fumi8823 さん プロフィール

  •  
fumi8823さん: ポランの広場 〜福祉情報工学と市民活動〜
ハンドル名fumi8823 さん
ブログタイトルポランの広場 〜福祉情報工学と市民活動〜
ブログURLhttp://www.poran.net/
サイト紹介文重度障害者のコミュニケーション支援技術の紹介。ワンスイッチ・視線入力や筋電入力を中に扱っています。
自由文島根大学総合理工学研究科 助教 伊藤史人(ふみひと)の個人サイトです。主に重度の障害者に関連した福祉・情報および工学系の情報を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供268回 / 261日(平均7.2回/週) - 参加 2016/07/08 13:00

fumi8823 さんのブログ記事

  • 九州へ、年度末のあいさつ回り
  • 本日午後から九州に発ちます。年度末の残務やら事務処理やらがちょっと残っているのですが,行ってまいります。主な用事は「九州e-AT研究会」ですが,私のしごとはほとんどありません。同行する出雲国大学医学部のPTさんの勉強になればいいかなと考えています。26日から27日にかけては,ALSおよびSMA1型の患者さんが住むお宅を訪問する予定です。肥前の中野玄三さんはもう3回目になりますね。視線入力でバリバリと学習に活用して [続きを読む]
  • 人生はパラレルワールド
  • 東日本大震災から6年。毎年三陸方面には行きます。今年は妻やムスメらと一緒に行き,人生をより立体的に感じることができました。もしかしたら,今頃私は独身道まっしぐらだったのかもしれません。そして,この子らはいなかったのです。まさにパラレルワールド。「君の名は。」のできごとはリアルワールドでも起きていたのかもしれません。当時,付き合いは長かったものの,入籍したばかりの妻が勤務していた普代村は普代小学校。 [続きを読む]
  • ミサヲさん進級決定せり。
  • 板倉ミサヲさん,高校2年生に進級できました!ただ,英語は再テストなどあって苦労したそうな。これまでミサヲさんとは全国に行ってきましたが,海外はまだ。英語を使ってレストランで注文して,お店で買い物して,現地の人と交流して。。。私も英語を勉強しないと。5年以内には実現したいなあ。5年後にはムスメらも戦力になるかな。いや,ムリだなあ。今は春休みということで,施設内のミサヲさんコーナーは寂しい感じに。来月 [続きを読む]
  • トラブルが金を生む世界 ≒ 娑婆
  • 今週は月曜日から出雲国でスタートを切ることでき,おかげさまで事務作業をバンバンこなしております。自分の研究であれば,比較的自由な裁量でできますが,ことに勝木洋臣さんの司法試験受験プロジェクトはそうはいきません。1科目で2,000文字以上の文章を入力する必要のある論述試験。ワンスイッチでそれを入力するのは,並大抵の労力ではありません。初日には2科目,短答試験を含めて4日間の試験。長丁場というもきつい。そ [続きを読む]
  • 出雲国大学でも標的型攻撃メールの訓練かな
  • このメールをみて,リンクを する人はどれくらいいるのでしょうか。まさにさっき送られてきたメール。ずばり,標的型攻撃メールの訓練メールですね。どうやら,富士通のセキュリティ訓練サービス。レポートが楽しみです。というのは,過去に標的型攻撃メールの訓練について,泥臭い論文を書いたことがあるのです。標的型攻撃メールの予防対策(伊藤ら,2012)フィッシング攻撃に対する組織的対策と効果の考察(伊藤ら, [続きを読む]
  • 日本デジタルゲーム学会に初参加
  • 3月11-12日は,味噌カツ県の星城大学なるところで行われる,日本デジタルゲーム学会の研究会に参加してきます。初参加の研究会なので完全アウェー。去年(2016年)の12月に行われたゲームジャムイベントでこれの存在を知りました。気合を入れて,まったく違う開発モノ2件の発表。視線入力操作における段階的訓練のゲーミファイスマートフォンを活用したバリアフリーマップアプリ活性化のためのゲーミファイこの研究会は口頭発表に [続きを読む]
  • 世界初の挑戦へ一歩前進!!
