tenshoku30 さん プロフィール

  •  
tenshoku30さん: 誰も教えてくれない転職のコツ
ハンドル名tenshoku30 さん
ブログタイトル誰も教えてくれない転職のコツ
ブログURLhttp://tenshoku.pattei.com
サイト紹介文マニュアルには載っていない転職のコツを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 351日(平均1.8回/週) - 参加 2016/07/10 10:20

tenshoku30 さんのブログ記事

  • 30代後半の転職はやはり厳しい!求人の探し方を知らないと採用されない!
  • 30代後半は厳しさがどんどん増す30代後半の転職は厳しくなる。「厳しい」のではない。厳しくなるという表現が正しい。つまり、どんどん厳しくなっていく年齢層なのだ。そんなことは知っているだろう。20代のポテンシャル重視の採用枠はもう期待できない。これは大きい。この点で、30代前半までとは違ってくるわけだ。そこで勝負するなら、もう少し前に動くべきだった。今さら言っても仕方がない。それでは今度は40代になると、一定 [続きを読む]
  • 1年で転職すると、次の仕事は見つからない?採用されない?
  • 転職するとき、一年では職歴とは言えない?転職にはタイミングは大事だ。1年ぐらい働いたから、そろそろ転職のタイミングとは全く言えない。もし、そんな気持ちがあるのであれば、留まるべきだ。今の会社でもう少し働こう。まだ早いからだ。1年で転職するというのはかなり短い。だけど、そういう人はけっこういるものだ。何か事情があったのだから、仕方がないだろう。やめてしまってからではどうしようもない。まだ、やめていな [続きを読む]
  • 転職活動は何社も受けるのが普通?数社で決まったら逆に損だ!
  • 転職活動はどのくらいやるべき?転職活動に慣れている人は少ない。なので、いろいろと難しく感じることが多いのである。何が難しいのか。迷うときがけっこうある。どのくらい応募すべきかというのも1つの迷いではないだろうか。あなたは何社ぐらい応募しただろうか。わずか数社で内定がもらえることもある。逆に何社受けても不採用が続くこともある。転職者もいろいろ、求人もいろいろ。だから、一概には言えないが、どのくらいが [続きを読む]
  • 三年未満で転職は早すぎる?どうして三年も我慢する必要があるのか
  • 三年未満はやっぱり早い?離職率、31.9%2016年、厚生労働省が発表した新卒3年以内の離職率だ。大卒の場合で31%。短大卒、高卒はもっと高くなる。だいぶ定着率が悪い。転職するタイミングが早いということだ。私の中でも、なんとなくではあるが、3年というのがある。3年以内だと転職が難しい。採用されにくいという話は昔からあった気がする。入社したのはいいが、なんか居心地が良くない。そんなときは、何とか3年ぐらいは我 [続きを読む]
  • 中途採用での転職は難しい?簡単だと思えるぐらいならしない方がいい!
  • 中途採用での採用は難しい?中途採用で採用されるのは難しいのだろうか。転職するときの景気にも左右されるだろう。2017年あたりはかなり転職にはいい時期だ。難しいか、簡単かと言えば、簡単。景気の点から言えばだ。しかし、いつの時代も転職には2つあると思う。難しい転職と簡単な転職である。転職市場は平らではない私は転職市場はグラウンドのようなものだと思っている。雨が降った後のグラウンド。そこには水たまりがあちこ [続きを読む]
  • 転職で採用されやすい人は何が違う?応募する求人を選ぶ段階が最も大事!
  • 世の中には2種類の転職者がいる!転職したい人が今の時代はけっこう多い。中途採用は、新卒とは違う。みんなが一斉にスタートするわけでもない。それぞれのタイミングがあって、転職活動をスタートさせている。その中で、採用される人と採用されない人が出て来る。間違えてはいけない。採用までのプロセスは書類の応募から始まる。この時点で、みんな同じではない。すでに、経験やスキルの差があるわけだ。やってきたことが違う、 [続きを読む]
  • 20代の転職が厳しいと感じたら、その転職活動のどこかがおかしい!
  • 20代の転職は厳しい?20代で転職が厳しいと思ったら終わりだ。本当にそうだ。どう考えても、一番簡単なのは20代の転職なのである。学歴がどうとかは新卒採用で終わり。経験がどうというのは、30代からの転職から。特に何も気にすることがないではないか。そうは言っても、当事者となると厳しく感じるものだ。不安もあるだろう。その不安を吹き飛ばすには、転職を決めること。ここでは20代の転職方法を考える。実のところ、微妙では [続きを読む]
  • 20代のはじめての転職におすすめの転職エージェント
