miyaneko さん プロフィール

  •  
miyanekoさん: お酒なしで生きていこう
ハンドル名miyaneko さん
ブログタイトルお酒なしで生きていこう
ブログURLhttp://miyaneko.jugem.jp/
サイト紹介文夫がアルコール依存症です。 アルコール依存症の家族の立場から、日々思うことをつぶやいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 264日(平均7.0回/週) - 参加 2016/07/04 23:42

miyaneko さんのブログ記事

  • 逃げながら、ごまかしながら
  • 私はどうすればいいのか。どこへどう進んでいけばいいのか。答えがみつからない。あれこれ考えているだけで、とても疲れてしまった。今日は、考えるのはやめにしよう。とりあえず、思考停止。いろんな問題は山積みだけど、とりあえず保留して、問題は先送り。こう... [続きを読む]
  • このままいってみよう
  • 夫がアルコール依存症で、連続飲酒、治療拒否という現実は、かなり重たくて辛い。でも、ここであきらめて、このままリタイアするのもやっぱり辛い。どっちも辛い。さあ、どうするか。ここまできたら、このまま流れにまかせて進んでみよう。どうせどっちに進んでも... [続きを読む]
  • 結婚相手を選ぶ4つのポイント
  • 昼間、洗濯機を回しながら、インターネット無料放送のAbemaTVのニュースチャンネルをつけて、ぼんやり眺めていた。(私が住んでいるレ○パ○スでは、注文すると、テレビをネット回線につなぐためのスティックが送ってもらえて、YoutubeやAbemaTVなど、無料でも、少しだけ観... [続きを読む]
  • 部屋籠り
  • 一日部屋にいて、誰とも合わず、誰とも話さず、何もする気になれず、ただぼんやりとテレビやスマホをながめて過ごしていた。お腹が空いたら、食事をとって。こんな生活、あんまり続けると、精神的によくないな。これで、酒を飲んでしまうと、アルコール依存症へま... [続きを読む]
  • 三連休
  • この三連休は、とりあえず仕事のことは忘れて過ごそうと決めた。連休明け、仕事が忙しくなるのは目に見えているけれど、まずは、考えないことにする。夫のことも家のことも、夫がアルコール依存症の治療に向かう気持ちがない現状では、正直考えたくない。夫が直接私に... [続きを読む]
  • 夫から実家への電話
  • 実家の母から電話。夫が私の実家宛にクルミを送ってくれて、それが今日届いたという。「15日の発送になっているから、(夫からの)昨夜の(実家への)電話は 、荷物が届いたか確認する意味もあったのかもね。」と母は言う。お礼にと電話したら、義父が出たので、クル... [続きを読む]
  • 実家へ
  • 明日、どうしても礼服を着なくてはならないので、ここのところずっと家に戻ろうかと迷っていた。いろいろ考えたけど、どうしても酔った夫と顔を合わせたくないので、実家の母から礼服を借りることにした。仕事帰りに実家に立ち寄った。両親は夕飯を準備して、出迎え... [続きを読む]
  • 思いきりへこむ
  • 先日システムの不具合と戦いながら、悪戦苦闘してようやく完成させた申請書類が本部から戻ってきた。所属長印をもらうために送り出したのだが、電話でも念を入れて確認しながら頼んだにも関わらず、見事に全然違う場所にも印が押されていた。書類締め切り日が迫っている... [続きを読む]
  • 深夜族
  • 早く帰りたいけど、仕事が終わらず、やむなく残業。気がつけば10時過ぎ。しまった、ガソリン入れなきゃならなかったんだ!スマホで24時間営業のガソリンスタンドを検索。私の住む街にも高速のインターの近くに1件だけあった。遠回りして、深夜営業のガソリンスタンド... [続きを読む]
  • 私の中の矛盾
  • アル症夫のことは、考えたくない。でも、考えてしまう。アル症夫のことは、忘れて過ごしたい。でも、思い出してしまう。私から夫には電話しないと決めた。でも、夫から少しは電話がかかって来てもいいのにと思ってしまう。アル症夫が怖いから、会いたくない。で... [続きを読む]
