関係において揉める事はほぼありませんが、察するという能力が欠けています。しかし友人や同僚の前では自分の意見を表立って主張することが無いので、揉める事がありません。でも家族の私は違います。私は義両親にいつも家で子供を見てもらっているため、会社の帰りなどに買い物へ行った際はほぼ必ず何かお土産を買うようにしています。例えばちょっとしたお菓子だったり点心だったり。義両親はいつも「あ [続きを読む]
  • 中国セレブウォッチ、元ミルクティー少女のその後
  • 久々にどうでも良い内容です(いつも?)いろいろとネットウォッチをしていて思うのですが、本当に事実は小説よりも奇なりと思うことがあります。今日は中国ネット界隈で常に注目されている元ミルクティー少女改め章?天女史を取り上げたいです。中国のwikiより章?天さんのページttps://rc.mbd.baidu.com/9v93hr01993年南京生まれの彼女は現在24歳。2009年の南京外国語学校の高校1年生の時に友達がネットにアップした写真によって、 [続きを読む]
  • 長寧Raffeles City もうすぐ開店!
  • 地下鉄2、3、4号線中山公園駅最寄りに建設中の?宁Raffles Cityが間も無くオープンするようです。(?之梦の南西側)これは2日くらい前の様子。これは本日の様子テナントなど何が入っているかまだ全然分かりません。メディアによると4/26開店だそうです。weiboの記事です↓在魔都?宁来福士BryantPark的草地上,??五香豆+香?的搭配吧噂によるとすでに人気のこちらのカフェの2店舗目が入っているとかStayRealCafé(iapm概念店)人民 [続きを読む]
  • デジタルプリント機器の展覧会
  • 同じ展覧会情報といえども、こちらはいわゆるビジネスマンばっかりのエキスポ関係の展覧会です。上海新国?博?中心地下鉄7号線花木路が最寄駅です。駅から入口まで大体1km無いくらい、黙々と歩き......入口で荷物検査、その後wechatで会員登録をして(wechatを皆持ってるの前提かい!と突っ込みたくなる)入場します。前までは登記カードみたいなのを書いて、名刺を出してなどなどしてたんですが。登録出来ない方は確か入場料(大体2 [続きを読む]
  • お弁当を作っています6
  • 誰に需要があるのか?誰得更新ですが、お弁当をまだ細々と作っています。前の記事は3月末にアップしたこちらお弁当を作っています5あれから1ヶ月の間に2回も日本へ帰国し、休んでいたお弁当作りですが、実は細々と切れ切れになりながらも続けていました。息も絶え絶え、でも全ては自分のためです。●さんまの竜田揚げ(冷凍骨無しさんまを切って、片栗粉を付けて揚げるだけ)●ピーマンとお揚げとじゃこの煮浸し●きゅうりとトマトの [続きを読む]
  • 上海地元幼稚園の開放日
  • 週末、上海の地元幼稚園の開放日がありました。近所に住む0歳〜3歳児を対象に幼稚園を開放して紹介する目的があるようです。今年で満2歳のうちの子を連れて行ってみました。こんな感じで園庭がとってもとっても広く(写真は園庭のほんの角の場所)、沢山の子供達が保護者に連れられて遊びに来ていました。うちの夫は普段一緒にいる時間が少ないので、一生懸命遊んであげてました^^;とても良い環境で、子供をここに通わせたいなぁと思 [続きを読む]
  • 米をきれいにする作業
  • 水を使ってお米を研ぐ事を中国語では「淘米 tao2 mi3」と言います。「淘 tao2」という漢字には「水で洗ってゴミを洗い流す」という意味があり、「淘米」の他に「淘金 tao2 jing1」(金の粒を砂の中から探し出す)とか「淘汰 tao2 tai4」(日本語の淘汰と同じ意味)という言葉があります。一番馴染み深い最大手ECサイトの「淘宝 tao2 bao3」という造語も「水で流して宝を探し出す」というような意味があって、なかなかセンスがある名 [続きを読む]
  • 上海で買える日系企業のお菓子。頑張れ日系企業!
