ミナト さん プロフィール

  •  
ミナトさん: オタクの僕でも女性にモテた!
ハンドル名ミナト さん
ブログタイトルオタクの僕でも女性にモテた!
ブログURLhttp://otamote40.blog.fc2.com/
サイト紹介文40過ぎてモテるようになったオタクおじさんの恋愛活動記録 恋愛商材レビュー
自由文40過ぎてモテるようになったオタクおじさんの恋愛活動記録 モテたいオタク男性を応援し隊!
それがオタモテ!恋愛商材レビュー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 281日(平均1.1回/週) - 参加 2016/07/10 00:03

ミナト さんのブログ記事

  • アドラー VS カーネギー
  • オーストリアの心理学者アルフレッド・アドラーは言いました。「ほめてはいけない!!」実際にこんな風に言ったかどうかはわかりませんが、上からの立場になるのはよくない…という意味でしょうか?一方でアメリカの作家デール・カーネギーはとにかく「ほめる」ということが大事と説きます。このカーネギーの言葉、誠実な関心や笑顔、聞き手に回る、そしてほめる…「人を動かす」という本は完全に恋愛商材ですね!やっぱり人の話を [続きを読む]
  • とらのあな 結婚相談サーヒ゛ス 「とら婚」 開始!
  • とらのあなが僕らオタク向けに結婚相談サービス「とら婚」">「とら婚 (とらこん) 」を2月25日からスタートさせる。無料の0円プランもあるけど、マイペースプラン 入会:98,000円、月額10,000円、成婚料:100,000円オタク応援プラン 入会:150,000円、月額15,000円、成婚料:200,000円フルサポートプラン 入会:230,000円、月額15,000円、成婚料:200,000円その他、パーティーは、男性:8000円 女性:3000円 となっている。これらの [続きを読む]
  • 伝説の教材 ESCALATION 復活!
  • ■半自動的に女性の恋愛感情が乱れる : ESCALATION■KABUTOが販売を停止していたESCALATION(エスカレーション)が遂に復活しました!!これぞ恋愛テクニック!という教材だと思いますし、ThreeQuestionsなんかと組み合わせて使っても効果的です!!女性と楽しくおしゃべりできるくらいのレベルであればすぐに実践できますし、一度身につけてしまえば一生もののテクニック!!特に、女性と楽しくおしゃべりは出来るけどなかなか恋 [続きを読む]
  • 既成事実が先!
  • 見知らぬ人同士に裸で抱き合ってもらうと一体何が起こるのか?という実験ムービー出合ったばかりの女性と裸になって抱き合うことはできませんが、適当な理由を付けてでも女性にタッチしていくのはとても重要です。エスカレーション(KABUTO)は罰ゲームという理由を作って女性との距離を一気に縮めるテクニックですが「付き合ってない女性としちゃいけない」と思い込んでいる事(ハグやキス)を付き合う前にすることで、逆に親密に [続きを読む]
  • 執着分散理論は正しいのか?
  • 「LOVE理論」(水野愛也)に出てくる理論です。「ぼくは愛を証明しようと思う。」(藤沢数希)やいろんな恋愛商材でもこのマインドについて語られています。一人だけの女性にターゲットを絞ってしまうと、どうしても「嫌われたくない・振られたくない」という意識が生まれてしまうもの。そしてそれが行動や言葉に出てしまい、余計に恋愛が難しくなってしまいます。女性は男性のこういう態度に敏感です。わがままが言えなくなったり [続きを読む]
  • (無題)
  • ■うっかりハメちゃう、性欲トラップ■相沢蓮也氏のうっかりハメちゃう、性欲トラップ〜オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術恋愛商材界隈ではかなり人気のある商品。ロングセラーであり、相沢氏の最高傑作と言ってもいいでしょう。男性と女性とで性欲のスイッチは異なります。男性には、エッチなものを見ると興奮するという機能が本能的に備わっていますが、女性にはそれがありません。男性は目から入る情報で興奮するので、女性 [続きを読む]
  • 技術だけで恋愛をするのか?
