fumi8823 さん プロフィール

  •  
fumi8823さん: ポランの広場 〜福祉情報工学と市民活動〜
ハンドル名fumi8823 さん
ブログタイトルポランの広場 〜福祉情報工学と市民活動〜
ブログURLhttp://www.poran.net/
サイト紹介文重度障害者のコミュニケーション支援技術の紹介。ワンスイッチ・視線入力や筋電入力を中に扱っています。
自由文島根大学総合理工学研究科 助教 伊藤史人(ふみひと)の個人サイトです。主に重度の障害者に関連した福祉・情報および工学系の情報を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 229日(平均7.7回/週) - 参加 2016/07/08 13:00

fumi8823 さんのブログ記事

  • 薩摩の姉さん(全国難病センター研究会 in ッ)
  • 泣く子も黙る薩摩の里中姉さん。日本ALS協会鹿児島県支部理事&ピアノの先生。この日,miyasuku EyeCon の体験が至上命題とのことで,まだ閑散とした機器展示室に突如来襲。室内に緊張が走りました。EyeConは無事サクサクと使えていたよう。ユニコーン中島社長とのファーストコンタクトになりました。お二人とも実に元気ですね。Face i を体験しつつも腑に落ちていなさそうな姉さん(上写真・上段左)1日目終了後,懇親会では期待 [続きを読む]
  • 行くぞ!オランダ大使館!
  • 第1回シリアス&アプライドゲームサミットThe 1st Serious and Applied Game Summitこれまたアツいイベントです!お世話になっている日本大学の古市教授や東京工科大学の岸本教授が立ち上げた「第1回シリアス &アプライドゲームサミット」。おもしろいことに,オランダ大使館で開催されるようです。ところで,去年の12月,このイベントに先立ってゲームジャム大会が行われました。第5回シリアスゲームジャム (外部サイト)ゲ [続きを読む]
  • 2017年上半期のテーマ「成功体験」の検証
  • これは,週末の全国難病センター研究会の資料。本番では1分しか使われないようですので,もったいないからブログでも使用。さて,去年の下半期から視線入力やスイッチ入力の「成功体験」に取り組んできました。その効果は経験的には確かめられてきたので,今年の上半期はそれをきちんとまとめたいと思います。立場上,大学の研究としても取り組んでいるので,ソフトの公開や口頭発表だけではなく論文にしないといけません。共著者 [続きを読む]
  • バイブマスターとコラボ出展「全国難病センター研究会 in ツ」
  • 2017年2月18-19日は,ツで全国難病センター研究会が行われます。私は,出展と口頭発表を行う予定です。19日は次の用事のため途中で抜ける必要があることから,出雲国大学医学部リハ部の作業療法士さんにヘルプに入ってもらうことにしました。それが決定してから数日後に,なんと九州男児のバイブマスターF氏も駆けつけていただけることに!バイブマスターFといえば,誰よりもバイブを使いまくっているという支援学校教諭。これは当 [続きを読む]
  • 私はシゴトができません。
  • 私はシゴトができません。特に事務的な書類作業は致命的なほどです。そもそも,早めにきちんと取り組めばいいのでしょうが,それができないというのは一種の障害でしょう。そう,大人の発達障害!まだ多くの方にはカミングアウトしていない事件事故を考えれば,間違いなくそうです。でも,言い分もあります。せっかく大学の事務システムがIT化されているのに,なんでシステム登録後に紙に印刷して押印が必要なのか?ファイルサーバ [続きを読む]
  • 江戸からのおっさん達と出雲国巡り
  • 2017年2月11-12日,都立神経病院の本間OTとニューロスカイ社の政吉さんが,出雲国のALS患者さんを訪問しました。私は地元ガイド&運転手。今回のつなぎ役になった地元のST(言語聴覚士)さんは,以前にICT救助隊のコミュニケーション支援講座 in 大阪 に参加。講座で無償提供された necomimi を,コミュニケーションが取りづらくなったALS患者さんに使ったところ反応があり,それをきっかけに患者さんを取り巻く人間関係に変化があ [続きを読む]
