美里 さん プロフィール

  •  
美里さん: クルーズ・パラダイス☆
ハンドル名美里 さん
ブログタイトルクルーズ・パラダイス☆
ブログURLhttp://www.crupara.com/
サイト紹介文海外発信の気になるクルーズ情報を、外国船の旅初心者にも分かり易くまとめています。
自由文暇さえあれば次回のクルーズ旅行の下調べをしています。皆さんのクルーズ乗船記を読むのはその楽しさの1つ。海外のクルーズ情報サイトをチェックするのも好きなので、英語の記事を基に海外のクルーズ情報もまとめています。
プロフィールページ:http://www.crupara.com/profile.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 199日(平均1.2回/週) - 参加 2016/07/04 06:40

美里 さんのブログ記事

  • クルーズ中に、ラジオ体操がおすすめの理由
  • カテゴリ: クルーズ / 旅の過ごし方クルーズ船内には、ランニング や ウォーキング をする為のコース や ジム が設けてあります。 ですので、やる気になれば、いつでも体を動かすことが出来るのです。でも、トレーニング着に着替えたりするのも面倒だし・・・ と、ついついジムへの足が遠のいてしまう方も居るのではないでしょうか?そんな方にお薦めなのが、“ ラジオ体操 ”どんな運動内容だったのか忘れて [続きを読む]
  • 青い神秘の世界!アラスカクルーズで体験する氷の洞窟
  • カテゴリ: クルーズ / 旅の過ごし方先日、某テレビ番組で見た “アラスカクルーズ”気になるシーンがいくつかあったので、アラスカの魅力 について調べてみました。アラスカクルーズでの楽しみ方アラスカの魅力のひとつ、メンデンホール氷河まず、ジュノーへ行ったら絶対に訪れたい場所と言えば、メンデンホール氷河 です。Photo by Kevin Tostadoメンデンホール氷河 (Mendenhall glacier) は、アメリカ・米アラスカ州の [続きを読む]
  • ヨーロッパクルーズへの持ち物 ベスト10
  • カテゴリ: クルーズ / 準備編ヨーロッパクルーズでは、一度の船旅で何ヶ国も周るのが特徴です。 地中海では、イタリア、フランス、スペイン、ギリシャ など バルト海では、スウェーデン、フィンランド、ロシア など または、ノルウェーフィヨルド の様に、一ヶ国を十分満喫するクルーズもあります。ヨーロッパ と言っても、それらの行き先により気候が全く違い、準備する服装は変わってきます。 今回は、そ [続きを読む]
  • 船上で美味しい お寿司 を食べるなら このクルーズ会社 5選
  • カテゴリ: クルーズ / クルーズ選びのヒント朝から、パンケーキやソーセージ、スクランブルエッグなどなど、カロリー満点の朝食。 昼には、ピザやハンバーガーなどのファーストフード。 夜は、レストランで洋食のフルコース。そんなクルーズ中の ハードな食生活 で胃を休ませるのには、日本食が一番。 お米を食べれば、旅の疲れから胃も心もリラックスできるはず。 たまには、味噌汁で ホッ と一息したいです [続きを読む]
  • クルーズ会社別 チップ について
  • カテゴリ: クルーズ / クルーズ選びのヒント今回は、私が気になっていた話題のひとつ、“ クルーズ旅行のチップ ” について調べてみました。クルーズ船内で支払われるチップの 金額 や 支払い方法 は、各船会社によって様々です。クルーズ旅行では、船内での飲食や寄港地観光の費用は、事前に登録された クレジットカード から支払われます。 これらの登録は、乗船のチェックイン時に行われ、船内では [続きを読む]
  • カリブ海クルーズへの持ち物 ベスト10
  • カテゴリ: クルーズ / 準備編カリブ海クルーズへの持ち物は、他の行き先と比べると、比較的簡単に思いつくのでは無いでしょうか? 例えば、水着、半ズボン、Tシャツ、サンダル、ビーチで読む本など。 カリブ海は、世界中から旅行者が集まる 超有名観光地 です。 その為、現地やクルーズ船内で手に入らないものは無いでしょう。 しかし、現地や船内では値段が割高設定ですし、欲しいものを探し回る為の無駄な時 [続きを読む]
  • クルーズを健康的に過ごす為のアドバイス
  • カテゴリ: クルーズ / 旅の過ごし方クルーズ中に太らない為 には、1. 食事の量・質に気をつける 2. アクティブに体を動かすというのが、基本です。※ 更に詳しい内容は、こちらの記事(クルーズ旅行中に太らない方法)をどうぞ今回の記事では、いくつかのクルーズ会社の特徴を基に、クルーズ旅行を健康的に過ごす方法をまとめています。せっかくの休暇だからダイエットの事は忘れて、おもいっきりホリデーを楽しみたい!&nbs [続きを読む]
  • 失敗しない・クルーズ客室の選び方
