KA-KU奈良店 さん プロフィール

  •  
KA-KU奈良店さん: 幸せ文具日和
ハンドル名KA-KU奈良店 さん
ブログタイトル幸せ文具日和
ブログURLhttp://kakunara.blog.fc2.com/
サイト紹介文万年筆やボールペンを使って書く事の楽しさを伝えたい、そんな思いで更新しております。KA-KU奈良店。
自由文書くことをコンセプトにした、万年筆とボールペンの専門店が、KA-KU奈良店として、2016年2月17日に誕生しました。文房具好き、ステーショナリー好き、書く事が好きなの皆様はもちろん、今まで万年筆に触れる機会が無かった方々にも、是非ご参加頂きたくはじめました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 351日(平均7.0回/週) - 参加 2016/07/07 19:04

KA-KU奈良店 さんのブログ記事

  • パキラ、緑
  • 昨年8月29日の当ブログで紹介したKA-KU奈良店の「もう一人のスタッフ」愛しの癒しのパキラ。百貨店という乾燥地帯でも力強く育っています。屋内にいても季節が分かるのか、春先からの成長のスピードが寒い季節のそれより早く、たくましい気がするから不思議です。小さな柔らかい葉が大きく濃い緑に変わっていく様は見ていて心が躍るもの。新しい葉を次々と出すパキラを見習い、私も、もっともっと成長しなきゃな、と思う今日この頃 [続きを読む]
  • 6月21日、夏至
  • 本日は二十四節気の一つ、夏至。北半球で昼の最も長く、夜の最も短い日です。そして、ちょうど梅雨の真ん中あたり。奈良では梅雨入りした6月7日以来、ほとんど雨が降っていませんが、ようやく週間天気予報で雨マークを見るようになりました。梅雨は後半、驟雨(しゅうう:にわか雨)や豪雨を伴うことが多くなります。また、すでに熱中症のニュースも耳にします。どうぞ、みなさまご自愛ください。 [続きを読む]
  • 花咲くキャンペーン
  • カランダッシュでは現在、エクリドールコレクションを対象にしたBLOOMING GIFTキャンペーンを実施しています。エクリドールコレクションをお買い上げの方にQRコードの付いたグリーティングカードを一枚プレゼントいたします。カードはROSE(ローズ:Happy Birthday)GERBERA(ガーベラ:Thank you)DAHLIA(ダリア:For your beautiful life)の3種類。贈られた方がQRコードを読み込むと、1本のカランダッシュから花が咲くムービーに花言葉 [続きを読む]
  • ペトロール、続報②
  • 先月発売されたラミー・サファリの限定色ペトロール。ブルー系の色は日本では特に人気のようです。一番人気は万年筆のEF(極細)ですが、実は限定色のボトルインクがこれまでにない売れ行きを見せているとのこと。KA-KU奈良店にはまだ残っています。どこに行っても買えないという方、ご来店お待ちしております。ボトルインク(50ml)1,300+税 [続きを読む]
  • 父の日とノートの日
  • 今日6月18日は父の日。なのに、プレゼントが決まらない……と焦っているみなさん。朗報です。本日はKA-KU奈良店ノートの日。製本代(300+税)が無料のお得な日です。そして、父の日フェアの名入れ無料キャンペーンも最終日。ぜひこの機会をご活用ください。ノートは即日お渡しが可能です。名入れは日数がかかりますので、お父さんには少しだけ待ってもらってくださいね。スタッフ一同、万全の体制でお待ちしています。 [続きを読む]
  • 復刻軸の味わい
  • 復刻軸の魅力は現行品にはないデザインを新品で入手できることに加え、使うことで、オリジナルの発売当時にタイムスリップしたような気分になれることだと、私は思います。ドイツ・ペリカン社の2016年の特別生産品M120グリーンブラックは1955年発売モデルの復刻版。当時のデザインを採用した丸みのある天冠、スーべレーンの緑縞とは一味違うマットなグリーンの軸、ペン先に施された美しい装飾模様もレトロな雰囲気を引き立てていま [続きを読む]
  • 言葉の海
  • 美容院で聞かれて困ること。「流し足りないところはございませんか?」……いや、分からないよ。見えないもん。言われるたびに違和感と、ほんの少しの苛立ちと、いろんな感情がぐーるぐる。結局「大丈夫です」としか言えないのって私だけかと思っていたら、いました。一人。それが歌人の穂村弘さん。日常は言葉にあふれています。そんな言葉たちを独特の視点で捉えた『絶叫委員会』。歌人・ホムラの言葉についてのエッセイです。当 [続きを読む]
