ひこうき雲 さん プロフィール

  •  
ひこうき雲さん: ひこうき雲
ハンドル名ひこうき雲 さん
ブログタイトルひこうき雲
ブログURLhttp://mamaremon29.muragon.com/
サイト紹介文2016年3月に大学生の長男を自死で亡くしました。 つらい気持ちを吐き出せたらと思いブログを書き始め
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 308日(平均2.0回/週) - 参加 2016/07/08 08:35

ひこうき雲 さんのブログ記事

  • 春は嫌い
  • 小さい時から、環境の変化が多い春は、希望より不安なイメージが大きくて好きではなかった。 そして、長男が春に逝ってしまってからは、ますます春が嫌いになった。 春は嫌い。 そしてGWも嫌い。 去年、長男が亡くなって日も浅いうちに始まったGW。 長男がいないという現実が受け入れられず、夢か現実か区別がつかないような日常を送っていたため、去年のGW中は自分が何をしていたかよく覚えていない。 ただ、1つだけ [続きを読む]
  • 思わず涙…
  • この話はスピリチュアル的な話になります。 嫌いな方はスルーして下さいm(_ _)m 3月の初旬に、私がよく読んでいるスピリチュアルのブログを書かれている方が鑑定希望の方を数名募集しているのを見つけました。 この方は霊感があり、悩みの相談などの他に、亡くなった方の降霊もできるらしく、時々ブログに降霊の様子も書かれています。 私はこういう霊能者や霊感がある方々を否定する気はまったくありません。 でも、 [続きを読む]
  • 小さいけれど大きな癒し
  • 我が家にはマルチーズ ♂がいます。 自死遺族の方の中にもペットを飼ってる方がいらっしゃいます。 そういう方なら分かると思いますが、この小さな存在に長男が亡くなってから今日までどれだけ癒されたかわかりません。 いつも私に寄り添ってくれてます。 周りの人が私の気持ちなんかそっちのけで、あーだこーだと自論を押し付ける中、この物言わず側に居てくれるだけの存在がどれだけ癒しになったことか…。 小さいのに大き [続きを読む]
  • 慌ただしい入学準備と落ち込み
  • 次男に合格の通知がきてからまだ3日。 この3日の間に慌ただしく入学金と授業料を振り込み、送られてきた書類に目を通す。 すると、もう4月3日から大学が始まるとのこと。 ほとんど合格は諦めていたので何も準備していない状態。 入学式用のスーツや通学のための鞄、服なども少し揃えないと‥?? あと、住民票とか卒業証明書とか必要な書類も急いで揃えなきゃいけない。 あれもしなきゃ、これもしなきゃと一人で焦る私に [続きを読む]
  • 次男と過ごした心地良い時間
  • 次男の受験‥全滅‥‥?? と思ったら、某大学の2期の試験で補欠に引っかかりました。 ただ、この補欠の合格発表が補欠ですと通知が来てから約1ヶ月後の昨日。 1ヶ月間、合否がわからない状態でソワソワしながら発表を待ちました。 そして、発表‥ なんと、合格しました!! 補欠で合格なんて次男らしいオチですが、まあ合格は合格です。 1周忌前後の悲しい気分を次男が少しだけ動かしてくれました。 この1ヶ月、合格 [続きを読む]
  • 一周忌に寄せて
  • あれからまだ一年‥‥もう一年‥‥ 早かったのか短かったのか‥‥ わかりません‥‥ 〜 一周忌に寄せて〜 暖かき 光射し込む 春の日に 独り静かに 君は逝きけり 泣きながら 君を想い 眠る夜 夢の中で 君を探す 思うままに書いてみました。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 昨夜、長男の夢を見ました。 ものすごくリアルな夢でした。 実家の母から 「うちに [続きを読む]
  • そばにいるよね?