  • 日本初のワンスイッチによる司法試験受験に向けて
  • 最難関の国家試験である司法試験に,最重度の身体障害者の勝木洋臣さんが受験をするプロジェクト。ひとつまたコマを進めました。本日,プロジェクト側から出せる支援情報はすべて出し,ボールは再び法務省側に。試験というのは客観性が極めて重要。他人を介さずに試験ができないといけません。スイッチひとつの入力でそれを実現するための受験支援システムを構築中です。司法試験は4日間に渡る厳しい試験です。訓練をしてきた健常 [続きを読む]
  • バイブマンのモニターのみなさまへ
  • バイブマンのモニター利用に応募いただいたみなさまへ。こちらから提供できるのはバイブマン本体のみです。視線ゲームのフィードバックとして振動させるには,市販の振動まくらをワンスイッチ化する必要があります。振動まくらはAmazonで購入可能です。リラックスまくら (Amazon)ブルブルクッション (Amazon)首まくら (Amazon)別途 3.5mmのメスジャックが必要になります。100円ショップのモノラル延長ケーブルを利用して [続きを読む]
  • (1 of 2)奄美紀行2017
  • 2年ぶりの奄美国。バニラ・エアだと江戸⇔奄美国が驚きの2万円以内。もうほとんど琉球に近い奄美国。南国。マングローブ,デイゴやアダンが茂る島だというのにこのお値段。去年末,Netflixで男はつらいよシリーズをBGM的に流していたら,第48作の奄美を舞台にしたリリーとの生活がなんともうらやましく思えました。これは行くしかない!と判断。致命的な予定がない日程を探してバニラ・エアを予約しました。鹿児島の姉さんに相談 [続きを読む]
  • ムスメ零号、受賞!
  • ミサヲさんは言ってみればムスメ零号。71歳での中学校入学にあたっては,いろいろ手を尽くしたのがもはや懐かしい。。。もう5年近く前かあ。。。今は離れ離れになっていますから,1000km彼方からこうして受賞したなんて聞くと,ほんとうにもう嬉しいです。ミサヲさんの人生は,思い切って学生になって,一気に変わってきました。こうして表舞台に立つようになったのはわかりやすい変化です。この数年でびっくりするくらいたくさん [続きを読む]
  • ワンスイッチで司法試験を受験するには?
  • 「勝木洋臣さんの司法試験受験を応援する会」の件で,ここ数日は頭がいたいです。ところで,いわゆる試験というのは,客観性が保たれていることがとても重要です。きちんと自己完結できてこそ意味を持ってくると思うのです。現在の常識に照らせば,他人が介在した試験は評価されにくいでしょう。私個人としては,ズルがなければ他人が入ってもよいと思うのですが,でもきっと多くの人はその結果を認めてはくれません。それを解決す [続きを読む]
  • 去年の今ごろは。
  • 「勝木洋臣さんの司法試験受験を応援する会」では,代表をつとめると同時に支援機器の担当でもあります。去年の今ごろは受験の可能性さえおぼろげだったはずですが,今年は違います。いよいよ司法試験受験が現実になろうとしているのですから。たくさんの支援者が見守っています。コストをかけて力になってくれている会社や個人もあります。今年は孤独じゃありません。まだまだ道半ばですが,着実に進めていきます。洋臣さん,今日 [続きを読む]
  • また松江か!(奄美大島より)
  • 奄美大島の松江におります。武蔵国草加の松江に出雲国の松江,松江に縁があります。2月1日の午後,奄美大島にて日本ALS協会鹿児島県支部の姉さんらと合流。空港から直行でALS患者さんを3名訪問。2月2日,ALS患者さんを1名訪問した後に宇検村で講演。取ってもらった古仁屋のホテルが,なんと山田洋次監督の定宿!とりあえず,寝ます。 [続きを読む]
  • 相部屋の病室でもエロ動画を見放題にする新型EPSON MOVERIO