  • がんばろう東北
  • お昼少し前、残業だけでは終わらず、家に持ち帰って、封筒詰めしたイベントの案内状を郵便局に出すため、車で出かける。カーラジオから、NHKの東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」の曲が流れてきた。懐かしいなあ。3・11東日本大震災から、もう6年も経つのか・・・... [続きを読む]
  • 人生を巻き戻せたら
  • 今、私は、昔の自分が想像もしていなかったような生活を送っている。特に結婚してからは、想定外の出来事ばかりの連続で、どんどん悪い方に悪い方に転がって・・・・・気がつけば、自分が考えていたのとは、全く違う人生になってしまっている。もし人生が巻き戻せるな... [続きを読む]
  • 仕事に生きる
  • 夫の飲酒がどんどん酷くなり、アルコール依存症はどんどん悪化。日に日に夫の私に対する悪口雑言が酷くなり、暴言が激しくなり、家の中に私の居場所はなくなった。家にいるのがとても辛かったので、できるだけ職場にわざと遅くまで残って、仕事をするようになった。... [続きを読む]
  • 荷物を取りに行きたいけど
  • 礼服を着なければならないことになった。礼服は家に置いてきたままだ。新たに買うのも大きな出費だし、困ったな。冬から春への季節の変わり目。春物の衣類も必要だ。いつも使っている化粧品も残り少なくなってきた。家に帰れば、すぐにすべて手に入る。新たに買わ... [続きを読む]
  • なごり雪
  • と呼ぶには、ちょっと当てはまらないかなと思うくらいの量の雪が降っている。弥生3月に入り、雪も降らなくなって、ようやく道路や駐車場の雪が消えてきたとホッとしていたのに。またすぐに一面真っ白になって、すっかり逆戻りだ。一旦消えてしまってから、再び大量... [続きを読む]
  • へとへと
  • 仕事が終わらない。土日に仕事しようと思いながら、サボって逃げてしまったので、この始末。おまけに、パソコンの入力システムの不具合で、何度も画面が止まってしまい、エラーを連発。もうさんざんだった。これ以上の残業は、体力も気力も限界。結局、明日に持ち越... [続きを読む]
  • ひな祭り
  • 仕事帰りに、ふと、「今日はひな祭りだな」と思い出し、寿司でも食べたいと思ったけど、深夜のコンビニには置いてなかった。おにぎりと具だくさんのスープを買って帰宅。ひな祭りといえば、子供の頃は、母がいなり寿司やのり巻きを作ってくれて、兄弟3人で食べたっけ... [続きを読む]
  • 連絡ないのは生きてる証拠?
  • 夫とは、しばらくしゃべっていない。私から連絡はしないと決めたし、彼からも何も連絡がないので、仕方ない。なんにも連絡がないということは、夫は、まだ生きていて、特段、変わったことがないということなんだろう。生きているなら、まあいいか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 嘘をつきながら
  • 夜、残業中に、携帯に見たことのない番号からの着信。恐る恐る出てみると、夫の家の町内の婦人会の役員さんから、総会の出欠確認の電話だった。義父には、「もし婦人会からの総会の連絡があったら、私は入院でもしたことにして、欠席と断っておいてください。」とお願... [続きを読む]
  • 理想の離婚
  • 楽しみに観ているドラマ「カルテット」の中で、松たか子さんと宮藤官九郎さん演じる夫婦が久々に再会。笑顔で鍋を囲んだ後、お互いの指輪を外し合い、一緒に区役所に離婚届を提出。そして、最後に握手をして別れた。悲しくも、うらやましいシーン。どうせ離婚になる... [続きを読む]
  • 仕事に追われる日々
  • 年度末まであとわずか。期限つきの仕事が重なっている。おまけに休んでしまった同僚がいて、その分のフォローもしなければならなくなった。やむを得ず残業の日々。毎日帰宅するとぐったり。でも、食べられるし、眠れるから、きっとまだ大丈夫なんだろうな。余計な... [続きを読む]