  • 本日,勝木洋臣さんによる世界初の「ワンスイッチによる司法試験受験」へ大きな一歩となりした。北京から戻った足で勝木洋臣さんのもとへ直行。大事な試用があるからです。今回の挑戦では,ユニコーン社によるmiyasuku EyeConSWの特別仕様版が大きな役割を果たします。まだ試作ではありますが,洋臣さんは想像以上にしっかり使ってくれました。ワンスイッチで司法試験の問題文を閲覧操作し,さらには読み上げ。いい感じです。詳し [続きを読む]
  • 「行けた!」を記録するアプリWheeLog
  • 現在開発中のバリアフリーマップアプリ「WheeLog」。まだ公開版はありませんが,Android版とiOS版を用意しています。今回のサンディエゴ行きでも,すべてではありませんがCSUNの会場とホテルとの行き来を記録しました。本来は車いすユーザーなどが使うものですが,動作試験も兼ねているので徒歩での記録です。あたり前なのですが,線が引かれているところは通れたところです。もし,これが車いすユーザーの引いた線だったら,これ [続きを読む]
  • [モニター版]バイブマンの動作確認方法
  • バイブマンを動作させるには,Arduinoのドライバが必要です。以下に,インストール方法をお知らせします。Arduino ドライバのインストール手順Arduino Software をダウンロードするhttps://www.arduino.cc/en/Main/Software上記の「Windows Installer」を 次に「JUST DOWNLOAD」を Arduino Software インストールする1でダウンロードしたファイルを実行上記写真の下段を参考パソコンを再起動するバイブマンを接続す [続きを読む]
  • (1日目)CSUN2017紀行
  • ロサンゼルスで2泊した後,アムトラックのサーフライナー線でサンディエゴ入り。始発駅のユニオン駅では,乗り方が分からずにいる人もチラホラおり,私に質問してくる人も。とりあえず,「YES!」。だって,ホームに案内もないし,こんなに長い列車なのに乗り口はひとつ。これはどこの国の人だって不安になりますよね。時刻表では2時間51分の所要時間ですが,余裕の+40分。この大らかさがいいですね。到着駅はサンタフェ駅(聞 [続きを読む]
  • LAのカイ君、薩摩のひなさんとご対面
  • ロサンゼルス2日目の朝,地元のお宅訪問。現地で旅行会社をやっているお宅で,けっして山の中ではないのに野生のクジャクが!後ほど報告します。午後はEyeMoTユーザーのカイくん(12歳)のところへ。なんでも,EyeMoTの使用で視線入力の効果を学校に示すことができたため,自治体の制度のもとで視線入力のセラピーを受けられるようになりました。さらには,高額なトビーコミュニケーターも買ってもらえることに!カイくんは呼吸器 [続きを読む]
  • 東シナ海上空で6回目の「君の名は。」
  • 中国国際航空(China Air)での成田発北京経由のロサンゼルス行き。アシスティブテクノロジーに関する国際会議CSUN2017(サンディエゴ)への参加と重度障害児家族等とのミニセミナー&施設訪問(ロサンゼルス)が目的です。さて,この移動で一番参ったのは北京空港での乗り継ぎにおけるセキュリティチェック。中国は何か後ろめたいことがあるのでしょうか,執拗に持ち物チェックやら身体チェック。本当に何かしようとする人は,わ [続きを読む]
  • (おあずけ)LOVEじゃなくてFOVE
  • 3日ほど前,LOVE いや FOVE が届きました。日本人女性の社長が作った視線入力のできるVR装置です。目の動きを認識できるVRHMD「FOVE」(FOVE 0)とは (moguraVR)視線追跡型VRHMDの「FOVE 0」発送開始 (moguraVR)FOVEがついに視線追跡VRヘッドセット「FOVE 0」の出荷を開始 (TechCrunch)没入型VRは視線入力にはとても向いています。接触型になるので,位置ずれがありませんし,外乱光もありません。FOVE がやらなくても他 [続きを読む]
  • バイブマン[モニター版]量産完了!
