Befield さん プロフィール

  •  
Befieldさん: 大丈夫!不登校 ブログ〜母の日誌
ハンドル名Befield さん
ブログタイトル大丈夫!不登校 ブログ〜母の日誌
ブログURLhttp://befield.info
サイト紹介文小学校2年〜高校3年まで不登校の息子が大学に通い始めました。母の心を書いたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供323回 / 321日(平均7.0回/週) - 参加 2016/07/05 08:07

Befield さんのブログ記事

  • 不登校=引きこもり=ゲームの図式から考える
  • にほんブログ うちの息子の最近の大学以外の動きはというと・・・カードゲーム、プレステ4、スマホゲーム・・ゲームだらけ(笑)不登校=引きこもり=ゲームとなるのは、我が家だけではないですよね?最近はカードゲームの買戻しにお金を費やす息子です。昔していたゲームをやめたときに、中古ショップで売ったんですけど、また始めちゃってね。「売らなきゃよかった・・・」と買戻しに出歩いていますよ。 私は見ていて怖 [続きを読む]
  • 不登校の子供たちが未来を創る素質があるのかもという予感
  • にほんブログ 昨日は体調不良の息子のため、大学まで車で送迎をしていました。相変わらず甘々な母親です(*´▽`*)私も頭痛は良くなりつつありましたが、まだ頭痛の残骸というか重さが残っていまして、万全とはいかない状態でした。要するに、二人で体調が悪かったということが言いたいんですけどね、ドライブがてら2人で「怠い〜」「疲れた〜」とネガティブトークも交えながら、話をしましたよ。 ところでですが、あな [続きを読む]
  • 不登校がもたらす膨大な時間をどう使う?
  • にほんブログ 昨日は親子でちょっと体調を崩し気味でした。休むほどではありませんが、いろんな疲れが出る頃ですもんね。あなたも気を付けてくださいね^^私も少し頭痛が残っていたので、ゆっくりおとなしく贅沢な時間を過ごしていました。 ということで、今日は時間について。時間の大切さは言うまでもなく、時間がない、時間がないは、日本人の口癖みたいなもの。主人を見ていてもそう。毎日毎日、時間に追われていま [続きを読む]
  • 不登校に効くプラセボ効果があったらいいよね^^
  • にほんブログ 女性の方は頭痛持ちの方が多いかな?先日の母の日に、娘さんからを頭痛薬プレゼントとしてもらったという私の友人がいました(笑)「必需品と言えば必需品だけど・・・」と笑っていましたけどね。まだ小学生の娘さんのちょっとずれた発想が面白かったです^^私も偏頭痛、緊張型頭痛、気圧変化による頭痛ありで、バックにはいつも頭痛薬が入っています。これが一種の安心感みたいなもの。飲めば楽になる、効くこと [続きを読む]
  • 不登校の子供と一人暮らしの老人
  • にほんブログ 息子の大学は福祉系ですので、講義の内容が、孤独死の問題にどう対応していくかとか、今後増えていく独居老人の問題はどうするかとか、そんなのが多いようです。身近な問題として、これは本当にある話です。友達の間でも、親戚が一人で・・という話は実際に聞きますし、主人の親戚でもありました。私の方でも、夫婦で80歳を超えて2人で住んでいる親戚がいるので、今後は本当にリアルな話になってきます。教授 [続きを読む]
  • 不登校でも堂々としていられる環境ってどんなものだろう
  • にほんブログ こうしてブログを書いていたり、いただくメールに返信していたりを続けていると、私自身の考えが深まって、望む世界が広がっていくのを感じることがあります。今日は現段階で私が望んでいる世界というのをザックザックと書いていきましょうかね。・学校に行けなくても、罪悪感や後ろめたさを感じない環境があったら嬉しいし、・学校に行かなくても、子供が学べる環境があったら嬉しいし、・学校に行けなくても、 [続きを読む]
  • 不登校の子供に対する向き合い方〜あなたはどんな自分が好きですか?
