Kayo Ishikawa-Voss さん プロフィール

  •  
Kayo Ishikawa-Vossさん: e-waldorf シュタイナー教育 生の情報と実践のヒント
ハンドル名Kayo Ishikawa-Voss さん
ブログタイトルe-waldorf シュタイナー教育 生の情報と実践のヒント
ブログURLhttp://ameblo.jp/e-waldorf/
サイト紹介文子育て、算数、数学、アート、クラフト、手仕事など、世界から見たシュタイナー教育情報をお届けします。
自由文シュタイナー教育を実践するための教材を制作するe-waldorf 代表石川華代のブログ。シュタイナー教育の生きた情報、シュタイナー教育を実践するため情報、子育てや人智学の話題をお届けします。日米英のシュタイナー教育を渡り歩いてきました。もうすぐドイツへ移住します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 301日(平均6.1回/週) - 参加 2016/07/04 22:33

Kayo Ishikawa-Voss さんのブログ記事

  • 日本人の思考力の弱さ・・・
  • 日本人・・・思考力弱いなあとつくづく思います。 私は数学教師ではありますが、欧米人友達を前にすると、自分の思考力の弱さを見せつけられる気がします。 日本人って、受験勉強も大変だし、中高時代の勉強量はすごいですよ。日本人に比べたら、平均的欧米人なんて、ほとんど勉強してないですから。 だから、日本人は、覚えている知識量はけっこう豊富だと思います。 数学なんかでいうと、いろいろな定 [続きを読む]
  • (ナチュラルな暮らし)湯シャンー髪のお手入れ
  • たまにはライフスタイル的な話題を。 3年前くらいに知って試してみた湯シャン。なんとなく思いついて、また試してみました。 シャンプーを使わずにお湯だけで洗う湯シャン、したことありますか?8年前くらいに、髪の艶がなくなってしまったのをなんとかしたくて、シャンプーを1/4量くらいに減らし、ドライヤーをやめました。 びっくり。これで、ものすごく髪質改善成功。髪につやが戻りました。 シャ [続きを読む]
  • 数学を学ぶ理由〜数学を学んだらどうなる?
  • 数学って、何をもって学んだと言えるのでしょうね?どう思いますか? テストでいい点をとれたらok?いろんな公式を知っていたらok?いろんな定理を理解していたらok? わたしは、多くの生徒にとって、「考える力」をつけることが数学を学ぶ理由だと思っています。 数学は確かにいろいろな分野で利用できる、「隠れたところで大活躍」な学問です。 ただ、一般の人には、「数学を使っている」意識はほとん [続きを読む]
  • ドイツ家庭の常備薬 医薬品認定のハーブティ
  • 薬に頼りがちな日本の人や、ナチュラルな健康管理を気をつけているひと、できるだけケミカルのお薬なしで治療したいひと。 そして一人でも多くのひとが、ナチュラルに、体に無理のないお手当をできたら・・・ そう思っています。 私自身、昔、ケミカルのお薬ですごく苦しんだんですね。 鎮痛剤で、胃腸が痛んでしまって、あまりにもひどかったので、もう二度とケミカルの鎮痛剤は飲めない! [続きを読む]
  • 粘土は図工だけじゃない 陶芸用粘土のススメ
  • 粘土造形をするとき、「陶芸用の粘土」をお勧めしています。 陶芸用の粘土は、自然の粘土から異物を取り除いたもの。大地、そのままの重みと感触。 子どもの頃、学校で用意された「あぶら粘土」が大嫌いでした。 あのベタベタする感触と、におい。 だめ。 あぶら粘土の印象=粘土のイメージ なので、粘土が嫌いになってしまいました。 シュタイナー教育に出会っ [続きを読む]
  • 自信をつける方法〜お子さんの教材えらび
  • 本を選ぶ時、内容が充実しているものをしっかり選びます。 値段に対して、内容がたくさんあって充実している方がお得感ありますし。(笑) 簡単すぎるものは、あんまり学ぶところがない気がするし。 辞書や、調べ物用の資料としてなら、内容が充実しているに越したことはありません。 ただ、教材を選ぶ場合・・・目的は、力をつけることで [続きを読む]
  • (子育て) やる気を育てる〜今日の木工
