にいがた経済新聞 さん プロフィール

  •  
にいがた経済新聞さん: にいがた経済新聞
ハンドル名にいがた経済新聞 さん
ブログタイトルにいがた経済新聞
ブログURLhttps://www.niikei.jp
サイト紹介文新潟経済の月刊情報誌「にいがた経済新聞」を10月に創刊。ブログやSNSでも日々情報を発信中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供411回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2016/07/03 20:02

にいがた経済新聞 さんのブログ記事

  • 上越市で町家を再生する取り組みが活発化
  • 上越市で、市内中心部にある町家を再生し、街中の賑わいにつなげていこうという取り組みが活発化している。 ■シェアハウス大町(下写真) この春、大町3丁目に、学生向けをシェアハウスが完成した。  築105年の木造2階建ての町家を、「和モダン」な住宅にリノベーションしたもので、延床面積は194・5平方メートル。それまで塞がれていた吹き抜けを再現したほか、共用スペース、リビ [続きを読む]
  • 今年9月、佐渡の竹で作られた竹灯篭が東京の夜空を彩る
  • 大正大学(東京都豊島区、大塚伸夫学長)は、9月22日に「光とことばのフェスティバル2017〜ひらく〜」を開催する。8回目となる今年は、およそ5000基を超える竹灯篭と竹灯りのドームが初秋の夜を彩る予定だが、その竹には、安い筍の輸入の影響などで、竹の伐採量が減量し竹林の荒廃問題を抱える佐渡島岩首地区の竹が使用されている。   同イベントは、同大学の表現学部1年の学生が企画・運 [続きを読む]
  • リージャスが全国77拠点のワークスペースを無料開放
  • 世界100カ国以上、1000都市を超える地域で、レンタルオフィスを提供するリージャス・グループ(日本法人:東京都新宿区)は、19日から25日まで、同社が提供するワークスペースを無料開放する「テレワーク・デイキャンペーン」を実施している。 キャンペーン期間中は、キャンペーンサイトから事前予約すると、期間中、同拠点のワークスペースを無料で利用できる。 対象は、 [続きを読む]
  • コスタ・ネオロマンチカが東港に寄港
  • イタリアのクルーズ客船が「コスタ・ネオロマンチカ」が17日午前、新潟港(東港)に寄港した。コスタクルーズが運航する客船の寄港は、昨年5月に寄港したコスタ・ビクトリアに続き2年連続。また、コスタ・ネオロマンチカの新潟港への寄港は、今回が初めて。 今回のクルーズは、金沢、新潟、函館、韓国釜山、博多、舞鶴、金沢などに寄港する8日間の日本海周遊クルーズ。16日に金沢を出発した。 [続きを読む]
  • 「関屋浜 海の花火大会」が開催される
  •  新潟に本格的な夏の訪れを告げる「関屋浜 海の花火大会」が15日に開催された。今年で第16回を数える。   関屋浜花火は2001年の初開催以来、地元の花火大会として新潟っ子に愛され続けてきた。開催時間は約45分、上がる花火も300発程度と規模は小さいが、海水浴場の目と鼻の先から発射される水上花火は、街中にいても音が聞こえるほど。中心街から至近で開かれる花火大会として市民 [続きを読む]
  • 新潟県中小企業家同友会の柏崎支部が発足
  • 新潟県中小企業同友会の「柏崎支部設立記念式典」が14日、かしわざき市民活動センターで開催された。新潟県中小企業家同友会として10カ所目の支部で、支部長には、コンタワークス(株)の中村昭夫社長が選出された。会員は19名で、今後は、「月2人のペースで会員を増やし、来年3月には34名にしたい」(中村支部長)という。 式典には、新潟県中小企業家同友会の本間雅樹会長、柏崎市の櫻井雅浩 [続きを読む]
  • 県内就業者、女性、高齢者、外国人など増加
  • 県はこのほど、「平成27年国勢調査 本県の労働力状況と産業・職業別構成(平成27年10月1日現在)」を公表した。  それによると、わが県の15歳以上人口(201万8538人)のうち、労働力人口(就業者、完全失業者)は、118万4716人で、前回の平成22年に比べ、3万8413人(3・1%)減少した。  労働力率は、前回比0・8%ポイント減の59・9%で、男 [続きを読む]