  • ようやく終わりました。。。バイブマンのモニター利用申し込みが思ったよりも多く,追加の製作に追われていました。ほとんど研究室にいられない状況が続いており,今週末からはリアル出国するので今日しか時間がありません。気合で作りました!振動まくらを改造できた方には2月26日までには発送いたします。なお,発送はレターパックを予定しています。あ,モニター利用ですのできちんとフィードバックをお願いします。使わない方 [続きを読む]
  • 薩摩の姉さん(全国難病センター研究会 in ッ)
  • 泣く子も黙る薩摩の里中姉さん。日本ALS協会鹿児島県支部理事&ピアノの先生。この日,miyasuku EyeCon の体験が至上命題とのことで,まだ閑散とした機器展示室に突如来襲。室内に緊張が走りました。EyeConは無事サクサクと使えていたよう。ユニコーン中島社長とのファーストコンタクトになりました。お二人とも実に元気ですね。Face i を体験しつつも腑に落ちていなさそうな姉さん(上写真・上段左)1日目終了後,懇親会では期待 [続きを読む]
  • 行くぞ!オランダ大使館!
  • 第1回シリアス&アプライドゲームサミットThe 1st Serious and Applied Game Summitこれまたアツいイベントです!お世話になっている日本大学の古市教授や東京工科大学の岸本教授が立ち上げた「第1回シリアス &アプライドゲームサミット」。おもしろいことに,オランダ大使館で開催されるようです。ところで,去年の12月,このイベントに先立ってゲームジャム大会が行われました。第5回シリアスゲームジャム (外部サイト)ゲ [続きを読む]
  • 2017年上半期のテーマ「成功体験」の検証
  • これは,週末の全国難病センター研究会の資料。本番では1分しか使われないようですので,もったいないからブログでも使用。さて,去年の下半期から視線入力やスイッチ入力の「成功体験」に取り組んできました。その効果は経験的には確かめられてきたので,今年の上半期はそれをきちんとまとめたいと思います。立場上,大学の研究としても取り組んでいるので,ソフトの公開や口頭発表だけではなく論文にしないといけません。共著者 [続きを読む]
  • バイブマスターとコラボ出展「全国難病センター研究会 in ツ」
  • 2017年2月18-19日は,ツで全国難病センター研究会が行われます。私は,出展と口頭発表を行う予定です。19日は次の用事のため途中で抜ける必要があることから,出雲国大学医学部リハ部の作業療法士さんにヘルプに入ってもらうことにしました。それが決定してから数日後に,なんと九州男児のバイブマスターF氏も駆けつけていただけることに!バイブマスターFといえば,誰よりもバイブを使いまくっているという支援学校教諭。これは当 [続きを読む]
  • 私はシゴトができません。
  • 私はシゴトができません。特に事務的な書類作業は致命的なほどです。そもそも,早めにきちんと取り組めばいいのでしょうが,それができないというのは一種の障害でしょう。そう,大人の発達障害!まだ多くの方にはカミングアウトしていない事件事故を考えれば,間違いなくそうです。でも,言い分もあります。せっかく大学の事務システムがIT化されているのに,なんでシステム登録後に紙に印刷して押印が必要なのか?ファイルサーバ [続きを読む]
  • 江戸からのおっさん達と出雲国巡り
  • 2017年2月11-12日,都立神経病院の本間OTとニューロスカイ社の政吉さんが,出雲国のALS患者さんを訪問しました。私は地元ガイド&運転手。今回のつなぎ役になった地元のST(言語聴覚士)さんは,以前にICT救助隊のコミュニケーション支援講座 in 大阪 に参加。講座で無償提供された necomimi を,コミュニケーションが取りづらくなったALS患者さんに使ったところ反応があり,それをきっかけに患者さんを取り巻く人間関係に変化があ [続きを読む]
  • 日本初のワンスイッチによる司法試験受験に向けて
  • 最難関の国家試験である司法試験に,最重度の身体障害者の勝木洋臣さんが受験をするプロジェクト。ひとつまたコマを進めました。本日,プロジェクト側から出せる支援情報はすべて出し,ボールは再び法務省側に。試験というのは客観性が極めて重要。他人を介さずに試験ができないといけません。スイッチひとつの入力でそれを実現するための受験支援システムを構築中です。司法試験は4日間に渡る厳しい試験です。訓練をしてきた健常 [続きを読む]