  • 20代にとって選ぶべき転職エージェント20代の転職は危険な橋であることも少なくない。若い人をこき使う会社。そう、ブラック企業が待ち受けていることもあるからだ。そこで、20代の転職者には、転職エージェントがおすすめである。転職サイトで探す人も多いだろう。だが、転職サイトというのは、実に企業についての情報が少ない。ハローワークよりは多いが、やっぱり宣伝効果を狙うのである。企業が自分で作る求人票である。さすが [続きを読む]
  • 40代の転職が厳しいという現実をどう乗り越えるべきか
  • 40代での転職は厳しい?ハローワークの人がこう言っていた。30代の前半までなら仕事はたくさんある。30代後半から少なくなる。40代になるともっと厳しい。これ、最近聞いた話。そう言えば。だいぶ昔の話だが、35歳が転職の限界だと言われていた。35歳という年齢だけで、限界を迎える。今となっては違うだろうと思う。だいぶ転職が当たり前になっているのだから。だけど、ハローワークの人は昔と同じことを言った。おそらく、そうい [続きを読む]
  • 転職で「どうしても入りたい会社」がある人はどうやって応募する?
  • 入りたい会社が決まっている場合の転職活動とは何か目的のある転職というのはやっぱりいい。それだけで応援したくなる。なぜなら、そうでない転職が多すぎるからだ。目的を持つべきだ。入りたい会社があるというのも、その1つ。立派な目的だと思う。理由はいろいろあるだろうが、何も考えていない転職より遥かにいい。なので、ここでは、入りたい企業がある人が対象。どうしても入りたい会社への応募を考えてみる。直接、その企業 [続きを読む]
  • 転職活動が楽しいと思える人はだいたい採用される!?
  • 転職は大変ですか?転職をする人の環境は様々だ。中には苦しみを感じている人もいるだろう。なかなか採用されない状況なら、これから先の不安も大きくなっているかもしれない。いつかは決まるのが転職なのだが、やはり悩んでしまう。転職活動は大変なのである。簡単に転職に動いてしまう人がいるが、やっぱり大変なのだ。だが、私は大変な転職活動ほど、価値があると思っている。だから、大変なのはいいことだ。だけども、精神的に [続きを読む]
  • 採用されたい!なら求人の探し方を間違えないことが大事!
  • 転職の求人をどこで探してる?「採用されない」のには理由がある。「採用される」のにも理由がある。2つの理由、その違いは何かということを考えないといけない。不採用を続けていても、ダメだ。何かを変えなければいけないのだ。何を変える?考え方である。考え方を変えないと、選ぶ仕事を変えてしまう。これを「妥協」という。その場合、仕事の質まで変わってくる。質の低い仕事で働く?これはあなただけの問題ではない。あなた [続きを読む]
  • 転職エージェントからのスカウトやオファーは受けるべき?
  • 転職エージェントからのスカウトとは転職サイトを利用したことはあるだろうか。リクナビNEXTとか、エン転職とかだ。これらに転職者が登録するとどうなるか。転職者を集めたデータベースに登録される。そして、企業側からも、転職者の情報が見られる。もちろん匿名で。そして、企業からスカウトが来るわけだ。転職者にお声がかかる。さらに、スカウトは企業からだけではない。転職エージェントからも来る。場合によってはたくさん来 [続きを読む]
  • 転職活動、面接一社目で採用が決まった時はどうする?意外と悩む…
  • 一社目で内定したら、うれしい…?転職は、よくわからないものだ。特に離職中だと、次の仕事がいつ決まるのかといった不安もある。動いてみることで不安は解消するのだが、最初は不安なもの。面接は緊張もするはずだ。これもだんだん慣れていくもの。ところが、だ。中には一発で決まる人がいる。応募1社目でさっそく決まってしまう人。なんとも、幸運というか、うらやましい。こういう人は、私にはあまり関係のない人だ。なぜなら [続きを読む]
  • 転職で企業から評価されるために必要なこと!自分を商品と認識するといい
  • あなたは転職市場で評価されているか採用されるためにはどうするか。より高い条件で採用されるにはどうするか。転職者の大きな課題である。これをクリアできれば、納得のいく転職が実現するだろう。転職市場という市場がある。その中で転職者は商品である。そして、企業は様々な商品から、最も価値のあるものを採用する。採用されれば転職が決まる。どうすれば、採用されるかは、この仕組みの中に隠されている。転職市場での評価の [続きを読む]
  • 転職で応募した方がいいかどうかの判断は、会社の儲け方が基準になる!
  • 応募する企業をどのように決めるか求人はどんなに不景気のときでも、たくさんあるのだ。とくに今の時代、転職市場は活発である。だから、良い人材が欲しい企業は、常に求人を出していることもあるほどだ。転職者から見ると、そうは見えないかもしれない。必要なときに求人広告を出して、採用が決まったら広告をやめる。これが一般的な求人の出し方のイメージではないだろうか。実はそうではない。それはまさに急募となるような案件 [続きを読む]