  • つい1週間ほど前に、アマゾンで気になる本をみつけました。 奥野 修司 著 「魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く─」 最近、本を買っても置く場所や、いらなくなった時の処分に困るので、極力図書館で借りるか、Kindleでダウンロードして読むようにしてます。 この書籍、本は既に発売してるんですが、Kindle版の発売は3月10日で、Kindleだとまだ無料お試し版しか読むことができま [続きを読む]
  • 長男の夢
  • 次男の大学受験ですが… 受かったのは滑り止めの大学で、第一志望校、第二志望校とも撃沈。 夫も私も、滑り止めでもいいじゃないと勧めたのですが、本人は浪人してチャレンジし直したいと言い出し、来年再受験になりそうな気配です?? 1周忌が近くなり落ち込みつつある今、次男が合格して悲しいムードを多少和らげてくれるのではと期待してましたがダメでした〜 でも、この1年次男が頑張ってきたのは知ってますし、次男には [続きを読む]
  • 湯島天神
  • 日曜日に次男の合格祈願のために湯島天神にお参りに行ってきました。 受験シーズン真っ只中の日曜日ということで、参拝のための大勢の人で賑わっていました。 まだ僅かですが梅も咲いていました。 境内の牛の像を撮影して後で見てみたら光の加減でこんな神々しい牛が写っていました? これで次男の合格間違い無し!!! ……だったらいいのですが、 ……現実は甘くないですね〜 でも、頑張れ、次男! [続きを読む]
  • 月命日
  • 長男の月命日の日。 お墓参りに行くと お正月にお参りした時の花が枯れかかり 花びらが周りに散らばっていた。 お墓を掃除して 枯れた花と散らかった花びらを片付け 新しい花とお線香を飾った。 「◯◯、お墓を綺麗にしたよ。 スッキリしたでしょ」 そう語り掛けた時… お寺の塀の上にある電線の上に鳥が一羽いるのが目に入った。 スズメではなく鳩でもカラスでもない 少し大き目の鳥。 その鳥がこちらをジッと見てい [続きを読む]
  • 長男がいなくなってから朝起きることが もの凄く辛くなった。 また1日が始まる… 更に冬になり寒くなると益々辛さが増した。 このままずっと眠り続けられたら 幸せなのかもしれない。 長男もそう思ったのだろうか。 そんな考えがどんどん浮かび始め止まらなくなる。 そんな辛い朝… 「ピピピ…ピッ、ピッ…」 雀だろうか。 窓枠の手すりに止まり可愛らしい声で鳴いている。 可愛い鳴き声にフッと気持ちが少し和む。 [続きを読む]
  • 悲しみの中の小さな幸せ
  • 去年の暮れ、次男が塾が休みだった夜のこと。 次男が「夕飯にすき焼きが食べたい」 と言い出した。 いつもなら夕飯は何でもいいと言う次男が食べたいならと、私はスーパーへ買い物に出かけた。 私がいつも買い物に行くのは近所の小さなスーパー。 質より量の我が家では、すき焼きをする時はいつもそこの安い牛肉を多めに買う。 ところが、時季は年末。 いつもなら置いてあるはずの安い牛肉が、年末年始用のきらびやかなパッ [続きを読む]
  • カロリーメイトのCM
  • 頑張ってきた受験生の息子に母親が 「頑張れとは言わない。頑張ってたことは知っているから」 と心の中で語りかけるカロリーメイトのCM。 このCMを見ると次男と重なり、見る度に涙ぐんでしまう。 この1年、兄の自殺というショックの中で必死に踏ん張り頑張って来た次男。 貴方という存在にどれだけ助けられたかわかりません。 貴方が頑張って来たことはわかってるよ。 結果がどうであれ、お母さんは貴方をずっとずっと [続きを読む]
  • スケジュール帳
  • 去年の今頃、 まだ長男が生きていた時 新しくスケジュール帳を買い 意気揚々と今年の夢や抱負を書き込んだ。 次男の受験もあるし 経済的にもいっぱいいっぱいなので 贅沢な事はできない。 それでも、 近くの寺社を巡って御朱印を集めようとか 新しい趣味を一つ持とうとか 友達と1泊旅行できたらいいなとか 色々と夢見ていた。 でも、長男が亡くなると共に全部消えてしまった。 3月以降のスケジュール帳には 長男の [続きを読む]
  • 一昨日、夫が長男の夢を見たと言いながら起きてきた。 そして、昨日、私が長男の夢を見た。 成仏していれば夢には出てこないと言われている。 だったら、長男はちゃんと成仏できてないのかなと心配になる。 でも、ある方のブログに、お正月には亡くなった人が帰ってくるという話が紹介されていた。 今年に入ってから、私は2回長男の夢を見た。 もしかしたら、帰って来て側に居るよと教えたかったのかな。 夢じゃなくて姿が [続きを読む]
  • 塞がらない穴