  • にほんブログ 今頃ですが、昨日は母の日だったんですね。友人からのLINEで気付きました(笑)我が家は、誕生日のイベントもないくらいに日常を過ごしているので、意識が薄いんですよね。昨日は主人も仕事でしたし、息子も朝から出かけていたので、私は本を買ってカフェで読書していました。私の一番好きな過ごし方ができたので、とても充実した良い日でしたよ。あなたはどんな母の日をお過ごしでしたか? さて、今日の本題 [続きを読む]
  • 不登校の子供の言葉にならない気持ちを通訳するように話せたら
  • にほんブログ 我が家の4月、5月、6月は、主人の仕事が忙しくほとんど出張でいません。一週間に一度の割合で帰宅するのですが、昨日がその帰宅日でした。主人も疲れているだろうに、息子とちゃんと会話している(笑)それだけでも嬉しいのに、夜中に二人で近所のコンビニに買い物まで行っちゃって〜。車の中では、「大学楽しいか?講義楽しいか?」「体調崩して1日休んだけど、行ってるよ^^」「そっか!そっか!」と、ずっ [続きを読む]
  • 中学、高校が不登校だった一つの理由はこれだろうね^^
  • にほんブログ 昨日息子と話していて再確認したことが一つあります。大学は行けるのに、中学、高校は行けない。これを裏付けるようなものですね。それはね、大学の教授も独自にプリントを作成したり、オリジナルな教え方を追求しているということ。つまり、教科書に頼らないと言えばいいかな?息子はこういう教授が好き!教授ともなれば、自分で書いた本があったりが普通にあるけど、たいがいは堅苦しく難しくて読む気にはなれ [続きを読む]
  • 不登校だからこそ、自分を見つめ、お子さんを見つめてみましょ♪
  • にほんブログ 昨日は大学のあと、息子はカウンセリングに行ってきました。特に相談というわけではなくて、借りていた本の返却と主に状況報告ですね。楽しい雑談で終わったようです。昨年の今頃はドクターも仕事とはいえ、息子の対応には頭を悩ましていたんだろうなぁと思えます。厳しい言葉もありましたが、息子が望む方面へ引き上げてくれていることは伝わってきていましたね。 先生には「ホント、受かってよかったよね [続きを読む]
  • 不登校を経て大学生活を送る息子を見て思うこと
  • にほんブログ 息子が大学に入学してからほぼ1ヶ月。新たな環境にも慣れてきて、リズムも整ってきたようです。母親の私が促さずとも勝手に大学に行く息子を見ていると、今までは何だったんだろう?って不思議な感覚になります。サークルにも入ろうか、そろそろボウリングも再開しようか、大学院入試に備えてカテキョーくんと英語の勉強を開始しようかと、最近はまた意欲的。サークルもね、任意で参加するボランティア活動のサ [続きを読む]
  • 不登校の子供の心を知りたい、どうすればいい?
  • にほんブログ 私の中にある幼稚園のときの記憶です。幼稚園に行きたくなくて、泣き喚いたことがありました。その時は父が私を抱きかかえて私を幼稚園に連れていき、嫌がる私を園長先生に預け、逃げるように帰っていきました。 これが当時の幼稚園の先生の指導方法だったんですね。もしかしたら、あなたも似たような経験があったかもしれません。園長先生は怖いイメージしかありませんでしたけど、今思えば、自分の信念を [続きを読む]
  • 自分がリラックスできる過ごし方を自分で知っていますか?
  • にほんブログ GWも終わりましたね。家族で出かけてリフレッシュされた方、家でのんびりされた方、いろいろいらっしゃると思います。休日も、自分の心に素直になっていない動きってあるかもしれないですね。昨日友人と話していて、心がリラックスする過ごし方というのはやはり自分の感じ方であって、いろいろなんだなと思いました。友人は一日のスケジュールがきっちり決まって動くのが好きなタイプで、そのリズムを狂わされる [続きを読む]
  • 不登校をハンデにするのではなく、不登校だからこそ磨きをかけてやる!