  • カテゴリ: クルーズ / クルーズ選びのヒントいくら 「クルーズ中、客室では寝るだけだから大丈夫」 と言っても、楽しみにしていた休暇をストレスでイライラ、スタミナを消耗しては勿体無いことです。そんな後悔をしない為にも、客室選びは慎重にしたいもの。この記事では、客室選びの注意点を6つにまとめて説明しています。ぜひ、予約前の参考にしてみてください。今回参考にした、英語の元記事はこちらhttp://www.cruisecritic. [続きを読む]
  • 12のテーマで厳選 初心者にも分かりやすいクルーズ会社ガイド
  • カテゴリ: クルーズ / クルーズ選びのヒント初めてクルーズ旅行をする場合、沢山ある船会社から何処を選ぶか迷ってしまう事が多いと思います。 それは、クルーズの経験者でも同じ事ではないでしょうか?まずは、自分がどんな船旅を送りたいのか、本人や同行者の希望を明確にしてみると選びやすいでしょう。このページでは、お勧めクルーズ会社をテーマ・目的別にまとめています。 初心者は勿論、クルーズ経験者にも分か [続きを読む]
  • お得にクルーズの旅をする 10の方法
  • カテゴリ: クルーズ / クルーズ選びのヒントクルーズのベテランさんも、はじめてさんも、予約方法などに気を付ける事でもう少しクルーズ料金を安くする事ができるかもしれません。ぜひ、次回のクルーズの為にチェックしてみてはいかがでしょうか?英語の元記事はこちらhttp://www.cruisecritic.com/articles.cfm?ID=20281. 旅行の予定日を変更可能か検討してみるいつでも好きな時に長期休暇がとれる場合は、クルーズ料金が安い時 [続きを読む]
  • クルーズ予約の前に知っておくべき事・その2
  • カテゴリ: クルーズ / クルーズ選びのヒント前回に引き続き、“The Telegraph” から 「クルーズ船選びのポイント」 を、A から Z までの頭文字で説明した記事を基に日本語にまとめています。本記事では、 N から Z までの後半部分をご紹介していきます。NUMBERS乗客の数乗客が多く、大きな船になればなるほど、船内でのイベントや公共施設などの設備が充実してきます。 しかし、一緒に旅をする人数 [続きを読む]
  • クルーズ予約の前に知っておくべき事・その1
  • カテゴリ: クルーズ / クルーズ選びのヒントクルーズ初心者にとって、クルーズ船選びは難しいもの。 “The Telegraph” に、A から Z までの頭文字を項目にした 「クルーズ船選びのポイント」 が書かれた記事を発見しました。分かりやすく簡潔にまとめられていて今後の参考になったので、記事を基に日本語にまとめてみました。 初心者はもちろん、経験者の方もチェックしてみては如何でしょうか?英語 [続きを読む]
  • 初クルーズへ持って行くべき 10 の物
  • カテゴリ: クルーズ / 準備編クルーズ初心者にとって、クルーズ旅行の荷物選びは悩みの種のひとつ。フォーマルパーティー用のドレス、靴、アクセサリーなど、大体のものは思いつくけれど、クルーズ経験者からのアドバイスがあれば、自分では思いもしなかった情報が得られるかも。世界のクルーズファンが集まる掲示板 “Cruise Critic” に、そんなクルーズ初心者向けの記事があったので日本語にまとめてみました。「ク [続きを読む]
  • クルーズ旅行中に太らない方法
  • カテゴリ: クルーズ / 旅の過ごし方クルーズ中に太ってしまうのは、多くのクルーズ旅行経験者が頭を抱える問題ではないでしょうか? 勿論私もそのうちの一人。朝から晩まで上げ膳据え膳で食事を提供してくれますし、基本の食事代金は全てクルーズ料金に組み込まれています。 船内ではお金の事を気にせず、しかも24時間いつでも好きなものが食べられる。 ついつい食べ過ぎてしまうのは「クルーズのシステムが悪いの [続きを読む]
  • ノルウェークルーズ:総括・まとめ
  • カテゴリ: ノルウェークルーズ・P&O Cruises - BRITANNIABRITANNIA という船は、日本ではあまり馴染みが薄い船かも知れませんが、2015年春に就航したイギリスではとても有名な船です。就航したばかりという事もあり、私達が乗船した時も船内はとても綺麗でした。BRITANNIA を運航しているP&O Cruisesという会社は、未だ日本の有名代理店では取り扱っていない事から、私が乗った行程では日本人らしき乗客は一組も見かけませんでした [続きを読む]
  • ノルウェークルーズ:6日目(スタヴァンゲル・Stavanger)その1
  • カテゴリ: ノルウェークルーズ・P&O Cruises - BRITANNIA今日は、最終停泊地のスタヴァンゲル(Stavanger)です。朝早くに目が覚めたので、客室のバルコニーから日の出を見ることが出来ました。この旅で初めて見た朝日にうっとり。スタヴァンゲルからは、プレーケストーレンという岩山の頂上へ行きたかったのですが、事前に調べたところフェリーやバスを乗り継いだ後に4時間のハイキング、合計で6時間以上掛かるという事なので今回 [続きを読む]