  • クリップのあるポケット
  • すっかり定着しつつある「クールビズ」。男性は夏の間、ノーネクタイで仕事をするという方も多いと思います。先日ご来店された男性はクリップがかっこいいボールペンをお探しでした。夏はネクタイをしないからタイピンも使わない。だから、ポケットにかっこいいクリップがあるとアクセントになる、というのがその理由。男性ならではの発想に「なるほど」と深く頷きました。もうすぐ父の日。お父さんの胸ポケットに「イケてるクリッ [続きを読む]
  • 憧れとともに
  • ペリカン・スーべレーンM300緑縞。当店のスタッフKさんが最近手に入れた憧れの万年筆です。書き味を試して次に買うならコレ!と決心してから約半年。お客様がM300を買われるのを目の当たりにし、欲しい気持ちが抑えられなくなりました。M300を選んだのは、自分の手に合う大きさだったから。ペン先は細かい字が書けるよう、EF(極細)をチョイス。Kさんは憧れの万年筆を毎日持ち歩き、使っています。見ているだけでうきうきするし、何 [続きを読む]
  • 食わず嫌いをなくす
  • 万年筆ってどんな時に使うんですか?よくあるお客様からの質問です。年賀状やお礼状だけでなく、日記を書かれる方もいらっしゃいます。とお答えしますが、本音を言えば、「いつでもお好きな時に気軽にどうぞ」。「万年筆って難しそう」その思いがきっと万年筆に対する心の敷居を高くしているのかもしれません。普段、何かを書く時にボールペン、シャープペン、マジックなどをその時々の気分によって選ばれていると思います。そこに [続きを読む]
  • in the night
  • イタリア・アウロラ社の88NEBULOSA(オタントット ネブローザ)は星雲をイメージして作られた限定生産品です。深い紫のマーブル模様で宇宙の神秘的な美しさが表現されています。夜は一日の疲れを取り、また来る明日への活力をたくわえる大切な時間。心を落ち着け、考えを整理する、そんな時の頼れるパートナーです。リザーブタンク付ピストン吸入式万年筆888本限定シリアルナンバー入り18金ペン先(M:中字)100,000+税 [続きを読む]
  • 6月18日を忘れずに②
  • 父の日は来週。贈り物はもう決まりましたか?まだ迷っているという方。万年筆、ボールペンという選択をお忘れではないですか?KA-KU奈良店では現在、父の日フェアとして名入れ無料キャンペーンを実施しています。この機会をぜひご活用ください。6月18日(日)までです。 [続きを読む]
  • 初夏のノート
  • KA-KU奈良店ノートLABOの表紙の中には「和紙 鹿の子」というのがあります。鹿の子(かのこ)は夏の季語で子鹿のこと。鹿に夏毛にある白い斑点模様を鹿の子模様といいこれにちなんで名付けられたものは多くあります。先日初めて“京鹿の子”という花に出会いました。ピンク色のふわっとした花で近づいてみると小さな粒々が集まっていてとてもかれんでした。それがあまりにも私が抱く「和紙 鹿の子」のイメージどおりだったのです。本 [続きを読む]
  • 音に包まれる古都・奈良
  • 明日6月10日(土)から25日(日)の16日間、奈良では「ムジークフェストなら2017」が開催されます。「音楽で、奈良を元気に」を合言葉に2012年にスタートしたこのイベントは今年で6回目。東大寺大仏殿でのオープニングセレモニーを皮切りに、28の社寺や音楽ホール、カフェなど県内各地で様々なコンサートが行われ、奈良は音楽に包まれます。また6月16日(金)からは奈良公園登大路園地で「奈良オクトーバーフェスト2017」も始まります。( [続きを読む]
  • イベント情報、その②
  • 先日お知らせいたしました神戸元町の万年筆調整販売の店「Pen and message.」の店主・吉宗さんによるペン先調整会。7月1日(土)、2日(日)に行います。内容と価格は下記の通りです。①ペン先調整(書きにくい万年筆を書きやすくする)税込3,500②万年筆の字幅変更(太いペン先を細くする)税込8,500なおKA-KU奈良店でご購入された10,000円(税抜)以上の万年筆は①のみ無料です。(1回限り)必ず保証書をお持ちください。愛用の万年筆 [続きを読む]
  • 育てる筆記具
  • ファーバーカステル伯爵コレクションのクラシックコレクションには希少価値の高い木材を使用したボールペンがあります。木軸の良さ、それは天然素材ならではの温もり。なめらかな手触りはふしぎと心を落ち着かせてくれます。木軸を使う喜び、それは使い続けるうちに風合いが変わること。手になじむのはもちろん、軸色の変化も楽しめます。そして、より愛着がわくのです。鉛筆を生み出した世界最古の筆記具メーカーが作る逸品は自分 [続きを読む]