  • 女性に優しくするだけではモテなくて、いつもいい人止まりで終わってしまう…。「好きだ」と気持ちを伝えては玉砕する。そんな人が悩みに悩み、幸せを掴みたくて、お金を払って恋愛商材を購入する。商材のテクニックだけで上手くいくこともあるし、上手くいかない場合もあるでしょう。仮にセックスできた時「たいして好きじゃないけど商材のテクニックだけでもいけるものだな!」と自信が付いて、さらにモテるようになることも十分 [続きを読む]
  • モテる三大要素 その3
  • 今日はモテる三大要素の3つめ。水平コミュニケーションについてです。「笑い」と「オーバーリアクション」は、誰でも知っている言葉ですが、「水平コミュニケーション」は出水さんの作った言葉だと思います。簡単に説明すると「立場を同じにする」ということですね。言葉を対等にするとマインドも対等になって、お互いの距離が縮まりやすい性質を利用します。逆にいつまでも敬語のままだと、なかなか距離が縮まりません。言葉もマ [続きを読む]
  • モテる三大要素 その2
  • 今日はモテる三大要素の2つめ。オーバーリアクションについて話します。オーバーリアクションと聞いて思い浮かぶのは、だいたいお笑い芸人さんが驚いた時のリアクションだと思います。それはそれで正しいです。女性の話にビックリしたら「えー!?マジで!?ホントに!?えっ、ちょマジで!?Σ(゚Д゚)」と大袈裟なくらいビックリしてみせる練習をしたほうがいいと出水さんも言っています。出水さんの説明だとだいたいここで終わっ [続きを読む]
  • モテる三大要素 その1
  • 出水聡さん(KABUTO)の商材を購入したことがある人や、メルマガを読んでいる人は知っていると思いますが、出水さんはモテる三大要素をよく口にします。それは、1:笑い2:オーバーリアクション3:水平コミュニケーション の3つです。何故この3つが大切かと言うと、これがきちんと出来るようになると恋愛商材のテクニックの効果が確実にアップするからです。言うなれば基礎テクニックなので、これがきちんと備わっていないと効果 [続きを読む]
  • 恋愛はトライ&エラー!
  • フリーアナウンサーの住吉美紀さんが『踊る!さんま御殿!!』に出演し「恋愛はトライ&エラー!」「相性を確かめるため片っ端から付き合っちゃう」などと話したそうです。女性が言うと結構インパクトありますね。でも一人と付き合うようになると、たいていの人は他の異性との可能性を捨ててしまいます。その人と必ず上手くいくとは限らないのです。たとえば3年間付き合って破局したら、その間に生じた可能性をすべて捨てていると考 [続きを読む]
  • 性欲リミットブレイカー レビュー
  • ■性欲リミットブレイカー 〜女の性欲に火をつけるボディタッチ術〜■「人見知りハメ撮りAV監督HAMARのセクシャル・ヒーリング」を発売したラバーズカレスさんの商品です。セミナー動画4本(5時間)でしっかり解説。実践動画8本(1時間30分)でいろんなパターンを見せてくれています。また実践動画に出演した女性へのインタビュー動画(40分)が付属しています。実践動画では、石井哲平さんがデートでの女性の理性を麻痺させていく [続きを読む]
  • 40代男性 職場の20歳女性に恋
  • 今日はtwitterで話題になっているネタを紹介します。40代既婚男性のR男さんのポジティブな妄想です。20歳の子供がいるということなので、20代のうちに結婚したのでしょう。早いうちに運よく結婚できた人なんだと思います。恋愛的な努力をあまりしていないので「口説く」という思考や技術がありません。理論で行動するよりも感情でいっぱいになってしまっていて「惚れさせる」という考えがない上に、「相手は既に惚れている」と勘違 [続きを読む]
  • 悪魔の手引書
  • 蔡東植さんの悪魔の手引書が12月末で販売終了になるそうです。人の脳の仕組みを利用して潜在意識をコントロールするテクニックとしては、まさに悪魔的!手に入れる最後のチャンス!レビューはまだ書いていませんが、本当にスゴい内容。ただ、正直に言うと恋愛初心者には少し難しいです。恋愛初心者には難しいテクニックが多いですが、入手できる最後のチャンスです!!■悪魔の手引書■ [続きを読む]
  • 女性を口説くのに多くの友達は必要か
  • 後藤孝規さんの「後藤孝規のcharm mind secret」では「友達はたくさんいたほうがいいです。女の子は友達が少ないことを気にします。なので(魅力として)マイナスです。」みたいなことを言っています。一方で、相沢蓮也さんはメルマガ音声で「恋愛するのに友達って必要ですかね?」「僕は仲間はいますけど友達はそんなにいないです。友達が少ないことを気にする女性はあまりいません。」と言っていました。結論から言うと、僕も気 [続きを読む]
  • 褒める技術を身につける
  • 女性と普通に会話を楽しむことは出来るけど、なかなか恋愛に発展しない。いつもいい人止まりで終わってしまう。僕もそこから抜け出すのに苦労しました。モテ会話マスタープログラムでも褒めることの重要性を説いていますし、褒め方の本もいっぱいあります。「日本人は褒めるのがヘタクソ」とよく言われますが、褒めるのが上手になる程にそれを実感します。「褒める」というのは女性だけでなく男性と仲良くなるにも使えますし、一度 [続きを読む]
  • 会話はパターン化するといい。
  • ■人見知りハメ撮りAV監督HAMARのセクシャル・ヒーリング■相沢蓮也さんがメルマガの音声で「モテる人はパターン化していつも同じことをしている」と言っていました。僕自身、女性を食事に誘うのはだいたい同じ方法ですし、食事ではだいたい同じ事を話します。一つ前の記事にも書きましたが、下ネタを始めるときの会話も同じようなパターンです。恋愛商材はいっぱいありますが、僕の場合は「Three Questions プログラム」、「うっ [続きを読む]
  • 言えない空気作ったのは誰よ!