  • 朝から夜まで霞が関と江戸駅付近で活動。ほんとイチイチ警備員が多いエリアです。朝一の法務省での勝木洋臣さんPJの打ち合わせにはじまり,ブログを見て連絡をくださった半国営放送ハートネットのディレクターさんからの取材(雑談)。その後,美ボスとのバリアフリーマップアプリの打ち合わせと,信州からやってきたエプソン氏2名からのヒアリング(雑談)。最後には19時すぎから,神戸にあるゲーム会社と2時間ほど遠隔ハングア [続きを読む]
  • 「あのボタン」
  • 昨晩,江戸郊外の家に戻ると朝9時すぎからの都心での用事が大変そうなので,仕方なくエライ都心の旅籠に宿泊。なんだか変な名前の旅籠。隣の建物は自民党本部と国会図書館。そんなハイソなエリアにも,「あのボタン」はちゃんとあります。未だ体験したことがありません。さて,これから朝一のカフェで学生タンと提出予定の研究報告書を見直して,今日のお仕事先の国際フォーラムへ!(← 仕事アピール)タレントぞろいの難病コミュ [続きを読む]
  • 僻地盛岡から日本のド中心部へ
  • 冬の朝5時半はまだ真夜中のよう。深い眠りに落ちているムスメ初号(4歳)と弐号(2歳)。顔もきちんと確認できないまま江戸に向かう電車に飛び乗りました。よう,ウ氏お久しぶり。江戸駅の丸の内出口から研究班会議会場へ直行。近くには自民党本部や最高裁判所。こりゃド中心ですわ。朝一からの「進行したALS患者等を含む障害者のコミュニケーション支援機器の開発」研究班の会議が今日の私のお仕事。スイッチの評価ツールなど [続きを読む]
  • 盛岡場所 with ミサヲ&バンダ
  • 岩手県立大学の小川教授主催の特別講義。20年来の友人の板倉ミサヲさんと,盛岡市内に住む呼吸器ユーザーの番田くんを誘って行い,60名の満員で無事終了しました。本講義は「福祉情報論」の授業として行われたもので,一般参加も募っての開催となりました。【2017.1.27】「たったひとつのスイッチが開く世界」講演会開催のお知らせ(岩手県立大学)私はいつもリアル感を重視します。可能な限り当事者にも関わってもらい,現地に行 [続きを読む]
  • ナマハゲ先生のローコスト視線入力装置を使った報告書
  • ナマハゲ国の支援学校教諭による,ローコスト視線入力装置を使った報告書がダウンロード可能になりました。著者の高橋さんはもちろんのこと,研究事業主の団体からも許可がでております。児童が写っている写真に一部加工はしてありますが,それ以外はオリジナルです。支援学校のリアルな雰囲気が出ているので,関係者のみなさまには大変参考になるかと思います。固定具を使えばもっとよい結果が出たはずですが,使っていない点も実 [続きを読む]
  • ナマハゲ国からうれしい便り、視線入力の実践報告書
  • ナマハゲ国立特別支援学校の教諭から,うれしいお便りが届きました。EyeMoT 1.0 を使った実践報告書です。PDF で全文を公開したいところですが,現状では難しいようなので一部引用というかたちで。さまざまなところで使われているとは聞きますが,このようにきちんと形にするのは面倒なもの。きらり特別支援学校の高橋教諭は,こちらで用意した機能をきっちり使って成果を上げてました。近いうちに公開してほしいですね。しかし, [続きを読む]
  • 寅さん死亡の地にて。
  • PDFダウンロード映画「男はつらいよ」は,テレビ版「男はつらいよ」がもとになっているのはあまりにも有名。テレビ版の最終話は,奄美大島で寅さんが立ち小便中にハブに噛まれて死んでしまうというもの。それに怒った視聴者の声に応えてリボーンさせたのが,その後の寅さん映画なのです。奇しくも,映画版の最終回も奄美大島となりました。テレビ版での寅さんとは別の人生となり,ハッピーエンドとなった第48作「男はつらいよ 寅次 [続きを読む]
  • 越後、サイバニックスイッチ初詣
  •  PDFダウンロード越後路の帰路についています。上越新幹線はたぶん10回も乗ったことがないでしょう。とき308号,古いMax車両は懐かしくもあり,新鮮です。江戸都立高校を出て,蝦夷地盛岡の大学に入ったのは1995年。当時は東北新幹線でもMax車両が使われていました。Maxはまだ新しく,1階席から仰ぎ見るのホームのエロさには衝撃を受けました。今回の越後路は,新潟病院の中島副院長が研究代表者をつとめる「サイバニックスイッチ [続きを読む]