  • いい歳してお菓子が大好きです。毎日3食お菓子でも大丈夫!と思っていたのですが、加齢と共に火を通した温野菜や柔らかい炭水化物などが好物になってきました(まだアラフォーです^^;)しかし、2日に一回くらいはやっぱりお菓子をつまんでしまいます。10年以上前に初めて中国に来た時にはありえなかった事ですが、今ではどこのスーパーでも簡単に日系企業の中国産お菓子を買う事が出来ます。私のお気に入り①ブルボンさんのバームロ [続きを読む]
  • 人間の価値
  • ここ数日中国と日本を往き来していて、いろいろ感じることがありました。奇しくも私が4月4日に記事を書いた数日後、ユナイテッド航空の乗客引きずり出し事件がありました。私に4月4日の記事より某中華系航空のサービス...…怒りに震えました。この事件を知ってすぐに出てきた感情は、たかだかキッズミールを忘れられたくらいで怒り狂っていた自分が恥ずかしく、とても反省しました。そして事件が起こった背景に人種差別があるとか [続きを読む]
  • 一切?利
  • やっと上海に戻って来れました。ここ数日バタバタと行ったり来たりの生活で疲れました。でも駐在員の方々や職種によっては皆さん常に出張で各地を動いているんですよね。尊敬です。今回自分で買った日本土産●沖縄編「天使のはね」というおせんべいの生産中で出来る端っこのようなスナック菓子、めちゃくちゃ美味しくてハマってしまいました。爆買いして持って帰って来ました。あとは琉球ロードワークスさんの沖縄すごろく〜子供が [続きを読む]
  • 日本の良いとこみぃつけた
  • 実は事情があって今また日本にいます。またすぐ上海に帰るつもりです。長らく海外に暮らしているので、私にとっては日本の嫌なところや悪いところが見えやすいんですが、今回初めて実感した中国との違いがあります。それは、「日本人は他人に対する尊重の態度があること」です。中国人からは「表面的」と批判されがちな部分ですが、それでも私はやっぱり素敵だなと思いました。中国に限らずどこの国でも自己の権利を主張することに [続きを読む]
  • Aza Aza!芝心年糕料理
  • ちょっと事情があって、友人の若い中国人女性達(アラサーの若い方世代)と晩御飯を食べました。Aza Aza!芝心年糕料理(市内に多数店舗あり)こういうローカルジャンク系フードはアラフォーの我々夫婦では食べに行く機会がなく、かといって一緒に食べに行ける友達も居ないので(友人も基本アラフォー)たまにこういう機会があると非常に嬉しいのです。注文は友人達に任せましたが、2種類の各お鍋にチーズとラーメンを追加して4人で150元 [続きを読む]
  • 灰色の上海にて美ら海回顧録
  • 上海に帰ってきました。青い空、きらめく海の国から一気に灰色の上海へ。でも私はやっぱり上海も好きです。1歳半過ぎの子供が、日本にいる時はカタコトの日本語を話し、上海に戻るとカタコトの中国語を話し(ー ー;)結局どちらもカタコトという...…。日本ではある離島に滞在していたのですが、観光資源を目当てに多くの華人がやってきていて、私も空港の待ち時間や観光地で中国語で世間話ができたりして、いろいろ楽しかったです(^o^ [続きを読む]
  • 改めて中国は子育てに寛容だと思う
  • 日本滞在中です。普段上海では中国人義父母が子供を見てくれていることが多いので、こんなに何日も子供と一緒にいる事はあまりないので、すでに上海に帰りたい気持ちが出てきています。現在日本でもある意味中国文化の伝播伝承が強い地域に滞在していて、一般的に言われる日本社会ほど外での子育て家族の行動に風当たりが強くは無いんですが、やっぱり気を使います。日本は日本で秩序があって他人を慮るという素晴らしい文化があり [続きを読む]
  • 某中華系航空のサービス...…怒りに震えました。
  • 実は日本に一時帰国しています。場所は80%の日本人が羨む観光地......ご想像にお任せします。で、本当はブログをしばらく休もうと思ったのですが、めっちゃ腹たつ事があったので、備忘録として書いときます。今回某中華系航空会社で上海から日本へ帰ってきたのですが、事前に子供の食事(ベビーミールかチャイルドミール無料)が予約出来るとのことで、1日前に直接航空会社に電話して予約しておきました。当日飛行機に乗り込むと、日 [続きを読む]
  • 続・男性の誠実さ ラックスさん編2
  • この記事からの続きです。続・男性の続・男性の誠実さラックスさん編1※特定の方にとっては不愉快になる記事かもしれません。決して偏見を助長させたいという目的で書いたわけでは無いので、全ての方に上手く意図が伝わるように願っています。ある晩、また残業で遅くなった日に道端でラックスさんに会いました。「一緒に帰ろう」と言われ、二人で話しながら家の方向へ歩いて行きました。途中でラックスさんが「この道の方向に川が [続きを読む]
  • 続・男性の誠実さ ラックスさん編1