  • 大河津資料館
  • 大雨の被害に遭った九州北部。報道によると、今日も救出・捜査活動などが行われたようだが、本県も、平成10年「8.4水害」、平成16年「7.13新潟豪雨」水害、平成23年7月新潟・福島豪雨など、幾度となく水害に襲われてきた。  そして日本で一番長い川、信濃川もかつては、度重なる水害によって越後平野に甚大な被害を与えてきた。 この被害をなくすためには、増水した水が越後平野に入る [続きを読む]
  • ブルボン、ルマンドアイスの販売エリアを九州全域に拡大
  • 株式会社ブルボン(柏崎市、吉田康代表取締役社長)は、「ルマンドアイス」の販売エリアを拡大する。 今年5月に宮崎県、鹿児島県および沖縄県で販売を始めたのに続き、7月3日に熊本県および大分県、31日に福岡県、長崎県、佐賀県でも販売を始める。この販売エリアの拡大により、九州全域で販売されることになる。 ルマンドアイスは、アイスクリームの中にミニタイプのクレー [続きを読む]
  • ハルビン市向けに県産花きを輸出する商流が構築される
  •  新潟県花き振興協議会と、ジェトロ新潟はこのほど、中国・黒竜江省の省都・ハルビン市向けに県産花きを輸出する商流(※1)を構築した、発表した。   新潟県花き振興協議会では2016年、ジェトロ新潟の支援を受け、中国向けに県産花きの輸出に向けた取り組みに乗り出した。 第一弾として、新潟県や新潟市と交流を重ねてほか、新潟空港からの直行便がある黒竜江省の省都・ハルビン市(※2)の [続きを読む]
  • 冷やして楽しむ夏の甘酒 「糀・白桃」が数量限定で登場
  • 株式会社和僑商店(新潟市、葉葺正幸代表取締役)は7月1日、夏限定の糀の甘酒「糀・白桃」の販売を始める。数量限定で、同社が運営する糀の甘酒専門店「古町糀製造所」各店のほか、「古町糀製造所」公式通販サイトで販売する。500ml入りで、価格は1620円(税込)。 飲む点滴ともいわれる糀の甘酒は、夏の栄養補給ドリンクとして愛飲する人が増えている。 そうしたなか、糀の甘酒に国 [続きを読む]
  • 6月県議会が開会、知事が所信表明
  • 県議会6月定例会が28日、開会し、米山隆一知事の所信表明が行われた。 米山知事は、 ・県内市町村との連携・協力 ・埼玉、群馬など近隣県との戦略的な広域連携 ・本県の新しい「総合計画」の策定 ・人口減少問題への対応 ・地域経済活性化に向けた取り組み ・防災と危機感への対応 ・糸魚川市大規模火災後の復興と、火災の教訓を踏まえた対応 ・朝 [続きを読む]
  • 中部産業団地(見附市)の分譲が完了
  • 県は27日、平成11年4月に分譲開始した中部産業団地(見附市)について分譲が完了した、と発表した。 株式会社マルイのグループ会社で、電気工事・空調・冷蔵冷凍設備工事の請負などを手がける株式会社エム・ワールド(見附市、貫龍太郎代表取締役)に26日、約0・5haを引き渡し分譲が完了した。エム・ワールドは事業所内保育所を建設する予定という。 一方、県内では、新たな工業用地造成 [続きを読む]
  • パーティーリビングを配した“リビ充家族”向けの新築プラン
  • ハーバーハウス(新潟市、石村良明代表取締役)は、業界初(同社調べ)となるパーティーリビング(PLDK)を配した新商品「BLEAST(ブレスト)」を発売した。発売を記念し、8月30日まで3棟限定で特別価格にて販売する。 今年のトレンドキーワード「リビ充家族」にあるように、リビングの使い方が変わりつつあるという。そうしたなか、同社では、リビングの使われ方が以前の「テレビを前に家 [続きを読む]
  • にっぽん丸が新潟港に寄港
  • クルーズ客船「にっぽん丸」が26日午前、新潟西港の山の下埠頭に寄港した。にっぽん丸の新潟港への寄港は3年連続。  にっぽん丸は、総トン数2万2472トンで、全長166・65メートル。乗客定員524名。新潟港発着の「夏の利尻・礼文島クルーズ」のための寄港で、400名が北海道へと向かった。29日に新潟港へと戻ってくる。  一方、県や新潟市では、クルーズ船の誘致に注力し [続きを読む]