  • 実はドイツ、まだ春休みです。春休み=イースター休暇。今年はイースターが4月16日で遅かった・・・。 休み中とはいえ、私はフルタイムで仕事をしているので、なかなか家族サービスもできず。 子どもたちは、「ああーーーー、たいくつーーーー」とつぶやく。そして仕事中の私にまとわりつく。 「なんか、やることない?」とは言ってくるものの、提案しても、「やだー」。 素直にそれをする年齢 [続きを読む]
  • シュタイナーのことば (62)
  • 誰かが記憶力衰退に悩んでいるとします。そういうとき、その人が若いときにやったことのある何かを真剣にもう一度やってみるのです。 その人が今47歳だったとしますと、その人が15歳のとき熱心に読んでいた本をもう一度取り上げて、新たに真剣に読み通してみます。そういう場合、皆さんが同じ内容をもう一度魂の前に呼び起こすとき、新しい流れが皆さんに向かってきます。未来から来るアストラルの流れが、皆さんを強く [続きを読む]
  • 毎日5分リズミックエクササイズの効果はすごいんです
  • リズミックエクササイズ第1期。1月末の募集と同時にスタートした人は、今月で3ヶ月完走し、第1期終了します。 毎日5分間のお手玉や、手拍子ムーブメント。指を使った計算をしたり、リズムで数に慣れ親しんできました。 3ヶ月で九九の数列も、体を使って覚えてきました。 たった毎日5分間だけれど、毎日5分続けるって、すごいことです。 みなさん、ちょくちょく、メールで報告してくれ [続きを読む]
  • 長男 祝ティーンエイジャー 
  • 長男。13年前の聖金曜日に、カリフォルニアで生まれました。 予定日より9日も早くこの世界に出てこようとして、でも、出てくるのにすごく苦労した長男。 わたし・・・陣痛で苦しむこと36時間。 ふんばってーおしてー という段階も5時間・・・ しんどかった〜。 心から信頼できる助産婦さんのもとで、自然な自宅出産ができました。 今でも助産婦さんとはいいお友達です。ほんとうに [続きを読む]
  • ZOOM 算数レッスンも新学期スタート
  • 新学期を迎え、桜の開花とともに、あちこちから新入学、進級の、明るい話題が聞こえてきます? ZOOMレッスンも新学期を迎え、継続の生徒さんに加え、新しい生徒さんもきて、わたしも、気持ち新たに ありがたいことに、募集した枠はすべて埋まり、満員御礼で新学期をスタートすることができました。 今日は2レッスンありました。 はじめてのお子さんは、その子の様子を先入観なしで受け止め [続きを読む]
  • シュタイナーのことば (61)
  • 過去の生活の中で得たイメージは内面で独自の生活をいとなんでいますが、そのイメージが新しい刺激をもとめ、そのために激しい欲望を抱くのです。そしてその欲望がみたされないと、その満たされぬ欲望が退屈となって現れるのです。これは私たちが自分自身の内面生活の中でよく学ばなければならない魂の特性です。 人智学・心智学・霊智学ルドルフ・シュタイナー著高橋巌訳 [続きを読む]
  • お金がないという理由で諦めさせたくない
  • 子どもがやりたいということを、お金がないという理由で諦めさせたくない。 そう思います。わたしも、親が節約家で、「お金がないから」「お金がかかるから」と、いつも言っていたので、「やりたい」と口にすることさえしなくなりました。 だから、親として、こどもがやりたいと思ったことは、思う存分やらせてあげたい。 その気持ちは強いです。 でも、その反面、「なんでもかんでも与え [続きを読む]
  • シュタイナーのことば (60)
  • 判断するときには、「どこへ」が問題になり、愛憎の働きでは、「どこから」が問題になるのです。愛と憎はどこから来たのか、つまり何が別の側からこの魂のいとなみの中に働きかけているのかを考えなければなりません。 そうすれば、愛すること、憎むことはすべて、欲求という魂の働きに還元されることがわかります。 シュタイナーは、この章で、欲求から愛憎が生まれ、そこから判断し、イメージを作り出すの [続きを読む]
  • ドイツ〜石川家の味噌作り
  • (なんとなく、味噌作りに「フォス家」というのは違う気がして「石川家」と書きました。笑) 今日は年に一度の季節行事。味噌作り。 とりあえず、大豆コトコト。煮えたら、 「手伝って〜」と集合の号令をかけると、 家のあちこちから男三人衆が集まってきます。 長男は力を入れやすいように踏み台にのってます 大豆を水切りするひと、 大豆を潰すのに使うZYLISS (スイス製のおろし器)に大 [続きを読む]