  • 長男が亡くなってから心に開いてしまった穴。 大きく深くぽっかり開いた穴。 亡くなってから9ヶ月、この穴を塞ごうと必死に生きてきたような気がします。 でも無理でした。 穴は深く大きく何度も飲み込まれそうになりました。 いつか塞がる時が来るのだろうか。 そう思った時に偶然見つけて読んだのが 風見しんごさんの「さくらのとんねる」でした。 風見しんごさんの10歳の娘 えみるちゃんが交通事故で亡くなったのは [続きを読む]
  • 転がり落ちそう…
  • 長男が亡くなって、しばらく現実なのか夢なのか分からないようなどん底状態にいた。 もう先に進みたくなかった。 でも、次男に引っ張られて立ち上がった。 そして、次男の頑張りを見て自分を奮い立たせてきた。 頑張れ、次男。 頑張れ、自分。 それだけ言い聞かせて、必死に走り続けてきた気がする。 でも、何だろう… 年始に入って息切れし始めた… 何だろう、体にも気持ちにも力が入らない。 また立ち上がれるのだろう [続きを読む]
  • 辛い年始
  • 大晦日には毎年、家族揃って横浜の中華街へ行くのが恒例だった。 中華街で目指すのは決まって食べ放題のお店。 長男も次男もとにかくよく食べた。 そして、 「美味しかったね。また来年、来ようね」 必ず帰る時にそう言っていた。 また来年。 家族揃ってまた来年。 それが当たり前だった。 でも、去年はそう言ったら 「俺は無理だ。受験目前だから」と次男が言った。 それに対して私が 「いいじゃない。大晦日ぐらい」 [続きを読む]
  • ごめんなさい、愚痴です…
  • 子どもを亡くしたら正気なんて保っていられない。 多少、精神的に普通じゃなくなったって それが普通でしょ? なのに、周りはどうして普通じゃないことを 許してくれないのかな? なんでいつも常識的でシャンとしてなくちゃ 許してくれないのかな? おかしいよ、そんな世の中。 [続きを読む]
  • 年末年始は虚しい
  • 「皆さん、今年はどんな年でしたか?どうぞ良いお年をお迎え下さいね」 そんな言葉がテレビから度々聞こえてくるこの時季。 そんな言葉にいちいちイラッとしてしまう。 そして、年末年始、街が賑わえば賑わうほど虚しくなる。 なんでみんな浮かれてるの? 何が嬉しいの? といちいちケチをつけたくなる。 年末年始なんて我が家には関係ない。 年が明けたら、「明けましておめでとうございます」なんて言葉にも「何がめでた [続きを読む]
  • 長男からのクリスマスプレゼント
  • 長男を亡くした今年は次男が受験生ということもあり、年末年始を楽しむ気はまったくなかった。 でも、昨日夫と車で買い物に出掛けた時にケーキぐらい買おうかとなり、途中にあったケーキ店に入ったら、クリスマスケーキが半額になっていたので、それを購入。 家に帰り、一切れを長男に供え、残りを3人で食べた。 「メリークリスマス、〇〇」 そしたら、昨夜久しぶりに長男が夢に出てきた。 次男が「スマホを新しくしたんだ」 [続きを読む]
  • 本が好きで漫画やら文庫本やらを購入しては よく読んでいた長男。 長男が亡くなった後、部屋の整理をしたら 本が次から次へと出るわ出るわでダンボール7箱。 次男が読みたいと言った本を少しだけ残し 後はすべてブックオフさんに引き取ってもらいました。 そして、年末。 納戸の整理をしていたら、昨日のGショックに続いてまたまた本が出てきた〜 更に4箱、明日、ブックオフさんに引き取ってもらう予定です。 まだ探せ [続きを読む]
  • 長男の腕時計
  • 長男に高校入学のお祝いにとプレゼントしたGショックの時計。 長男は、学校に行く時にいつも腕に付けていた。 高校卒業後しばらくして、次男が修学旅行で時計を使いたいから貸してと長男に頼んだら、無くしたらしいとの返事。 多分家の中にあると思うんだけどと言われ、私も一緒に探したが結局見つからないままだった。 そして… 今年の年末は楽しむ気分にもなれないし、特にすることもないしと思い、掃除でもすれば少しは気 [続きを読む]
  • 生きてもいいし、死んでもいい
  • この世の中、病気や事故など 自分の意思に反して亡くなる方が大勢います。 そういう人に対してすごく失礼だと思いますが、 私は自分の命に関しては生きていても死ぬことになっても、もうどちらでもいいです。 生きてく世界には次男がいますし、死後の世界には長男がいます。 だからどちらでもいいです。 まあ、欲を言えば下の子が独立するまでは生きていたいという思いはあります。 でもそれ以降なら、もう命に未練はありま [続きを読む]
  • 生きていくには膨大なエネルギーが必要
  • 長男を亡くした日、私の時が一度止まった。 夢や希望、幸福感が私の中から一切消えてしまった。 夢も希望も見えない未来に進みたくない。 だったら止まればいい。 そう思い、いったん時を止めた。 そして止めた時の中で、 何故長男が死ななくちゃならなかったのか? 自分の何がいけなかっのか? 救うことはできなかったのか? 疑問と後悔が止むことなく、グルグルグルグル回り続けた。 周りの人は進む時の中で、未来を見 [続きを読む]