  • 響け!ユーフォニアム 2期 第8話 「かぜひきラプソディー」の久美子の姉と父が揉めたシーンです。父:「そこまで思っていたなら、大学入る前に言うべきだったんじゃないか!?」姉:「言えない空気作ったのは誰よ!!」これは僕自身も経験したことがあるのですが、言っちゃいけないやつですね…(´;ω;`)相手が自分に話してくれなかったことを、相手のせいにしています。「言わないお前が悪い!」と。男性は、好きになった女性に [続きを読む]
  • マインドか、テクニックか。
  • 恋愛商材は、主に相手を惚れさせたり性的に興奮させたりするためのテクニックなのですが、やはりマインドセットは必要です。特に誠実系の男性は「この女性を口説きたい!付き合いたい!」と強く思ってしまうと、なかなか本来の自分が出せなくなってしまいます。「嫌われるのが怖い!」という気持ちに支配されてしまうためです。そうなると相手をからかうことが出来なかったり、下ネタを言えなくなってしまいます。僕自身もこの現象 [続きを読む]
  • セクシャル・ヒーリング レビュー補足
  • 人見知りハメ撮りAV監督HAMARのセクシャル・ヒーリングの追加レビューです。この商材は、使う人の「聞き上手スキル」がカギになります。特に相沢蓮也さんの特典音声ではその重要性が語られています。商材の特性上、高い確率で相手女性の負の部分を掘り下げることになると思います。なので、負の部分が大きければ大きいほど、闇が深ければ深いほど、きちんと相手の気持ちを受け止めて、否定や説教をせずに認めてあげることが重要に [続きを読む]
  • 人見知りハメ撮りAV監督HAMARのセクシャル・ヒーリング
  • 人見知りハメ撮りAV監督HAMARのセクシャル・ヒーリング、買ってみました!!価格は14700円。恋愛商材としてはスタンダードな価格ではないでしょうか?今日は簡単にレビューを書いてみます。まず、何故買ってみたいと思ったか、その理由は●「性欲トラップ」の相沢蓮也さんのメルマガで紹介されていた。●相沢蓮也さんとの対談音声が特典として付いてくる(相沢さんのメルマガのリンクから購入)●紹介動画や特典で、石井哲平さんと [続きを読む]
  • 催眠術講師 TAKUMI
  • 催眠術師のコーヒーポットさんから久しぶりにメルマガが届いた。1年くらい前に催眠術教材の集大成といった感じの「催眠術コンプリート」という商品を発売して以来だ。コーヒーポットのお弟子さんのTAKUMIさんという人がメルマガを発行することになったらしい。で、新たに現れた仮面の男…あれ?どこかで見たことあるな…そして動画を見て確信。KABUTOのH野さんじゃないですかww灰●さんはいつの間にか催眠術講師になってしまった [続きを読む]
  • 催眠講師TAKUMI
  • 催眠術師のコーヒーポットさんから久しぶりにメルマガが届いた。1年くらい前に催眠術教材の集大成といった感じの「催眠術コンプリート」という商品を発売して以来だ。コーヒーポットのお弟子さんのTAKUMIさんという人がメルマガを発行することになったらしい。で、新たに現れた仮面の男…あれ?どこかで見たことあるな…そして動画を見て確信。KABUTOのH野さんじゃないですかww灰●さんはいつの間にか催眠講師になってしまったみ [続きを読む]
  • 勝手な思い込みを捨てる
  • 少し前に届いた相沢さん(性欲トラップ著者)のメルマガが面白かったので少し紹介します。あなたは、「女の子に話しかけて、そっけない反応が返ってきたら、その子は自分には興味が無い」と思っていませんか?あなたは、「合コンに来る女性は軽いオンナだ」と思っていませんか?あなたは、「男が50歳になったら、20歳の女性を落とすのは不可能だ」と思っていませんか?僕らは女性の見た目を重視するあまり、見た目から内面を決め付 [続きを読む]
  • 「好き」はどこから来るのか?
  • 「好き」、すなわち「恋愛感情」はどこから来るのでしょうか?なぜ、人は人を好きになるほどに思い詰めてしまうのか。見た目を重視する場合は、単順に見た目だけで一発で好きになりますよね。特に男性は本能として、そういうふうにできています。女性でも特に若いうちは見た目で惚れます。でも、イケメンばかりが好かれるわけではありません。イケメンじゃなくても彼女がいる人、結婚している人はいます。仮に男女ともに見た目を重 [続きを読む]