  • にほんブログ 昨日も古い友達と会ってきた息子です。女の子と二人きりだったので、周囲からはデートなんだろうなと見られているでしょうね。仲が良いのは良いことだから、私的にはどっちでも嬉しいですよ^^ 彼女ともいろいろ大学のことや今までの受験のことを話してきたようで、その話を聞くと、どの子もみんな成長しているなぁと感じさせられます。そして、高校生活とは完全に違う生活をみんな送っていて、精神的にど [続きを読む]
  • 楽天イーグルスと息子の歴史が重なって見えます
  • にほんブログ 家にこもりっきりのGWです(笑) 滅多にテレビを観ない私ですけど、最近は楽天の試合の放送があるときは観ています。プロ野球の雰囲気も随分と変わりましたよね昔はジャイアンツが人気を独占していて、華があるのはセリーグでした。パリーグは地味で観客も入らなくて・・な時代。テレビ放映もほとんどがジャイアンツ戦で、視聴者の目に触れるのはセリーグだけでしたもんね。ファンがセリーグにつくのはもっと [続きを読む]
  • 不登校ということを活かすひとつの考え方
  • にほんブログ 「最初は行くのが嫌だったけど、行ってみたら結構楽しい」これは、息子が昨日会った高校時代の友達の言葉。すべり止めで受かった大学に抵抗を感じながらも、浪人するよりかは入ってしまった方がよい、そう決断して入学した子の言葉です。 やってみないとわからない・・・先入観や思い込みだけで判断してはいけないということをまた促されたような気がします。入学するか浪人するかは、18歳の子供にとって [続きを読む]
  • 「心」を幸せにするのはやっぱり「心」
  • にほんブログ 今日から5連休という方も多いかな。お子さんもお母さんもお父さんも良い連休になりますように^^! 本日の我が家は、主人は仕事。息子は高校時代の友達と3人で、ステーキを食べに行くんだそう。はーい、行ってらっしゃい!ということで私は一人のGWなので家で過ごします。行くとしてもスタバくらいですね。 実は、先日Amazon注文した本の中にスターバックス成功物語">「スターバックス成功物語」が [続きを読む]
  • 不登校〜学校という【執着】を手放すコツ〜私の方法を書いてみました
  • にほんブログ 「GWには○○が売れる!」こんなタイトルのメルマガが昨日流れて来て、思わず (笑) 答は「本」なんだそう。先日私は、GW中用にといつもより多めに本を注文したばかりで、「あー、そうなんだ。私のしていたことは結構普通すぎたのね」となんとなくガッカリ。昨日は数冊届いたので、カフェを梯子しながら早速2冊読んでしまいました。私の場合、読む本が机に重なっている状態に結構ワクワクするんです [続きを読む]
  • 気持ちはGWだけど・・な方が多いかな?^^
  • にほんブログ 気持ちはGWだけど、今日明日は通常通りという方も多いでしょうね。今朝も普通の日常と変わらないはずなのに、どこかで休日出勤みたいな感覚?息子の風邪もほとんど良くなり、今日は大学に行けると思います。 GWは、ちょっと読書に耽ろうかと、古すぎて本屋では買えなくたったしまった本数冊をAmazonで注文し、kindleでもダウンロードしています。本に入るときは「私、悩んでる?」「何か答えを求めてる?」 [続きを読む]
  • 不登校の子供に勉強をさせるには?
  • にほんブログ 不登校の多くのお母さんが心配になること一つが、勉強の遅れですよね?勉強はできるに越したことはないですね。もし、勉強だけでも追いついていれば安心というのなら、その方向へ持っていくように努力すればいいんじゃないかな、と私は思います。でも、「塾行ったら?」「家庭教師やってみる?」では効果はないですよ。これは丸投げというものです。これね、母親である自分が安心したいという、隠れた欲求がある [続きを読む]
  • 息子、風邪をひく〜入学後初めて休みました
  • にほんブログ 実は・・・主人と息子が風邪っぴき。主人は咳、息子がのどの痛みと鼻水です。私は風邪に対しては割と免疫力があり、滅多に移ることはありませんが気をつけます。そろそろ疲れも溜まり、入学後の緊張も解けてきて身体がホッとする時なのかもしれませんね。GWあたりは要注意とは思っていましたが、これはどなたも同じですよね?お子さんも勿論、お母さんも、疲れがある方はゆったりと過ごし、元気な方は体を酷使し [続きを読む]
  • 今日のメッセージは短く【本を読め!】です^_^
  • にほんブログ 明日からGWで、今日が休み前の最後の日ですね。息子はなんとかここまではついてこれた感じです。基本、インドア派で、毎日毎日大学と自宅の往復のみ。寄り道というのをしません。主人と私の子とは思えないくらいに不思議・・です。「俺、帰宅部で全国大会に出場できるから(笑)」という位に自信があるそうですよ。 昨日は、そんな息子からのお土産がありました。さて、なんでしょう?・・・美味しいものを想 [続きを読む]
  • 頭の中で【ズームイン】【ズームアウト】をしています
  • にほんブログ もうすぐGWですね。大学の方は暦通りみたいで、来週の月、火は講義があるようです。息子は月曜日が一番ハードなので、その月曜日に講義があるというのはこれも息子の引きの強さというものか(笑)疲れている、疲れていると言いつつも、GWの予定はしっかり立てている息子で、「休みないじゃん?」になっていますよ。ほとんどが幼稚園、小学校時代の友達や高校時代の友達と会う約束です。友達それぞれがが新しい環境 [続きを読む]