  • アートなノート
  • 6月の攻めノートは美術館や博物館めぐりが好きな方へ向けて作りました。表紙を大胆にくり抜いた窓のあるノートです。お気に入りのポストカードや写真を裏から貼ると、アートなノートの出来上がり。どんなものを貼るかで印象がガラリと変わります。中紙はトモエリバーの方眼。一枚一枚がとてもうすい紙なので、展覧会のチケットを貼り付けてもかさばりにくく、方眼があることでチケットがまっすぐ貼れるという利点も。好きなアート [続きを読む]
  • ルネッサ〜ンス
  • ドイツ・ペリカン社からルネッサンスの絵画をイメージした特別生産品が届きました。「スーべレーン800ルネッサンスブラウン」琥珀を思わせるマーブル模様がキラキラと輝きます。濃淡のあるブラウンとゴールドクリップの組み合わせは上品かつゴージャス。自室でゆっくりと書き物をする、そんなシーンにピッタリです。ピストン吸入式万年筆18金ペン先(F:細字)60,000+税ボールペン35,000+税 [続きを読む]
  • ペトロール、続報
  • 先月発売されたラミー・サファリの2017年限定色「ペトロール」。シックな軸色に黒クリップが大人っぽくて素敵です。万年筆は全ての字幅がまだ揃っています。KA-KU奈良店での一番人気はEF(極細)。お買い上げ特典のカートリッジもとてもいい色です。まだ買われていない方。購入を迷われている方。まずは店頭で実物をご覧になってくださいね。万年筆スチールペン先(EF:極細、F:細字、M:中字)4,000+税*写真には映っていませんがボー [続きを読む]
  • 季節のノートと今月のノートの日
  • 6月のノートは季節感のある2冊ができました。Hさん考案のノートは「水辺の蛍」がテーマ。表紙の模様で蛍の放つ光を、シルバーのリングと青のゴムで清らかな水を表現しました。眠りにつく前のひとときに、自由な発想で使ってください。「梅雨の晴れ間」がテーマのノートはKさんのアイデア。雨上がりの空を表紙で、ゴールドのリングと黄色のゴムで降り注ぐ日の光を表しています。雨の日は外出がおっくうになりがち。次の晴れを待ちな [続きを読む]
  • Blue New Wind
  • 発売から70年経った今もクロスのシンボルとして輝き続けるクラシックセンチュリーに新色が登場しました。さわやかな印象の「ブルーラッカー」。伝統の中に新風を呼ぶ、そんな新色です。クラシックセンチュリーブルーラッカーボールペン7,000+税父の日フェアの名入れ無料キャンペーンまだまだ継続しています。 [続きを読む]
  • 雨待ち水無月
  • 今日から6月。陰暦の6月は「水の月」。田んぼに水を引く月という意味です。格助詞「の」を意味する「無(な)」の字をあて、陰暦の6月と新暦6月のことを「水無月」といいます。周りの自然に目を向けるとアジサイが咲き始め、そろそろ雨の季節です。みなさんのお住いの地域に降る雨が優しい雨でありますように。 [続きを読む]
  • 夏の太陽
  • この地球ではいつもどこかで朝がはじまっているぼくらは朝をリレーするのだ経度から経度へとそうしていわば交替で地球を守る(谷川俊太郎『朝のリレー』より抜粋)朝はポジティブなイメージ。そう感じるのはそこに太陽の存在を想うからかもしれません。そんな太陽をテーマに作られたイタリア・アウロラ社の限定品88 Sole(オタントット ソーレ)。明るいマーブルイエローはこの限定品だけの特別な色。照りつける夏の太陽を連想させま [続きを読む]
  • 装いをかえる
  • 当店スタッフMさんの襟元にはさりげなく、だけどとてもステキなブローチがついています。今はつばめのブローチですがその時季にあったものなどに時折つけかえられていて私はそれをいつも楽しみにしています。季節にあわせて部屋のしつらいをかえるようにささやかでも時節折々を楽しむことは心豊かに過ごせるぜいたくなことですね。売場ディスプレイもMさんは季節や商品にあわせて少しずつ変化させて目を楽しませてくれます。KA-KU [続きを読む]
  • New!センチュリー
  • クロスのセンチュリーⅡはクラシックセンチュリーの伝統的なデザインを受け継ぎながら、中軸のボディにシングルリングを施した人気のシリーズです。そんなセンチュリーⅡに新色が登場しました。白いボディにピンクゴールドのトリミングがエレガントな「パールホワイトラッカー」。どちらかというとかっこいいイメージの強いセンチュリーⅡ。優しい色合いがとても新鮮です。ボールペン13,000+税2017スペシャルフィニッシュ [続きを読む]