  • この前は上海の日本人男性に感じた不誠実さを書きましたが、今日は欧米人に関して書きます。Aさんへの呪いの手紙風の記事、「男性の誠実さ」余談ですがほとんどの男性は誠実にご家族に仕えていらっしゃる事を私は知っていますのでご安心を......。ていうかこの前の記事自分で読み返しても怖っ!呪いの手紙みたいや!さて、いつかは書きたいというか書かなければならないと思っていたラックスさんの事を書きます。ラックスさんは不 [続きを読む]
  • 上海B級グルメ小ネタ集
  • 皆さん〜別れの季節も終わり、そろそろ新しい季節の始まりです。上海を発つ方も多く、愛読ブロガーさん達も何人か移動になり......(T ^ T)寂しい......。でも上海気になる日記は普通にたんたんと続けまーす。今日は以前から撮り溜めた気になるB級グルメ小ネタ集です。どれも中国語が必要なお店なので、中国人の友達や中国語が出来る方と行ってみて下さい(無責任...)①Red Lips ?唇串串香(hong2 chun2 chuan4 chuan4 xiang1)市内 [続きを読む]
  • 男性の誠実さ
  • 私のブログ読者層はどんな方なのか?想像もつかないのですが、自分では女性のママさん層が多いんじゃないかなぁと思います。しかし、上海に居る日本人自体では圧倒的に男性の方が多いですので、意外と男性の方が見てくださってるのかなぁとも思います。で、なんかわざわざ読んで下さっている男性には申し訳無いですが、今日は中国で考えた「男性の誠実さ」について書きます。私が以前社員数数百人規模の上海の日系企業で現地採用と [続きを読む]
  • 今までありがとう。の中国語訳
  • 日本人社会は別れの季節ですね。3月に卒業、4月に新学期が始まるのは国際的に少数派なんですよね〜。さて、私は以前中国の地方都市で半年だけ語学留学生をしていた事があります。出会いと別れが多く、別れる時には手紙や色紙を送ったものです。もちろん、共通語は中国語......(ー ー;)多くの日本人留学生が、外国人のクラスメイトに送る色紙にこう書いてました。到?在??!(; ̄ェ ̄)つまり「今まで(到?在)ありがとう(??)」と [続きを読む]
  • 上手くいかないことばかり
  • 私はワーキングマザーで、一応平日は働いています。母業と会社員とどちらが本業かと言われると微妙ですが、今は会社員の方がちょっと割合が多いです。なので会社員を本業として、その本業が全然全然上手くいってません。身分がバレたらあまり良くないので、ぼやっと言うと売り上げが発生する業種で、今年始まって3ヶ月ずっと負け試合です(>_会社は中小企業でスタッフは皆傭兵みたいな会社です。(営業許可とか納税とかその辺はしっ [続きを読む]
  • 上海で一番いけてる本屋さん、衡山?和集へ!
  • 私も夫も本が大好きで、ヨーロッパでも日本でもとりあえず街の本屋さんを調べて覗きに行ってました。amazonも電子版の本も利用しますが、やっぱり実際の本屋さんや紙の本が大好きです。前の記事からの続きですが、安福路でご飯を食べ過ぎたため、消化するために約2.5キロあるいて、ほんっと〜に前からずっと行きたくても行けなかった本屋さん、念願の衡山?和集へ行ってきました。(子供はいいタイミングでベビーカーで寝てくれた) [続きを読む]
  • Amokka Cafe
  • 展覧会の帰りにそのままカフェへ行きました。頼みの綱の義父母が用事で出かけてしまったため、1日1歳半の子供と一緒......(ー ー;)夫は昔旧フランス租界地にある外資系の会社に勤めてたため、この辺りにお気に入りのお店が多く、その中の一つ、Amokka Cafeに久々に行きました。Amokka Cafe安福路201号(近??木?中路)AmokkaCafé★★★★,¥105/人,西式?餐,安福路201号更多商?信息点???看店内はこんな感じ欧米人のお客様が多い [続きを読む]
  • 赤木明登先生 漆展
  • 日本人漆塗作家さん、赤木明登先生の漆展に行ってきました。未在味在スペース安福路249弄3月25日〜29日までギャラリーは非常に探しにくい所にありました。美しい器や食器......お弟子さんが現場で漆塗の実演をされてました。日本ではお椀やお皿が一つ2万円前後で売ってます。(ー ー;)私にはふさわしくない高級な器なので、触れずに目で楽しむだけに留めます。赤木先生は某雑種の取材記事では「自分は芸術家ではない」と仰ってました [続きを読む]
  • 子育ての夢と現実
  • 以前から何度も書いてますが、私は結婚してから子供が出来るまで11年も時間があったため、育児に対してドリームがありました。子供は小さい頃から大好きで、上海でも子供が居なかった時週末に子持ちの友達を招いて一緒にクッキー作りをしたり、小学校低学年のきょうだいを預かって遊んだりしてました。で、結婚当初から子供が読むかもしれない絵本や遊ぶかもしれないカード、パズルなど少しずつ買い集めていました。11年も経って実 [続きを読む]